「軍産複合体」とは?

関連ニュース

元陸自幹部が指摘。今の北朝鮮は第2次大戦前夜の日本と重なる - 12月08日(金)04:00 

朝鮮半島緊張緩和の糸口が見えない中、12月4日に開始された米韓軍事演習。各メディアは北朝鮮がこれに強く反発していると報じていますが、専門家はどう見ているのでしょうか。元陸上自衛隊陸将補の作家・池田整治さんは無料メルマガ『心のビタミン』で、北は今回の演習を「挑発」とみなしているとしつつ、北朝鮮問題の裏で蠢く軍産複合体や世界の大企業体の存在を指摘しています。 どっちもどっち北朝鮮vs米国 相変わらず、日本のテレビ界は「日馬富士暴行事件」報道で賑わっている。大勢に全く影響のない個人的傷害事件に公共電波の大半を割き、日本人に真に大事な事象を報せないいつものパターンだ。 今月4日~8日、北朝鮮が「軍事的挑戦」と反発している史上最大規模の「米韓共同訓練」が行われた。米韓空軍航空機230機が参加するまさに最大規模の訓練だ。 北朝鮮と韓国そして国連軍名目の米国は、未だ「休戦」、つまり戦争状態だ。そういう戦争状態の中で、眼前でこれだけの戦闘機等の大演習は、動くために大量の兵站準備と時間のかかる陸上兵力とは違い、まさに、北朝鮮にとっては「挑発」そのものに映るだろう。ここでモノの見方「3方向」のおさらいをしよう。 敵の見方 我の見方 鳥瞰図的思考 まず、敵つまり北朝鮮の見方は、上記の演習は「挑発」と見るだろう。かつての「朝鮮戦争」の時は、共産・ソ連の「兵站」支援の下北朝鮮は韓国に攻め込み、釜山まで「解放...more
カテゴリー:

「軍産複合体」の画像

もっと見る

「軍産複合体」の動画

Wikipedia

軍産複合体(ぐんさんふくごうたい、Military-industrial complex, MIC)とは、軍需産業を中心とした私企業軍隊、および政府機関が形成する政治的・経済的・軍事的な勢力の連合体を指す概念である。

この概念は特に米国に言及する際に用いられ、1961年1月、アイゼンハワー大統領が退任演説アイゼンハワー退任演説 英語原文、ビデオ、日本語訳において、軍産複合体の存在を指摘し、それが国家・社会に過剰な影響力を行使する可能性、議会・政府の政治的・経済的・軍事的な決定に影響を与える可能性を告発したことにより、一般的に認識されるようになった。米国での軍産複合体は、軍需産業と国防総省、議会が形成する経済的・軍事的・政治的な連合体である。

概念の起源

軍産複合体という概念を初めて公式に用いたのは、1914年8月5日のイギリスのチャールズ・トレヴェルヤンらが結成した民主的統制連合だった。彼らの平和主義の4つのマニフェストの第4項では「国家の軍隊は共同による合意により制限され、また軍備企業の国営化と兵器貿易の管理によって軍産複合体の圧力は調整されるべきである」DeGroot, Gerard J. Blighty: British Society in the Era of the Great War, 144, London & New York: Longman, 1996, ISBN 0-582-06138-5と記された。

軍産複合体の概念を広く知らしめたアイゼンハワーの退任演説は1961年1月...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる