「連続テレビ小説」とは?

関連ニュース

「デラべっぴん」の「べっぴん」ってどういう意味? - 01月19日(金)23:16  news

井頭愛海、『べっぴんさん』バトンの重圧「心が10回ぐらい折れた」 オスカープロモーション所属のタレントが集う毎年恒例マスコミ向けイベント「晴れ着撮影会」が昨年12月7日、 東京・明治記念館で行われ、井頭愛海(16)が4年ぶりに出席した。 当時は、女優デビューを果たした映画『おしん』が公開されたばかりの頃で、同事務所の先輩・上戸彩との共演を経て、 「もっと演技を磨きたい」「『井頭愛海みたいな女優になりたい』って言ってもらえるようになりたい」と語っていた井頭。 2017年はNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で1...
»続きを読む
カテゴリー:

高橋一生の経歴が意外でスゴイ!スーパー戦隊もの、ジブリアニメにも出演 - 01月19日(金)18:35 

2017年大晦日の「第68回NHK紅白歌合戦」では審査員を務め、NHK連続テレビ小説「わろてんか」にも出演中と、間違いなくいま最も注目を集めている俳優・高橋一生。そんな彼の、興味深いこれまでの経歴を振り返ってみたい! 【写真を見る】『blank13』では父(リリー・フランキー)へ複雑な思いを抱える主人公・コウジ役に/[c]2017「blank13」製作委員会 ■ 昨年はNHK大河ドラマで存在感を発揮 高橋がブレイクしたきっかけの一つと言われているのが、2015年に放送された池井戸潤原作のTVドラマ「民王」だ。おバカな2世議員をクールにたしなめる秘書を好演した。続く2016年は、強烈な印象を残した『シン・ゴジラ』(16)のオタクな研究員役で弾みをつける。 その翌年にはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも登場。演じた小野政次が非業の死を遂げると“政次ロス”を引き起こすほどの、人気を獲得する。また同年のTVドラマ「カルテット」では“こだわりの強い理屈家”という一風変わった役柄を愛らしく演じ、大きな支持を得た。 ■ アニメ、特撮にも出演した少年時代 そんな人気俳優となった高橋のキャリアは長く、意外な作品に出演していた過去を持つ。スタジオジブリ作品の劇場アニメ『耳をすませば』(95)では、ヴァイオリン作りの夢を追う中学生・天沢聖司の声を担当。当時中学3年生の高橋が、ちょうど声変わり前だっ...more
カテゴリー:

佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 - 01月19日(金)17:00 

4月2日(月)からスタートする、2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。18日、渋谷の同局にて取材会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁と、ヒロインの幼なじみ・萩尾律役の佐藤健が出席した。北川悦吏子が脚本を担当する本作は、大阪万博の翌年、1971年に岐阜県東濃地方のとある町で生まれた、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまでを描く。岐阜県東濃地方ロケに続き、スタジオでの収録が順調に進んでいるとのことだが、永野は「撮影開始から2か月がたって、ようやく岐阜ことばに慣れてきて、いまでは日常会話が岐阜ことばになったりして、みんなと岐阜ことばで会話するのがとても楽しくて、だんだん鈴愛という役に慣れてきたなと感じるようになりました」とニッコリ。現場は和気あいあいと収録が進んでいるらしく、共演するに佐藤については、「佐藤さんが居ると安心できるので、現場に居るといい意味で私は何も考えずにいられます」と明かし、「律と鈴愛の関係性がもうできているのかなって自分では思っています」と手応えを感じている様子。一方、佐藤は「とても台本がおもしろくて、台本をいただいて読むたびに、次の台本を楽しみに待っている状態です。この連続テレビ小説もいろんな方に愛されて、永野さんは...more
カテゴリー:

佐藤健、破壊力満点の永野芽郁にぞっこん!?「大スターになる」 - 01月19日(金)15:02 

4月2日(月)スタートの連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の取材会が行われ、ヒロイン・鈴愛(すずめ)を演じる永野芽郁と、律(りつ)を演じる佐藤健が出席した。 【写真を見る】「肩に手を置いて!」とオーダーされた永野芽郁&佐藤健、2人そろって悟り顔に…!?/撮影=龍田浩之 鈴愛は、片耳の失聴や漫画家になるという夢の挫折、離婚など、幾多の困難にもめげずに七転び八起きの人生を駆け抜ける女の子。一方、鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみの律は、そんな鈴愛のことを気に掛け、心のどこかで「鈴愛を守れるのは自分しかいない」と思っている──という役どころだ。 昨年8月の出演者発表会見では、「佐藤さん」と呼んでいた永野。だが、今回は「現場に“健さん”がいれば安心できて、私は何も考えずにいられます!」と話すなど、信頼しきっている様子だった。 対する佐藤は、「きっと永野さんは、大スターになるんじゃないかな」とサラリと言い放ち、理由を訊かれると食い気味に、「北川(悦吏子)さんの台本を読んだ時点で、鈴愛を大好きになりました。そんな鈴愛を永野さんが飄々(ひょうひょう)と演じているのを見て、びっくりして。シンクロ率100%なんです! 堂々としているし、大物なんだろうな」。 その熱弁ぶりに、自身でも笑ってしまっていた。 実年齢では10歳差の2人だが、すっかり打...more
カテゴリー:

佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 - 01月19日(金)11:50 

4月2日(月)からスタートする、2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。18日、渋谷の同局にて取材会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁と、ヒロインの幼なじみ・萩尾律役の佐藤健が出席した。北川悦吏子が脚本を担当する本作は、大阪万博の翌年、1971年に岐阜県東濃地方のとある町で生まれた、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまでを描く。岐阜県東濃地方ロケに続き、スタジオでの収録が順調に進んでいるとのことだが、永野は「撮影開始から2か月がたって、ようやく岐阜ことばに慣れてきて、いまでは日常会話が岐阜ことばになったりして、みんなと岐阜ことばで会話するのがとても楽しくて、だんだん鈴愛という役に慣れてきたなと感じるようになりました」とニッコリ。現場は和気あいあいと収録が進んでいるらしく、共演するに佐藤については、「佐藤さんが居ると安心できるので、現場に居るといい意味で私は何も考えずにいられます」と明かし、「律と鈴愛の関係性がもうできているのかなって自分では思っています」と手応えを感じている様子。一方、佐藤は「とても台本がおもしろくて、台本をいただいて読むたびに、次の台本を楽しみに待っている状態です。この連続テレビ小説もいろんな方に愛されて、永野さんは...more
カテゴリー:

高橋一生 まるでBL!イケメン俳優がみな高橋ラブになる理由 - 01月19日(金)21:00 

1月19日、NHK総合『あさイチ』に松坂桃李(29)が生出演。連続テレビ小説『わろてんか』で共演している高橋一生(37)とお揃いのエコバッグを使っているなど、“仲良し”エピソードを披露した。 今や飛ぶ鳥を落とす勢いの高橋だけあって、彼と親交を深める俳優は多い。だがその“仲良し度合い”が周囲を驚かせている。 「兄弟だと思っている」と明かすほど仲良しなのは瀬戸康史(29)。昨年7月、自身のブログでは高橋のことをこう語っている。 「なんだか、似ているんです。好きなものも、性格も。それに一生さんには何でも話せるし、一緒にいると落ち着くんです。…。んー。なんか兄弟というより、一生さんに片想いしている人みたいだな(笑)いや、でも本当にそうとしか言いようがない」 この“片思い”コメントとともに、高橋が瀬戸の後ろから“抱きしめた”2ショットを公開しているのだ。 また昨年8月、『あさイチ』に出演した高橋は“岡田准一(37)から昔よくキスされた”とも告白している。 まるでBLの世界!だがイケメン俳優たちがみなこぞって“高橋ラブ”になる理由について、芸能ライターはこう語る。 「市川猿之助さん(42)はテレビのインタビューで、高橋さんの...more
カテゴリー:

松坂桃李 鞄は高橋一生とお揃い「ビニール袋は卒業した」 - 01月19日(金)18:00 

俳優の松坂桃李(29)が19日、NHK総合『あさイチ』に生出演。台本や携帯品をコンビニのビニール袋に入れて持ち歩いていた生活を卒業し、現在は、同局の朝の連続テレビ小説『わろてんか』で共演する俳優の高橋一生(37)とお揃いのエコバッグを愛用していることを明かした。 松坂について、『わろてんか』で共演中のお笑いタレント・藤井隆(45)が「コンビニのビニール袋に台本や飲み物、ハンカチなどを入れて現場バッグとして使っている」と指摘。これについて松坂は「鞄を持っていない」と告白し、「服を買った時にもらう袋で来て、そこからビニール袋に台本や水などを入れて現場に行く」と説明した。 しかし最近は、同じようにビニール袋を活用していた高橋一生がきっかけで、ビニール袋を使用しなくなったそう。「一生さんが『桃李くんもビニール袋だったよな』とちょうどいいエコバッグを買ってきてくださったんです」と話し、「いまは一生さんと色違いのエコバッグを現場バッグにして、ビニール袋は卒業しました」とお揃いエピソードを告白した。 これを見た視聴者からは「松坂桃李と高橋一生がお揃いのカバン持ってるとか素晴らしい事案」「松坂桃李のバッグがビニール袋から進化した!サンキュー高橋一生!」「なんて素敵なエピソードなんだ」「2人ともかわいいなあ」という声があがっている。【関連記事】松坂桃李 ヒーローから一転…共演者も息のむ演技力に...more
カテゴリー:

佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 - 01月19日(金)17:00 

4月2日(月)からスタートする、2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。18日、渋谷の同局にて取材会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁と、ヒロイ…
カテゴリー:

明日のわろてんか:1月20日 第91回 団吾のラジオ出演が時代を変え… - 01月19日(金)13:00 

 葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は第16週「笑いの新時代」を放送。20日の第91回では、藤吉(松坂桃李さん)はラジオから流れる団吾の落語に驚きつつも、変革の波をまざまざと感じ…
カテゴリー:

松坂桃李は私服がダサい? バッグはコンビニの袋? 意外な素顔に「可愛い」 - 01月19日(金)11:47 

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』に出演中の松坂桃李が、19日放送のNHK『あさイチ』プレミアムトークのゲストに登場。彼の意外な素顔に、視聴者から「ほっこりした」「可愛い」といった声が挙がった。【写真】「松坂桃李」フォトギャラリー 松坂の素顔を最初に明かしたのは、ヒロイン・北村てんを演じる葵わかな。彼女によると松坂は、楽屋から撮影現場にやってくるとき、台本や飲み物をコンビニのビニール袋に入れてくるという。松坂のものだと最初はわからなかった葵は、「誰かのゴミかな?」と思ったという。それに対し「コンビニ袋は大きさがちょうどいいんです」と言う松坂。現在は、共演者の高橋一生から買ってもらった色違いのエコバッグを持ち歩いていると言い、コンビニ袋は卒業したと語った。  芸人を寄席に派遣する寺ギンを演じている兵動大樹からも暴露話が。撮影が休みの日に待ち合わせしていると、暗闇からニット帽をかぶった男性がポケットに両手をつっこんでガニ股で走ってきた。兵動は「あんな男前が、あんなダサイい走り方するわけない」と思っていたら松坂だったと告白。 松坂は私服にも無頓着のようで、兵動曰く松坂は、ヒラメみたいな色をしたトレーナーに、2万回走ったあとのアスファルトのような灰色のスウェットを着ていると明かした。松坂は、服選びのポイントとして「着やすい、脱ぎやすい、目にやさしい」を挙げ、仕事では刺激の多い色の服が多い...more
カテゴリー:

もっと見る

「連続テレビ小説」の画像

もっと見る

「連続テレビ小説」の動画

Wikipedia

連続テレビ小説(れんぞくテレビしょうせつ)は、1961年(昭和36年)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。通称は朝ドラ(あさドラ)。

概要

NHKにおける帯ドラマの枠の総称である。放送形態は徐々に変化しているが、原則1回15分・週6話・半年間(26週・156回前後)放送。第1作放送開始以来、枠としての中断は一度もない。大河ドラマと並んで、NHK、ひいては日本のドラマの代表格としてメディアでも取り上げられ、帯ドラマでは唯一、スポーツ紙等で週ごとの視聴率の記された記事が公開されている(ただし、各作品の最終週については、この限りではない)。

作品内容は、主人公の半生・生涯を中心に、それをとりまく家族や家庭を描いたホームドラマの体裁がほとんどであり、主人公は女性ヒロイン)であることが多い。 歴代作品一覧

歴史

そもそも、戦後、毎朝、ラジオで小説が朗読されており、この枠名が「連続ラジオ小説」であった。この枠が、小説の朗読からラジオドラマに、建て替えられた。さらに、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる