「退去強制」とは?

関連ニュース

台湾人ゲイ「日本人のパートナーが居るんだから結婚と一緒!強制送還とか酷い」 提訴へ - 03月21日(火)18:36 

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する 「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回 入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。  男性は翌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

台湾人「男同士の夫婦関係があるのに、日本から国外退去を命じられた。差別だ!」 - 03月21日(火)03:14 

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する 「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回 入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。  男性は翌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】高裁が強制退去取り消し…名古屋市の韓国籍40代女性 身寄りのない夫との生き別れ配慮 - 03月16日(木)20:12 

http://www.sankei.com/west/news/170316/wst1703160061-n1.html  不法残留で強制退去を命じられた名古屋市に住む韓国籍の40代女性が、国の処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(藤山雅行裁判長)は16日、「結婚した日本人男性からドメスティックバイオレンス(DV)を受け離婚したが日本語ができず在留期限を認識できなかった」と判断し処分を取り消した。一審名古屋地裁は原告の請求を棄却していた。  藤山裁判長は判決理由で、女性は離婚後も韓国の親族に事情を打ち明けられず滞在を続けてしまったと指摘...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国際】正男氏、過去に北朝鮮の世襲制を批判したことを悔い、周囲に「許して欲しい」と漏らし続けていた - 02月15日(水)06:22 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000122-mai-int ◇金正恩体制後、ほとんど北朝鮮には帰らず マレーシアで殺害されたとされる北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏 (45)は、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男として一時は 後継者候補に取りざたされたこともあった。しかし、2001年に 偽造パスポートを使って日本に入国しようとして拘束され、後継レースから 脱落したとみられていた。 正男氏は01年5月1日、ドミニカ共和国の偽造パスポートで妻子と見られる 女性や子供らと一緒に成田空港か...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【朝日新聞】不法滞在の台湾の男性「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 退去強制処分の取り消しなどを求める - 03月21日(火)07:14 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000002-asahi-soci  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。 【写真】砂浜を寄り添って歩く台湾籍の男性(左)と日本人のパートナー=20日午前、林紗記撮影  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ - 03月21日(火)00:11 

 日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを…
in English
カテゴリー:

【金正男】指紋、日本が提供 マレーシアが身元特定に活用 - 03月13日(月)01:54 

http://www.mainichi.jp/articles/20170313/k00/00m/030/080000c 毎日新聞 2017年3月12日 22時25分(最終更新 3月12日 23時25分) 金正男氏とみられる男性=成田空港で2001年5月4日、竹内幹撮影 金正男氏とみられる男性=成田空港で2001年5月4日、竹内幹撮影  北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、日本政府が不法入国しようとした正男氏から採取した指紋データをマレーシア政府に提供していたことが関係者の話で分かった。韓国政府も指紋データを提供したとみられており、マレーシア政府は各国の協力を得な...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「退去強制」の画像

もっと見る

「退去強制」の動画

Wikipedia

退去強制(たいきょきょうせい)とは、出入国管理及び難民認定法(入管法)に定められた行政処分の一つで、日本に滞在している外国人を強制的に日本から退去させることをいう。退去強制の処分に至るまでの調査・審理手続を含めて言うときは「退去強制手続」という。関係官庁内では「退去強制令書」を縮めて「退令(たいれい)」と略され、報道等では俗に「強制送還(きょうせいそうかん)」、「国外退去処分(こくがいたいきょしょぶん)」と表現される。

なお、同法には日本国外の領域から日本に入国(正確には上陸)しようとして拒否される処分(退去命令。略称・退命)があるが、退去強制とは趣旨・条項・罰則等が全く異なる別概念ものとされている。報道等ではこちらも「強制送還」、「国外退去」と表現することがあり、両者を混同して認識する例が少なくない。

退去強制事由

出入国管理及び難民認定法第24条各号所定の退去強制事由を要約して列記。この場合「本邦」とは日本国を指す。正確な退去強制事由は条文参照。(法令データ提供システム)

  • 有効な旅券を所持せず本邦に入った者、又は入国審査官から上陸の許可を受けないで本邦に上陸する目的を有して本邦に入った...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる