「身体拘束」とは?

「身体拘束」の画像

もっと見る

「身体拘束」の動画

Wikipedia

身体拘束(しんたいこうそく、Medical Restraint)とは、精神科入院中の患者に対して、患者本人の生命の保護、重大な身体損傷を防ぐために行われる行動制限である。

WHOは「精神保健法:10の原則」において、身体的抑制(隔離室や拘束衣など)や、化学的抑制を行う際は、仮に必要と判断された場合でも以下を条件としなければらない(should)としている。

  • 患者と代替手法について、話し合いを継続していくこと
  • 資格を持った医療従事者によって、検査と処方を行うこと
  • 自傷または他害を緊急に回避する必要性があること
  • 定期的な状態観察
  • 抑制の必要性の定期的な再評価。たとえば身体抑制であれば30分ごとに再評価
  • 厳格に制限された継続時間。たとえば身体抑制では4時間。
  • 患者カルテへの記載
  • 日本では、精神保健福祉法第36条第3項の規定にて、自殺企図または自傷行為が著しく切迫している場合、多動または不穏が顕著な場合、そのほか精神障害のために放置すれば患者の生命にまで危険が及ぶ恐れがある場合に限定して、...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる