「週刊新潮」とは?

関連ニュース

桂文枝(74)  《ヒモのパンツちゃんと穿いて、何枚も穿き替えて見せなあかんで》 - 01月16日(火)20:28  news

昨年暮れにまたも不倫疑惑を報じられた上方落語界の大御所・桂文枝(74)が、今回も前回同様、報道陣に対しダンマリを決め込んでいる。8年越しの不倫疑惑について沈黙を続けたまま新年を迎え、いよいよ大御所の座から転落しそうだ。  文枝は長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)の司会を務めているため視聴者からは愛妻家として見られていたが、一昨年の2月、写真誌『フライデー』で34歳年下の演歌歌手の紫艶に20年間の不倫愛を暴露され、そのイメージが崩壊した。  「お笑い界で文枝の女グセの悪さは、関西だけでなく...
»続きを読む
カテゴリー:

桂文枝 また不倫報道浮上も「新婚さん」降板説浮上しない理由 - 01月14日(日)18:00 

昨年12月末発売の「週刊新潮」(新潮社)から今週発売まで2号にわたり、落語家の桂文枝(74)が「日舞の先生」の女性(56)と8年にわたり不倫関係にあると報じられた。 同誌に対し、女性は赤裸々なメールや電話でのやりとりを公開。対して文枝は今週発売号の同誌で約2時間にわたって反論したが、いまだに報道陣対応はしていない。 「報道直後、所属事務所が『一般私人のことであり、プライベートなことでもありますので、本件に関するコメントは差し控えさせていただきます』とコメントするにとどまっています。文枝師匠の立ち寄り先で待ち構えていても、ダンマリを決め込んでしまっています。ただし今回の報道を受け、現在会長をつとめる上方落語協会の次期会長選に出馬しない意向を固めたようです」(スポーツ紙記者) 文枝といえばおととしにも元演歌歌手でセクシー女優の紫艶(39)と20年にわたる不倫関係が報じられ、釈明会見を開いた。 それでも司会をつとめる長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」は降板せず。今日14日に放送された同番組でもいつものごとくハイテンションだったが、不倫報道の影響はなかったのだろうか? 「たしかに2年前には降板説が浮上しましたが、いつの間にか消えました。ところが、今回の報道ではまったく降板説が浮上せず。その背景にあるのは、制作する朝日放送上層部の意向。前回の不倫層騒動の際、『文枝師匠が降りるまでや...more
カテゴリー:

【大相撲】池坊保子氏、文春&新潮に激怒!「人を不幸にしてまでも売りたいのかなと思う」「抗議文を出そうと思います」 - 01月13日(土)19:16  mnewsplus

http://news.livedoor.com/article/detail/14153492/ 角界をめぐる騒動で時の人となった日本相撲協会の評議員会議長、池坊保子・元文部科学副大臣(75)が、自身に関する週刊文春と週刊新潮の報道に怒りをあらわにした。 「すごいショック受けてるのよ。抗議文を出そうと思います」 夕刊フジの直撃取材に、池坊氏は憤りをあらわにした。 10日発売の週刊文春で「『貴乃花はクスリをやってるみたいに異様』と吹聴していた池坊保子」という見出しで報じられた記事について、池坊氏は「“吹聴”したなんて、そんなことはありませ...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】国分太一も続けたくないと漏らすTBSの情報番組『ビビット』が上半期で打ち切り - 01月12日(金)11:44  mnewsplus

TBSの朝の情報番組「ビビット」のMCをつとめているTOKIOの国分太一だが、今年上半期にも打ち切りの方向で調整が進められていることを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。 同誌によると、同番組は平均視聴率2~3%と低迷続き。 それに加え、昨年1月末に放送された、都内の河川敷に住むホームレスを取り上げた件での“ヤラセ問題”をBPOが放送倫理違反と判断。 その件が引き金となり、国分は「番組を続けたくない」と漏らしているというのだ。 しかし、国分との関係を維持したい同局は、すでに国分を冠にした新番組「世界く...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】なんとしてもイメージアップしたかったキムタク - 01月11日(木)13:13  mnewsplus

 おおみそかから今月2日にかけて放送された「LINEお年玉」のCMに出演した元SMAPの木村拓哉だが、出演に至る背景を発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。  おととしは住宅大手の「タマホーム」など3社のCMに起用された木村だが、昨年出演したのはLINEのCMのみだった。  「SMAP解散の“戦犯”とされ、イメージダウンが著しい木村だけに、各社がCM起用を控えた結果、オファーがまったくなくなった。もともと、木村の所属するジャニーズ事務所は、わざわざCM出演の売り込みをしないので、オファーがなければCMの仕事はない」(芸能...
»続きを読む
カテゴリー:

【書評】今こそ恩を返すとき。苦境のイギリスを日英再同盟で救え - 01月16日(火)20:19 

ほぼ日刊という驚異的なペースで書評を届けている無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さん。今回取り上げているのは、歯に衣着せぬ物言いが人気の高山正之氏による週刊新潮のコラムをまとめた『変見自在』シリーズの最新刊ですが…、柴田さんは同書内の英国に関する記述を紹介しつつ、今こそ日英再同盟を結ぶべきではとの論を展開しています。 『変見自在 トランプ、ウソつかない』高山正之・著 新潮社 高山正之『変見自在 トランプ、ウソつかない』を読んだ。「週刊新潮」連載の超辛口名物コラムの第12弾。おなじみネタはいくつもあるが、何度読んでも面白い。惜しげもなく提供されるスゴネタの数々。今回は、本のあちこちに散らばる英国ネタを集め、日英再同盟のススメをまとめてみた。 実際、日本は過去、ずいぶん英国に助けられた。日本は日英同盟を結んでロシアと戦った。英国はロシアを孤立させ、米国の反日宣伝を抑えた。日本はロシアを倒し、国際社会に不動の地位を得た。あの勝利もいくばくかは英国のおかげだ。しかし、先の大戦で英国は戦勝国になったものの、日本のせいで中国に持っていた権益はもとより、マレーシア、シンガポール、ビルマを失った。 インドやセイロンまで失った。英国がいまも日本にひねた嫌味を言うのは、植民地という財産を奪われ、貧乏国に突き落とされた深~い恨みがあるからだ。だが、戦後日本が米...more
カテゴリー:

【大相撲】池坊保子氏、文春&新潮に激怒!「人を不幸にしてまでも売りたいのかなと思う」「抗議文を出そうと思います」★2 - 01月14日(日)11:27  mnewsplus

http://news.livedoor.com/article/detail/14153492/ 角界をめぐる騒動で時の人となった日本相撲協会の評議員会議長、池坊保子・元文部科学副大臣(75)が、自身に関する週刊文春と週刊新潮の報道に怒りをあらわにした。 「すごいショック受けてるのよ。抗議文を出そうと思います」 夕刊フジの直撃取材に、池坊氏は憤りをあらわにした。 10日発売の週刊文春で「『貴乃花はクスリをやってるみたいに異様』と吹聴していた池坊保子」という見出しで報じられた記事について、池坊氏は「“吹聴”したなんて、そんなことはありませ...
»続きを読む
カテゴリー:

2度目の不倫発覚でも“降板説”が浮上しない桂文枝 - 01月12日(金)13:10 

昨年末発売の「週刊新潮」(新潮社)で18歳年下の日舞の先生をしている女性との不倫が発覚した上方落語界の大御所・桂文枝だが、今週発売の同誌に2時間にわたる反論が掲載されている...
カテゴリー:

“朝の顔”を降りたがっていたTOKIO・国分太一 - 01月11日(木)22:10 

TBSの朝の情報番組「ビビット」のMCをつとめているTOKIOの国分太一だが、今年上半期にも打ち切りの方向で調整が進められていることを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている...
カテゴリー:

【将棋】「ひふみん」に前歯がないワケ “義歯を入れたら調子が狂った”はウソ? - 01月11日(木)11:37  mnewsplus

2018年1月11日 5時59分  2017年のテレビ出演本数は146本以上で、4社のCMに起用され、紅白歌合戦のゲスト審査員にも抜擢された。この一年で瞬く間に人気者となった“ひふみん”こと加藤一二三・九段(78)だが、気になることが1つある。前歯がほとんどないのはなぜなの?  対局中に脳を酷使することで、糖分補給を理由におやつを食べる棋士は少なくない。ベテラン棋士の解説では、 「甘い物を食べる機会が多いので、虫歯になる危険性が大きい。しかも、厳しい対局では無意識に歯を食いしばり奥歯がもろくなる。そこで弟子たちには、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「週刊新潮」の画像

もっと見る

「週刊新潮」の動画

Wikipedia

週刊新潮(しゅうかんしんちょう)は、株式会社新潮社から発行されている週刊誌。1956年(昭和31年)2月6日(2月19日号)創刊。

発行部数53万部は週刊文春に次いで業界第2位http://www.j-magazine.or.jp/data_002/m1.html002。発売日は毎週木曜日(地域によっては金曜日・土曜日)。定価は400円(8%消費税込み)。

創刊

昭和20年代の週刊朝日を始めとした新聞社系週刊誌が全盛の中、1954年に副社長の佐藤亮一らにより週刊誌が企画され、佐藤が編集長、編集者に斎藤十一が加わって、1956年に発刊。週刊朝日とは異なる路線を目指した。

創刊号(2月19日号)のラインナップは、

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる