「農作業」とは?

関連ニュース

週末だけグルメぶってみる?会員制の「食のコミュニティー」 - 02月24日(土)06:00 

Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな合理化や効率化とは逆のムーブメントも。たとえば、東京・青山の国連大学前で、毎週末開かれているファーマーズマーケット。 スーパーで買い物するときは、生産者との関わりなんて、せいぜい「農家〇〇さんの野菜」なんて文字や顔写真を見る程度。それがファーマーズマーケットでは生産者から直接野菜を購入できるということで、食に関心が高い人たちを中心に、にぎわいを見せている。そんなファーマーズマーケットが、昨年から「会員制のコミュニティー」を始めたのだという。体験をとおして「食」を探求!昨年からファーマーズマーケットが始めた「Farmer’s Market Community Club」。会員費は、月3000円(税別)。 入会すると、毎週日曜に開かれている食事会や、農作業を手伝う体験ができるファームツアーなどに参加できる(過去の活動内容は公式HPにて)。ところで、今までもファーマーズマーケットという場所でひとつのコミュニティが形作られていたはずだけれど、なぜあえて「コミュニティクラブ」をスタートさせたのだろうか。運営者のひとり、田中亘さんに尋ねてみた。ー2009年からファーマーズマーケットを開催されてきて、このタイミングで「Fa...more
カテゴリー:

いよいよドローンスクールジャパンで「スマート農業コース」が開講!5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能! - 02月23日(金)11:00 

[株式会社スカイロボット] [画像1: https://prtimes.jp/i/25128/40/resize/d25128-40-798261-0.jpg ] ■約10分間の飛行一回で、最大1ヘクタール(10,000m2 )の農地に最大10リットルまで農薬散布可能。 現在、農作業従事者の高齢化から、...
カテゴリー:

【人手不足】ヤンマー、自動運転トラクターを今秋発売 経験のない初心者でも農作業 - 02月20日(火)09:52  newsplus

 国内農機2位のヤンマーは2018年秋に自動運転トラクターを製品化する。トラクターの操作には一定の経験が必要だったが、農家の人手不足が深刻化しているため、慣れていない初心者でも農作業ができるようにした。国が普及を後押ししており、国内首位のクボタや井関農機も18年度中の発売を計画している。  自動運転農機は全地球測位システム(GPS)やセンサーを活用してセンチメートル単位で動作を制御できる。ヤンマ… 2018/2/19 23:37 日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikkei.com/article/...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】"のん" 麦わら帽子につなぎ姿で「宇宙最強米への道」最終回を報告 元気に「おー!」 - 02月15日(木)23:06  mnewsplus

2018年02月15日 17時33分 農作業着で元気に「おー!」 のん、麦わら帽子につなぎ姿で「宇宙最強米への道」最終回を報告  女優でアーティストののんさんが2月14日、お笑い芸人のゴー☆ジャスさんとともに主演を務めるPR動画「銀河のしずく 宇宙最強米への道」が最終回を迎えたことを、撮影中のオフショットとともにInstagramで報告しました。農作業着のゴー☆ジャスさん、意外となじんで……ないな!  のんさんは、「岩手県産のお米『銀河のしずく』のPR動画シリーズ『宇宙最強米への道』が最終回を迎えました!」とコメントを添え、...
»続きを読む
カテゴリー:

スマートアグリシンポジウム 2018 兵庫開催のお知らせ - 02月13日(火)18:00 

ICT を活用した次世代の農産物生産・流通・販売を学び、農産物収量・品質の向上、売上・利益の拡大を目指す為のシンポジウムです。 会場ではハウス用のセンサーや、遠隔制御製品、農作業日誌や農業用ドローンなど様々な展示をしております。 また、株式会社兵庫大地の会 代表取締役社長 衣笠 愛之 様、株式会社農業総合研究所 代表取締役社長 及川 智正様による基調講演もございます。
カテゴリー:

「南外の仕事着」を中学生が調査 地域で当時の生活聞き取り - 02月23日(金)15:13 

 秋田県大仙市の南外中学校(木村百合子校長)の1、2年生7人が、1950年代前半まで農作業に使われていた「秋田南外の仕事着」について知ろうと地域の高齢者にインタビューし、仕事着の使われ方や当時の暮らし…
カテゴリー:

GPS田植え機、作業効率化に貢献 秋田・大潟で実証報告会 - 02月20日(火)14:39 

高精度の衛星測位システム(GPS)を活用した田植えの実証研究に関する報告会が19日、秋田県大潟村であった。生産者ら約60人が参加し、農作業の負担軽減や環境保全などの成果を共有した。 研究は秋田県立大、
カテゴリー:

農作業死亡事故、2016年は全国で312件 うち81%が高齢者 - 02月18日(日)16:26 

農林水産省や警察庁の発表により、交通死亡事故における高齢者の割合が増えるとともに、農作業死亡事故における高齢者の割合も増加していることが分かった。
カテゴリー:

「アグリノート」 と 「アグリサポート」 の連携について - 02月14日(水)13:00 

ウォーターセル株式会社と井関農機株式会社は、ウォーターセルが提供する農業ICTツール「アグリノート」と井関農機が提供する「アグリサポート」を連携し、2018年春の提供開始に向けて取り組むことを発表しました。ふたつのシステムが連携することで、アグリノート上で農機の稼働状況が確認できるようになり、それに応じた農作業記録を自動で保存できるようになります。これによりこれまで敬遠されていた作業記録作成業務の労力を大幅に削減、さらに保存される作業記録はデータ分析・活用可能な状態になります。生産者の課題となっていた圃場1枚毎のコストや品質・収量の見える化を実現します。
カテゴリー:

新年の農作業 安全と豊作祈って餅つきぺたり - 02月11日(日)13:59 

米どころの岩手県奥州市胆沢区で10日、豊作と農作業の安全を祈る恒例行事「全日本農はだてのつどい」があった。 農はだては、新年の農作業を始める日を意味する方言。直径2.4メートルの臼を使った「大臼福餅つ
カテゴリー:

もっと見る

「農作業」の画像

もっと見る

「農作業」の動画

Wikipedia

  • redirect農業 のうさきよう...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる