「身体拘束」とは?

関連ニュース

痴漢に間違われないための予防策はあるけど痴漢冤罪が確定した後の補償は? - 08月15日(火)18:00 

揺れる満員電車。ふとした行動があらぬ誤解を生み、そこから痴漢騒動へと瞬く間に発展するケースは、昨今よく聞く話の類である。「痴漢に間違われないためにも」という予防策はメディアなどでも報じられるが、痴漢冤罪で捕まってしまったダメージケアの話はなかなかされない。「教えて!goo」にも冤罪で負わされたダメージの回復について「裁判で無罪。補償は?」という質問が寄せられている。 ■刑事補償制度と損害賠償請求裁判 質問者は、冤罪がただ「運が悪かっただけ」で泣き寝入りするしかないのか疑問を抱いている。これにいついて、大別して2つの意見があった。一つは、痴漢騒動を引き起こした相手方に対して損害賠償請求裁判を起こすことである。 「それは、また別に補償を求める裁判を起こし、認められないといけません」(mukaiyamaさん) 「裁判での損害賠償請求を起こした場合、冤罪と言うカタチだと思うので、被害者とされる女性、逮捕した警察と双方に求めるのか、あるいは片方のみにもとめるのか、とか・・・」(ともべーさん) しかし、損害賠償請求となると、痴漢冤罪と自らが負った経済的・精神的損害を有意に結びつける証拠や書類を用意しなければならない。そこで刑事補償の制度を活用する意見もあった。 「刑事補償という制度がありますので、それで補うことになると思われます。警察のちょんぼを税金で補うわけです。金額については、...more
カテゴリー:

【神奈川】ニュージーランド人青年の死亡◆カルテから「入院生活は99.5%が身体拘束状態」と遺族が発表 - 07月28日(金)14:34  newsplus

遺族に公開されたケリーさんのカルテを元に兄のパトリックさんが作成したフローシート 語学学校の教師などをしていたニュージーランド人青年ケリー・サベージさん(27)が神奈川県大和市の精神科病院・大和病院に入院中に長期間の「身体拘束」という環境下に置かれて、心臓発作を起こして死亡した事件は、本国ニュージーランドで大きく報道された。 日本でも7月19日に遺族である母親のマーサ・サベージさんと兄で病院にも付き添っていたパトリックさん(32)が記者会見を行って、精神病の患者を長期間にわたって身体拘束すると...
»続きを読む
カテゴリー:

有料番組をタダ見するソフトの開発者をケーブルテレビ数社が身体拘束し9時間も尋問 - 08月08日(火)07:00 

有料放送のコンテンツを無断で視聴可能にするアプリの開発者を訴えていたケーブルテレビ各社の代理人らが、開発者の自宅に押し入って深夜まで9時間も尋問し、PCなどを押収していたことが明らかになりました。続きを読む...
カテゴリー:

「身体拘束」の画像

もっと見る

「身体拘束」の動画

Wikipedia

身体拘束(しんたいこうそく、)とは、精神科入院中の患者に対して、患者本人の生命の保護、重大な身体損傷を防ぐために行われる行動制限である。

規定

日本では、精神保健福祉法第36条第3項の規定にて、自殺企図または自傷行為が著しく切迫している場合、多動または不穏が顕著な場合、そのほか精神障害のために放置すれば患者の生命にまで危険がおよぶ恐れがある場合に限定して、精神保健指定医の診察を経て、行うことが認められている。

措置入院緊急措置入院応急入院医療保護入院の患者に対して行うことが想定されているが、任意入院でも退院の申し出がない限りは行ってもただちに違法ではない(退院制限などの手続きがとられていることが望ましい)。 なお、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる