「辺野古」とは?

関連ニュース

〈連載「強行の海」辺野古護岸着手(中)〉国、進展アピールに躍起 - 04月27日(木)12:50 

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は当初の予定を前倒しにして25日に護岸工事着手に踏み切った。工事実施は2週間前には決まっていたものの、政府は政治日程などを踏まえて当日まで明らかにしなかった。それでも政府は、あらゆる手法で建設を阻止すると掲げる翁長雄志知事の権限封じ...
in English
カテゴリー:

6月に数万人県民大会検討 辺野古新基地に反対 - 04月27日(木)10:51 

 名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局が護岸工事に着手したことを巡り、辺野古の新基地建設に反対するオール沖縄会議が県民大会の開催を検討していることが27日までに分かった。6月をめどに数万人規模の大会を想定している。県民大会を通じて、工事に反対する民意をあらためて示す。  会場として、那覇市の沖縄セ...
in English
カテゴリー:

普天間移設「少し遅れ」 - 04月27日(木)09:02 

米太平洋軍のハリス司令官(写真)は26日の下院軍事委員会の公聴会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設について「少し遅れていると思う」と述べた=2015年4月撮影
in English
カテゴリー:

辺野古「絶対阻止を」 名護・汀間、三原区が県に承認撤回要請 - 04月27日(木)07:30 

 名護市東岸の辺野古新基地建設予定地に近い汀間区の新名(にいな)善治区長と三原区の比嘉徳幸区長が26日、県庁に吉田勝広政策調整監を訪ね、25日に護岸工事が始まった辺野古埋め立ての承認を早期に撤回するよう要請した。新名区長は「基地を造らせないための行政上の手続きをどんどんやってほしい。絶対に基地は...
in English
カテゴリー:

辺野古のプロ土人「米軍車両を止めようとしたらパトカーにサイレンを大音量で鳴らされました」 - 04月26日(水)22:47 

琉球新報辺野古・高江ヘリパッド問題取材班‏ @henokonow 米軍車両を止めようと約20人がゲート前で抗議していたところ、米海兵隊憲兵隊(MP)がパトカーのサイレンを大音量で鳴らしました。 https://twitter.com/henokonow/status/857057403220537344 https://twitter.com/i/videos/857057403220537344 「もう21年、でも諦めない」 辺野古護岸工事翌日、市民が決意 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-485478.html ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

シュワブ沿岸、石材敷き詰め作業続く 市民200人座り込み - 04月27日(木)11:19 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、米軍キャンプ・シュワブ沿岸のK9護岸工事現場で27日午前、クレーンが陸上部に石材を敷き詰める作業が続けられた。石材の海中投下は午前10時現在、確認されていない。  米軍キャンプ・シュワブゲート前には市民約200人が駆...
in English
カテゴリー:

防止膜、海底届かず ヘリ反対協が写真公開 辺野古 - 04月27日(木)10:34 

 【辺野古問題取材班】ヘリ基地反対協は26日、名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局が設置した汚濁防止膜の海中写真を公開した=写真。防止膜は海中に「のれん」のように垂れ下がっており、反対協は「場所によっては海底まで30メートルも足りていない。これで汚濁物質の拡散が防げるとは思えない」と指摘した...
in English
カテゴリー:

「沖縄人の理解がないまま新基地建設強行」 先住民族世界会議で声明 - 04月27日(木)08:26 

米ニューヨークの国連本部で開かれている第16回先住民族世界会議で25日午前(現地時間)、世界各地区の先住民族の代表らによる国連総会代表者会合が開かれた。 アジア地区代表からの声明も発表され、「国連による度重なる勧告にもかかわらず日本政府が沖縄の人々を先住民と認めず、沖縄人の理解がないままに(名護市辺野古での)新基地建設を強行している」とする文言が盛り込まれた。 会合に出席した友知政樹・沖縄国際大教授によると、日本政府の代表者からは声明に対し、「日本国憲法で表現の自由が認められているものの、立...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「工事止められる」 護岸着工翌日、市民ら抗議 - 04月27日(木)05:00 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡る新基地建設で26日、沿岸部を埋め立てる護岸工事が25日に着手されたことに抗議し、約150人が米軍キャンプ・シュワブゲート前に集まった。ゲート前での抗議活動中に工事車両の搬入や、砕石の投入作業は確認されなかった。  「K9護岸」建設予定地...
in English
カテゴリー:

八重山毎日「弾道ミサイル発射されたら避難。これが平和希求してきた日本本来の姿なのか?徴兵制がー」 - 04月26日(水)20:25 

悲惨な戦争を経験し敗戦国となった日本は戦後、平和憲法が制定され、戦争を起こすことも巻き込まれる心配も、もはやないとまで言われてきた ▼しかし、今はどうか。 不戦を誓った憲法の下、専守防衛が国の基本姿勢だったにもかかわらず権力に安住し“暴走”する安倍政権によって集団的自衛権の行使が容認され、戦争のできる国に道を開いた ▼米国と対立する北朝鮮情勢を背景に同盟国の日本は国民に対し、弾道ミサイルが発射されたら身を守る手段として頑丈な建物、地下街へすぐ避難するよう呼び掛けている。 これが戦後、一貫して平...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「辺野古」の画像

もっと見る

「辺野古」の動画

Wikipedia

辺野古(へのこ、琉球語:ヘヌク)は、沖縄県名護市の地名。郵便番号905-2171。

宜野湾市にある普天間飛行場の移転先としても知られる(普天間基地移設問題)。

概要

名護市東部の久志地域に位置する(ここでいう「区」は集落を表し、大字に相当する)で、普天間飛行場の移設先であるキャンプ・シュワブがある。二見・豊原と隣接する。また、世富慶・数久田とも隣接するが、間に山を挟んでいるため直接の往来は不可能である。世富慶とは二見経由で往来できる。沖縄県唯一の高等専門学校である...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる