「連盟」とは?

関連ニュース

高山「今できることをやる」=アマ登録求め調停申し立て-ボクシング - 04月19日(木)19:53 

 2020年東京五輪出場を目指して昨年4月にアマチュア転向を表明したプロボクシング世界主要4団体ミニマム級元王者の高山勝成(34)が19日、大阪市内で記者会見し、日本スポーツ仲裁機構に対して、日本ボクシング連盟と日本オリンピック委員会(JOC)を相手に調停を申し立てたことを明かした。 高山によると、日本連盟側に昨年来、アマ選手登録を認めるよう働き掛けてきたが、申請書類の他、支援団体による約2万5000人分の署名受け取りを拒まれた。高山は「(東京五輪まで)あと2年と少し。今できることをしっかりやりたいという思いで、今回の手続きに至った」と説明した。 申し立てでは、日本連盟に対し、高山が登録選手の権利を有することの確認を求め、JOCには、加盟団体が選手登録を不当に拒否しないよう、指導や助言を要求している。 名古屋産大に在学中の高山は「トレーニングに精進するだけ。年内にアマ登録をして、国内で戦っていって五輪代表の座を奪っていきたい」と語った。 日本連盟の山根明会長は同日、「静観する。これまでの姿勢に変わりない」と述べた。 [時事通信社]
カテゴリー:

サメの襲撃相次ぐ、サーフィンの大会中止に 豪 - 04月19日(木)19:27 

世界プロサーフィン連盟(WSL)は19日までに、オーストラリアで開催予定だったプロサーフィンの大会を中止すると発表した。サメによる襲撃が相次いだためとしている。 サーフィンの大会「マーガレットリバープロ」は、西オーストラリア州のマーガレットリバーで予定されていた。WSLによれば、近くの町でサメによる襲撃が2件発生した。海岸にクジラが打ち上げられているという特異な状況のため、サメがさらに攻撃的な...
カテゴリー:

2018年4月19日のヘッドラインニュース - 04月19日(木)18:30 

2018年4月19日(木)に世界バドミントン連盟が発表したバドミントンの女子シングルス部門世界ランキングで、山口茜選手が日本人女子として初めて1位を達成しました。山口選手は福井県勝山市出身の20歳。くまもと再春館製薬所バドミントンチームに所属していて、2016年のリオデジャネイロ五輪で5位入賞、2017年のスーパーシリーズファイナルズ優勝・全日本総合選手権優勝、2018年の全英オープン準優勝・ドイツオープン優勝などの成績を残しています。続きを読む...
カテゴリー:

なでしこ、連覇なるか=21日未明、豪州と決勝-サッカー女子アジア杯 - 04月19日(木)16:43 

 【アンマン時事】サッカーの女子アジア・カップはアンマンで20日(日本時間21日未明)に決勝が行われ、日本(なでしこジャパン)は2大会連続2度目の優勝を懸けてオーストラリアと対戦する。 日本は1次リーグ第3戦で豪州と1-1で引き分けて4強入りを決め、来年のワールドカップ(W杯)フランス大会の出場権を獲得。スピードやパワーで勝る相手に熊谷(リヨン)を中心に体を張って守り、阪口夢(日テレ)が先制ゴールを決めた。 今回も豪州の圧力に押し込まれる時間が長くなると予想される。日本は集中力を切らさずに耐え、今大会2得点の岩渕(INAC神戸)らの攻撃陣に多くボールを供給したい。14日間で5試合目。疲労は蓄積しているが、攻守で精力的に動き回ることが勝利への必須条件。豪州は準決勝で格下のタイにPK戦まで持ち込まれる苦戦を強いられたが、主力の一部を温存していた。 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が11位、豪州が6位。過去の対戦成績は日本の10勝8分け7敗。前回2014年大会決勝では日本が1-0で勝った。 [時事通信社]
カテゴリー:

ボクシング:尾川、資格停止6カ月 ドーピング陽性反応 - 04月19日(木)15:45 

 プロボクシングの帝拳ジムは19日、昨年12月に米国で行われた国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦で王者となった尾川堅一(30)が、ドーピング検査で陽性反応を示したことにより6カ月の資格停止処分を受けたと発表した。試合も無効試合となった。
カテゴリー:

アマ転向「もう時間ない」ボクシング高山が調停申し立て - 04月19日(木)19:34 

 プロボクシングの元世界王者の高山勝成(34)=名古屋産大=が19日、自身のアマチュア登録が不当に拒否されているとして、日本ボクシング連盟と日本オリンピック委員会を相手取り、日本スポーツ仲裁機構に調停…
カテゴリー:

尾川の王座決定戦、無効に=IBF・Sフェザー級-世界戦ドーピング問題で - 04月19日(木)18:38 

 昨年12月に国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦(米ネバダ州ラスベガス)に勝ち、王者となった尾川堅一(30)=帝拳=がドーピング検査で陽性反応を示した問題で6カ月間の資格停止処分を受け、試合が無効試合となることが決まった。帝拳ジムが19日、発表した。尾川は王座獲得も無効となる見通し。 尾川は王座決定戦でテビン・ファーマー(米国)に判定勝ち。初の世界戦でタイトルを獲得したが、試合を管理するネバダ州アスレチック・コミッション(NSAC)は、試合前のドーピング検査でテストステロンが検出されたとして違反を認定した。 帝拳ジムは、試合前の半年間に摂取した食事や常備薬などのリストを提出したが原因の特定には至らなかったという。NSACの裁定を受け、IBFも追って処分を下す。 日本ボクシングコミッションによると、世界戦における日本選手のドーピング違反は初めて。記者会見した尾川は、「プロとしての自覚が足りず申し訳ない。許されるならばもう一度リングに立ちたい」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

コンフェデ杯が中止に…クラブW杯も毎年開催から4年に1度へ変更 - 04月19日(木)18:03 

 FIFA(国際サッカー連盟)は、FIFAコンフェデレーションズカップを廃止し、FIFAクラブワールドカップに置き換えることを発表した。19日、『THE DAILY STAR』が伝えている。  これま
カテゴリー:

ボクシング:元王者の高山、アマ登録認めて 仲裁申し立て - 04月19日(木)16:37 

 プロボクシングの世界4団体ミニマム級元王者で2020年東京五輪出場を目指している高山勝成(34)が19日、大阪市内で記者会見を行い、自身のアマチュア選手登録を認めるよう日本ボクシング連盟(日連)と日本オリンピック委員会(JOC)を相手に日本スポーツ仲裁機構に調停の申し立てを行ったことを明らかにした
カテゴリー:

ボクシング:尾川、資格停止6カ月 ドーピング陽性 - 04月19日(木)13:31 

 ボクシングの帝拳ジムは19日、昨年12月の試合で国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座に就いた尾川堅一(30)がドーピング検査に陽性反応を示した問題で、資格停止6カ月の処分になったと発表した。試合は無効試合となった。
カテゴリー:

もっと見る

「連盟」の画像

もっと見る

「連盟」の動画

Wikipedia

連盟(れんめい)

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる