「追加公演」とは?

関連ニュース

横アリに総員集結!リンホラ「進撃の軌跡」の集大成描くライブ開催 - 09月19日(火)19:35 

Linked Horizonが現在開催中のライブツアー「進撃の軌跡」の追加公演として、2018年1月13、14日に神奈川・横浜アリーナにて「『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」と題したライブを実施する。
カテゴリー:

平井大がディズニーカバーアルバム第2弾リリース、ツアー3都市追加公演も - 09月18日(月)20:01 

平井大がディズニーの楽曲をカバーするアルバム「HIRAIDAI plays DISNEY(仮)」を11月29日にリリースすることが決定した。
カテゴリー:

【けもフレ通信】かばんちゃん役の内田彩さんも登場! 初の「けものフレンズLIVE」は大盛況!! - 09月18日(月)13:00 

9月16日、豊洲PITにて「けものフレンズLIVE」が開催された。チケットは瞬殺、大阪での追加公演も決定しているLIVE公演。アニメロサマーライブへの参加や、舞台公演はあったものの、「けものフレンズ」単体のLIVE公演は初とあって期待が高まる。 オープニングナンバーはおなじみ「ようこそジャパリパークへ」。サーバルちゃんに扮した尾崎由香さんをはじめ、それぞれフレンズに扮した「どうぶつビスケッツ×PPP」のメンバーが登場、 満員の観客は1曲目から総立ちに。 その後、舞台「けものフレンズ」からもキャストがサプライズ出演し、かばんちゃん役の内田彩さんも登場。 かばんちゃんのコスチュームに身を包んだ内田さんは「きみのままで」を披露、歌い終えた後はサーバルちゃんこと尾崎さんと楽しいトークを繰り広げる。これまで「どうぶつビスケッツ×PPP」のライブを外から観てる立場だったという内田さん、今回ソロ曲と「どうぶつビスケッツ+かばん×PPP」で新曲の「けものパレード」も披露。 そして、アンコールではオールキャストで「ようこそジャパリパーク」を歌い、大盛り上がりのうちに「たーのしー!」LIVEは幕を閉じた。 【セットリスト】 「けものフレンズLIVE」 2017年9月16日(土)豊洲PIT 01.ようこそジャパリパークへ/どうぶつビスケッツ×PPP 02.ドレミの歌/PPP 03.ジャパリまんラッ...more
カテゴリー:

【Perfume】<Perfume FES!!>スガシカオ、レキシ、星野源、ホルモンとの豪華コラボで閉幕 - 09月15日(金)15:12 

▲撮影◎渡邉一生 Perfumeが主催する対バンフェス<Perfume FES!! 2017>が9月6日・7日の愛知県体育館、13日・14日の大阪城ホールでの追加公演をもって閉幕。...
カテゴリー:

AAA、東京ドームで12歳誕生日 5万人ファン&新「月9」主演・篠原涼子ら祝福 - 09月14日(木)22:00 

 6人組ダンス&ボーカルグループ・AAAがデビュー12周年を迎えた14日、東京ドームで自身初の4大ドームツアー『AAA DOME TOUR 2017 -WAY OF GLORY-』の東京公演2日目を開催した。アンコールでは、AAAが主題歌を担当する10月16日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』主演の篠原涼子をはじめ、共演の前田敦子、千葉雄大、斎藤司が祝福に駆けつけ、観客5万人を沸かせた。 【写真】篠原涼子&前田敦子らが駆けつけ記念撮影  2005年9月14日にデビューしたAAAは、12周年の記念日を東京ドームで迎えた。“誕生日”を祝福しようと、平日にもかかわらずスタンド席もびっしり満員。リーダー浦田直也が「東京の歓声がすごすぎて、緊張の度合いがすごい。スタンドもパンパン!」と声を弾ませ、宇野実彩子が「晴れてよかった~」と喜ぶと、西島隆弘は「晴~れてよかった♪」とエンドレスで歌って踊りだし、日高光啓もボイパで参加して黄色い歓声がステージに降り注いだ。  5万人のバースデーソングの唱和で始まったアンコールでは、10月期の月9主題歌「LIFE」(10月18日発売)を初歌唱。日高が宇野と肩を組んで頭ぽんぽんするなどメンバーが仲良く密着し、サビでは右手の親指と小指で「L」の字を作る「Lダンス」で大盛り上がりとなった。  その直後、ドラマ主演...more
カテゴリー:

安室奈美恵「心から感謝」故郷沖縄で野外ライブ開催! - 09月18日(月)23:00 

歌手の安室奈美恵が、9月16日、17日に故郷沖縄でデビュー25周年を記念した凱旋ライブ「namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA」を開催した。 会場は宜野湾海浜公園に特設された“野外”ステージで、1日26,000人、2日間計52,000人を動員。 沖縄での野外公演は、グループとして1996年に開催して以来で、ソロでは初めて。 巨大スクリーンに、いつもは見ることのないステージ裏の模様が映し出された。 青のミニワンピース姿の安室奈美恵と、ダンサーとの円陣が映し出され、「TRY ME~私を信じて~」のイントロとともにステージ上に登場。待ちわびたファンからは大歓声が巻き起こった。 ソロデビュー曲「太陽のSEASON」で会場を煽り、さらにはSUPER MONKEY'S時代のデビュー曲「ミスターU.S.A.」を22年ぶりに披露した。 小室哲哉プロデュース時代の楽曲も多く披露。 「Chase the Chance」では、20周年の5大ドーム公演でも魅せた、ステージの端から端へ全力疾走する演出も。約70mを走った直後でさえ一切ブレることなく歌う姿は、会場を大きく沸かせた。 日本レコード大賞を、史上最年少記録(当時19歳)で初受賞した曲「Don't wanna cry」では、「(歌詞)逢いたい人がいる~」と歌いながら、ファン全員を指差すなど...more
カテゴリー:

安室奈美恵25周年、故郷・沖縄で5年越し凱旋ライブ 2日間5万2000人熱狂 - 09月18日(月)17:58 

 歌手の安室奈美恵が16・17日の両日、故郷沖縄の宜野湾海浜公園野外特設会場でデビュー25周年を記念した凱旋ライブ『namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』を開催した。沖縄での野外公演はソロでは初めて。沖縄のアーティスト単独公演史上最多となる2日間計5万2000人を動員し、絶大な人気を証明した。 【沖縄ライブ写真】茶目っ気たっぷりにピースサインも  巨大スクリーンにステージ裏の模様が映し出され、青のミニワンピース姿の安室とダンサーが円陣を組むと、ヒット曲「TRY ME~私を信じて~」からスタート。安室がステージ上に登場すると、待ちわびた観客の大歓声があがった。ソロデビュー曲「太陽のSEASON」(95年4月発売)で会場を煽り、さらにはSUPER MONKEY’S時代のデビュー曲「ミスターU.S.A.」(92年9月発売)を22年ぶりにパフォーマンスして沸かせる。  小室哲哉プロデュース時代の楽曲も多く披露し、「Chase the Chance」では、20周年の5大ドーム公演でも魅せたステージの端から端へ全力疾走。約70メートルを走った直後でさえ一切ブレることなく歌う。史上最年少記録(当時19歳)で『日本レコード大賞』を初受賞した曲「Don’t wanna cry」では、「♪逢いたい人がいる~」と歌いながらファンを指差し、会場が一...more
カテゴリー:

SUPER BEAVER本日スタートの全国ツアーに追加公演、大阪城ワンマンのDVD化も決定 - 09月15日(金)22:00 

SUPER BEAVERの全国ツアー「SUPER BEAVER『真ん中のこと』Release Tour 2017 ~ラクダの、中心~」の追加公演が決定した。
カテゴリー:

Perfume×星野源が恋ダンス共演 レキシ、ホルモン・ナヲはミニスカで完コピ - 09月15日(金)10:00 

 人気テクノポップユニット・Perfumeが14日、日替わりで多彩なアーティストを迎える対バンライブイベント『Perfume FES!!2017』を終え、千葉・愛知・大阪の計6公演で約7万人を熱狂させた。 【写真】「レキコ」ことレキシがミニスカで「ポリリズム」  2013年からスタートした『Perfume FES!!』は、Perfumeの3人が対バン相手を選んで出演交渉し、バンドやシンガー・ソングライター、アイドルと異色コラボレーションを繰り広げる恒例企画。4回目の今年は、6月に千葉・幕張メッセで電気グルーヴ、チャットモンチーを迎え、追加公演として今月6日、7日に愛知県体育館でスガシカオ、レキシ、13日、14日には大阪城ホールで星野源、マキシマム ザ ホルモンとそれぞれ対バンした。  このイベントの魅力はなんといっても各アーティストとのコラボレーション。愛知公演初日は、スガシカオがカラオケで歌うというPerfumeの「マカロニ」を披露することに。スガがアレンジ&ギター演奏し、Perfumeがスタンドマイクで歌って双方のファンを酔わせた。愛知2日目の相手・レキシは「レキコ」と称し、Perfumeとおそろいのミニスカ衣装でコラボ。「ポリリズム」を完コピし、爆笑と感動を誘った。  大阪城ホール初日の星野源とは、2014年12月に同じ場所で行われたイベント『仮面チャウダー ~YAJ...more
カテゴリー:

T-BOLAN「また会おうぜ!」奇跡の一夜にファン熱狂 - 09月14日(木)12:00 

T-BOLANが13日、東京・Zepp DiverCityにて「LIVE HEAVEN 2017 夏の終わりに「再会」~Acoustic Live Tour~」の東京公演を開催した。 オープニングSEとともに会場が暗闇に包まれる。真っ暗なステージに青い光が射し、ひとり、またひとりとメンバー、サポートメンバーが集う。 ボーカルの森友嵐士とドラムの青木和義が肩を組んで登場! その後ろから五味孝氏も登場し、客席からはひと際大きな拍手が贈られる。その拍手は、“おかえり”という言葉の代わりのようにあたたかい。そしてアコースティックギターとピアノの音色を合図に、一斉にステージに集中するオーディエンス。 “じょうだんで生きてんじゃねぇ 心から 涙流せ”森友の歌声が会場中に響き渡る。 待ち続けた「再会」の1曲目は、「HOW DO YOU FEEL?」。13thシングルのカップリング曲ながら、メッセージ性のある歌詞で名曲と名高いナンバーだ。 “新しい勇気を 心に誓えば…” この「再会」に向けたメンバーの思いが一気にオーディエンスの中に染み渡ってくるオープニングナンバーに続いて、森友のブルースハープと五味のギターによるブルージーなイントロが印象的な「あこがれていた大人になりたくて」。アウトロまで一貫してライブセッションさながら圧巻の演奏で聴かせてきった。 「T-BOLAN LIVE HEA...more
カテゴリー:

もっと見る

「追加公演」の画像

もっと見る

「追加公演」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる