「転落死」とは?

関連ニュース

老人ホーム転落死初公判 元職員が無罪主張 1/23 14:24更新 - 01月23日(火)14:24 

神奈川県川崎市の老人ホームで3人の入居者をベランダから転落させ殺害したとして、殺人の罪に問われている元職員の男の初公判が開かれ、男は無罪を主張した。
カテゴリー:

元職員が無罪主張 - 01月23日(火)11:47 

川崎市の老人ホームで3人が転落死した事件で、3件の殺人罪に問われた元職員今井隼人被告(写真)の裁判員裁判の初公判が23日、横浜地裁であった。今井被告は全ての事件について無罪を主張した=2015年9月撮
カテゴリー:

老人ホームの3人転落死 元職員、初公判で起訴内容否認 - 01月23日(火)10:36 

 川崎市の有料老人ホームで2014年、入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、3件の殺人罪で起訴された元職員今井隼人被告(25)の裁判員裁判が23日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で始まった。今井被告…
カテゴリー:

川崎3人転落死:元職員、起訴内容を否認 横浜地裁初公判 - 01月23日(火)10:28 

 川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が転落死した事件で、3件の殺人罪に問われた元施設職員、今井隼人被告(25)の裁判員裁判の初公判が23日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれ、今井被告は「いずれも何もやっていません」と起訴内容を否認した。弁護側は「事件性、犯人性ともに争う」と述べ、無罪を主張した。
カテゴリー:

老人ホーム3人転落死 元職員 きょうから裁判 - 01月23日(火)04:06 

4年前、川崎市の有料老人ホームで高齢の入所者3人をベランダから転落させて殺害したとして殺人の罪で起訴された25歳の元職員の裁判員裁判が、23日から横浜地方裁判所で始まります。福祉の現場で高齢者が相次いで死亡した事件の詳しい経緯が解明されるのか注目されます。
カテゴリー:

老人ホーム3人転落死、元職員の男は初公判で無罪主張 - 01月23日(火)13:44 

 川崎市の有料老人ホームで、2014年に入所者の男女3人が転落死した事件で、殺人の罪に問われた元施設職員の男の初公判が開かれ、男は「何もやっていません」と無罪を主張しました。
カテゴリー:

連続転落死事件で起訴内容否認 川崎老人ホーム元職員 - 01月23日(火)10:47 

2014年に川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、3件...
カテゴリー:

元職員が無罪主張=「何もやっていない」-老人ホーム3人転落死・横浜地裁 - 01月23日(火)10:36 

 川崎市の老人ホームで入所者3人が転落死した事件で、3件の殺人罪に問われた元職員今井隼人被告(25)の裁判員裁判の初公判が23日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)であった。今井被告は全ての事件について「何もやっていません」と無罪を主張した。弁護側も続いて、「事件性、犯人性を争う。予備的に責任能力も争う」と述べた。判決は3月の見通し。 転落時の目撃証言や防犯カメラ映像がないなど、今井被告と事件を結ぶ直接証拠が乏しく、検察側は状況証拠を積み上げて立証する方針。弁護側は捜査段階での自白の信用性も争うとみられる。 【時事通信社】
カテゴリー:

「何もやっていません」老人ホーム転落死裁判 被告は無罪主張 - 01月23日(火)10:22 

4年前の平成26年、川崎市の有料老人ホームで入所していた86歳から96歳の男女3人をベランダから転落させて殺害したとして、殺人の罪で起訴された施設の元職員、今井隼人被告(25)の裁判員裁判が、23日から横浜地方裁判所で始まり、起訴された内容について「私は何もやっていません」と述べ、無罪を主張しました。
カテゴリー:

【社会】3人転落死、無罪主張へ=殺人で起訴、老人ホーム元職員―23日初公判・横浜地裁 - 01月22日(月)10:53  newsplus

1/22(月) 6:47配信  川崎市の老人ホームで入所者3人が転落死した事件で、殺人罪に問われた元職員今井隼人被告(25)の裁判員裁判が23日から横浜地裁で始まる。  同被告の関与を裏付ける直接証拠は乏しく、弁護側は無罪を主張するとみられる。検察側は状況証拠を積み上げて立証する方針だ。  起訴状などによると、今井被告は2014年11月3日深夜から4日未明にかけ、当時勤務していた川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、入所者の男性=当時(87)=を4階居室のベランダから投げ落として殺害。同年12月9日と同31日に...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「転落死」の画像

もっと見る

「転落死」の動画

Wikipedia

転落死(てんらくし)とは、高所などから人間が転落し、死亡すること。

建設業における転落死

日本の建設業は、他業種に比べ死亡事故に繋がる労働災害の発生頻度が高い。建設業における死亡原因の一位は転落によるもので、足場など高所作業中の事故によるものが多いことが特徴建設労働災害の実情-墜落・転落災害の現状全国仮設安全事業協同組合ホームページ。

出典

関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる