「通信機能」とは?

関連ニュース

ソニーモバイル、コミュニケーションロボット「Xperia Hello! G1209」を発売 - 10月17日(火)15:04 

「Xperia Hello! G1209」 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット「Xperia Hello! G1209」を2017年11月18日(土)に発売。10月17日(火)より、予約受付を開始した。ソニーのロボティクス技術を、センサーと連動して対話機能を実現する「ソニーエージェントテクノロジー」と組み合わせたスマートプロダクト。能動的に周囲の状況を認識し、まるで生きているように自発的に動いて話すデバイスとなっている。価格はオープンで、ソニーストアでの販売価格は14万9880円(税抜)。 本製品は下部に4つの人感センサーを備えており、半径3mにわたって人の接近を検知する。「ハイ エクスペリア」の呼びかけからコミュニケーションを始めることもできるが、それだけではなく家族など登録した人の顔を本体上部のカメラで認識し、その人に合わせたニュースや交通情報や天気予報などを能動的に発してくれることも特徴だ。凹凸感をなくすため、ボタン類は底面に配置。全体を滑らかな曲線で構成し、柔らかな印象のデザインが追求された。話しかけた人へ正面を向けるように回転して会話をしたり、“目”の動きと組み合わせた豊かな表現力も備えるなど、“家族の一員”として愛着を持てる工夫が凝らされている。 本製品を用いると、たとえばLINEを使ったメッセージの送受信...more
カテゴリー:

Apple Watch Series 3 セルラーモデル レビュー:クールな夢の中のよう。初めて人に勧めたくなりました - 10月13日(金)18:00 

Image: Gizmodo US iPhoneしまいっぱなしでOK、の解放感。9月22日、Apple Watch Series 3が発売されました。待望のセルラーモデルが登場し、iPhoneがなくても単体で電話ができ、ネットにつながります。これぞスマートウォッチのあるべき姿、ということで3週間ほど使ってみた米GizmodoのAlex Cranz記者は、史上初めての買うに値するスマートフォン、と高く評してますよ。以下、どうぞ! Image: Gizmodo US Apple Watch Series 3・これは何?:モバイル通信ができるApple初のウェアラブル・価格:400ドル(セルラーモデル/日本価格 4万5800円から)・好きなところ:家にスマホを置いて犬の散歩に行ける・好きじゃないところ:サードパーティのアプリが遅い、バッテリーが24時間しかもたないSeries 3はセルラーモデルだと400ドルもして、似たような競合より100ドルくらい高いスマートウォッチ。Apple以外が作ったアプリの動作は今になっても遅く、イライラで正気を失ないたくなる...more
カテゴリー:

APRESIA SystemsとCoriant社、メトロ光伝送ネットワーク製品の販売パートナーとして代理店契約を締結 - 10月05日(木)10:29 

[APRESIA Systems株式会社] Coriantの光伝送ネットワーク製品は、先進の信号処理エンジンと組み換え自在な光通信機能、および高度な組み込みソフトウェアを統合したCloudWaveTMをコア技術として、ファイバあたりの伝送容量25.6T bit/s(テラ...
カテゴリー:

【製品】新型アップルウォッチ、iPhoneなしの通信機能に問題 - 09月21日(木)07:52  newsplus

http://jp.reuters.com/article/apple-watch-idJPKCN1BV30G [20日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)は20日、前週発表した腕時計型端末「アップルウォッチ」の新型モデル「シリーズ3」の通信機能に問題があることを確認した。iPhone(アイフォーン)がそばになくても電話やインターネットへのアクセスができるという最も重要な機能に問題が生じる可能性がある。 アップルによると、シリーズ3をログインが必要なホテルやコーヒショップなどのオープンWiFi(ワイファイ)に接続した場合、LTE接続に問題が生じる可...
»続きを読む
カテゴリー:

キヤノン「PowerShot G1X Mark Ⅲ」ハンズオン:コンデジ市場のゲームチェンジャー - 10月16日(月)18:20 

Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン) 普通のコンデジではありません。キヤノンから「PowerShot G1X Mark Ⅲ」が発表されました。発売は11月下旬の予定。2014年3月に発売されたPowerShot G1X Mark Ⅱの後継機です。価格はキヤノン オンラインショップで13万7700円(税込)です。最大の特徴としては、キヤノン初のAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラという点。しかも、キヤノンのハイエンドミラーレスカメラEOS M5と比較しても、遜色ない高い性能を持っています。そして、とにかく軽い。今回触ってみて感じたのは、PowerShot G1X Mark Ⅲはまさに「コンデジ市場のゲームチェンジャー」です。これからコンデジを買おうと思っているすべての人に、「あと1ヶ月ちょっと待って! PowerShot G1X Mark Ⅲを触ってから決めて!」と言いたいくらいの好印象。ということで、まずはPowerShot G1X Mark Ⅲの特長と前モデルの性能比較です。G1 X Mark Ⅲの特長と前モデルG1 X Mark Ⅱとの違い(左:PowerShot G1 X Mark Ⅲ │ 右:PowerShot G1 X Mark Ⅱ) 画素数:2...more
カテゴリー:

CPSを実装した農業向けIoTソリューション「e-kakashi」の 第2世代サービスについて - 10月11日(水)10:00 

[PSソリューションズ株式会社] PSソリューションズは既に提供している「e-kakashi」の持つAIを強化し、遠隔制御機能を追加します。さらにエリクソンが開発した「IoT Accelerator」により通信機能および遠隔制御機能の強化と、CKDが開発した作動...
カテゴリー:

【CEATEC2017】エプソンが外部センサーの計測結果をアナログ表示できるソーラーウォッチ『TRUME』を出展 - 10月04日(水)17:00 

10月3日から6日にかけて幕張メッセで開催中の展示会『CEATEC JAPAN2017』。エプソンは、独立した外部センサーユニットとBluetoothで通信して、さまざまな計測結果を盤面にアナログ表示できるソーラーウォッチ『TRUME(トゥルーム)』を出展しています。 『TRUME』は、単体でGPSセンサー、気圧・高度センサー、方位センサーを搭載し、充電が不要なソーラーウォッチ。表示盤はアナログで、針と盤面で硬度、気圧、方位の表示が可能。Bluetooth通信機能を持ちつつも、光充電以外の充電が不要なのが大きな特徴です。 『エクスパンデッドセンサー』と呼ばれる外部センサーユニットとBluetoothで通信し、外部センサーユニットが計測した結果をウォッチ本体の盤面に表示することができます。 外部センサーユニットが計測できるのは、UVインデックス、温度、歩数、消費カロリー。本体に付属するクリップでポケットに取り付けたり、カバンの中に入れて計測、結果はウォッチ本体で確認することができます。 『TRUME』は9月28日に発売された新製品で、メタルバンド式で『エクスパンデッドセンサー』が付属する4モデルが28万円(税別)、ウォッチ本体のみの2モデルが24万円(税別)。12月にレザーバンド式で『エクスパンデッドセンサー』が付属する2モデルが24万円(税別)で発売されます。 ―― やわらか...more
カテゴリー:

「通信機能」の画像

もっと見る

「通信機能」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる