「通過儀礼」とは?

関連ニュース

左翼はなぜ負け続けるのか 立民党は60年近く遅れて意味不明の「立憲主義」を掲げているが、それはもはや争点として成り立たない - 01月14日(日)13:41  seijinewsplus

http://agora-web.jp/archives/2030524-2.html 社民党の党首選挙で立候補者がなく、告示をやりなおすことになった。国会議員はわずか4人で、党首が落選という状態では、誰も党首なんかやらないだろう。社民党の消滅は時間の問題だが、それ自体は大した問題ではない。深刻なのは立民党も含めて左翼が弱体化し、日本では政権交代が(見通せる将来に)不可能になったことだ。 左翼はずっとダメだったわけではない。終戦直後にはGHQは進歩的な社会党に期待し、政権党として育成した。1950年代の講和論争では、知識人の圧倒的多数が「全面...
»続きを読む
カテゴリー:

ベジタリアンの少女が知ってしまった禁断の味…『RAW~少女のめざめ~』予告編解禁 - 01月08日(月)18:00 

 第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した、フランスのジュリア・デュクルノー監督による初の長編映画『RAW~少女のめざめ~』より、予告編映像が公開された。純真無垢な少女だった主人公ジュスティーヌが、大学入学を機に次第に身体的、精神的に変化を遂げていく過程が映し出されている。【関連】「2017年最も過小評価された映画」フォトギャラリー 本作の主人公は、厳格なベジタリアンの家に育った少女ジュスティーヌ。姉と同様に獣医を目指し大学に入学、初めて親元を離れ大学の寮生活を送ることになり、新しい環境で不安に駆られる生活を過ごしていた。ある日、新入生の通過儀礼として生肉を食べることを強要され、ジュスティーヌは学校に馴染みたいという思いから人生で初めて生肉を口にする。その行為で彼女はその本性を現し、次第に変貌を遂げていく…。 主人公ジュスティーヌを演じるのはフランスの若手女優、ギャランス・マリリエ。本作は、カンヌ国際映画祭以外にも、トロント国際映画祭を筆頭に様々な映画祭で数々の賞を受賞。海外の映画レビューサイト、ロッテン・トマトでも批評家の評価は90%と、方々で高評価を受けている。 また『ベイビー・ドライバー』を手掛けたエドガー・ライト監督は自身のツイッターでで「素晴らしい! 胃が強くない人は注意だけど、それにしても、なんてすごい映画なんだ!」とツイートしており、『シックス・センス』などを...more
カテゴリー:

左翼はなぜ負け続けるのか - 01月13日(土)20:01  liveplus

社民党の党首選挙で立候補者がなく、告示をやりなおすことになった。国会議員はわずか4人で、党首が落選という状態では、誰も党首なんかやらないだろう。社民党の消滅は時間の問題だが、それ自体は大した問題ではない。深刻なのは立民党も含めて左翼が弱体化し、日本では政権交代が(見通せる将来に)不可能になったことだ。 左翼はずっとダメだったわけではない。終戦直後にはGHQは進歩的な社会党に期待し、政権党として育成した。1950年代の講和論争では、知識人の圧倒的多数が「全面講和」派で、論争では左翼が勝っていたが、政治的...
»続きを読む
カテゴリー:

カンヌ受賞作「RAW」予告編公開!生肉の味に目覚めた少女がひょう変 - 01月05日(金)17:00 

 第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞に輝いた「RAW 少女のめざめ」の予告編が、公開された。  2017年6月に行われたフランス映画祭2017ではチケットが完売になるなど映画ファンの関心を集めた本作。第41回トロント国際映画祭、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭ほか多数の映画祭で賞に輝き、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では90%(1月5日時点)を記録している。フランスの新鋭ジュリア・デュクルノー監督が長編初メガホンをとった。  厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、家族と同じ獣医学校に入学した16歳のジュスティーヌ(ガランス・マリリエール)。寮生活を送り始めたジュスティーヌは、新入生の通過儀礼として生肉を食べることを強要されてしまう。学校になじむために家族のおきてを破り生肉を食べたジュスティーヌだったが、その日を境に隠されていた本性があらわになり、変貌を遂げていく。  予告編では、セリフは挿入されず、ジュスティーヌの“変化”を追った構成になっている。新生活を戸惑いつつも楽しんでいたジュスティーヌだったが、生肉を食べたことから徐々にバランスを崩し、野性がむき出しになっていく。予告編では、ジュスティーヌが冷蔵庫にある生肉のにおいをかいで陶酔する姿や、狂気の表情で同級生の腕にかみ付く衝撃的なシーンが収められている。  「RAW 少女のめざめ」は、2月2...more
カテゴリー:

「通過儀礼」の画像

もっと見る

「通過儀礼」の動画

Wikipedia

通過儀礼(つうかぎれい、rite of passage)とは、出生成人結婚などの人間成長していく過程で、次なる段階の期間に新しい意味を付与する儀礼人生儀礼(じんせいぎれい)ともいう。イニシエーションの訳語としてあてられることが多い。通過儀礼を広義に取り、人生儀礼を下位概念とする分け方もある。

イニシエーションとして古来から行われているものとしては割礼抜歯刺青など身体的苦痛を伴うものである事が多い。こうした事例は文化人類学の研究対象となっている。

社会心理学では、負担の大きな加入儀礼は、当人が認知的不協和を解消しようとする結果、組織への主観的評価を高めると考えられているAronson, E., & Mills, J. (1959) The e...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる