「通商政策」とは?

関連ニュース

【国際】メキシコのビデガライ外相、NAFTA離脱を示唆 「条件不利なら」 - 03月26日(日)22:47 

http://www.cnn.co.jp/m/business/35098727.html ニューヨーク(CNNMoney) トランプ米大統領が意欲を示す北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉問題でメキシコのビデガライ外相は26日までに、全ての当事国に利益が及ぶ内容にならなければ協定からの離脱をいとわないとの立場を示した。 米ブルームバーグTVの取材に表明した。離脱は最初の選択肢ではなく最後の手段だが、メキシコはこれを回避しないと述べた。再交渉は建設的なプロセスであるべきだとも語った。 NAFTAにはメキシコの他、米国とカナダが参加。ト...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

焦点:G20、米政策洗練化への期待で「反保護主義」削除容認 - 03月21日(火)12:44 

[バーデンバーデン(ドイツ) 20日 ロイター] - 18日までドイツで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、ムニューシン米財務長官の物腰が柔らかく、ビジネスライクな姿勢に各国は一安心した。米トランプ政権の強硬な通商政策の主張をどう取り扱おうかと戦々恐々だったからだ。
in English
カテゴリー:

【G20】「保護主義に対抗」声明に入れず/G20閉幕 - 03月19日(日)00:57 

【バーデンバーデン(ドイツ)=栗原健、井口馨】 ドイツで開かれていた主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は18日、共同声明を採択して閉幕した。 声明には、G20がこれまで認識を共有してきた「保護主義に対抗する」との文言が盛り込まれなかった。1月に発足したトランプ米政権が文言の削除を求めていたとされ、自由貿易の堅持で協調してきたG20の結束に綻びが出た格好だ。 声明では、世界経済について「回復は進んでいるが、そのペースは弱く、下振れリスクが残っている」との認識で合意した。貿易政...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

為替・通商政策に柔軟姿勢 米財務長官「貿易戦争望んでない」 - 03月18日(土)05:35 

 ムニューシン米財務長官は17日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため、ドイツのバーデンバーデン入りした。トランプ政権の「米国第一」主義をめぐり各国当局者は不確実性に直面しているが、ムニューシン長官は同地での一連の会議や会談で為替・通商政策について柔軟姿勢を示すとみられている。
in English
カテゴリー:

トランプ氏、突然鳴りを潜めた「中国批判」 外務省幹部も警戒、米中“裏取引”憶測飛び交う理由 - 03月17日(金)11:30 

2月10日の日米首脳会談で、トランプ米大統領からは、通商政策や為替政策をめぐって“無理難題”は出ず、日本側には「満額回答」といえる内容となった。エコノミストも総…
in English
カテゴリー:

【国際】世界覆う鶏肉不足の影 ブラジル食肉不正で禁輸、鳥インフル追い打ち - 03月25日(土)09:49 

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703250500006-n1.htm ブラジルでの食肉不正問題を受け、同国からの鶏肉輸入を規制する動きが各国に広がっている。同国は世界最大の鶏肉供給国。米 国などで発生した鳥インフルエンザも鶏肉の輸出量に影響を及ぼしており、禁輸措置が続けば世界的な鶏肉の供給不足につながる恐れがある。  輸出の40%占める  ブラジルの大手食肉加工会社の一部が製造する食品の安全性に関して取り調べが進められる中で、スキャンダル発覚を受けて 鶏肉輸入国は直ちに輸入規制に踏み切った。香港...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【G20財務相・中央銀行総裁会議】声明 反保護主義・難民を削除…異例の紛糾、決裂回避も米中対立浮き彫り - 03月20日(月)00:02 

 【バーデンバーデン=中村智隆】ドイツで18日、閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明では、これまで盛り込んできた通商政策における「反保護主義」の記述を見送ったほか、「難民支援の強化」などの文言も削られた。トランプ米政権の発足後初の会合は、保護主義的な動きを強める米国と、巨額の対米貿易黒字を抱える中国をはじめ、各国が対立する異例の事態となった。
in English
カテゴリー:

【経済】G20、保護主義への姿勢で議論紛糾 初日討議終える - 03月18日(土)11:29 

G20、保護主義への姿勢で議論紛糾 初日討議終える 2017年3月18日10時53分 http://www.asahi.com/articles/ASK3L312WK3LULFA001.html?iref=comtop_latestnews_04  主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が17日(日本時間18日)、ドイツで開幕し、初日の討議を終えた。世界経済をめぐって議論し、為替政策について、従来の為替に関するG20の合意を維持することでほぼ一致した。保護主義への姿勢をどう打ち出すかは意見が割れ、引き続き調整が続いている。  麻生太郎財務相は会議後、記者団に対し、「金...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【政治】首相、欧州4か国訪問へ…自由貿易の重要性確認 EUとのEPA交渉加速化も確認 - 03月17日(金)20:18 

 菅官房長官は17日の記者会見で、安倍首相が19~22日の日程でドイツ、フランス、ベルギー、イタリアの4か国を訪問すると発表した。  各国首脳らと会談し、5月にイタリアで開かれる主要国首脳会議(サミット)を前に、自由貿易体制の重要性を確認する考えだ。  欧州各国ではサミット初参加となる米国のトランプ大統領の外交・通商政策に対する懸念が強い。首相は一連の会談で、2月の日米首脳会談にも触れつつ、各国首脳と意見交換する考えだ。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)に関しては、早期の大枠合意...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国際/経済】米政府、東芝経営に懸念=WH処理、政治問題化も-世耕経産相に表明 - 03月17日(金)08:18 

【ワシントン時事】ワシントンを訪問した世耕弘成経済産業相は16日、トランプ米政権の経済閣僚と相次いで会談した。 世耕氏は会談後に記者会見し、ロス商務長官とペリー・エネルギー長官がともに「東芝の財政的安定性は米国にとって非常に重要」と表明し、 子会社を通じて米国で原発建設を進めている東芝の経営問題に強い懸念を示したと明らかにした。 東芝は巨額損失の原因である米子会社ウェスチングハウス(WH)を売却し、海外原発事業から撤退することを目指しているが、 WHが米国で担う原発建設に悪影響が出るような場...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「通商政策」の画像

もっと見る

「通商政策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる