「近代詩」とは?

関連ニュース

訃報:イブマリ・アリューさん70歳=日本近代詩研究者 - 04月17日(火)16:58 

 イブマリ・アリューさん70歳(フランスの日本近代詩研究者)12日午後、フランス南部のトゥールーズで死去。葬儀は19日に現地の教会で営む。  中原中也や萩原朔太郎など、日本の近代詩などを研究し翻訳を手がけた。訳書に「中原中也詩集」、俵万智さんの「サラダ記念日」などがある。著書に「日本詩仏訳のこころみ
カテゴリー:

イブマリー・アリューさん死去 日本の近代詩研究・翻訳 - 04月16日(月)18:36 

 イブマリー・アリューさん(フランスの日本近代詩研究者)が、友人で京大名誉教授の宇佐美斉さんによると、12日(現地時間)、心臓発作のため南仏トゥールーズの自宅近くで死去、70歳。 中原中也や宮沢賢治な…
カテゴリー:

「近代詩」の画像

もっと見る

「近代詩」の動画

Wikipedia

近代詩 (きんだいし) とは、伝統的で文語的な定型詩では、近代人の自由な感情や意思を表現出来ないとし、日常語を用いた自由詩の事をいう。その内容も花鳥風月や英雄譚から脱却し、より日常的で社会的なものが好まれた。

欧米ではシェイクスピアやダンテなど、ルネサンスにまでその萌芽を辿る事が出来るが、日本では明治期、西洋近代詩の翻訳(「海潮音」など)から、その影響が広まった。

日本の近代詩は、厳密な内容区分より、時代的区分の意味合いが強い。即ち、明治から昭和初期にかけての詩を、近代詩と呼ぶ事が多い。日本語の標準化と共に、現代日本に広く普及している標準語詩歌は、この時代に作られたものが多い。(「無声慟哭」「智恵子抄」など)

近代詩人としては島崎藤村北原白秋室生犀星萩原朔太郎高村光太郎宮沢賢治中原中也らが著名である。

近代詩は伝統詩...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる