「週刊文春」とは?

関連ニュース

【芸能】西内まりや、社長にビンタ騒動で浮上した「恋人との交際を認めて」の仰天要求 - 11月20日(月)12:43  mnewsplus

 モデルで女優、歌手の西内まりや(23)の”社長にビンタ騒動”が波紋を呼んでいる。 西内は10月3日、所属事務所「ライジングプロ・ホールディングス」のオフィス内でライジング関連会社の春日隆社長を殴打し、 興奮状態で泣き叫びながら応接室を飛び出してきたと週刊文春(文藝春秋)が報じたのもつかの間、 20日発売のFLASH(光文社)が続報を取り上げた。 ビンタされた社長は医師から一ヶ月以上の加療が必要であると診断されるほどの怪我を負い、こうした騒動から約一ヶ月後の10月下旬、 西内の代理人から「来年4月以降はライジ...
»続きを読む
カテゴリー:

和田アキ子、『紅白歌合戦』に「見てねぇよ」と悪態 ネット民「不快な気分になった」 - 11月19日(日)16:00 

(©ニュースサイトしらべぇ)19日に放送された、TBS系情報番組『アッコにおまかせ!』で和田アキ子が紅白歌合戦の話題で悪態をつき、話題を呼んでいる。■「紅白見てねぇよ!」一年を締めくくる音楽の大イベントNHK『紅白歌合戦』。出演者も発表され、すでに世間を盛り上げている。そんな中、『紅白歌合戦』は、昨年も出演したマツコ・デラックスにも注目が集まっているようだ。マツコは体調不良で入院していたが、16日に回復を発表した。世間からは「せっかく年末までに復帰したのだから今年もまた、タモリとのコントが見たい!」という声があがってる。ところが、和田は興味がないようで…「先に行っておくけど、今年もってことは去年もやったの? マツコとタモリが。言わせてもらうけど見てねぇよ! 知らないよ!」と、悪態をついた。出場回数が単独で4位に王手をかけているにも関わらず選考に落選したことを根に持っているもかもしれない。和田は、『週刊文春』11月9日号が掲載した「『紅白歌合戦』に出てほしくない歌手」という調査で、1位を獲得している。悪態をつくことや過激すぎる発言を不快に感じている人が多くいるということではないだろうか。■ネット民はアッコに不快感ネットでは「幼稚な発言だ」など不快感を示す声が目立っている。アッコにおまかせで、紅白ネタに和田アキ子が、去年の紅白みてねーよ、的な発言してたんだけど、出...more
カテゴリー:

【芸能】西内まりや「ビンタ騒動」前から見せていた“内面の異変”証言! - 11月19日(日)15:23  mnewsplus

歌手・女優・モデルとして活躍する西内まりやに関して、衝撃的なニュースが報じられた。 11月15日発売の「週刊文春」によれば、西内は10月初頭に所属事務所の応接室で、関連会社社長を「平手打ち」。 さらには「もう我慢できない!」と絶叫し、過呼吸のような状態に陥ったという。 今年1月クールのフジテレビ系「月9」ドラマ「突然ですが、明日結婚します」で主演を務めた彼女の異変は、業界内でも大きな話題になっている。 「最近、周囲に『もっと自分の作詞作曲で音楽をやりたい』と漏らしていると聞いていましたが、 こういう...
»続きを読む
カテゴリー:

【W不倫】山尾議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張 山尾氏「別行動を取っており、一緒に宿泊したという事実は一切ございません」★2 - 11月19日(日)13:57  newsplus

 山尾志桜里衆院議員(43)、倉持麟太郎弁護士(34)の2人が1泊2日で大阪出張していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。  11月12日、2人は、彼らの後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加。 イベントでは、倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され山尾氏が爆笑するなど、終始、和気藹々とした雰囲気だった。  山尾氏は11月7日に倉持氏を政策顧問として起用することを発表。今回の大阪出張は、2人の動向に注目が集まっている矢先のことだった。  大...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】高島礼子 元夫の高知東生と復縁? - 11月18日(土)23:01  mnewsplus

 元夫で俳優の高知東生が覚せい剤取締法違反で逮捕され、昨年9月に懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた女優の高島礼子だが、いまだに、元夫の面倒を見続けていることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。  高島は高知と99年2月に約2年半の交際を経て結婚。結婚当初から“格差婚”と言われていたが、芸能界きってのおしどり夫婦として知られていた。  しかし、昨年6月末、高知が、横浜市内のホテルで愛人との逢瀬を楽しんでいる際、同法違反で逮捕。直後、高島は会見で謝罪し、高知の逮捕から約1か月後の8月1日に離婚を...
»続きを読む
カテゴリー:

【W不倫】山尾議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張 山尾氏「別行動を取っており、一緒に宿泊したという事実は一切ございません」★3 - 11月19日(日)16:35  newsplus

 山尾志桜里衆院議員(43)、倉持麟太郎弁護士(34)の2人が1泊2日で大阪出張していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。  11月12日、2人は、彼らの後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加。 イベントでは、倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され山尾氏が爆笑するなど、終始、和気藹々とした雰囲気だった。  山尾氏は11月7日に倉持氏を政策顧問として起用することを発表。今回の大阪出張は、2人の動向に注目が集まっている矢先のことだった。  大...
»続きを読む
カテゴリー:

山尾議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張 山尾氏「別行動で、一緒に宿泊したという事実はない」 - 11月19日(日)15:33  news

 山尾志桜里衆院議員(43)、倉持麟太郎弁護士(34)の2人が1泊2日で大阪出張していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。  11月12日、2人は、彼らの後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加。 イベントでは、倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され山尾氏が爆笑するなど、終始、和気藹々とした雰囲気だった。  山尾氏は11月7日に倉持氏を政策顧問として起用することを発表。今回の大阪出張は、2人の動向に注目が集まっている矢先のことだった。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

松本人志、紅白司会ウッチャンに驚き「これは予想外」 - 11月19日(日)14:00 

ダウンタウンの松本人志(54)が11月19日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。年末の「第68回NHK紅白歌合戦」について言及した。 今年は総合司会にウッチャンナンチャンの内村光良(53)が起用されることで話題に。内村と長年の親交がある松本は、「これは僕も予想外でした。(内村は)広く愛されているから、もうしょうがないよね」とコメントした。 松本は年末恒例の「笑ってはいけない」シリーズ(日本テレビ)に出演する。「我々みたいなやつらは、その裏で尻をしばかれて終わりですよ。叩かれ叩かれ。命運がはっきり分かれていますよね」と、自虐ともとれる発言で笑いを誘った。 「笑ってはいけない」シリーズといえば、お尻を叩かれる罰ゲームで有名。過酷なロケで知られ、今年のロケは11月上旬に終了している。司会の東野幸治(50)が「今日はお尻の具合は?」と尋ねると、松本は「本当に僕、もう、あれはやめたほうがいいと思いますよ。肛門がカリフラワーのように(腫れた)……」と感想を漏らしていた。 また、2002年に出場を果たしたRAG FAIRの土屋礼央(41)が、「(29日から31日までスケジュールは)3日、丸押さえ。会見の日も、出場が決まる前から押さえておく」と明かすと、松本は「総合司会のウッチャンなんか、すごい押さえられているんやね。時間を」と驚いていた。 16日...more
カテゴリー:

【W不倫】山尾志桜里議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張 山尾氏「別行動を取っており、一緒に宿泊したという事実は一切ございません」 - 11月19日(日)08:12  newsplus

 山尾志桜里衆院議員(43)、倉持麟太郎弁護士(34)の2人が1泊2日で大阪出張していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。  11月12日、2人は、彼らの後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加。 イベントでは、倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され山尾氏が爆笑するなど、終始、和気藹々とした雰囲気だった。  山尾氏は11月7日に倉持氏を政策顧問として起用することを発表。今回の大阪出張は、2人の動向に注目が集まっている矢先のことだった。  大...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<酒井法子のアジアでの劣らぬ人気ぶり>中国人にとって「理想の顔」「美人の典型」 - 11月18日(土)20:22  mnewsplus

18日放送の「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、タレント・酒井法子の現在も続くアジアでの人気ぶりが明らかとなった。 番組では、「日本で失敗したオンナ・酒井法子が海外で『怪物級美魔女』として大人気」と題し酒井の現状を取り上げた。 酒井は現在も、韓国でディナーショーを行えば150万円から200万円ほどのギャラが発生し、来年1月に香港で開催するコンサートにおいては発売3日でチケットが完売したというのだ。 井上公造氏によると、アジアでの活躍については「元々、中国とかで人気があ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「週刊文春」の画像

もっと見る

「週刊文春」の動画

Wikipedia

週刊文春(しゅうかん ぶんしゅん実際には、「シューカンブンシュー」と発音されることが多い。高島俊男「週刊文春の怪」1997年5月22日。お言葉ですが…「それはさておき」の巻文藝春秋1998年に収録。)は、株式会社文藝春秋の発行する週刊誌である。現編集長は新谷学。発行部数68万部は週刊新潮を抑えて業界第1位http://www.j-magazine.or.jp/data_002/m1.html002。

概要

1959年(昭和34年)4月創刊。日本の出版社系週刊誌では1956年創刊の週刊新潮新潮社)と並ぶ老舗。「新聞テレビが書かない記事」を書く週刊誌というスタンスをとる。

表紙の絵とデザインは、イラストレーター・和田誠。1977年より手がけている。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる