「辻本貴則」とは?

関連ニュース

「バイオハザード:ヴェンデッタ」トークショーをレポート。清水崇さん,辻本貴則さんらメインスタッフが制作の舞台裏を語る - 04月26日(水)17:36 

 2017年4月25日,都内の新宿ピカデリーにて,5月27日公開予定のCGアニメ映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」の完成披露試写会が行われた。多数のスタッフが登壇して映画の裏話を語ったトークショーの模様をお伝えしたい。
in English
カテゴリー:

辻本貴則監督「バイオハザード ヴェンデッタ」は「清水崇監督へのラブレター」 - 04月25日(火)23:45 

 シリーズ累計販売7200万本を超える人気ゲームをフルCGで映画化した「バイオハザード ヴェンデッタ」の完成披露試写会が4月25日、東京・新宿ピカデリーで行われ、エグゼクティブプロデューサーを務めた清水崇監督、メガホンをとった辻本貴則監督、脚本の深見真、音楽を担当した川井憲次、原作監修の小林裕幸、対バイオテロ組織「BSAA」の一員D・C役を演じたダンテ・カーバーが舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  本作は、ゲームや劇場版のメインキャラクターである「BSAA」のクリス・レッドフィールドと、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」に所属するレオン・S・ケネディが初めて共闘する劇場版アニメの第3弾。クリス&レオンが仲間たちと共にバイオテロを目論む国際指名手配犯のグレン・アリアスと激しいバトルを繰り広げる様を描き出す。  辻本監督は、清水崇監督ら実力派のスタッフが結集したことで「製作に関して不安は感じていなかった。あとは自分で実力を発揮するだけだった」と告白。「勝負作になったと思います」と胸を張ると、清水監督は「小林さんからは“原点回帰”、怖さを強調したいという要望がありました。辻本監督が手がけることを知った時点でアクション寄りになるのはわかっていたので、恐怖描写の監修だけでなく、キャラの深み、ドラマパートなど、クリエイティブな面...more
in English
カテゴリー:

ダンテ・カーヴァーが『バイオハザード』のCGアニメに出演「楽しかったです」 - 04月25日(火)20:46 

『バイオハザード』シリーズのフルCG長編アニメ映画第3弾『バイオハザード:ヴェンデッタ』(5月27日公開)の完成披露試写会が、4月25日に新宿ピカデリーで開催。エグゼクティブプロデューサーの清水崇、辻本貴則監督、脚本の深見真、音楽の川井憲次、原作監修の小林裕幸、本作に参加したダンテ・カーヴァーが舞台挨拶に登壇した。 【写真を見る】音楽を手掛けた川井憲次も登壇 ダンテ・カーヴァーはテロリストと戦うBSAAメンバーD.C.役を演じた。辻本監督が「まずダンテさんの写真を撮って、CGモデラーがそっくりに作るんですが、その出来がすごい。また、モーションキャプチャーをつけてダンテさんが直接D.C.役を演じてもいます」と説明。 ダンテ・カーヴァーは「すごい楽しかったです。スタッフもいいです。いい作品です」と笑顔でアピールした。 清水プロデューサーは辻本監督について「アクションがとにかく上手いし、お好きなのがわかる。お腹いっぱいになる盛りだくさんのエンターテイメントを突き進んでいる方なので、僕自身も勉強になればと思いました」と辻本監督への思いを語った。 辻本監督は「ホラーの部分は清水さんのことをリスペクトし、インスパイアされました。いや、清水崇をパクリました」と告白して笑いを取った後「ホラーとはこういうものだという、清水さんに対するラブレターみたいなところがあるんです。そこを観てほしい」と力強く訴...more
in English
カテゴリー:

ダンテ・カーバー、フルCGアニメ「バイオハザード ヴェンデッタ」に参戦! - 04月19日(水)18:00 

 シリーズ累計販売7200万本を超える人気ゲームをフルCGで映画化した「バイオハザード ヴェンデッタ」に、タレントで俳優のダンテ・カーバーが参加していることがわかった。カーバーは、主人公のクリス・レッドフィールドが所属する対バイオテロ組織「BSAA」の一員D・Cというキャラクターを熱演している。  本作は、ゲームや劇場版のメインキャラクターであるクリス・レッドフィールドとレオン・S・ケネディが初めて共闘する劇場版アニメの第3弾。国際指名手配犯であるグレン・アリアスを追っていた「BSAA」のクリスは、「死者が甦り、凶暴化する」という奇怪な事件に関係している新型ウィルスの治療薬を開発し、襲撃された大学教授のレベッカ・チェンバースの命を救う。やがてアメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」に所属するレオンと合流したクリスは、アリアスがバイオテロを目論んでいることを知り、ニューヨークへと向かう。  カーバーが扮するD・Cは、鍛え上げられた体躯と温和な笑みが印象的な男。「BSAA」のメンバーとして、クリス&レオンの戦いをどのようにサポートしていくのかに期待が高まる。カーバーは本作について「この映画はアクション、サスペンス満載です」と絶賛して「新旧のキャラクターが良いケミストリーを生んでいるので、新しい物語とキャラクターに引き込まれるはずです」とコメントを寄せている。  「バイオハザ...more
in English
カテゴリー:

映画「バイオハザード」最新作で監督がまさかの告白!? - 04月26日(水)10:00 

5月27日(土)より公開の映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」の完成披露試写会が4月25日に行われ、舞台あいさつに清水崇、辻本貴則、深見真、川井憲次、小林裕幸、ダンテ・カーヴァーが登壇した。 【写真を見る】ダンテ・カーヴァーは満面の笑みで花束を携え登場/(C) 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED. 本作は、シリーズ累計販売本数7200万本を超えるサバイバルホラー・アクションゲーム「バイオハザード」シリーズの世界観をベースにした、フルCGアニメーション映画の最新作。制作には映画「呪怨」シリーズを手掛けた清水や、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」(2012-2013年、フジ系)の脚本を担当した深見など、実力派スタッフが集結した。 監督の辻本は、今作のオファーについて「知り合いのライターからFacebookのメッセンジャー機能でオファーが来て。『なんて悪い冗談だろう』と思っていたら、本当の話でした(笑)」と当時の状況を告白。 また、「『バイオハザード』は基本ホラーの世界観なので、そこを清水エグゼクティブ・プロデューサーに監修してもらえたので、不安はありませんでした。また、音楽に川井憲次さん、アクションに園村健介さんが参加してくれ、後は自分が実力を発揮しなければ『もうこの世界で生きていけないな』という...more
in English
カテゴリー:

辻本貴則監督「バイオハザード ヴェンデッタ」は「清水崇監督へのラブレター」 - 04月25日(火)23:45 

シリーズ累計販売7200万本を超える人気ゲームをフルCGで映画化した「バイオハザード ヴェンデッタ」の完成披露試写会が4月25日、東京・新宿ピカデリーで行われ、エグゼクティブプロデューサーを務め...
in English
カテゴリー:

ダンテ・カーヴァーが『バイオハザード』のCGアニメに出演「楽しかったです」 - 04月25日(火)20:46 

『バイオハザード』シリーズのフルCG長編アニメ映画第3弾『バイオハザード:ヴェンデッタ』(5月27日公開)の完成披露試写会が、4月25日に新宿ピカデリーで開催。エグゼクティブプロデューサーの清水崇、辻本貴則監督、脚本の深見真、音楽の川井憲次...続きを読む
in English
カテゴリー:

フルCG「バイオハザード」最新作、死の商人・アリアスら敵キャラの場面写真初披露! - 04月14日(金)18:00 

 シリーズ累計販売7200万本を超える人気ゲームをフルCGで映画化した「バイオハザード ヴェンデッタ」の場面写真が、このほどお披露目された。今作のボスキャラとなる“死の商人”グレン・アリアスをはじめ、その側近であるブロンド美女・マリア、醜く変形した顔を特殊マスクで隠すディエゴの姿を切り取った。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  サバイバルホラーゲームを原作とした、劇場版アニメの第3弾。エグゼクティブ・プロデューサーに劇場版「呪怨」シリーズを手がけたJホラーの名手・清水崇、監督に実写映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」の辻本貴則が結集。脚本を「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」の深見真、音楽を「機動警察パトレイバーREBOOT」「ガルム・ウォーズ」の川井憲次が担い、原作ゲームシリーズのプロデューサーとして知られる小林裕幸が原作監修として参加している。  物語は、クリス・レッドフィールドとレオン・S・ケネディが初めて共闘。未曾有のバイオテロを画策する国際指名手配犯・アリアス、ともに計画を実行するマリアとディエゴを追い、クリス&レオンはニューヨークへ向かう。「バイオハザード ヴェンデッタ」は、5月27日から公開。 【作品情報】 ・バイオハザード ヴェンデッタ 【関連記事】 ・【動画】「バイオハザード ヴェンデッタ」予告編...more
in English
カテゴリー:

「辻本貴則」の画像

もっと見る

「辻本貴則」の動画

Wikipedia

辻本 貴則(つじもと たかのり、1971年 - )は、日本映画監督大阪府出身。

人物・略歴

歯科技工士としての生活の傍ら、1998年に自主映画製作チーム“T3AAエンターテイメント”を結成。3作品を発表し、数々の賞を受賞する。 第6回ガン・アクション・ムービー・コンペティションでの受賞にて、同賞審査員である押井守きうちかずひろ大川俊道により才能を高く評価され、3氏の企画によるオムニバス映画作品KILLERS キラーズの1作PERFECT PARTNERで商業映画監督デビューを果たす。

幼少期は繰り返し再放送されていた特撮テレビドラマウルトラマンウルトラセブン帰ってきたウルトラマンに夢中であった。

愛犬家であり、ウルトラマンXの担当回では登場する怪獣の顔を愛...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる