「過去最高」とは?

関連ニュース

金の密輸 押収量 前年の2倍以上増で過去最高 - 02月24日(土)11:22 

去年1年間に密輸が見つかって全国の税関が押収した金の量は、前の年の2倍以上に増え、過去最高になりました。消費税の仕組みを悪用して、密輸した金を税込みの価格で売って不正に利益を得る事件が増えていることが背景です。
カテゴリー:

フォルクスワーゲン 過去最高の売上高と営業利益 - 02月24日(土)06:22 

ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンは去年1年間の決算を発表し、中国や北米市場での販売が好調だったことなどから、売上高、営業利益ともに過去最高を記録しました。
カテゴリー:

横浜税関、違法薬物の押収量が過去最高に - 02月24日(土)01:21 

 横浜税関は、去年1年間の覚醒剤など違法薬物の押収量が、過去最高だったと発表しました。
カテゴリー:

東京都の児童・生徒体力テスト、向上傾向…特に女子で伸長 - 02月23日(金)19:45 

 東京都教育委員会は平成30年2月22日、「平成29年度東京都児童・生徒体力・運動能力、生活・運動習慣等調査」の結果を発表した。小中高の各校種において体育の授業以外にも体力向上に向けた取組みを実施する割合が増えており、体力・運動能力は向上傾向にある。特に女子では平均値が上昇している。 通称「東京都統一体力テスト」は、平成23年度から東京都内公立学校の全児童・生徒を対象に全校で実施している。平成29年度調査では、東京都内の公立学校(小中高、中等教育学校、特別支援学校)計2,178校の全児童・生徒合計93万6,981人を対象に、8種目による体力・運動能力調査と生活・運動習慣等の実態に関する質問紙調査を実施した。調査時期は平成29年6月。 調査にあたり、東京都では「アクティブプラン to 2020」で具体的な目標値を掲げている。今回の体力テストの結果から、小学5年生、中学2年生、高校2年生の結果を抜粋してみると、いずれの校種も目標値と比較して「20mシャトルラン」「ソフト(ハンド)ボール投げ」の値が低い傾向にある。男子では各校種とも前年の結果を下回る種目があるが、女子では前年を上回る種目が多く見られた。 東京都統一体力テストを開始した平成23年度と比較すると、すべての校種で向上傾向にあり、体力合計点平均値は上昇している。特に女子は小学5年生で2.3点、中学2年生で3.7点、高校2年生で3...more
カテゴリー:

春節連休 銀聯ネットワークの取引が記録更新 - 02月23日(金)15:40 

中国銀聯が22日に発表した春節(旧正月、今年は2月16日)の消費に関する最新のデータをみると、2018年春節連休期間(2月15~21日、旧暦の大晦日から1月6日にあたる)には、銀聯ネットワークを介した取引が過去最高を更新し、取引金額は6790億元(1元は約16.9円)に達して前年同期比47%増加し、取引件数は4億6200万件で同35%増加した。 ...
カテゴリー:

自動車も高齢化!? 車の寿命と日常点検の大切さ - 02月24日(土)11:00 

 自動車検査登録情報協会によると、人間の平均年齢に相当する、車の“平均車齢”が高齢化しているという。年をとれば人も車もメンテナンスが必要になる。そのため、人が健康検診を受けるように、車にも日常点検や定期点検がある。点検方法は教習所で学んだとはいえ、面倒に感じて怠ってはいないだろうか。最新の平均車齢の状況とともに、改めて日常点検や定期点検の必要性とおさえておきたいポイントを紹介する。 <あわせてチェック>この時期注意の「バッテリー上がり」 原因と予防策は? ■25年連続で延びている乗用車の平均寿命  平均車齢(軽自動車を除く)とは、ナンバープレートを付けている自動車が初度登録してからの経過年の平均のこと。新車販売台数が減って車が長く使われると高齢化が進んだという見解になり、新車販売台数の増加に伴い車のスクラップや海外輸出が増えると若返ったと判断するのだ。同協会の調査によると、2017年3月末の乗用車3949万1965台(軽自動車を除く)の平均車齢は8.53年。前年に比べ0.09年延び、25年連続して高齢化、23年連続で過去最高齢となった。10年前の2007年に比べると1.44年も延びていることになる。  車種別にみると、普通乗用車は8.07年と前年に比べ0.06年延び、3年連続で高齢化が進み最高齢を更新。また、小型乗用車は8.94年で同0.14年延び、26年連続して最高齢を更...more
カテゴリー:

売上24億で経常利益7億! 開院予定がなくても 物件を押さえるすごい整骨院 - 数字は人格 - 02月24日(土)04:50 

なぜ、「数字は人格」で社員が育ち、儲かる会社に変わるのか?全国700社以上を指導し倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益。自社も日本初の「日本経営品質賞」2度受賞、15年連続増収!「数字は人格」でV字回復した全51社の事例を一挙公開!
カテゴリー:

横浜税関 全国7割の覚せい剤押収量 - 02月23日(金)23:59 

横浜税関 全国7割の覚せい剤押収量:横浜税関は、2017年1年間の覚せい剤の押収量が、全国のおよそ7割を占め、過去最高を記録したと発表した。...
カテゴリー:

ホンダジェットが快挙、2017年の納入数で世界一 セスナ抜く - 02月23日(金)16:05 

ホンダのビジネスジェット機「ホンダジェット」が快挙だ。2017年の納入数が米セスナを抜き、初めて世界一となった。2018年2月21日に全米航空機製造者協会(GAMA)が発表した統計によると、17年小型ジェット機部門(定員10人未満)で、「ホンダジェット」は43機と、首位に立った。競合の米セスナ「サイテーションM2」は38機だった。 「空飛ぶスポーツカー」創業者・本田宗一郎の悲願 「ホンダジェット」は、全長約13メートル、全高約4.5メートル、翼幅約12.1メートルで、定員はパイロットを含めて最大7人乗り。1機の価格は、450万ドル(約4億8000万円)だ。 ホンダの航空機市場への参入は、創業者である故・本田宗一郎の悲願だった。「自由な移動の喜びを提供したい」との理念のもと、1986年に航空機の研究に着手。2012年に生産を開始し、15年に納入を開始した。 初年度の納入はわずか2機だったものの、そこから順調に納入数を伸ばし16年は23機、17年は約2倍の43機となった。さらにホンダは18年2月8日、過去最大となる16機の受注を決めたと発表。今年はさらなる「飛躍」が期待される。 ホンダジェットの開発を手がけるホンダ エアクラフト カンパニーの藤野道格社長は、17年の成果を受けて、 「多くのお客様から、ホンダジェットの性能、快適性、使い勝手のよさやビジネスジェット機としての完成度の高さな...more
カテゴリー:

1月の訪日外国人は250万2000人 韓国と豪州は単月ベースで過去最高 - 02月23日(金)13:48 

日本政府観光局(JNTO)の2018年2月21日の発表によると、18年1月の訪日外国人数は前年同月比9%増の250万2000人で、1月としては過去最多を更新した。
カテゴリー:

もっと見る

「過去最高」の画像

もっと見る

「過去最高」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる