「軍登板」とは?

関連ニュース

【野球】吉井コーチも絶賛「えげつない」 巨人からトレード移籍の日ハム左腕公文、開幕1軍当確 - 03月27日(月)13:51 

OP戦防御率1.13…巨人で1軍登板15試合の5年目左腕、新天地で開花 日本ハムの公文克彦投手が26日、ヤクルト戦(札幌ドーム)の7回に3番手で登板し、1イニングを打者3人でピシャリと抑えた。 巨人からトレードで移籍1年目の左腕は、これでオープン戦9試合8回を投げて被安打3で自責点は1。 防御率1.13の好成績を残し、開幕1軍入りへ当確ランプが灯った。 武器であるクロスファイアの威力をこの日も見せつけた。 先頭の西田、続く西浦と連続で三ゴロに打ち取ると、最後は144キロ内角直球で谷内のバットをへし折っての投ゴロ。右打者3人...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

球春到来(7)成田翔 ロッテ 1軍登板へ体力強化 - 03月21日(火)11:50 

 ロッテの成田が飛躍に向け、懸命に腕を振る。新人だった昨年は故障にも泣かされて1軍登板はなし。「もっとできたはず」との思いを胸にオフは練習に打ち込み、2月は沖縄県石垣市で1軍入りを目指して充実のキャン…
in English
カテゴリー:

【野球】“背水の陣”中日・浅尾が心境吐露 「焦るのはやめました」 - 02月19日(日)13:44 

昨季、ナゴヤドームのマウンドに上がることは一度もなかった。 中日の黄金期を支えた中継ぎエース、浅尾拓也(32)の姿があるのは、二軍キャンプの球場。 ルーキーたちと共に白球を追いかけていた。 09年途中、当時投手コーチだった森繁和監督(62)に抜擢され、中継ぎエースに君臨。 10年には72試合に登板してNPB最高記録となる47ホールド、翌11年にはリーグ最高の79試合に登板して45ホールドを挙げた。 2年連続で最優秀中継ぎ投手に輝き、チームも連覇。 中日の黄金期を支えたが、12年から右肩痛が続...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】<ソフトバンク・松坂大輔>今さら「痩せて復活」…は本当か?「3年契約の最終年になってようやく減量ですからねえ…(苦笑)」 - 02月13日(月)08:57 

日本全国から「一番野球がうまいヤツら」が集うプロ野球の世界。 そこで怪物と呼ばれる選手たちは、まるでF1マシンのような超高出力の肉体を操るが、その爆発力ゆえ故障のリスクとも常に隣り合わせだ。 今年の春季キャンプでは、4人の怪物たちが“メンテナンス”の真っただ中。『週刊プレイボーイ』9号(2月13日発売)で、その裏側を追った! * * * ソフトバンクのキャンプ6日目。“元祖・平成の怪物”松坂大輔は、計239球もの投げ込みを敢行した。 レッドソックス時代の2011年に右肘を手術し、日本復帰後の1...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】7回無安打零封快投も…ソフトB松坂、摂津と共に開幕ローテ落ち決定 - 03月25日(土)18:02 

松坂好感触、工藤監督高評価も…倉野投手コーチ明かす「外れたと伝えました」 ソフトバンクの松坂大輔投手が25日、オープン戦最後の登板で7回ノーヒットの快投を演じた。 18日の西武戦(メットライフ)で4回途中に右内転筋に張りを訴えて途中降板していた右腕だが、幸いにも症状は軽く、中6日で広島戦に先発。 7回まで投げ、許した走者は四球で出した2人だけ。三塁すら踏ませない投球に「結果も内容も求めらている中で、 最後の最後でいい形、いい内容になって良かった」と納得の表情を浮かべた。 「前回途中降板してしまったけど...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】<松坂大輔、斎藤佑樹の「復活」報道!>プロ野球のフェイクニュースか? - 03月02日(木)18:24 

ソフトバンク・松坂大輔(36)が「好調」、日本ハム・斎藤佑樹(28)は「開幕投手候補」。2017年のプロ野球オープン戦開始前、かつての甲子園ヒーロー投手2人の「復活」を期待させるこんな報道が続々と出されてきた。  ところが実戦登板で、松坂は2回1失点で「やればやるほど悩む」、齋藤も2回5失点の炎上。報道内容とはかなりのギャップがあり、あたかも事実とかけはなれた「フェイクニュース」を思わせる事態が続いた。 ■松坂に対し「期待が持てる」  松坂は大リーグ晩年からパッとしない成績が続く。2014年オフにソフトバンク...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】甲子園春夏連覇の左腕、プロ3年目は背水の陣 ソフトバンク島袋洋奨「結果を残さないと」 - 02月15日(水)08:56 

2010年に甲子園春夏連覇を果たした左腕が、背水の陣でプロ3年目のキャンプに臨んでいる。 ソフトバンクの島袋洋奨(24)=興南高-中大出=は昨季1軍登板がなく、いまだプロ未勝利。 「自分には後がない。ただ結果を求めて頑張るしかない」。言葉の端々に実感がこもった。 入団した2015年にリリーフとして2試合に登板して以来、1軍マウンドから遠ざかる。 昨季は2軍で31試合に投げ、2勝7敗1セーブと負け越した。 「日々考えてやらないと、という思いが強い」と危機感を募らせる。 年末の台湾ウインターリーグで3勝1セーブ、防御率2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】名球会投手を憤慨させた巨人OB「怒鳴り込み事件」 - 02月13日(月)07:31 

大記録を残した往年のスター選手が集結し、対抗戦を繰り広げる。そんなプロ野球名球会の夢のイベントで、レジェンドたちの活躍に水を差す「事件」が勃発していたという。 1月15日、宮崎県のサンマリンスタジアム宮崎には、そうそうたる顔ぶれがそろっていた。王貞治氏(76)、張本勲氏(76)、柴田勲氏(72)、平松政次氏(69)、 若松勉氏(69)、江夏豊氏(68)、北別府学氏(59)、野茂英雄氏(48)、黒田博樹氏(41)、山本浩二氏(70)、福本豊氏(69)、前田智徳氏(45)‥‥。 名球会の豪華メンバーによる少年野球教室が午前10...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「軍登板」の画像

もっと見る

「軍登板」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる