「超高齢社会」とは?

関連ニュース

老後の不安を減らすライフプランを考える 第7回 超高齢社会に対応する方法は他にもある!? - 01月19日(金)09:10 

経済成長は、今後も私たちをより豊かにしてくれるのでしょうか。その思いの根底には、「成長」そして「需要拡大」のための景気対策のみを追求していることが、財政赤字の蓄積や将来世代への負担のツケ回しといった病理や社会不安を生んでいる という反省があります。
カテゴリー:

【生涯現役】首都大学東京、50歳以上に門戸 公立初 在学期間1年、修了証も - 01月06日(土)07:21  newsplus

 首都大学東京(東京都八王子市、上野淳学長)が、生涯現役を合言葉に学習意欲にあふれる50歳以上のシニア学生を受け入れる「首都大学東京Premium College」(仮称)を平成30年度に創設することが5日、分かった。公立大学では全国初の試みで「学び」と「新たな交流」の場を提供する。100歳まで生きることが当たり前となる超高齢社会で、新たな生涯教育として注目を集めそうだ。  関係者によると、今年10月に試行的に開始し、来年4月に本講座を立ち上げる。募集は50歳以上で、定員は50人程度。小論文と...
»続きを読む
カテゴリー:

死の瞬間に立ち会った著者は何を感じたのか? 合法化された国で起きている「安楽死」をめぐるリアル - 01月09日(火)06:00 

治る見込みのない患者が自分の意思で死を選択する「安楽死」。日本では認められていないが、一部の国や地域では合法化されており、例えばオランダでは、安楽死が死因の4%に上るという。 『安楽死を遂げるまで』はその現場に踏み込み、間もなく死亡する予定の患者や残される家族たち、安楽死に携わる医師から反対派の人々まで、生々しい声を丹念に記録したノンフィクションだ。 著者はジャーナリストの宮下洋一氏。18歳で単身アメリカに渡り、その後スペイン・バルセロナの大学院でジャーナリズムを学んだ彼はヨーロッパを拠点に日本語、英語のほか4言語を操る語学力を生かして活動している。 安楽死に対する著者自身の迷いをも赤裸々につづった本書は、軽率な判断にブレーキをかけ、じっくりと考えるための材料を提供してくれる。 * * * ―安楽死というテーマに関しては、ほとんど白紙の状態で取材を始められたそうですね。 宮下 はい。本にも書きましたが、初めてスイスで自殺幇助(ほうじょ)の現場に立ち会ったときは、犯行現場にいるような気分でした。止めないでいいのか、と思って。だけど取材を重ねるうちに納得できるところも出てくる。その一方で生じる疑問もあり、それらが合わさって、自分の考...more
カテゴリー:

「超高齢社会」の画像

もっと見る

「超高齢社会」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高齢化社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる