「農作業」とは?

関連ニュース

伝統食、健康地域に学ぶ「長寿菌」を増やす食習慣 - 08月16日(水)11:00 

日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。だが、健康な状態で日常生活を送ることができる「健康寿命」と平均寿命は、女性で13年もの開きがあるそう。誰もが「ピンピンコロリ」にあこがれてはいるが、終末期になると寝たきり状態になってしまう人も多い。 「しかし、日本の農村や離島には、かなり高齢になっても自分の足で歩き、自分で食べている、健康寿命のお手本のような地域があります」 そう語るのは、『100歳まで元気な人は何を食べているか?』(三笠書房)の著者で、特定国立研究開発法人・理化学研究所特別招聘研究員の辨野義己先生。辨野先生は長年、腸内細菌と健康の関係を研究し、長寿村と呼ばれる地域を訪ね歩いている。そこで高齢者たちの腸内細菌を解析したところ驚きの結果が出たという。 「大腸から全身の健康をつくる主役となる菌のグループを、ついに特定したのです。私は長寿菌と名付けましたが、それは酪酸産生菌(大便菌・ラクノスピラ)とビフィズス菌でした」 ビフィズス菌は善玉菌として有名だが、酪酸産生菌の役割とは? 「食物繊維を取ると、酪酸産生菌が増えて、酪酸(短鎖脂肪酸)が生まれます。この酪酸は余ったエネルギーを脂肪にするのを防ぐほかにも、がん細胞の抑制、免疫力の向上といった効果があるので...more
カテゴリー:

「昨日、農作業したんだけど」 あるキャスターの発言が、心に刺さる - 08月14日(月)07:55 

アメリカの報道番組『KTVU』で、ニュースキャスターを務めるフランク・サマービルさん。 彼がFacebookに投稿したある主張が、大勢の関心を集めています。 フランクさんが多くの人に知ってほしかった『想い』をご覧ください […]
カテゴリー:

ふるさと小紀行[秋田市・白駒・黒駒神社]馬の守り神、広く信仰 - 08月13日(日)15:16 

 秋田市外旭川にある市斎場近くの山中に、やや距離を置いてひっそりと立つ白駒神社(同所字大堤)と黒駒神社(同所字山崎)。いずれも農耕馬の無病息災を願う農民が信仰し、農作業が機械化された今でも地域住民によ…
カテゴリー:

世界旗艦店「無印良品 有楽町」が増床リニューアルオープン!初の青果売場を展開 - 08月12日(土)00:00 

◆世界旗艦店「無印良品 有楽町」が増床リニューアルオープン!初の青果売場を展開世界旗艦店「無印良品 有楽町」は、1階部分のスペースを増床して、2017年7月28日(金)にリニューアルオープン。注目は、増床した部分に無印良品で初めての青果売場が登場すること。コンセプトは「畑や産地とつながった青果売場」で、生産地や食材を育てる人とのつながりを丁寧なPOPなどで実感できるような売場になっている。具体的には基本食材である野菜や果物、一般食品のグロサリーなどを扱うけれど、それぞれに個性があり、ストーリーを持っているところが無印良品らしいこだわりと言えそう。無農薬や減農薬などの野菜を産直販売。新鮮だから野菜本来の味わいを楽しめる販売される野菜は、化学合成農薬と化学肥料を使用しないもの、あるいは通常の半分以下の農薬を使った減農薬で栽培したものを直接仕入れているのだとか。新鮮なので、生でそのままいただくのもおいしいし、野菜本来の旨みである“えぐ味”なども味わえるのがいいところ。実際に農作業を体験したり、生産者の方からおいしい調理法を教えてもらう、といった農業と食への理解を深めることのできる体験イベントも予定しているそうなので、野菜への興味が湧いたらぜひチェックして。旬の朝採れ野菜や規格外だけどおいしい野菜、東京の伝統野菜などバラエティ豊富売場では、旬のものを中心に、形やサイズにとらわれず、規格外で...more
カテゴリー:

TVアニメ「ラブ米(コメ)−WE LOVE RICE-」農業体験型イベントスペース「農ライス・農ライフ」開場イベントレポート! - 08月09日(水)18:00 

グルメのハートもお米もまとめて収穫!!秋に向けて「農ライス・農ライフ」、成長しています!DVD2巻の特典映像内で、田植え作業を行なったラブライスメンバー5人。今度はグルメの皆さんと一緒に農作業体験がしたいと、前代未聞な「田んぼで行なう声優イベント」が実施されました。今回はその実施レポートを中心にお届けします。
カテゴリー:

農作業で山に入った男性、クマに襲われ軽傷 - 08月16日(水)06:22 

 15日、山口市で、85歳の男性がクマに襲われ顔などに軽いけがをしました。
カテゴリー:

【京都】受粉なしのナスを商品化、農作業を省力化へ 京都の企業が開発 - 08月13日(日)16:22  newsplus

受粉なしのナスを商品化、農作業を省力化へ 京都の企業が開発 2017年08月13日 13時42分 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170813000052  受粉しなくても実をつけるナスをタキイ種苗(京都市下京区)が開発し、今夏から種を販売している。同社が「単為結果性」と呼ばれる突然変異のナスを発見し、農研機構(茨城県つくば市)とともに遺伝子を調べ、従来品種と掛け合わせて商品化にこぎつけた。労力がかかる受粉作業を省けるため、高齢の農家でも栽培しやすいという。  開発したのは中長ナスの「PC筑陽」。ビニールハウ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシアの季節はふたつ、冬とダーチャだ。 - 08月12日(土)06:00 

夏になるとロシア人は、田園地帯の小さな別荘「ダーチャ」で家族や友人とともに週末を過ごす。18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は、ピョートル大帝の時代からどんなふうに変化してきたのだろうか? 貴族がゆったり過ごす田舎の小さな別荘Photo by Houzzロシア帝国の皇后アレクサンドラ・フョードロヴナが夏を過ごすダーチャがあったのは、サンクトペテルブルク近郊の町ペテルゴフ。1829年に建てられ、ポーチの柱が樺の木の幹のようなデザインになっている。  ダーチャとは、特定の建築様式のことではなく、どちらかといえば生活様式を指す言葉。ロシアにダーチャが初めて登場したのは、ピョートル大帝(1672-1725)が統治していた時代だ。18世紀当時、ダーチャ(「与える」という意味のロシア語の動詞дать<ダーチ>に由来)とは、宮廷人が堅苦しい生活を抜け出し、田舎でガーデニングや菜園づくりをしながらゆったり過ごすための、当時としては小規模な住まいのこと。つまり当初のダーチャは、すでに豪華な屋敷を所有している人たちの別荘だった。Photo by Houzz写真は、1727年にペテルゴフの町につくられ、1843年に建て直された、通称「海辺のダーチャ」。女帝エリ...more
カテゴリー:

全国で2番目に住みやすい!「富山県砺波市」は何がスゴイのか - 08月10日(木)11:00 

東洋経済新報社が、毎年全国の都市を対象に調査・発表している「住みよさランキング」。今年6月に発表された最新版では、1位の千葉県印西市に次ぎ、2位以下は北陸の7市がベスト10入りした。同社発表の最新版「全47都道府県幸福度ランキング」でも、1位に福井県、3位に富山県、5位に石川県と、北陸の県が上位。他を圧倒して、北陸が上位に名を連ねる。 また、東洋経済新報社発表の「移住幸福度ランキング(子育て世帯)」では、1〜3位までを北陸3県が独占しており、移住者にとっても住みやすい土地のようだ。北陸に住めば本当に幸せなのか?実態を調査するため、記者は「住みよさランキング」で2位になった富山県砺波市へと向かった。 砺波市は砺波平野の中心地にあたり、チューリップの球根生産で有名だ。東京は上野駅から北陸新幹線「はくたか」で、まずは富山県の新高岡駅まで2時間40分。そこから在来線に乗り換え、約20分で砺波駅に到着した。時間的には、大阪に行くのとほとんど変わらない。 駅舎には観光案内所が併設され、お土産も販売しているが、平日に駅にいるのは大半が学生。彼らが去ると駅前はほぼ無人となった。地元の人は車で移動しているのだろう。電車社会の東京とは大違いだ。飲食店や商店、病院などが軒を連ねる駅周辺を離れると、やがて視界が一気に開け、緑鮮やかな田園風景が広がる。田んぼの中にぽつりぽつりと、昔ながらの瓦屋根の古民...more
カテゴリー:

夏休みの大冒険!夫の田舎で子どもに体験させたいこと9パターン - 08月08日(火)15:00 

都市部からかなり離れたところに夫の実家があると、足を運ぶのを面倒に感じるものです。とはいえ、夏休みともなると「子どもを自然に触れさせたい…」という気持ちも少しは芽生えてくるのではないでしょうか。そこで今回は20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「夏休みに『夫の田舎』へ帰省して、子どもに体験させてやりたいこと」を紹介します。 【1】夜釣り、カブト虫捕りなど、普段できない「野外遊び」 「親戚の船で『夜釣り』に出たのは刺激的だったみたい」(20代女性)というように、都会では難しいことに挑戦させると、子どもの思い出づくりに貢献できるかもしれません。海や山など危険を伴う場所での遊びには、地元親族のサポートをお願いするといいでしょう。 【2】めったに会えない「親戚の子どもたちとの交流」 「一人っ子だから、従兄弟たちと遊ぶのを楽しみにしてる」(30代女性)というように、核家族で暮らしている子どもには、田舎の大所帯に揉まれるのも貴重な体験でしょう。もしも義父母から孫同士を比較されそうになったら、育児や進学などの話題はかわしたほうがいいかもしれません。 【3】パパが子ども時代から慣れ親しんでいる「地元食材の飲み食い」 「夫の郷里は蕎麦どころ。チビなりに箸を上手に使う息子は、一族の人気者です」(30代女性)というように、郷土料理を囲んだ団らんタイムは、嫁としても過ごしやすいも...more
カテゴリー:

もっと見る

「農作業」の画像

もっと見る

「農作業」の動画

Wikipedia

  • redirect農業 のうさきよう...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる