「転売対策」とは?

関連ニュース

宇崎竜童・Zeebraら、高額転売規制を議員に訴える 石破氏はGW明け目標と説明 - 04月16日(月)20:50 

 歌手の宇崎竜童、ヒップホップアーティストのZeebraらが16日、東京・衆議院第1議員会館で行われた『高額チケット転売に反対するアーティスト・アスリートの要望を聞く会』に出席。元値の100倍以上で取り引きされることもある現状を国会議員に訴えた。 【写真】藤井フミヤ、きゃりーらもコメント発表  同会には「ライブ・エンタテインメント議員連盟」の石破茂会長、文化芸術振興議員連盟の河村建夫会長、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟の遠藤利明幹事長らが参加。コンサートプロモーターズ協会、日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンピュータ・チケッティング協議会連名の要望書で「チケットの高額転売問題に関して、不正な転売を防止する法的な規制を儲けていただくことを強く要望します」とした。  宇崎は「デビューして45年になります。僕らがデビューした1970年、80年代はレコードもたくさん売れていました。しかし、これからのアーティストの軸足はCDセールスからコンサート・ライブの収益へと移ってしまいました」と現状を説明。続けて「チケット高額転売の問題はアーティストのクリエイティブサイクルを壊してしまうまでに深刻化している。働き方改革もカジノ法案も社会生活に影響を与える大事なことですが、日々の暮らしの中で音楽や演劇などのエンターテインメントの癒やしや活力は欠かすことができない...more
カテゴリー:

東京五輪チケットの検討始まる 転売対策も 4/11 19:55更新 - 04月11日(水)19:55 

2020年東京五輪のチケット販売に関する検討会議が始まった。チケットは一般的な発券式のものに加え、「モバイルチケット」など4種類を設ける方針。不正転売対策として法律規制やネット監視、定価で譲渡する仕組みなども検討。価格は7月に決まる。
カテゴリー:

講談社、海賊版サイトへ緊急声明を発表「断固たる姿勢で臨んでまいります」 - 04月13日(金)14:32 

 出版社の講談社は13日、政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で「漫画村」などの“海賊版サイト”への対策を決定したことをうけ、現状と今後の対策について緊急声明を発表した。  同社は海賊版サイトへの横行について「いずれの形においても著作権侵害行為は著作者の不断の努力やその才能を踏みにじるものです」と断言。政府がブロッキング大賞にした「漫画村」「Anitube」「MioMio」の3サイト以外にも「依然として多数存在」するとし、「これらの違法サイトの運営者、関係者たちは、著作者ら多くのクリエイターの成果を許諾なく公開し、莫大な収益を得ています」と糾弾した。  これらのサイトによって、出版界ではコミックに限っても被害額は「数兆円規模」と試算し、「この状態が続けば、コンテンツ産業は立ち行かなくなります」と明言。違法アップロードが組織的犯罪であることが明らかになる中で、「現状を放置すれば、日本のコンテンツ産業を根底から破壊し、すぐれた才能を枯渇させることは明らかです」と訴え、未来に渡る発展のためにISPや流通事業者への協力も求めた。  今後の対策として「海賊版サイトを始めとするあらゆる権利侵害行為に対して、講談社は今後も刑事告訴や民事での提訴など断固たる姿勢で臨んでまいります」と意思を表明している。 【関連記事】 マキシマム ザ ホルモン、“狂気の”転売対策に「最高」「さすが」の...more
カテゴリー:

「転売対策」の画像

もっと見る

「転売対策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる