「超高齢社会」とは?

関連ニュース

世界初・ブラジル産プロポリスに認知症予防可能性~プロポリス300飲用による、高齢者に対する認知機能の向上効果が判明~ - 04月20日(金)11:49 

[株式会社 山田養蜂場] [画像1: https://prtimes.jp/i/33551/1/resize/d33551-1-134835-0.jpg ] 【研究背景】 認知症は加齢につれて有病率が高くなり、超高齢社会を迎える日本でも大きな社会問題となっております。 しかし、認知症の 6...
カテゴリー:

認知症の父の家を売って介護費に!専門家が解説「家族信託とは?」 - 04月09日(月)16:00 

「父が認知症になり、先祖代々引き継いできた土地や家が動かせず、ほとほと困っています。一部を売却して介護費用にあてたいのに……」 そう嘆くのは、千葉県在住の山本春子さん(52・仮名)。75歳の父親が数年前に認知症を発症し、その財産が“凍結”されてしまったという。 超高齢社会で65歳以上の4人に1人が認知症予備軍といわれている昨今。親が認知症になり、「実家を処分することができない」「預貯金を引き出せない」などのトラブルが急増している。たとえ本人のためであっても、家族が財産を勝手に処分したり、活用することはできないためだ。 山本さんの場合、両親の介護費用は月約35万円。さらに、空き家となった実家の固定資産税や、割高な空き家用の火災保険料などが、年13万円以上かかり、家計を圧迫し続けているという。 管理のために、定期的に掃除や草取りにも通わなければならない。実家を相続するまで処分できないため、父親が亡くなるまでの数年、場合によっては10年以上もこの状態が続く可能性があるという。 「最近、『家族信託』という制度があることを知りました。父に認知症の前兆が出たころに知っていれば、その制度が使えていたのに……。悔やまれてなりません」 はたして、山本さんがいう「家族信託」とはどんな制度なのか。家族信託普及協会...more
カテゴリー:

<金口木舌>北部医療、先行者の責任 - 04月09日(月)06:00 

 入学式シーズンの真っただ中。名護市為又の北部看護学校でも、黒のスーツ姿の84人が入学し、白衣姿の職員たちが温かく見守った ▼名護市出身の宮里涼奈さんの新入生宣誓が印象的だった。学業専念を誓うとともに、到来する超高齢社会などに触れた。「看護師不足が指摘される中、北部地区は病院も少なく、救急対応も課...
カテゴリー:

野田総務相が政治塾開講 総裁選で女性活躍推進を訴え - 04月02日(月)07:01  seijinewsplus

NHK NEWS WEB 4月1日 17時09分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180401/k10011387521000.html ことし秋の自民党総裁選挙への立候補に意欲を示している野田総務大臣は地元の岐阜市に 女性を対象にした政治塾を立ち上げ、総裁選挙では女性活躍の推進を訴えていく考えを示しました。 野田総務大臣は国会や地方議会で女性議員を増やしていこうと、地元の岐阜市に女性を対象にした 政治塾を開講し、初回の1日は15歳から69歳までおよそ70人が出席しました。 この中で、塾長を務める野田大臣は「政治という仕事に女性の仲...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】"平均寿命90歳"日本がおばあちゃん大国に - 04月16日(月)17:03  bizplus

性より寿命の長い女性が主役に 日本は現在、65歳以上の人口が総人口に占める割合が25%を超え、4人に1人が高齢者の「超高齢社会」を迎えている。高齢者数は、2042年には4000万人弱でピークとなり、65年ごろには、約2.5人に1人が高齢者という時代を迎える。 女性に限れば、すでに3人に1人が高齢者である。65年には日本人女性の平均寿命は91歳を超える。人生100年時代も目前だ。実際、女性の4人に1人は95歳まで生きる時代に突入している。もちろん男性の平均寿命も延びるが、今後80代以上人口の絶対数が増えることを考慮すれば、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

遺産の2次、3次の継承先を決められる「家族信託」の始め方 - 04月09日(月)16:00 

超高齢社会で65歳以上の4人に1人が認知症予備軍といわれている昨今。親が認知症になり、「実家を処分することができない」「預貯金を引き出せない」などのトラブルが急増している。たとえ本人のためであっても、家族が財産を勝手に処分したり、活用することはできないためだ。 そんな事態になる前に、検討したいのが家族信託。家族信託普及協会の代表理事で、家族信託研究所を運営する司法書士の宮田浩志さんが解説をしてくれた。 「財産の管理をほかの人に任せることを信託といいます。以前は、信託銀行や信託会社など、専門家に任せるのが主流でした。しかし、'07年の信託法改正を契機に、“信頼できる相手との間”、特に家族の間で使いやすくなりました。家族間で行うことが増え、『家族信託』という言葉が生まれました」 一般的に、親が認知症になった場合の方法として、契約や財産管理を任せる後見人を選任する「成年後見制度」が知られている。しかし、後見人となった親族が財産を私的に使いこむ事件が相次いだため、近年の家庭裁判所は弁護士や司法書士などの専門家を後見人に選ぶ傾向にあるという。 子どもが親の後見人になったとしても、実家を処分するには高いハードルがある。家庭裁判所の許可が必要なのだ。 「後見制度は、“財産を維持し、本人のために使う”ことを求められるので、本人の生活費以外の...more
カテゴリー:

【車】トヨタは全く燃料電池車量産をあきらめてはいない EVブームの中で着々準備、新型MIRAIは2020年に300万円台で勝負か - 04月05日(木)18:05  newsplus

EVブームの一方で燃料電池車も開発が水面下で着々と進行(写真:トヨタ自動車のMIRAI) 次世代自動車を巡る報道が毎日のように各紙の紙面を賑わせている。夢の自動走行運転に向けて世界中で様々な動きがあるが、良いことばかりではない。 3月23日にはテスラの勝負製品であるモデルXの衝突事故で運転手が死亡し、株価は一気に8.2%安、9.2%安の連続の大幅安となった。テスラ関連では、この前にもフロリダ州で自動運転中の死亡事故が発生している。これまでフィーバーを巻き起こしてきたウーバーもまた、3月18日に自動運転車が歩行...
»続きを読む
カテゴリー:

「超高齢社会」の画像

もっと見る

「超高齢社会」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高齢化社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる