「遊川和彦」とは?

関連ニュース

求められる月9ブランドからの解放 高満足度も得られぬ支持のワケ - 02月12日(月)08:40 

 かつてのテレビドラマ界で“王様”的扱いだったフジテレビ“月9”枠。その栄光ゆえ、今は視聴率が10%台に届かないと“爆死”などと言われ作品と出演者が必要以上に叩かれる風潮も。ところが今期の『海月姫』に関して言えば、視聴率は低迷しているものの、“月9黄金期”にあまり馴染みのないF1層(20~34歳女性)からは支持を得ており、満足度高い。かつて一時代を築いた“月9ブランド”というフィルターを一度外し、フラットな状態で作品を観ることが必要なのかもしれない。 【写真】『海月姫』“尼~ず”のオタク演技が話題 役と素顔のビフォーアフター ◆トレンディドラマで一世を風靡、「月曜の夜は街からOLが消える」  30代後半以上の視聴者にとって、“月9”と言えばトレンディドラマ。その先駆けは、陣内孝則主演の『君の瞳をタイホする!』(1988年)だ。ほか『君の瞳に恋してる!』(1989年)、『同・級・生』(同年)、『愛しあってるかい!』(同年)など数多くのヒット作が生み出された。  そして1991年、“月9”ブームの火付け役となるドラマ『東京ラブストーリー』が放送される。同作は平均視聴率22.9%、最高視聴率32.3%の大ヒット(ビデオリサーチ社調べ)。その後も『101回目のプロポーズ』(1991年)、『素顔のままで』(1992年)、『ひとつ屋根の下』(1993年)、『あすなろ白書』(1993年)...more
カテゴリー:

「遊川和彦」の画像

もっと見る

「遊川和彦」の動画

Wikipedia

遊川 和彦(ゆかわ かずひこ、1955年10月24日 - )は、日本テレビドラマ脚本家東京都出身。広島県大竹市育ち。修道高等学校、広島大学政経学部卒業。 既婚。

経歴

東京都生まれ、小学校1年から広島県大竹市育ち今秋の朝ドラは「純と愛」、“ミタ”の遊川和彦が人々の絆を描く連続テレビ小説 | ドラマトピックスブログ:NHKブログ 2012年01月19日TBS「TBSテレビ放送50周年 涙そうそうプロジェクトドラマ特別企画広島・昭和20年8月6日」、文化活動【向田邦子賞】/受賞者 第24回:遊川 和彦 | 東京ニュース通信井川樹男たちの修道南々社、2012年、19-26頁。姉は女優の柳谷ユカ週刊女性2013年4月23日号「人間ドキュメント」。

修道高等学校在学中に文化祭で脚本を書いた喜びが、この仕事を始めた契機...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる