「退去強制」とは?

関連ニュース

【茨城】入国管理センター収容者が15日から集団でハンガーストライキ 長期拘束に抗議、40人超参加 - 04月17日(火)14:16  newsplus

共同通信 2018/4/17 11:49 退去強制令が出された外国人らを拘束する東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で、収容者が長期拘束などに抗議するハンガーストライキを15日から実施していることが関係者への取材で17日、分かった。 センターでは13日、長期拘束を悲観したとみられる難民申請中の30代インド人男性が自殺したばかりだった。 収容者から事情を聴いた支援者によると、複数の棟の40人以上が参加しているという。 センターもハンスト発生を認め「健康を害する恐れがあり、中止するよう説得している」と説明した。参加者数...
»続きを読む
カテゴリー:

入管収容者が集団ハンスト 長期拘束に抗議、40人超参加 - 04月17日(火)10:29 

退去強制令が出された外国人らを拘束する東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で、収容者が長期拘束などに抗議するハン...
カテゴリー:

「退去強制」の画像

もっと見る

「退去強制」の動画

Wikipedia

退去強制(たいきょきょうせい)とは、出入国管理及び難民認定法(入管法)に定められた行政処分の一つで、日本に滞在している外国人を強制的に日本から退去させることをいう。退去強制の処分に至るまでの調査・審理手続を含めて言うときは「退去強制手続」という。関係官庁内では「退去強制令書」を縮めて「退令(たいれい)」と略され、報道等では俗に「強制送還(きょうせいそうかん)」、「国外退去処分(こくがいたいきょしょぶん)」と表現される。

なお、同法には日本国外の領域から日本に入国(正確には上陸)しようとして拒否される処分(退去命令。略称・退命)があるが、退去強制とは趣旨・条項・罰則等が全く異なる別概念ものとされている。報道等ではこちらも「強制送還」、「国外退去」と表現することがあり、両者を混同して認識する例が少なくない。

退去強制事由

出入国管理及び難民認定法第24条各号所定の退去強制事由を要約して列記。この場合「本邦」とは日本国を指す。正確な退去強制事由は条文参照。(法令データ提供システム)

  • 有効な旅券を所持せず本邦に入った者、又は入国審査官から上陸の許可を受けないで本邦に上陸する目的を有して本邦に入った...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる