「速報値」とは?

関連ニュース

【人手不足】北海道コンブ生産 20年で半減 資源あるのに人手不足 フジッコは値上げへ - 02月19日(月)14:17  newsplus

■2017年は1万5000トンに 北海道内でコンブの生産量が低迷している。道によると、2017年の生産量は20年前のほぼ半分の1万5千トン(速報値)だった。漁業者の高齢化に加え、人手不足で水揚げしたコンブを洗ったり乾燥させたりする作業に携わるアルバイトを確保しづらくなっていることが背景だ。資源は潤沢にあるものの、十分に採りきれないケースも出ている。(経済部 五十地隆造) ■アルバイト集まらず 干せる量に限界 日高昆布の産地として知られる日高管内えりも町。毎年7~10月、漁業者が小型船に乗って専用のさおで最長7メート...
»続きを読む
カテゴリー:

【貧困日本】“暗黒の民主党時代”より不景気の安倍恐慌 実質賃金(もらう給料で買えるもの)が4.1%ダウン - 02月18日(日)18:53  liveplus

(略)2月7日に厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(毎勤統計)の速報値によれば、 2017年の実質賃金は、前年比0.2%の減少だった。「実質賃金2年ぶりマイナス」 という見出しを付ける新聞がほとんどだったが、これは明らかに安倍政権を忖度 したものだ。2年ぶりマイナスと言えば、マイナスになったのが珍しく2015年と 昨年だけがマイナスになったかのような印象を受ける。 しかし、安倍政権の5年間で、実質賃金がプラスになったのは一昨年1回だけ。 あとは全部マイナス。しかも下げ幅は極めて大きい。民主党政権の最終年である...
»続きを読む
カテゴリー:

中国における17年のR&D経費投資強度は2.12%に - 02月14日(水)14:24 

国家統計局が13日に発表したデータによると、速報値の計算では、2017年の中国の研究開発(R&D)経費の投資規模は1兆7500億元(1元は約16.9円)に上り、前年比11.6%増加し、増加率は前年を1ポイント上回った。 ...
カテゴリー:

GDP速報値 バブル期以来の8四半期連続プラス成長も…「低温経済」定着 - 02月14日(水)11:43 

 平成29年10~12月期国内総生産(GDP)速報値は実質ベースでバブル期以来、約28年ぶりとなる8四半期連続プラス成長を記録した。ただ、最高10%超の成長率を記録したバブル期と比べると、今回は最高2%台にとどまり、低水準ながら成長が続く「低温経済」が定着してきた。金融市場の波乱リスクが高まり、実体経済への悪影響が懸念される中、少子化を補い、経済の「体力」を示す潜在成長力の強化を進めることが急務となる。
カテゴリー:

【GDP】GDP 約28年ぶりに8期連続プラス - 02月14日(水)09:43  bizplus

去年10月から12月までのGDP=国内総生産は、個人消費が持ち直したため、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてプラス0.1%、年率に換算してプラス0.5%となり、8期連続、2年にわたって成長が続きました。8期連続でプラスになるのはおよそ28年ぶりです。 内閣府が先ほど発表した去年10月から12月までのGDPの速報値は、物価の変動を除いた実質で前の3か月と比べてプラス0.1%となりました。 この伸びが1年間続いた場合の年率に換算すると、プラス0.5%となり、8期連続、2年にわた...
»続きを読む
カテゴリー:

コンビニが客数低迷。ドラッグストアと競争激化で3年ぶり売上減 - 02月19日(月)05:00 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「バレンタインデー商戦」に続いて、今回取り上げるのは「コンビニ業界の売上不振」について。2017年は3年ぶりのマイナスとなったコンビニ業界の既存店売上高ですが、その原因とは一体何なのか。また、どんな対応策が考えられるのかを日比谷さんがズバリ解説しています。 既存店売上高の不振が続くコンビニ業界 2017年のコンビニエンスストア業界の売上高(速報値)は、既存店ベースで前年比0.3%減の9兆4738億円と、3年ぶりのマイナスとなった。 店内調理品や総菜などの売れ行きは好調で、平均客単価は同1.5%増の611.5円と4年連続でプラスに。その一方で来店客数は同1.8%減の154億9208万人と、2年連続のマイナスとなっている。 ※出典:日本フランチャイズチェーン協会 こちらは、コンビニ業界における月別の既存店売上前年比をグラフ化したもの。5月をピークとして6月と7月はギリギリの水平飛行だったが、その後はジリジリと数字を落とし続けている。カウンター周辺商品の強化により「プラス1品」の購入が促進され、客単価に関しては上昇基調(+1.5%)だったが、それ以上に客数の減少が止まらないのだ。 客数が下がっている原因には、人口減などの大きな外部環境変化も考えられるが、とはいえ今年の後半から急激に人口が減...more
カテゴリー:

GDP年0.5%増 続く「低温経済」、潜在成長力の強化が急務 - 02月14日(水)21:58 

 平成29年10~12月期の実質国内総生産(GDP)速報値は約28年ぶりとなる8四半期連続プラス成長を記録した。ただ、最高10%超の成長率を記録したバブル期と異なり、足元は低水準の成長が続く「低温経済」だ。金融市場の動揺がもたらす悪影響が懸念される中、少子化を補い、経済の「体力」を示す潜在成長力の強化が急務となる。
カテゴリー:

【GDP速報値】29年10~12月期 実質年率0・5%増 8四半期連続プラス成長 約28年ぶりの長さ - 02月14日(水)12:37  newsplus

内閣府が14日発表した平成29年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、 物価変動を除く実質で前期比0・1%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0・5%増だった。 プラス成長は8四半期連続。バブル期の昭和61年4~6月期から平成元年1~3月期まで12四半期連続のプラスとなって以来、 約28年ぶりの長さとなった。ただ、成長率は昨年7~9月期の年率2・2%からは鈍化した。  項目別では、個人消費が0・5%増と2四半期ぶりにプラスとなった。スマートフォンや自動車のほか...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP:28年ぶり8期連続増 実質で年0.5%プラス - 02月14日(水)09:56 

 内閣府が14日発表した昨年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.1%増、年率換算では0.5%増となり、8四半期連続のプラス成長を記録した。プラスが8四半期(2年間)続いたのは、1986年4~6月期から89年1~3月期まで12四半期連続となったバブル期以来約28年ぶり。堅調な輸出や設備投資に支えられ、景気回復が長期にわたり続いていることが示された。
カテゴリー:

10~12月期GDP 年率0・5%増 8カ月連続プラス成長 - 02月14日(水)09:10 

 内閣府が14日発表した平成29年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・1%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0・5%増だった。プラス成長は8四半期連続。
カテゴリー:

もっと見る

「速報値」の画像

もっと見る

「速報値」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる