「近未来」とは?

関連ニュース

菅田将暉、極限状態でボクサー熱演 試合撮了後に高熱「普段の役者業以上に体を使った」 - 10月21日(土)11:54 

 俳優の菅田将暉が21日、都内で行われた映画『あゝ、荒野 後編』の初日舞台あいさつに出席。劇中でボクサー役を熱演した菅田は封切りを喜びつつ、試合シーンの撮影後に高熱を患うほどの過酷ぶりを振り返った。 【写真】TOSHI-LOWが主題歌を生披露  物語の鍵となる試合のシーンを「後編の分は5日間で撮りました」と岸善幸監督。「同じラウンドを何回も撮り直したりして、菅田くんは毎日世界戦を闘っている感じでした」と、ねぎらうと、菅田は「試合日までは節制して、試合の日からは食べてよかった。体のメカニズム的に何を食っても栄養にする体になったので」と極限状態で臨んだことを明かした。  さらに「その時の僕の様子を見た山田裕貴が『人を超えたね』って。僕もこれが人を超えたのかと…。最終日の後に『地味にスゴい!(DX 校閲ガール・河野悦子)』というドラマを撮ったけど、風邪とかじゃなく筋肉が熱をもっちゃって高熱でした。普段の役者業以上に体を使ってるんだなと思いましたね」と告白して観客を驚かせると「校閲じゃなくて高熱ボーイ」とジョークを飛ばして笑わせた。  同作は、寺山修司さんの長編小説を映画化。現代に訴えるキーワードを取り入れて再構築され、舞台は2020年東京オリンピック後の近未来。ふとしたきっかけで出会った新次(菅田)とバリカン(ヤン・イクチュン)。ネオンの荒野・新宿でもがきながらもボクシングへの挑...more
カテゴリー:

ライアン・ゴズリング、14歳で見た「ブレードランナー」の衝撃は「記憶から消えない」 - 10月20日(金)14:00 

 「ラ・ラ・ランド」で新たなファンを獲得したライアン・ゴズリングが、傑作SFアクション「ブレードランナー」(1982)の30年後を描く続編「ブレードランナー 2049」について語った。  前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに「メッセージ」「ボーダーライン」のドゥニ・ビルヌーブ監督を起用した本作。2019年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”の追跡劇を描いた前作から30年後。現役捜査官のK(ゴズリング)と前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまが描かれる。  ゴズリングは、「ブレードランナー」が今なお世界中から愛されている理由について「悪夢のような近未来が描かれているのに、説得力があってリアルだし、現実に起こりうる話なんだ」と見解を述べる。「『ブレードランナー』はとにかく記憶から消えることがない作品だった。あの世界の残像を振り払うことはできない。現実的なのにロマンティックな夢を見ているような手法で語られていくんだ。時間の経過と共に、この映画の独自性が証明されていったと思う」。  ゴズリングが「ブレードランナー」に出合ったのは、14歳のときだという。当時を思い返し、「それまでの自分が見聞きしてきたものに、『ブレードランナー』...more
カテゴリー:

藤田ニコルがシルク・ドゥ・ソレイユ初体験に感激「ショーは筋肉ムキムキでいいけど、付き合うならソフトマッチョ!」 - 10月20日(金)12:30 

世界最高峰のサーカス・エンターテインメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユの日本最新作『ダイハツ キュリオス』。東京公演が2018年2月7日よりスタートすることに先駆け、12日、スペシャルサポーターによる記者会見が開催。モデルでタレントの藤田ニコルさんが登場しました。 『キュリオス』は、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品。“好奇心の玉手箱”をテーマに、産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じさせる雰囲気を持つ舞台で、コミカルな演技やアクロバティックなど様々な演目を楽しむことが出来ます。 この日の記者会見では、パフォーマンスの一部が披露され、シルク・ドゥ・ソレイユ初体験のニコルさんは「迫力がすごい!」と大興奮。 アーティストに近づき「スカートが気になるし、メイクもめっちゃ可愛い!」と、モデルならではの観点でコメントを残しました。 その他『キュリオス』で気になるのは「筋肉ムキムキのアーティスト」だというニコルさん。記者会見後にはガジェット通信のインタビューにも答えてくれました! ――今日、初シルク・ドゥ・ソレイユ体験ということで、いかがでしたか? 藤田ニコル:普通のサーカスもあまり見た記憶が無くて、シルク・ドゥ・ソレイユも本当に初めてだったので、めちゃくちゃ感動しました! 今日は一部だったのにこの迫力って、本番が今から楽しみです。 ――今日の衣装のポイントは? 藤田...more
カテゴリー:

J・C・ミッチェル&山本耕史ダブルヘドウィグの生歌サプライズに約500人が感激 - 10月19日(木)23:50 

 俳優で映画監督のジョン・キャメロン・ミッチェルが10月19日、最新作「パーティで女の子に話しかけるには」を引っさげ来日し、都内で行われたジャパンプレミアに出席。ミッチェル監督の飛躍のきっかけとなったオフブロードウェイ・ミュージカル劇「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の日本版で、3度主演を務めた俳優の山本耕史が花束贈呈に駆けつけた。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  若手実力派女優エル・ファニングが主演を務めた本作は、英ファンタジー作家ニール・ゲイマンの自伝的短編小説を映画化。1977年のロンドン郊外の小さな町を舞台に、パンクムーブメントに熱中するも内気な高校生のエン(アレックス・シャープ)が、偶然迷い込んだ異星人のパーティで出会った少女ザン(ファニング)と過ごす48時間を描く。  7年ぶりに来日したミッチェル監督は、主演のファニングを「一緒に仕事をしていて気持ちがいいし、プロフェッショナルで、抜きん出た才能を持っています。女優とスターを同時にこなすのは大変だけど、彼女はこの作品で初めてそれを実現できたのではないでしょうか」と称賛。世界が排他的、閉鎖的になりつつあるいま、「若い人たちにはもっとパンクの精神をもってほしい。それは、健全な反抗心だから。ある意味、すべてを浄化するような怒りを持って、愛を見つけてほしいのです」と若者たちにメッセージ...more
カテゴリー:

トヨタ、FCVで「未来の内装」 東京モーターショー、国内企業内容出そろう - 10月19日(木)06:15 

 27日に開幕する2年に1度の自動車の祭典、東京モーターショーに向け、国内自動車メーカーの出展内容が18日にほぼ出そろった。各社は人工知能(AI)を搭載し運転を高度に支援するコンセプト車のほか、世界的な環境規制を追い風に開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の技術力もアピール。近未来の市場を占う前哨戦となりそうだ。
カテゴリー:

ジョン・キャメロン・ミッチェルと山本耕史があの名曲を披露!『パーティで女の子に話しかけるには』ジャパンプレミア - 10月20日(金)18:10 

1997年よりオフ・ブロードウェイで初上演されロングランを記録した伝説の舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の生みの親、ジョン・キャメロン・ミッチェル。最近では『Girls/ガールズ』へのゲスト出演も記憶に新しいが、最新作『パーティで女の子に話しかけるには』のジャパンプレミアが都内で開催。日本版ヘドウィグを演じた俳優の山本耕史も駆け付け、イベントを盛り上げた。【関連記事】青春音楽ラブストーリーの新たな傑作『パーティで女の子に話しかけるには』予告編イギリスのベストセラー作家、ニール・ゲイマンの短編小説を映画化した本作は、70年代のロンドン郊外が舞台。パンクな見た目なのに内気な少年エン(アレックス・シャープ)は、偶然迷い込んだパーティで出会った"異星人"の少女ザン(エル・ファニング)と恋に落ちる。しかし、二人は48時間しか一緒にいることができない。大人たちが決めたルールに反発した二人は、危険で大胆な逃避行に出る─。本作とタイアップしているヴィヴィアン・ウエストウッドを全身にまとい登壇したミッチェル監督。「東京の劇場にまた来ることが出来てとてもうれしく思います。この作品が日本の皆さんの心に響くことを願っていますし、きっとそうなると信じています」と挨拶したあと、観客席にスマートフォンを向け、Instagram用の動画を撮影。本作でパンクのゴッドマザー役を演じるニコール・キッドマンに...more
カテゴリー:

存続か、リセットか―。人類の記憶を守るため、最後のバトルが始まる!近未来SFアクション超大作ついに<衝撃と圧巻>の完結! 『ダイバージェントFINAL』配信開始! - 10月20日(金)13:00 

[株式会社ビデオマーケット] 株式会社ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 利樹、以下当社)は、10月20日に当社が運営する一般映像作品数No.1※動画配信サービス「ビデオマーケット」(http://www.videomarket.jp/)にて、...
カテゴリー:

【テレビ】松嶋菜々子も被害に……石橋貴明の"セクハラ"を振り返る - 10月20日(金)09:56  mnewsplus

『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」 が約30年ぶりに復活したことが世間の非難を浴び、フジテレビがWebサイト上で謝罪文を公表する事態に至った。 しかし、保毛尾田保毛男に限らず、90年代のとんねるずは現在では問題になるだろう行動のオンパレードだった。 特に石橋貴明が『とんねるずのみなさんのおかげです』で女性出演者にしていたセクハラはひどかった。 誰がどんな被害に遭っていたのか、振り返ってみたい。 石橋貴明が女性出演者にしたセクハラ集 1.小泉今...
»続きを読む
カテゴリー:

10/23(月)~おかえりなさい!! JANE! 『JANE -Repose-』1巻発売記念フェア◆書泉ブックタワー - 10月19日(木)12:08 

[株式会社アニメイトホールディングス]  “超絶カッコいいクルー達”が大活躍する、近未来スペースオペラコミック『JANE』の新シリーズ『JANE -Repose-』1巻が、クロフネCOMICS(出版:株式会社リブレ)から10月23日に発売!  株式会社アニ...
カテゴリー:

河森正治監督による新シリーズ「重神機パンドーラ」最新情報!メインキャストに前野智昭と東山奈央! - 10月18日(水)19:47 

「アクエリオン」や「マクロス」などで有名な河森正治さん監督のテレビアニメ最新シリーズ「重神機パンドーラ」の放送が2018年春に決定。合わせてキャスト情報・キービジュアル・PVが公開されました。 レオン・ラウを演じる前野智昭さん/(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media 公開されたキャラクターは天才科学者であるレオン・ラウとその妹のクロエ・ラウ。レオンを前野智昭さんが、クロエを東山奈央さんがそれぞれ担当します。 キービジュアルはメインキャラクターのレオンとクロエの2人をフィーチャー。満点の星空の下、荒野の中で鍋を囲む兄妹という印象的なビジュアルとなっています。 原作・総監督を務める河森監督と前野智昭さん、東山奈央さんのオフィシャルコメントも到着。 <原作・総監督 河森正治さんコメント> ――「重神機パンドーラ」へのご出演が決まったご感想をお聞かせください。 河森:進化し続けるAI、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー。様々な技術革新が行われ、あたかも「パンドラの箱」が空いたかのような激動の現代。色々なものに人類が追い立てられている感覚があります。近未来を描く本作では更に進化が加速しています。人類が生態系の頂点では無くなった時代。はたして我々は生き残ることができるのか。苦難の時代を「契約家族」として生きて行く事を...more
カテゴリー:

もっと見る

「近未来」の画像

もっと見る

「近未来」の動画

Wikipedia

近未来(きんみらい)は、比較的近い未来の時代を指す語。小説映画アニメーション漫画、ゲームなど、フィクションの分野で空想世界として語られる事が多い。又、ノンフィクションの色彩が濃厚な分野では、近い未来の現実世界を予測する内容として語られる傾向を持っている。

概要

冷戦時代(1945年~1989年)における近未来観の顕著な傾向としては、マッドマックス風の谷のナウシカ北斗の拳ターミネーター等に見られるように、「文明社会の崩壊」「世界の終末」として語られる事が多かった。

冷戦後(1990年~現在)の傾向としては、インターネットを初めとする通信技術の発達や、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる