「身体拘束」とは?

関連ニュース

【社会】精神科で隔離、14年度に初の1万人を突破=身体拘束も/厚労省調査 - 03月20日(月)21:37 

精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束や、施錠された保護室への隔離を受けた入院患者が2014年度にいずれも過去最多を更新したことが、厚生労働省の集計で分かった。隔離は調査が始まった1998年度以来、初めて1万人を突破した。 14年度の保護室への隔離は1万94人で、前年度に比べ211人増えた。都道府県別では東京が683人と最も多く、大阪が652人と続いた。 拘束は453人増の1万682人。最多は北海道の1067人、次いで東京の1035人だった。調査項目に拘束の状況が加わった03年度以降、増加の一途をたどっている。   ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「本当に限界だった」辺野古でブロック1486個積み上げ威力業務妨害 元静岡県民の稲葉容疑者保釈される - 03月09日(木)07:39 

米軍普天間飛行場移設に伴う新基地建設に抗議活動により威力業務妨害罪で起訴され、3カ月以上勾留が続いていた稲葉博さん(66)が8日、那覇拘置所から釈放された。 那覇地裁の裁判官が7日、保釈を決定した。 保釈後、稲葉さんは「本当に限界だった。今はほっとしている」と語った。 拘置所前などで自身らの釈放を求めて集まった人たちに対して「土日も含めて毎日声が聞こえてきて勇気づけられた。本当に有り難かった」と話した。 一方で、勾留が続く山城博治沖縄平和運動センター議長については「弁護士以外との面会もできず...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「身体拘束」の画像

もっと見る

「身体拘束」の動画

Wikipedia

身体拘束(しんたいこうそく、Medical Restraint)とは、精神科入院中の患者に対して、患者本人の生命の保護、重大な身体損傷を防ぐために行われる行動制限である。

WHOは「精神保健法:10の原則」において、身体的抑制(隔離室や拘束衣など)や、化学的抑制を行う際は、仮に必要と判断された場合でも以下を条件としなければらない(should)としている。

  • 患者と代替手法について、話し合いを継続していくこと
  • 資格を持った医療従事者によって、検査と処方を行うこと
  • 自傷または他害を緊急に回避する必要性があること
  • 定期的な状態観察
  • 抑制の必要性の定期的な再評価。たとえば身体抑制であれば30分ごとに再評価
  • 厳格に制限された継続時間。たとえば身体抑制では4時間。
  • 患者カルテへの記載
  • 日本では、精神保健福祉法第36条第3項の規定にて、自殺企図または自傷行為が著しく切迫している場合、多動または不穏が顕著な場合、そのほか精神障害のために放置すれば患者の生命にまで危険が及ぶ恐れがある場合に限定して、...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる