「逮捕歴」とは?

関連ニュース

【芸能】女性トラブル10回以上!限度をはるかに超えていた山本裕典のすさまじい女癖 - 03月28日(火)16:15 

21日に所属事務所から契約を解除された俳優の山本裕典の夜の街での“ご乱行”を、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。 同誌によると、表沙汰になっていないものも含め、山本が女性トラブルを起こしたのはなんとこれまでに10回以上。今年1月、一部で地下アイドルを“お持ち帰り”したことが報じられ社長が激怒。その後も2回、表に出ていない女性問題を起こし、堪忍袋の緒が切れた事務所はクビを決定したという。 そんな山本だが、六本木のあるバーでは友だちと飲んでいたキャバクラ嬢に対し、山本がしつこく絡み、女性が店を出...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

過去の罪が消せると思うか 「グーグル犯歴削除」を請求したタワケたち - 03月21日(火)08:01 

 破廉恥な振舞いが法に触れたにもかかわらず、インターネットで事実が晒されぬよう、検索サイトに削除要請──。そうした厚顔な面々に対し、先ごろ最高裁は請求を一斉棄却し、初めての判断を下した。“不都合な過去”が、恣意的に消し去られてはたまらない。  ***  人の口に戸を立てたところで、ネットの前ではまるで用を成さないのは自明の理。そんな時代にあって、最高裁が画期的な決定を下したのは、さる1月31日のことだった。  司法担当記者が言う。 「判断基準が具体的に示されたのは、現在30代の男性が2011年11月、女子高生に金銭を渡してわいせつ行為に及び、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された事案です。男性は、罰金50万円の略式命令を受けた後もネット上で自分の逮捕歴が表示されるとし、15年1月、グーグルに削除を求める仮処分を、さいたま地裁に申請したのです」  同地裁は同年6月“社会生活の平穏を害されない利益を侵害している”として、この男性の申し立てを認め、49件の検索結果の削除を命じた。グーグル側はこれを不服として異議申し立てをし、保全異議審が始まったのだが、同年12月、過去の犯罪について「忘れられる権利」があると判断した地裁は、あらためてグーグルに削除を命じる決定を下したのだった。  この「忘れられる権利」とは、そもそも欧州で根付いた理念であり、 「スペイン人男性が、自身の保険料滞...more
in English
カテゴリー:

【話題】<複合商業施設>「不審者の特徴」として著名人の名前を記した張り紙を掲示!通報を呼び掛け.. .専門家「名誉毀損の恐れがある」 - 03月08日(水)08:18 

東京都世田谷区の複合商業施設が、「不審者の特徴」として著名人の名前を記した張り紙を掲示し、通報を呼び掛けていたことが分かった。  この著名人は逮捕歴があるが、不審行動に関わった形跡はなく、似ているとの理由で名前を出された。 専門家は「名誉毀損(きそん)の恐れがある」と指摘。施設側は取材を受け、「個人名を書いたのは不適切だった」として張り紙を撤去した。  施設には書店や飲食店、スポーツジムなどが入居する。張り紙は共用トイレの入り口に掲示され、「不審者を見かけた方は即110番」と記載。似ている意味...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【話題】独身でいることのメリットが科学的に証明!? ★5 - 02月20日(月)21:53 

千葉大医学部生が昨年9月、集団レイプ事件を起こしたが、今度は現役医師主導の集団強姦事件が発覚した。 泥酔した10代少女を集団で暴行した集団準強姦の疑いで16日までに埼玉県警に逮捕されたのは 千葉・船橋中央病院医師、上西崇容疑者(31)、慈恵医大附属病院医師、松岡芳春容疑者(31)、東邦大学医学部、舵原龍佑容疑者(25)だ。 3人は昨年4月30日~5月1日にかけ、東京・大田区内の上西容疑者が賃貸契約していたヤリ部屋で、10代後半だった少女2人に酒を飲ませ、暴行した疑い。舵原容疑者は 「先輩(松...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】集団レイプで現役医師ら3人逮捕 主犯格4度逮捕歴を病院見逃し - 02月19日(日)05:16 

千葉大医学部生が昨年9月、集団レイプ事件を起こしたが、今度は現役医師主導の集団強姦事件が発覚した。 泥酔した10代少女を集団で暴行した集団準強姦の疑いで16日までに埼玉県警に逮捕されたのは 千葉・船橋中央病院医師、上西崇容疑者(31)、慈恵医大附属病院医師、松岡芳春容疑者(31)、東邦大学医学部、舵原龍佑容疑者(25)だ。 3人は昨年4月30日~5月1日にかけ、東京・大田区内の上西容疑者が賃貸契約していたヤリ部屋で、10代後半だった少女2人に酒を飲ませ、暴行した疑い。舵原容疑者は 「先輩(松...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

最高裁棄却! 虫が良すぎる「忘れられる権利」 検索エンジンへの犯罪記事削除要請 - 03月22日(水)08:00 

 昨年、グーグルやヤフーなどの事業者に対し、検索結果の表示の差し止めや損害賠償などを求めた申し立て事件は54件にのぼる。今年1月31日には、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑の逮捕歴の削除を求めた男性の請求を、最高裁が棄却する画期的な決定を下した。過去には、自身の逮捕記事の削除を求めて訴えた盗撮常習者が、公判中に再び犯行に及び、お縄になったケースも。破廉恥な振る舞いが法に触れたにもかかわらず削除要請を行う厚顔な面々の“不都合な過去”が、恣意的に消し去られてはたまらない。  ***  この時に注目を集めた「忘れられる権利」について、京都大学大学院法学研究科の曽我部真裕教授は“今後は法改正をしない限り、「忘れられる権利」が法的に認められることはないと思います”と語る。  ジャーナリストの津田大介氏も、 「今回の決定の趣旨は『検索サイトは、ネット上で国民の知る権利に対し、重要な役割を担っている』と認めた上で『役割に応じた責任も負うべきだ』というものです」  そう指摘しながら、 「日本では『忘れられる権利』はありませんが、欧州の考え方を受けてヤフーなどは自主的に削除基準を策定しました。グーグルも削除依頼用のフォームを設けたところ、数万件の依頼が寄せられ、うち4割ほどの削除に応じています。ですが、自分にとって都合の悪い情報をたやすく消せる、つまり忘れられるようになれば、民主主義やジャーナ...more
in English
カテゴリー:

市販の製品で十分? 現代のスパイがリアルに活用しているハイテクグッズとは - 03月17日(金)06:00 

金正男氏が暗殺され、毒針や毒ガス噴射器などに注目が集中! では、スパイや工作員が使用するハイテクなグッズはどんなものがあるのか? 『週刊プレイボーイ』本誌で「石川英治のホワイトハッカーなんでも相談室」を連載中のホワイトハッカー・石川英治が解説する! * * * ―それでは石川さん。まずは通信機器ではどうでしょう。やっぱ、ジェームズ・ボンドのような特殊ガジェットを使用中なんですか? 石川 私の知っている限りですと、普通のスマホですよ。 ―え? そこらで買えるiPhoneとかですか? 石川 はい。電話もネットも特殊に暗号化された回線ではなく、一般の回線を使用しているそうです。 ―それじゃ、いろいろとダダ漏れじゃないですか! 石川 いや、防諜(ぼうちょう)用に特殊な回線を作ったら、そっちのほうが目立って捜査対象になりますよ。なので、一般回線を使い、暗号解読などにはカスタムされたアプリを使用してやりとりを行ないます。 また、スマホ本体も市場に流通している民生品を使うことで足もつきづらいですからね。 ―って、石川さん! なんでそんなこと知ってるんですか? ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】任天堂、公道カートの「マリカー」を著作権侵害で提訴 - 02月24日(金)17:23 

跡を絶たない薬物乱用による芸能人の逮捕劇。芸能界はそれほどまでに汚染されているのか。 なぜ、どのようにして彼らはクスリにハマっていくのか。そこには知られざる「システム」が存在する。 渋谷と西麻布のバーで 清原和博、ASKA、押尾学、酒井法子、小向美奈子――。 ここ数年、薬物で逮捕された芸能人である(清原は元プロ野球選手だが、引退後メディアに露出していたという意味では広義の芸能人に含んでいいだろう)。 なぜ彼ら、彼女ら、芸能界の人間はクスリに溺れるのか。 まず指摘できるのは、彼らは一般人よりもはるか...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】集団レイプで現役医師ら3人逮捕 主犯格4度逮捕歴を病院見逃し ★2 - 02月20日(月)21:30 

千葉大医学部生が昨年9月、集団レイプ事件を起こしたが、今度は現役医師主導の集団強姦事件が発覚した。 泥酔した10代少女を集団で暴行した集団準強姦の疑いで16日までに埼玉県警に逮捕されたのは 千葉・船橋中央病院医師、上西崇容疑者(31)、慈恵医大附属病院医師、松岡芳春容疑者(31)、東邦大学医学部、舵原龍佑容疑者(25)だ。 3人は昨年4月30日~5月1日にかけ、東京・大田区内の上西容疑者が賃貸契約していたヤリ部屋で、10代後半だった少女2人に酒を飲ませ、暴行した疑い。舵原容疑者は 「先輩(松...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【裁判】ネット記事削除の訴訟「7年では表現の自由萎縮」、インサイダー取引で有罪になった男性の請求棄却 - 02月16日(木)20:59 

約7年前の逮捕歴などの記事がインターネット上に掲載され続けるのは人格権などの侵害にあたるとして、 東京都内の男性がヤフーや米通信社ブルームバーグなど4社に記事の削除などを求めた訴訟で、東京地裁(吉村真幸裁判長)は15日、 「記事の掲載が7~8年で違法となれば、表現の自由を萎縮させかねない」として、男性の請求を棄却した。  判決によると、男性はインサイダー取引をした疑いで2009年に逮捕され、10年に執行猶予付きの有罪判決を受け、確定した。 4社のニュースサイトなどには、男性の逮捕などについての...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「逮捕歴」の画像

もっと見る

「逮捕歴」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる