「過去最高」とは?

関連ニュース

ソーバルは新規顧客の開拓が進み、今期18年2月期売上高は過去最高を更新する見込み - 04月23日(日)13:25 

■新規取引先の中でも、日立グループの売上高が最も大きく、数年後には大口の取引先に 独立系システム開発のソーバル(JQS)は、新規顧客の開拓が進み、今期18年2月期売上高は過去最高を更新する見込み。
in English
カテゴリー:

うれしの新茶 初入札の点数、量は平年並み - 04月23日(日)09:51 

佐賀・長崎で生産されるうれしの茶の新茶初入札会が22日、嬉野市の西九州茶農業協同組合連合会(茶連)であった。上場点数と量目はいずれも平年並みの96点、2246キロ。最高値は過去最高を更新する4万3千円(前年比1%増)、平均単価は5175円(同11%増)だった。 昨年秋以降の適度な降雨と日照など生育環境は順調で、霜害もなかった。茶の萌芽(ほうが)が遅く前年より4日遅れての開催となったものの、「...
in English
カテゴリー:

船橋競馬場、5年分の赤字を一気に解消 ネットとライトで売り上げ増 - 04月23日(日)05:59 

“赤字”“自治体のお荷物”という印象がいまだに根強い地方競馬場が今、空前の活況を呈している。  そのうちのひとつ、船橋競馬場は、2015年度の単年決算で15億7000万円の黒字を計上し、5年分の累積赤字を解消。1991年度を最後に滞っていた自治体への収益配分まで再開させるに至ったというから、ヒッヒーンと嘶(いなな)きたくもなる。  足繁く通う男性ファンの話。 「かしわ記念(G1)みたいな大レースは別だけど、お客さんの入りはずっと変わらず、ガラガラよ。なのにそこまで儲かっているなんて。ただ、自治体だけでなく、もうちょっと我々にも配分してほしいけどね……」  主催の千葉県競馬組合に訊ねると、 「たしかに、来場者数自体はずっと横ばいなんですよ」  とした上で、 「実は売り上げが徐々に上向いてきたのは、98年にウェブ投票を導入してからのことです」  と、胸を張るのだ。 「ただ当初は、パソコンでしか買えなかったんですが、ここ10年でスマホが普及し、アプリから手軽に買えるようになった。これによって馬券を買う人が爆発的に増えたんです」(同)  売り上げ増に拍車をかけた要因はもうひとつある。  競馬ジャーナリストの話。 「ナイター設備の導入が大きい。これまで平日の昼間しかレースができず、勤め人は参加できなかったのが、これで解消された。船橋では一昨年からナイター競馬を開催し、売り上げが増加したんで...more
in English
カテゴリー:

男性が理容室ではなく美容室に行くようになったワケ - 04月22日(土)12:00 

若い男性を中心に、美容院に散髪しに行くことが一般的になりつつある。かつては美容室=女性、理容店=男性というイメージがあったはずだが、なぜこのような現象が起きているのだろうか? ■店舗数減少傾向にある理容室。後継者不足による理容師の高齢化も原因? 髪を切る場所として美容室を選択する若者が増えたのは、単純に理容店の数が減っているから、という分析もできる。自身も美容業界に20年間携わり、現在は心理学を取り入れた美容室のコンサルティングを行う窪田章男さんにお話を伺った。 「確かに理容室は減少傾向にあります。厚生労働省の発表によると、平成 27 年 3 月末で理容施設数は約 12万件で前年比-1.2%。これに対し、美容室は過去最高の約 23 万件以上になり、1.5%増加しています。つまり美容室は理容室の倍近い件数があり、男性客も美容室に流れやすい傾向です。また、理容師を目指す若者も 2009年度以降は 2,000 人を割り込み、後継者がおらず閉鎖をする個人店も少なくありません。技術者の高齢化が進むことで若い男性客が敬遠するのも一つの要因と考えられます」(窪田さん) そもそも「美容」と「理容」では、業務内容に違いがあるのだという。 「理容師法によると、理容とは頭髪の刈り込み、カット、シェービングやそれに付随することなどで容姿を整えることです。一方美容室では、美容とはカット、カラ―、パ...more
in English
カテゴリー:

佐賀空港利用70万人目指せ - 04月22日(土)10:09 

佐賀空港の利用者拡大に取り組む佐賀県庁の組織横断営業チームの出陣式が21日、佐賀市の県自治会館であり、本年度は利用者70万人を目指して事業所などに働き掛けを強めていくことなどを確認した。 組織横断営業チームは2005年度から活動を展開、副課長級職員120人で構成する。 副島良彦副知事が辞令を交付した後、「16年度は利用者が過去最高となり、成田便とソウル便の増便も決まった。皆さんの努力の結集が...
in English
カテゴリー:

ピックルスコーポレーションの今期18年2月期業績予想は、増収大幅増益で過去最高益更新を見込む - 04月23日(日)13:24 

■一株当たり純利益は前期の105円63銭から164円95銭へ 漬物業界のリーディングカンパニーであるピックルスコーポレーション(東2)の今期18年2月期業績予想は、増収大幅増益で過去最高益更新を見込む。
in English
カテゴリー:

サガン鳥栖、2期連続黒字 - 04月23日(日)09:49 

サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームス(竹原稔社長)は22日、第13期(2016年2月~17年1月)の収支決算を発表した。売上高は前期比11%増の27億6602万円で過去最高を更新。当期純利益は968万円(前期は327万円)で2期連続の黒字を確保した。 売上高のうち、広告収入は36%増の16億3195万円。12期後半からゲーム開発会社「Cygames(サイゲームス)」が新規スポ...
in English
カテゴリー:

ソニー、2018年度の営業利益は歴代最高に迫る5000億円に達する見込み。すげええええええええ! - 04月22日(土)17:20 

ソニーの業績が伸びている。2018年3月期は、本業のもうけを示す連結営業利益(米国会計基準)が5000億円程度と前期推定比で約8割増えそうだ。 スマートフォン(スマホ)のカメラに使うCMOSセンサーなどエレクトロニクス事業の利益拡大がけん引し、過去最高を記録した1998年3月期(5257億円)に迫る。  ソニーは15年2月、18年3月期に営業利益で5000億円以上とする計画を掲げたが、昨年4月の熊本… ソニー営業益、最高に迫る 18年3月期8割増の5000億円 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD21HDL_R20C17A4EA4000/ ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

北海道・宮島沼:まもなくシベリアへ 羽を休めるマガン - 04月22日(土)10:51 

夜明けには「ねぐら立ち」、夕暮れには「ねぐら入り」  日本各地で越冬し、シベリアなどの繁殖地に向かうマガンの群れが、ラムサール条約に登録されている宮島沼(北海道美唄市)で羽を休めている。今年は1日の観察数として過去最高の8万5820羽が飛来した日もあり、増加傾向にある。
in English
カテゴリー:

ソウル線就航25年祝う 高松空港 昨年度搭乗者は過去最高 - 04月22日(土)09:39 

1992年に四国初の国際定期路線として就航した高松―ソウル線の就航25周年を記念するセレモニーが21日、高松市香南町の高松空港であり、関係者らがくす玉を割って25周年の節目を祝うとともに、路線のさらな…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「過去最高」の画像

もっと見る

「過去最高」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる