「身体拘束」とは?

関連ニュース

【配管工】錯乱状態で拘束→尿検査陽性→覚醒剤使用で逮捕→裁判所・錯乱してなかったと判断→「違法捜査」と無罪 - 06月21日(水)16:38 

錯乱状態で拘束→尿検査陽性→覚醒剤使用で逮捕→裁判所・錯乱してなかったと判断→「違法捜査」と無罪 - 産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/170621/afr1706210009-n1.html 2017.6.21 10:35  覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた群馬県高崎市の配管工の男性(41)について、前橋地裁高崎支部(永井秀明裁判官)は県警の捜査方法に問題があったとして証拠の採用を却下し無罪判決を言い渡した。19日付。男性は昨年1月8日ごろ、同市剣崎町の自宅で覚醒剤を使用したとして逮捕、起訴されていた。  判決文な...
»続きを読む
カテゴリー:

【医療】精神科病院には、患者の権利を守る第三者が必要 - 06月02日(金)19:03 

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170602-OYTET50019/ 2017年6月2日  いろいろな原因でメンタルをやられる人、精神的な障害に苦しむ人が増えました。厚生労働省「患者調査」によると、「精神及び行動の障害」に分類される病気・障害の総患者数は2014年で318万人。1999年の182万人に比べ、1.7倍になりました。  しかし日本の精神科医療、とくに入院医療には大きな問題がいくつもあります。中でも重要なのは、患者の人権です。人身の自由を奪う強制入院がかなりあるし、本人の同意に基づく任意入院でも、保...
»続きを読む
カテゴリー:

精神病院って山の中とか火葬場の横とかにあるよね? - 06月08日(木)10:00 

いろいろな原因でメンタルをやられる人、精神的な障害に 苦しむ人が増えました。厚生労働省「患者調査」によると、 「精神及び行動の障害」に分類される病気・障害の総患者数は 2014年で318万人。1999年の182万人に比べ、1.7倍になりました。 しかし日本の精神科医療、とくに入院医療には大きな 問題がいくつもあります。中でも重要なのは、患者の人権です。 人身の自由を奪う強制入院がかなりあるし、本人の同意に 基づく任意入院でも、保護室などに閉じこめられる隔離や 身体拘束、電話・面会・外出の制限...
»続きを読む
カテゴリー:

「身体拘束」の画像

もっと見る

「身体拘束」の動画

Wikipedia

身体拘束(しんたいこうそく、)とは、精神科入院中の患者に対して、患者本人の生命の保護、重大な身体損傷を防ぐために行われる行動制限である。

規定

日本では、精神保健福祉法第36条第3項の規定にて、自殺企図または自傷行為が著しく切迫している場合、多動または不穏が顕著な場合、そのほか精神障害のために放置すれば患者の生命にまで危険がおよぶ恐れがある場合に限定して、精神保健指定医の診察を経て、行うことが認められている。

措置入院緊急措置入院応急入院医療保護入院の患者に対して行うことが想定されているが、任意入院でも退院の申し出がない限りは行ってもただちに違法ではない(退院制限などの手続きがとられていることが望ましい)。 なお、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる