「辺野古」とは?

関連ニュース

「米国は思想信条の自由を侵害するのか!」反基地プロ市民、辺野古基地祭りで入場拒否され発狂 - 05月23日(火)21:52 

ソース2か3 辺野古ゲート前、新基地建設への抗議続く http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/98352 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「国民は何一つ納得していない!」辺野古でプロ土人が共謀罪廃案訴え大騒ぎ - 05月23日(火)11:06 

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で23日午前、キャンプ・シュワブのゲート前では建設に反対する約40人が座り込んだ。 新基地反対の活動に影響する可能性が指摘される「共謀罪」の関連法案が23日に衆院を通過する見込みとなっていることについて、沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は 「絶対に廃案にしないといけない。国民は何一つ納得していない」と述べ、廃案を訴えた。 午前9時20分ごろ、県警機動隊が座り込む市民の腕を抱えるなどして強制排除した。 重機や砕石を積...
»続きを読む
カテゴリー:

車で道路を通行止めにした疑い 辺野古のプロ土人1匹を現行犯逮捕 - 05月23日(火)09:12 

沖縄タイムス辺野古・高江取材班‏ @times_henoko 5月22日午後1時頃、米軍キャンプ・シュワブゲート前で本日2回目の資材搬入がありました。 基地内に向かうトラックの走行を車でふさいだ男性が公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されました。#沖縄#辺野古 沖縄タイムス辺野古・高江取材班‏ @times_henoko 5月22日午後3時40分、名護市辺野古の新基地建設に反対する抗議活動で、現行犯逮捕された男性の釈放を求め、 名護署前に集まった市民ら約40人が「仲間を返せ。今すぐ返せ」と声を上げています。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴 - 05月22日(月)16:38 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

辺野古のプロ土人「機動隊に排除されベルト壊されました。暴力的だ!もっと生産的な事をしろ!」 - 05月22日(月)12:46 

「No Osprey(ノー、オスプレイ」と記されたメッセージボードを掲げる市民の前を通り過ぎる工事車両=22日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、反対する市民ら約80人が22日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ。 砕石を積んだダンプカーなどの工事車両21台がゲート内に入った。 その際、機動隊がゲート前に座り込む市民らを排除した。 工事車両が午前8時50分ごろゲート内に入り、基地から出...
»続きを読む
カテゴリー:

沖タイ「ドローンは米軍基地のベールをはぐ武器。写真はイメージ奪い去る暴力を秘めている」 - 05月23日(火)13:47 

小学生の女の子が興味津々で私の一眼レフカメラを見ている。 手渡してシャッターの切り方を教えたら、そのまま駆け出して撮影に行ってしまった。イベント会場でのこと ▼5分ほどで返してくれたので撮影画像を見てみると、とびっきりの笑顔をした大人がたくさん写っていた。 おじさんには絶対撮れない。写真には被写体だけでなく、撮る側との関係も写る ▼最近増えてきた小型無人機ドローンは少し違う。 機体は見えても操縦者がどこにいるか分からない。撮る側だけが見ている、一方的な関係 ▼ヘリより低空で、見たこともない角...
»続きを読む
カテゴリー:

「共謀罪廃案を」 辺野古ゲート前で市民 - 05月23日(火)10:33 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で23日午前、キャンプ・シュワブのゲート前では建設に反対する約40人が座り込んだ。  新基地反対の活動に影響する可能性が指摘される「共謀罪」の関連法案が23日に衆院を通過する見込みとなっていることについて、沖縄平和運動センタ...
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴★2 - 05月23日(火)04:05 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

海底地盤の軟弱さ指摘 わんから市民の会、新基地中止要請へ - 05月22日(月)14:22 

 名護市辺野古の新基地建設に反対する市民団体「わんから市民の会」が19日、沖縄県庁記者クラブで会見し、新基地建設予定地の大浦湾の海底地盤の軟弱性を指摘し、軟弱な地盤の上に巨大な新基地ができることの危険性を指摘した。市民の会は26日に沖縄防衛局を訪ね、海底地盤の問題を指摘するほか、岩礁破砕許可を得...
カテゴリー:

80人が座り込み 辺野古新基地建設 - 05月22日(月)11:56 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、反対する市民ら約80人が22日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ。砕石を積んだダンプカーなどの工事車両21台がゲート内に入った。その際、機動隊がゲート前に座り込む市民らを排除した。  工事車両が午前8時50...
カテゴリー:

もっと見る

「辺野古」の画像

もっと見る

「辺野古」の動画

Wikipedia

辺野古(へのこ、琉球語:ヘヌク)は、沖縄県名護市の地名。郵便番号905-2171。

宜野湾市にある普天間飛行場の移転先としても知られる(普天間基地移設問題)。

概要

名護市東部の久志地域に位置する(ここでいう「区」は集落を表し、大字に相当する)で、普天間飛行場の移設先であるキャンプ・シュワブがある。二見・豊原と隣接する。また、世富慶・数久田とも隣接するが、間に山を挟んでいるため直接の往来は不可能である。世富慶とは二見経由で往来できる。沖縄県唯一の高等専門学校である...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる