「農林水産省」とは?

関連ニュース

農作業死亡事故、2016年は全国で312件 うち81%が高齢者 - 02月18日(日)16:26 

農林水産省や警察庁の発表により、交通死亡事故における高齢者の割合が増えるとともに、農作業死亡事故における高齢者の割合も増加していることが分かった。
カテゴリー:

日本能率協会コンサルティング(JMAC) 2018年3月12日(月) 農山漁村活性化再生可能エネルギー事業化サポート活動報告会 開催 - 02月16日(金)15:00 

株式会社日本能率協会コンサルティング(以下、JMAC/本社:東京都港区・代表取締役社長:鈴木亨)が農林水産省より採択を受けております「平成29年度農山漁村6次産業化対策事業」のうち「農山漁村活性化再生可能エネルギー総合推進事業」として、来る2018年3月12日(月)に『農山漁村活性化再生可能エネルギー事業化サポート活動報告会』を開催いたします。
カテゴリー:

上田桃子、結婚していた!?記者の質問に「してないですよ(笑)」 - 02月15日(木)12:37 

15日(木)、上田桃子が所属する株式会社かんぽ生命保険の実施する「かんぽ Eat&Smaileプロジェクト」の記者発表に女優の河北麻友子、このプロジェクトに大きく関わっているグルメユニット「食べあるキング」メンバーのフォーリンデブはっしーとともに出席。その際、記者から思いがけない質問が!? 【フォトギャラリー】桃子がボミがハヌルが!ドレス姿で17年締めくくり このプロジェクトは「食を通じてココロとカラダも健康になって欲しい」という同社の想いから2015年度にスタートし、今年で3回目。15日から渋谷ヒカリエでの期間限定カフェや、農林水産省主催の「フード・アクション・ニッポン アワード2017」の受賞・入賞作品の中から、厳選した商品を期間限定で生産者から直接購入できるイベントなど、食と健康にまつわる様々な活動が行われている。 この活動に上田も「美味しいものを食べると元気になります。みなさんも美味しいものを食べて心も体も元気になって欲しい」と共感。「アメリカツアーに行ってから食と向き合うようになり、体にいいものを取り入れるようにしています。また、三年前から料理教室に通うようになって料理も趣味になりました。それから、感情や集中といった、ゴルフで大事な部分のコントロールがよりできるようになったと実感しています」と自身の経験になぞらえて食と健康の関連性を話した。 ところでこの記者会見の際...more
カテゴリー:

野鳥の監視強化解除 鳥インフル、ため池から? さぬき調査で農水省が見解 - 02月15日(木)10:15 

農林水産省は14日、高病原性鳥インフルエンザが1月に発生したさぬき市の養鶏場の調査結果を公表した。
カテゴリー:

ユズ、わさび、ポン酢…日本食材でフランス料理 パリで初のコンクール - 02月14日(水)11:52 

 【パリ=三井美奈】日本の食材を使ったフランス料理の味を競う初の「日本の味コンクール」が13日、パリで行われた。日本の農林水産省が主催した。
カテゴリー:

「それって働き方改革?」ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑 - 02月18日(日)13:06 

 時事通信が1月13日に配信したある記事に対し、農林水産省を中心に霞ヶ関がにわかに沸いている。その内容は、農水省が働き方改革の一環で、文書作成ソフトをジャストシステムの「一太郎」からマイクロソフトの「ワード」に統一する方針を決めた-といったものだ。唖然(あぜん)、失笑の各省庁を尻目に恥じらう農水省。インターネット上でもさまざまな“ツッコミ”が展開される事態となった。
カテゴリー:

【お得】国産麦のうどん、ピザ、パン、ラーメンが農水省の補助事業で試食 17日18日の土日全部タダ 前回1万人超え早い者勝ち - 02月15日(木)20:09  newsplus

入場無料・全試食無料! うどん、ピザ、パン、ラーメンからパンケーキまで、国内産麦を使った試作品の数々がぜーんぶ無料で試食できるイベント、2/16(金)~2/18(日)池袋で開催 ネタとぴ[2018/2/15 11:33] https://netatopi.jp/article/1106551.html 国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会のご案内 http://nihon-mugi.jp/event/  全国米麦改良協会は、2月16日(金)?18日(日)、池袋サンシャインシティで、国内産麦の消費促進を目的とした、完全無料の「国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会」を実施します。  会場...
»続きを読む
カテゴリー:

味の素が「16時半退社」に成功したワケ? 勤務時間を短縮して起こったこととは...... - 02月15日(木)11:50 

社員の退社時刻が16時30分という驚きの「働き方改革」を進めている、食品大手の味の素。2018年2月7日、東京・世田谷の昭和女子大学で開かれた「働き方改革フォーラム 味の素に聞きたい 『なぜ16時半退社になったのですか?』」で、改革を進めている味の素の高倉千春・グローバル人事部次長に、ジャーナリストの白河桃子さんと昭和女子大学の坂東眞理子理事長が迫った。 「なぜ『16時半退社』に成功したのか? 高倉千春・グローバル人事部次長が語る『味の素』流・働き方改革」(2018年2月12日付 「企業探究」)の第2弾。働き方改革の「成功のヒント」がここにある。 「ミスを恐れるな、6割よければGO! という精神」 坂東眞理子さん「率直に聞きます。日本企業には『滅私奉公』『24時間働け』『チームプレーを乱すな』という風潮が強いです。そんな中で、味の素が16時半退社を成功させた。早く退社するのは相当なプレッシャーだと思いますが、味の素にはチームプレー精神はないのですか?」 高倉千春さん「あります(笑)。社員全員が仲のよい会社ですから。確かに日本企業の強さはチームプレーです。『ITで世界を席巻するインドのリーダーと日本のリーダーが組めば世界最強になれる』とよく言われますね。 しかし、日本式の働き方では、世界の人材を獲得することが難しくなっています。たとえば、当社の本社では16時半に一斉に退社していますが...more
カテゴリー:

農水省、野菜の価格「平年の2倍程度高く」 - 02月14日(水)20:52 

 農林水産省は全国の野菜の小売価格を調査し、白菜やキャベツなどの価格が平年の2倍程度高くなっていると発表しました。
カテゴリー:

「白子とうふ」が農水省局長賞 男鹿産マダイで濃厚な味わい - 02月14日(水)09:17 

 食品産業センター(東京)主催の2017年度優良ふるさと食品中央コンクールで、三和商事(秋田県男鹿市、武田鋭彦代表)の「天然真鯛 白子とうふ」が、最高賞の農林水産大臣賞に次ぐ農林水産省食料産業局長賞を…
カテゴリー:

もっと見る

「農林水産省」の画像

もっと見る

「農林水産省」の動画

Wikipedia

農林水産省(のうりんすいさんしょう、略称:農水省(のうすいしょう)、)は、日本の行政機関の一つである。 食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわたる機能の発揮、森林の保続培養及び森林生産力の増進並びに水産資源の適切な保存及び管理を図ることを任務とする(農林水産省設置法第3条)。

概要

国家行政組織法第3条第2項及び農林水産省設置法第2条第1項に基づき、国の行政機関である省として設置されている。任務は、農林水産省設置法により、「農林水産省は、食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわたる機能の発揮、森林の保続培養及び森林生産力の増進並びに水産資源の適切な保存及び管理を図ることを任務とする」(第3条)と規定されている。農業畜産業林業、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる