「追体験」とは?

関連ニュース

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第185回 提督と、清霜と武蔵の道 - 04月20日(金)23:50 

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』第二の作戦海域「シブヤン海」に挑む!!
カテゴリー:

100回突破「ブラタモリ」スタッフの裏話!函館パターンって何?取材だけで2カ月、編集に1カ月!? - 04月20日(金)11:00 

タモリがブラブラ歩きながら、地形などの観点から知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る人気番組「ブラタモリ」(毎週土曜夜7:30-8:15、NHK総合)。 【写真を見る】「京都・銀閣寺」(4/21放送)ではタモリが国宝・銀閣の内部に特別に潜入!/(C)NHK 4月21日放送の「京都・銀閣寺」では、銀閣寺の名で知られる世界遺産・慈照寺(銀閣寺)を訪れ、国宝・観音殿の中に特別に潜入!室町幕府の第8代将軍だった足利義政が隠居をして実際に暮らしていたという“日本初の四畳半”で、“将軍ライフ”を追体験する。 この「京都・銀閣寺」で放送101回目を迎え、新アシスタント・林田理沙アナがデビューする「ブラタモリ」の制作秘話を、中村貴志プロデューサー&良鉄矢ディレクターに直撃! ■ 5~6班が3カ月スパンで番組制作! 1つの回が出来上がるまでには、取材2カ月、撮影数日、編集1カ月と、大体3カ月ぐらいかかるとか。 「取材の2カ月は、場所が決まってからの日数。その前に、重要な場所の許可をいただけるかどうかの下交渉が必要です。今回の京都編で言えば、東山に行くなら『銀閣寺』は外せない。撮影が可能なのかどうかがポイントでしたね」と中村P。 さらに、「番組制作は同時進行が基本。編集チーム、ロケチーム、次のロケに出るための台本を書くチーム。そして、その先の取材をしているチームが2班ぐらい。常に5~6班が並行して作...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ『モンテ・クリスト伯』拷問シーンの裏話告白「初めて降参」 - 04月19日(木)17:00 

ディーン・フジオカ主演の新ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)が、4月19日にいよいよスタート。これに先がけ、ディーンからスペシャルコメントが到着した。本作は、日本では「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作に、ディーン演じる主人公が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼”と化し、自分を陥れた3人の男に復讐を果たしていくストーリー。主人公・柴門暖(さいもん・だん)を演じるディーンは、早朝から『めざましテレビ』を始めとした情報番組への出演や、その合間を縫っての取材に大忙しだが、「朝早いのは全然大丈夫ですよ。ドラマの収録の方がもっと早くから始まったりしますからね」と苦になっていない様子。第1話の撮影で一番印象深かったのは、異国の地で囚われの身となった暖の拷問シーンだったという。牢獄での過酷な場面に、「(囚人の)シーンは、本当に全身真っ黒でした。拷問シーンでは、あまりにきつくて初めて自分からタップアウト(降参)して撮影を止めてしまったぐらいです(笑)」と裏話を明かす。その経験は、ドラマのテーマの一つである「復讐」についての考え方までが少し変わったぐらいだそう。「今でも復讐は良くないと思っています。でも、暖の経験を追体験してしまうと、彼が復讐に走ってしまうのも仕方ない...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ『モンテ・クリスト伯』拷問シーンの裏話告白「初めて降参」 - 04月19日(木)16:20 

ディーン・フジオカ主演の新ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)が、4月19日にいよいよスタート。これに先がけ、ディーンからスペシャルコメントが到着した。本作は、日本では「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作に、ディーン演じる主人公が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼”と化し、自分を陥れた3人の男に復讐を果たしていくストーリー。主人公・柴門暖(さいもん・だん)を演じるディーンは、早朝から『めざましテレビ』を始めとした情報番組への出演や、その合間を縫っての取材に大忙しだが、「朝早いのは全然大丈夫ですよ。ドラマの収録の方がもっと早くから始まったりしますからね」と苦になっていない様子。第1話の撮影で一番印象深かったのは、異国の地で囚われの身となった暖の拷問シーンだったという。牢獄での過酷な場面に、「(囚人の)シーンは、本当に全身真っ黒でした。拷問シーンでは、あまりにきつくて初めて自分からタップアウト(降参)して撮影を止めてしまったぐらいです(笑)」と裏話を明かす。その経験は、ドラマのテーマの一つである「復讐」についての考え方までが少し変わったぐらいだそう。「今でも復讐は良くないと思っています。でも、暖の経験を追体験してしまうと、彼が復讐に走ってしまうのも仕方ない...more
カテゴリー:

精神障害者を小屋などに隔離する「私宅監置」の実態紹介 展示会 食物を与える小窓と垂れ流しの便所、光も殆ど差さない環境を体験出来ます - 04月19日(木)08:57  newsplus

「私宅監置」の実態紹介 展示会 http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180419/5090002614.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 沖縄で本土復帰まで続けられていた、精神障害者を小屋などに隔離する「私宅監置」と呼ばれる 措置をめぐる負の歴史を知ってもらおうと、那覇市で当時の写真や 証言などを紹介する展示会が開かれています。 「私宅監置」は、精神障害者を自宅の敷地に設置した小屋などに隔離することを認めた 法律に基づく措置で、昭和25年に廃止されたものの、戦後アメリカの統治下...
»続きを読む
カテゴリー:

Switch版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』美麗なイベントCGで名場面を追体験 - 04月20日(金)14:00 

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年4月26日発売予定のNintendo Switch用ソフト『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』について、メインステージで登場するイベントCGの一部を公開した。
カテゴリー:

ディーン・フジオカ、壮絶な拷問シーンに苦戦「全身真っ黒でした」 - 04月19日(木)21:19 

4月19日(木)夜10時からスタートする、木曜劇場「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系※初回は夜10:00-11:09)。 【写真を見る】あまりにもきつい拷問シーンの末、真っ黒になるディーン・フジオカ/(C)フジテレビ 本作は主人公が愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐(ふくしゅう)鬼”と化し、自分を陥れた3人の男に復讐を果たしていく、「モンテ・クリスト伯」を原作とした復讐劇だ。 スタート日は朝から情報番組への出演や合間を縫っての取材に大忙しのディーン。早朝からのスケジュールについては「全然大丈夫ですよ。ドラマの収録の方がもっと早くから始まったりしますからね」と問題ない様子だった。 そんなディーンが第1話の収録で一番印象深かったのは、異国の地で囚われの身となった時の拷問シーンだという。 「(囚人の)シーンは、本当に全身真っ黒でした。拷問シーンでは、あまりにきつくて初めて自分からタップアウト(降参)して撮影を止めてしまったぐらいです(笑)」と振り返る。 その経験は、ドラマのテーマの1つ“復讐”についての考え方までが少し変わってしまったぐらいだとか。 「今でも復讐は良くないと思っています。でも、暖の経験を演技として追体験してしまうと、彼が復讐に走ってしまうのも仕方ないのかな? と、思えてしまい...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ、拷問シーンにお手上げ「自分からタップアウト」 - 04月19日(木)17:00 

 俳優のディーン・フジオカがきょう19日よりスタートするフジテレビ系連続ドラマ『モンテ・クリスト伯』(毎週木曜 後10:00)の初回を前にコメントを寄せた。第1話では異国の地で囚われの身となった自身演じる主人公・柴門暖(さいもん・だん)の拷問シーンが印象的だったそうで「(囚人の)シーンは、本当に全身真っ黒でした。拷問シーンでは、あまりにきつくて初めて自分からタップアウト(降参)して撮影を止めてしまったぐらいです(笑)」と過酷な撮影を振り返った。 【写真】投獄中のディーン・フジオカ衝撃ビジュアル  同ドラマは復讐劇の決定版『モンテ・クリスト伯』を原作に、ディーン演じる主人公・柴門暖が愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼”と化し、自分を陥れた3人の男に復讐を果たしていく物語。同局朝の情報番組『めざましテレビ』などへの出演や取材など大忙しのディーンだが「朝、早いのは全然大丈夫ですよ。ドラマの収録の方がもっと早くから始まったりしますからね」と余裕の表情。  復讐に燃える暖を熱演しつつも「今でも復讐は良くないと思っています。でも、暖の経験を演技として追体験してしまうと、彼が復讐に走ってしまうのも仕方ないのかな? と、思えてしまいました。これはきっと僕だけでなく、見て下さる方みなさんに共感いただけると思います」とよびかける。  また、暖を陥れ...more
カテゴリー:

『あなたには帰る家がある』リアルすぎ夫婦あるあるに、夫と観ると苦しくなる? - 04月19日(木)10:00 

©TBS中谷美紀主演ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系)第1話が4月13日に放送された。“あなたには帰る家がある”というのは、いっけん自分の存在を肯定してくれる温かい言葉だが、夫・秀明(玉木宏)から出たのは「帰りたくないんですよ、あの家には」という言葉。もしやこれ、相当恐ろしいタイトルなのかも…。“夫婦あるある”を詰め込んだ、共感ばかりのストーリー。そこから浮かび上がった、“一生懸命がんばっている妻”への課題とは?■浦島状態の社会復帰に社会の反応は?佐藤真弓(中谷)は、住宅メーカー勤務の夫・秀明と、娘の麗奈(桜田ひより)と暮らす専業主婦。娘が第一志望の私立中学に合格したのを機に「自分の幸せ」について考えはじめ、久しぶりに再会した元同期・愛川由紀(笛木優子)からの誘いに乗って職場復帰を果たすことになる。ところが10年のブランクがある真弓は、“浦島太郎状態”でうまくいかないことばかり。しまいには課長となった由紀から「おばさんのミスは、笑ってももらえない」とクギを刺されてしまう。一方家では、夫が先に帰宅しているにもかかわらず洗濯物はベランダに干したまま。夕飯を作る時間がないためテイクアウトしたカレーを「俺はいいわ」と一蹴されたことから、ここぞとばかりに日頃の不満をぶちまけるも、夫は「あはは」と笑うだけ…。真弓は自分自身を慰めるように「なんだこれ、バカバカしい」と目を潤ませる。だが...more
カテゴリー:

【福岡】国宝「金印」再現なるか?鋳金・考古学者らが実験…失敗 古代技術の「謎」解明へ再挑戦 - 04月18日(水)07:49  newsplus

 福岡市東区の志賀島で発見されたと伝わる国宝の金印「漢委奴国王」の製作を再現する実験が始まった。取り組むのは「九州鋳金研究会」に所属する鋳造技術や考古学などの専門家たち。古代の金印がどのように作られたのか、いまだ詳しいことが分かっていない謎の解明への挑戦だ。  3月末、福岡県宗像市にある福岡教育大の鋳造室。九州鋳金研究会会長で、鋳金が専門の宮田洋平教授(58)が溶解炉を熱していた。地金を溶かす「るつぼ」が炉内にある。木炭を炉に入れると、火の粉が高く舞い上がり、真っ赤な炎は勢いを増した。  国...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「追体験」の画像

もっと見る

「追体験」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる