「過失致死傷」とは?

関連ニュース

【宮崎地裁】6人死傷、宮崎暴走事故で75歳男に懲役6年判決「てんかん発作影響とするには疑問の余地がある」 - 01月19日(金)12:34  newsplus

http://www.sankei.com/smp/west/news/180119/wst1801190031-s1.html 宮崎市で平成27年10月、軽乗用車が暴走し通行人6人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた無職、川内実次被告(75)の判決で、宮崎地裁は19日、同法の過失致死傷の罪を適用し、懲役6年(求刑懲役10年)を言い渡した。  事故原因が、危険運転の対象となる「てんかん発作」かどうかが争点だったが、岡崎忠之裁判長は「発作の影響とするには疑問の余地がある」と判断した。  検察側は、被告は事故前にてんかん...
»続きを読む
カテゴリー:

スキーバス事故から2年 負傷の大学生「厳罰化を」→安さを追求する客にも問題あると批判殺到 - 01月15日(月)17:15  news

スキーバス事故から2年 負傷の大学生「厳罰を」  15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で2年です。バスに乗っていた大学生らが献花に訪れ、運行会社への厳罰を求めました。  事故現場には、事故で友人を亡くして自らもけがをした大学生4人が発生時刻と同じ時間に献花に訪れました。  当時、バスに乗車・負傷した大学生(22):「こういった悲惨な事故が二度と起こらないためにも、厳罰化を僕は望んでいる」  おととし1月15日、軽井沢町の国道18号でスキーツアーバスが道路脇に転落し、大学生など15人...
»続きを読む
カテゴリー:

「一緒に卒業したかった」=友人ら犠牲の学生追悼-軽井沢バス事故2年 - 01月15日(月)10:22 

 長野県軽井沢町で大学生ら15人が死亡、26人が重軽傷を負ったスキーツアーバス転落事故は15日で発生から2年を迎えた。発生時刻の午前1時50分ごろには、亡くなった首都大学東京2年の田原寛さん=当時(19)=の友人で、自身も負傷した男子大学生4人らが現場を訪れ、犠牲者を追悼した。 学生4人は現場で花を手向けた後、約1分間の黙とうをささげた。いずれも4年生で現在22~23歳。今春大学を卒業する。学生の一人は「もし事故が起こらず友人と一緒に卒業できたらどういう世界だっただろうと思ってきた。できることなら一緒に卒業したかった」と語った。事故を起こし、業務上過失致死傷容疑で書類送検されたバス運行会社「イーエスピー」の高橋美作社長(56)らについては「友人は帰って来ないが、悲惨な事故が二度と起こらないように厳罰にして」と訴えた。 別の学生は「事故の衝撃とか悲しいことばかりが心に残って、友人との楽しい記憶が薄れていくのがつらい」と語った。もう一人の学生も「友人と一緒に過ごしたかったという思いでいっぱいだ。同じようにつらい思いをする人がいないようにしっかり取り組んでほしい」と話した。 午前3時すぎには、高橋社長も現場を訪れ、黙とうした。同社長は「ご遺族、被害者の皆さま、関係する全ての皆さまへ心よりおわび申し上げます」と謝罪した。現在も続く長野地検の捜査に関してはコメントを控えた。 【時事通信社】
カテゴリー:

福島第一原発事故 刑事裁判 半年ぶりに再開へ - 01月12日(金)22:07 

東京電力の旧経営陣3人が福島第一原発の事故をめぐり業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された裁判は、今月26日からおよそ半年ぶりに審理が再開されます。法廷では東京電力の関係者が証言する予定で、津波の可能性をめぐる社内の議論についてどのように証言するか注目されます。
カテゴリー:

長崎グループホーム火災:元代表に禁錮2年を求刑 - 01月11日(木)12:37 

 2013年に長崎市東山手町の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」で入所者5人が死亡した火災で、業務上過失致死傷罪に問われたグループホーム運営会社「アイ・エル・エス」(同市)の元代表、桝屋幸子被告(66)の論告求刑公判が11日、長崎地裁(小松本卓裁判長)であり、検察側は禁錮2年を求刑した。弁護側は、起訴内容を認めたうえで執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は2月1日に言い渡される。
カテゴリー:

宮崎暴走:過失致死傷を適用、懲役6年判決 宮崎地裁 - 01月19日(金)10:38 

 宮崎市で2015年10月、軽乗用車を運転中にてんかん発作を起こして歩道を暴走し6人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた鹿児島県日置市、無職、川内実次被告(75)に対し、宮崎地裁(岡崎忠之裁判長)は19日、危険運転致死傷の成立を認めず、同法違反(過失致死傷)を適用して懲役6年(求刑・懲役10年)を言い渡した。
カテゴリー:

【軽井沢スキーバス事故2年】「一緒に卒業したかった…」 同乗していた友人ら現場で献花 大学生13人、運転手2人が死亡 - 01月15日(月)11:37  newsplus

大学生ら乗客・乗員15人が死亡した長野県軽井沢町でのスキーツアーバス事故から15日で2年を迎えた。同日未明の事故発生時刻に合わせて、現場には犠牲者の友人らが訪れ、手を合わせていた。 午前2時前、亡くなった首都大学東京2年、田原寛さん(当時19歳)と共にバスに乗っていた同級生の男子学生4人や友人ら計11人が事故現場を訪れた。献花台に花を手向け、バスが転落した現場に向かって約1分間黙とうをささげた。バスに同乗していて負傷した男子学生(22)は「田原と卒業できたらどういう世界だったのか最近考えます。...
»続きを読む
カテゴリー:

誹謗中傷の加害者にならないためにも怒りを抑えてネットを使う。 モバプリの知っ得![37] - 01月14日(日)13:00 

昨年6月、神奈川県の東名高速道路で悲しい事故が発生しました。 交通マナーを注意されて怒った25歳の男性が、注意した男性の車を煽ったあげく、高速道路上で進路をふさぎ、停車させ、そこに大型車が追突し、2人が亡くなりました。 警察の捜査の結果、25歳の男性は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で10月になって...
カテゴリー:

遺族、地検の刑事処分注視=運行管理責任、起訴求め署名-軽井沢バス事故2年・長野 - 01月12日(金)14:54 

 長野県軽井沢町で大学生ら15人が死亡し、26人が重軽傷を負ったスキーツアーバス転落事故から15日で2年。県警はバスを運行した「イーエスピー」(東京)の高橋美作社長(56)らを業務上過失致死傷容疑で書類送検しており、運行管理責任を問い長野地検が起訴するかどうか刑事処分が注目される。遺族でつくる「1.15サクラソウの会」は悲惨な事故を繰り返さぬよう地検に起訴を求め、署名活動に取り組んでいる。 「子どもたちの死を無駄にしたくない。こんなひどい事故が起こらないようにしたい」。事故で亡くなった首都大学東京2年の田原寛さん=当時(19)=の父親で、サクラソウの会代表を務める大阪府吹田市の会社員、田原義則さん(52)は思いを語る。 事故は2016年1月15日未明に発生。軽井沢町の峠の下り坂カーブで時速96キロまで加速したバスが崖下に転落した。死亡した男性運転手=当時(65)、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で書類送検=がギア操作などを誤り、制御できなくなったのが原因とみられる。 運転手がイー社に採用されたのは事故の2週間余り前。約4年半勤めた前の会社では主にマイクロバスを担当していたが、イー社が「研修」として運転させたのは1日だけだった。 同会は社長や当時の男性運行管理者の起訴を求める署名を街頭やインターネットで集め、4万2000人分に達した。田原さんは昨年11月、寛さんの通っていた...more
カテゴリー:

高齢者施設元代表に禁錮2年求刑 長崎市、5人死亡の火災 - 01月11日(木)10:52 

長崎市の認知症グループホーム施設で2013年、高齢の入所者5人が死亡した火災で、業務上過失致死傷の罪に問われた運営...
カテゴリー:

もっと見る

「過失致死傷」の画像

もっと見る

「過失致死傷」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 過失致死傷罪...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる