「身体拘束」とは?

関連ニュース

【医療】精神科で増える身体拘束…体を押さえた男性看護師が耳を疑う暴言「こういうプレー嫌い?」に心的外傷負った女性も - 09月25日(月)12:20  newsplus

日本の小中学校で英語を教えていたニュージーランド人の男性(27)が、精神科病院で身体拘束を受けた後、急死した問題は海外でも大きく報じられた。拘束を受けた経験のある患者たちは「当時を思い出すと胸が苦しくなる」と一様に訴える。この10年で身体拘束が急増したのはなぜか。原因すら分からない現状を改めるため、厚生労働省研究班による実態調査がようやく始まった やむを得ないと判断した場合に限り、最小限の時間行えるはずが… 精神科で増える身体拘束…体を押さえた男性看護師が耳を疑う暴言、心的外傷負った女性も 読売新...
»続きを読む
カテゴリー:

「身体拘束」の画像

もっと見る

「身体拘束」の動画

Wikipedia

身体拘束(しんたいこうそく、)とは、精神科入院中の患者に対して、患者本人の生命の保護、重大な身体損傷を防ぐために行われる行動制限である。

規定

日本では、精神保健福祉法第36条第3項の規定にて、自殺企図または自傷行為が著しく切迫している場合、多動または不穏が顕著な場合、そのほか精神障害のために放置すれば患者の生命にまで危険がおよぶ恐れがある場合に限定して、精神保健指定医の診察を経て、行うことが認められている。

措置入院緊急措置入院応急入院医療保護入院の患者に対して行うことが想定されているが、任意入院でも退院の申し出がない限りは行ってもただちに違法ではない(退院制限などの手続きがとられていることが望ましい)。 なお、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる