「退去強制」とは?

関連ニュース

民主党政権がザルにした難民認定制度を週明けから正常化 - 01月13日(土)23:45  news

産経ニュース ---------- 就労目的申請抑制へ 15日から難民認定制度の運用厳格化  就労目的とみられる難民認定申請が急増していることを受け、法務省は15 日から、認定制度の運用を見直す。現行では申請から6カ月後に一律就労を認 めているが、見直し後は借金逃れなど明らかに難民に該当しない事情を述べて いる申請者には就労を認めず、在留期限後に退去強制の手続きを取る。法務省 は、就労目的の申請数を抑制することで、真の難民の迅速な保護を図るとして いる。  難民認定申請をめぐっては、平成22年3月か...
»続きを読む
カテゴリー:

「退去強制」の画像

もっと見る

「退去強制」の動画

Wikipedia

退去強制(たいきょきょうせい)とは、出入国管理及び難民認定法(入管法)に定められた行政処分の一つで、日本に滞在している外国人を強制的に日本から退去させることをいう。退去強制の処分に至るまでの調査・審理手続を含めて言うときは「退去強制手続」という。関係官庁内では「退去強制令書」を縮めて「退令(たいれい)」と略され、報道等では俗に「強制送還(きょうせいそうかん)」、「国外退去処分(こくがいたいきょしょぶん)」と表現される。

なお、同法には日本国外の領域から日本に入国(正確には上陸)しようとして拒否される処分(退去命令。略称・退命)があるが、退去強制とは趣旨・条項・罰則等が全く異なる別概念ものとされている。報道等ではこちらも「強制送還」、「国外退去」と表現することがあり、両者を混同して認識する例が少なくない。

退去強制事由

出入国管理及び難民認定法第24条各号所定の退去強制事由を要約して列記。この場合「本邦」とは日本国を指す。正確な退去強制事由は条文参照。(法令データ提供システム)

  • 有効な旅券を所持せず本邦に入った者、又は入国審査官から上陸の許可を受けないで本邦に上陸する目的を有して本邦に入った...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる