「輸出国」とは?

関連ニュース

国際石油市場、来年上半期は供給超か 米国の生産拡大=IEA - 12月15日(金)14:48 

[ロンドン 14日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)は14日、来年上半期の国際石油市場について、供給が需要を上回る可能性があるとの見通しを示した。 石油輸出国機構(OPEC)は来年末まで協調減産を継続する予定だが、米国の生産拡大が見込まれるという。 IEAは石油市場月報で「全体の供給の伸びが、需要の伸びを上回る可能性がある。上半期は日量20万バレルの供給超過、下半期は同20万バレル
カテゴリー:

【経済】米国、2018年に産油量でサウジアラビアを抜くと予測 - 12月14日(木)00:35  newsplus

https://jp.sputniknews.com/business/201712144376939/ 米エネルギー情報局(EIA)は、米国が2018年秋までに産油量でサウジアラビアを抜くとの見方を示した。なおサウジアラビアの産油量が現在の水準で維持された場合、米国は5月にもサウジアラビアを抜く可能性があるという。 EIAの予測によると、米国の2018年9月の産油量は日量およそ1008万バレルとなり、2018年末までに日量1034万バレル近くまで増加する見込み。 なお石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国の合意によると、サウジアラビアの2...
»続きを読む
カテゴリー:

原油高が日本の陸・空運を直撃、ガソリン電気ガスも値上げへ - Close-Up Enterprise - 12月12日(火)05:00 

11月30日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国を中心とした産油国は、2018年末までの減産に合意。中東の盟主であるサウジアラビア国内の内紛もあり、原油価格の上昇圧力が高まっている。原油のほぼ全量を輸入に頼っている日本も、少なからず影響を受けることになりそうだ。
カテゴリー:

NY原油:続伸、58ドル台 協調減産の再延長好感 - 12月02日(土)08:03 

 1日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の1月渡しが前日比0.96ドル高の1バレル=58.36ドルで取引を終えた。  石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国が前日、原油の協調減産の再延長を決めたことが好感され、買いが先行した。ただ、その後はロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑を巡る報道を受けて米国株が急落したことをきっかけにリスクを避ける動きも出て、上げ幅が縮小した。(共同)
カテゴリー:

【石油情報センター】ガソリン価格全国平均140円台に 10週連続値上がり - 11月22日(水)16:07  newsplus

ガソリン価格全国平均140円台に 10週連続値上がり 11月22日 15時57分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232191000.html?utm_int=news_contents_news-main_006&nnw_opt=news-main_a 今週のレギュラーガソリンの小売り価格は、中東情勢への懸念などを背景に原油価格が上昇したことなどから10週連続で値上がりして、全国平均で1リットル当たり140円台となりました。 資源エネルギー庁から調査を委託されている石油情報センターによりますと、20日時点のレギュラーガソリンの小売り価格は、先週より1.8...
»続きを読む
カテゴリー:

【為替】2018年は円が最弱通貨になるがドルも弱い - 12月14日(木)02:11  bizplus

勤労感謝の日の11月23日、新宿で大型のセミナーが開催された。2018年の為替市場をテーマに、筆者を含めて3人の為替アナリストがパネルディスカッションに登壇。来年の最強通貨や最弱通貨について議論を交わした。 通貨の強弱ランキングについては、3人の間でいくつか違いがみられたが、興味深かったのは、強弱の差はあれど、3人そろって2018年の最弱通貨は円になると予想していたことだ。この見通しの前提になっているのは、「ゴルディロックス(適温経済)」だ。日米欧で緩やかな景気拡大と低インフレの環境が続くなか、金利の上昇も...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】2018年は円が最弱通貨になるがドルも弱い カギは米国のインフレ率の動向だ - 12月13日(水)14:11  newsplus

https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20171213_200859?ptadid= 勤労感謝の日の11月23日、新宿で大型のセミナーが開催された。2018年の為替市場をテーマに、筆者を含めて3人の為替アナリストがパネルディスカッションに登壇。来年の最強通貨や最弱通貨について議論を交わした。 通貨の強弱ランキングについては、3人の間でいくつか違いがみられたが、興味深かったのは、強弱の差はあれど、3人そろって2018年の最弱通貨は円になると予想していたことだ。この見通しの前提になっているのは、「ゴルディロックス(適温経済)...
»続きを読む
カテゴリー:

天然ゴム市場での地位向上 ミャンマー、価格低迷機に世界に足場 - 12月08日(金)05:56 

 ミャンマーの天然ゴム産業は、輸出拡大を図っている。天然ゴムの市場価格は低迷しているが、ミャンマー・ゴム栽培生産者協会(MRPPA)幹部は、主要輸出国で価格下落によりコスト負担が重くなっているとし、今が輸出拡大の好機との見方を示した。現地紙ミャンマー・タイムズなどが報じた。
カテゴリー:

OPECと非加盟国、減産9カ月延長で合意 来年6月見直し - 12月02日(土)01:26 

 【ベルリン=宮下日出男】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどOPEC非加盟の主要産油国は11月30日、オーストリアのウィーンで開催した閣僚級会合で、2018年3月末に期限を迎える日量計約180万バレルの協調減産について、同年12月末まで9カ月間延長すると決めた。
カテゴリー:

【貿易】日本市場狙うアイルランド 持続可能性が武器 EPA見据え東京に代表団 独自認証を紹介 - 11月19日(日)17:57  newsplus

 アイルランド産食品を売り込む通商代表団が来日し、東京都内でセミナーを開いた。日欧経済連携協定(EPA)が動きだす前に、早めに日本市場で名乗りを上げるのが狙い。日本が輸入する牛肉や乳製品は、米国やオーストラリアなど既存輸出国ががっちりと市場を押さえている。アイルランドは「オリジン・グリーン(OG)」という認証を最大の武器にして、日本の消費者の心を捉える戦略だ。  地理的表示(GI)や農業生産工程管理(GAP)の仕組みは欧州から既に日本に伝わり、定着している。それではOGとは何か。  「4年前...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「輸出国」の画像

もっと見る

「輸出国」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる