「過去最高」とは?

関連ニュース

米国株式市場はナスダックが最高値更新、ダウとS&Pは下落 - 07月25日(火)06:46 

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場は、週内に決算発表が集中するハイテク株が買われ、ナスダック総合指数が過去最高値を更新した。半面、医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の下げが重しとなり、ダウ工業株30種平均とS&P総合500種は下落した。
カテゴリー:

米6月中古住宅販売1.8%減、供給不足で価格は過去最高 - 07月25日(火)02:44 

[ワシントン 24日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が24日に発表した6月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比1.8%減の552万戸だった。1.0%減の558万戸との市場予想と比べて大幅に落ち込んだ。供給不足に伴い住宅価格が過去最高値に達したことが背景にある。
カテゴリー:

「ぴあ」が横浜に音楽アリーナ建設 1万人規模、20年開業予定 - 07月24日(月)18:18 

チケット販売などを行う、ぴあは、横浜市のみなとみらい地区に収容客数1万人規模の大型コンサートアリーナを建設することを、2017年7月20日に発表した。2020年の開業を目指し、17年12月に着工する予定。 ぴあは、東京五輪を控える中でホールや会場不足などの「業界の懸案」に向き合うとしている。 音楽ライブ市場は拡大傾向 ぴあによると、大型アリーナは三菱地所が所有するみなとみらい地区(38街区)の土地およそ1万2000平方メートルを借り受けて建設。音楽ライブに特化する。アリーナは地上4階、地下1階の延べ2万1000平方メートルで、初期投資額は100億円。 「民間企業の単独主導による1万人規模のアリーナ建設と運営は、国内でも初めて」。音楽業界のニーズをくみ取り、観客とアーティストの両方にとって最適な新しいタイプのアリ-ナの実現を目指すという。 音楽ライブ市場の規模は拡大傾向にある。ぴあ総研によると、2016年の市場規模は3401億円(速報値)で、11年の1634億円から5年で約2倍に伸長した。 また、ぴあの業績はチケット流通事業の好調により、17年3月期の売上高が前期比10%増の1528億円、営業利益は17%増の17億円といずれも過去最高となっている。 【関連記事】セブン‐イレブンが下請けいじめ 公取委が是正勧告 武...more
カテゴリー:

【大阪】大阪の外国人観光客が過去最高 上半期で531万人★4 - 07月24日(月)16:24 

大阪の外国人観光客が過去最高 上半期で531万人 7/20(木) 20:08配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000006-kantelev-l27 2017年の1月~6月に大阪を訪れた外国人の数は531万人。 過去最高を記録した2016年をさらに上回りました。 大阪を訪れる観光客は年々増えていて、2016年は約940万人を記録。 大阪観光局によると、2017年1年間では、1千万人を超えることが見込まれます。 【オーストラリア人観光客】 「大阪が大好きよ!」 「カラフル、楽しい、美味しいごはん、楽しくて...
»続きを読む
カテゴリー:

『コード・ブルー』配信も絶好調!FOD史上最高550万回を突破 - 07月24日(月)12:30 

フジテレビの動画配信サービス『FOD(フジテレビオンデマンド)』で無料配信中のドラマ『コード・ブルー』シリーズが、FOD史上最高の再生数を記録していることがわかった。FODでは、シリーズの過去エピソード(ファーストシーズン、スペシャル、セカンドシーズン)の全話無料配信を6月19日から9月25日にかけて実施。7月23日までにFOD史上最高となる再生回数550万を突破した。また、サードシーズンの初回見逃し配信も好調で、第1話がフジテレビで過去最高の配信数を記録している。1stシーズンでは、フライトドクターを目指し全国から翔陽大学附属北部病院救命救急センターに藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)といった医師たちが赴任し、ライバルたちと出会うところからスタート。ドクターヘリで既にフライトナースとして信頼を得ていた冴島はるか(比嘉愛未)と共に、時にぶつかり、時に助け合いながら、生死を左右する難問に日々向き合い成長。その後、スペシャルドラマでは、列車脱線事故現場に挑み、2ndシーズンでは、フライトドクターの研修修了認定まであとわずかとなった4人の姿が中心に描かれた。現在、同シリーズの最新シリーズ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』が放送されており、17日に放送された初回が16.3%の高視聴率を記録。7月ス...more
カテゴリー:

米大手銀10行、危機前ピークに迫る好決算 4~6月期 - 07月25日(火)05:00 

 JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカを含む大手米銀10行は4~6月期(第2四半期)に、2007年第2四半期に記録した過去最高にわずか数億ドルに迫る合計300億ドル(約3兆3400億円、ブルームバーグまとめ)の利益を確保した。07年当時の金融業界は崩壊へと向かっていたが、現在では銀行規制が緩和の危機に立たされている。
カテゴリー:

過去最高のICT五輪に 平昌で関係機関懇談会開催 - 07月24日(月)19:02 

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪の開幕まであと200日となった24日、未来創造科学部の兪英民(ユ・ヨンミン)長官が開催地のホテルで「平昌ICTオリンピック関係機関懇談会」を開き、準備状況を確認した。  関係機関は、先端の情報通信技術(ICT)を基盤とする▼第5世代移動通信システム(5G)無線通信▼便利なモノのインターネット(IoT)▼感動の超高画質▼賢い人工知能(AI)▼楽しい仮想現実(VR)――の5大サービスを平昌五輪の観覧客に提供するための計画を準備中だ。  同部は、平昌五輪の5大目標である文化
カテゴリー:

経済アナリストが予測する「第2のリーマン・ショック」の可能性 - 07月24日(月)18:00 

2016年は世界に衝撃を走らせる出来事がいくつも起きた。その一つがアメリカ大統領選挙で共和党候補だったドナルド・トランプが勝利したことだろう。半年前までは「冗談候補」とまで言われていた男が選ばれたのだ。そして年が明けた2017年1月に大統領に就任すると、選挙時の公約を次々に実行。6月1日には地球温暖化防止の国際的な協定「パリ協定」からの離脱を表明し、世界を騒がせたばかりだ。その一方でアメリカの経済は変わらず好調を維持。6月中はNYダウが過去最高値を更新するニュースが飛び交っており、好調さがうかがえる。しかし、『未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる』(集英社刊)の著者で、独自の「Tモデル」「T2モデル」を用いて経済を予測する経済アナリストの塚澤健二氏は、「これは『破壊経済』のはじまり」だと警鐘を鳴らす。4回にわたってお送りする塚澤氏に聞く「2017年後半の経済トレンド」。第1回はアメリカにフォーカスする。 ◇    ◇    ◇まず、現在のアメリカの経済について、好印象を持っている人も多いかと思います。しかし、実際のところは「膠着状態」と言っていいでしょう。良いニュースとして市場関係者は雇用統計の改善を挙げています。でも、これから先を考えてみると懐疑的にならざるを得ません。何故かというと、雇用統計というのは好景気において最後に上向く「遅れた指標」だからです。つまり、他の景...more
カテゴリー:

『コード・ブルー』配信も絶好調!FOD史上最高550万回を突破 - 07月24日(月)12:43 

フジテレビの動画配信サービス『FOD(フジテレビオンデマンド)』で無料配信中のドラマ『コード・ブルー』シリーズが、FOD史上最高の再生数を記録していることがわかった。FODでは、シリーズの過去エピソード(ファーストシーズン、スペシャル、セカンドシーズン)の全話無料配信を6月19日から9月25日にかけて実施。7月23日までにFOD史上最高となる再生回数550万を突破した。また、サードシーズンの初回見逃し配信も好調で、第1話がフジテレビで過去最高の配信数を記録している。1stシーズンでは、フライトドクターを目指し全国から翔陽大学附属北部病院救命救急センターに藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)といった医師たちが赴任し、ライバルたちと出会うところからスタート。ドクターヘリで既にフライトナースとして信頼を得ていた冴島はるか(比嘉愛未)と共に、時にぶつかり、時に助け合いながら、生死を左右する難問に日々向き合い成長。その後、スペシャルドラマでは、列車脱線事故現場に挑み、2ndシーズンでは、フライトドクターの研修修了認定まであとわずかとなった4人の姿が中心に描かれた。現在、同シリーズの最新シリーズ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』が放送されており、17日に放送された初回が16.3%の高視聴率を記録。7月ス...more
カテゴリー:

【インバウンド】訪日観光客が復活! 大阪の百貨店は活況だ - 07月24日(月)11:02 

7月中旬、大阪・阿倍野区にある近鉄百貨店「あべのハルカス近鉄本店」はスーツケースを抱えた訪日観光客でにぎわっていた。 化粧品売り場の仮設レジでは、家庭用や土産をまとめ買いする中国人が長蛇の列を成していた。 近鉄本店では化粧品や子供服が牽引し、6月の免税売上高が前年同月比で約5倍にハネ上がった。店舗全体の売上高も、6月は同15%の大幅増となっている。 久保俊雄副店長は「訪日客の9割は中国本土からのお客様。旅行会社との連携など、集客の仕組みを整えたことが好調の要因」と説明する。 近鉄は中国を中心に海外6...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「過去最高」の画像

もっと見る

「過去最高」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる