「超新星フラッシュマン」とは?

関連ニュース

30代男性が一番好きなスーパー戦隊はベスト10!3位:ファイブマン、2位:カクレンジャー。1位… ★3 - 03月21日(火)22:27 

30代男性が一番好きなスーパー戦隊は「太陽戦隊」 子供向け特撮番組「スーパー戦隊」は、『秘密戦隊ゴレンジャー』から続く人気シリーズ。 40年にわたる歴史をもち現在は41作目が放映中。 そんな、いつ見ても新しくも懐かしいシリーズである「スーパー戦隊」だが、30代の男性社会人はどの“戦隊”が好きだったのか。 200人を対象にアンケート調査を行った。 〈30代男性会社員が“最も”好きな「スーパー戦隊」〉 1位 太陽戦隊サンバルカン(1981~1982) 5.5% 2位 忍者戦隊カクレンジャー(1994~1995) 5.0% 3位 地球戦隊...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

30代男性が一番好きなスーパー戦隊はベスト10!3位:ファイブマン、2位:カクレンジャー。1位… - 03月21日(火)06:59 

30代男性が一番好きなスーパー戦隊は「太陽戦隊」 子供向け特撮番組「スーパー戦隊」は、『秘密戦隊ゴレンジャー』から続く人気シリーズ。 40年にわたる歴史をもち現在は41作目が放映中。 そんな、いつ見ても新しくも懐かしいシリーズである「スーパー戦隊」だが、30代の男性社会人はどの“戦隊”が好きだったのか。 200人を対象にアンケート調査を行った。 〈30代男性会社員が“最も”好きな「スーパー戦隊」〉 1位 太陽戦隊サンバルカン(1981~1982) 5.5% 2位 忍者戦隊カクレンジャー(1994~1995) 5.0% 3位 地球戦隊...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

30代男性が一番好きなスーパー戦隊はベスト10!3位:ファイブマン、2位:カクレンジャー。1位… ★2 - 03月21日(火)12:12 

30代男性が一番好きなスーパー戦隊は「太陽戦隊」 子供向け特撮番組「スーパー戦隊」は、『秘密戦隊ゴレンジャー』から続く人気シリーズ。 40年にわたる歴史をもち現在は41作目が放映中。 そんな、いつ見ても新しくも懐かしいシリーズである「スーパー戦隊」だが、30代の男性社会人はどの“戦隊”が好きだったのか。 200人を対象にアンケート調査を行った。 〈30代男性会社員が“最も”好きな「スーパー戦隊」〉 1位 太陽戦隊サンバルカン(1981~1982) 5.5% 2位 忍者戦隊カクレンジャー(1994~1995) 5.0% 3位 地球戦隊...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

30代男性が一番好きなスーパー戦隊は「太陽戦隊」 - 03月20日(月)11:01 

子供向け特撮番組「スーパー戦隊」は、『秘密戦隊ゴレンジャー』から続く人気シリーズ。40年にわたる歴史をもち現在は41作目が放映中。その41作目『宇宙戦隊キュウレンジャー』は、シリーズ初の9人という大所帯で構成されており、かつ獣人などの“人外”キャラまで含まれるなど異色ずくめの作品となっている。しかし“赤”を中心としたメンバー構成、名乗りを上げてから変身・攻撃など「スーパー戦隊」の様式美は健在だ。そんな、いつ見ても新しくも懐かしいシリーズである「スーパー戦隊」だが、30代の男性社会人はどの“戦隊”が好きだったのか。200人を対象にアンケート調査を行った。〈30代男性会社員が好きな「スーパー戦隊」〉(全15項目から複数回答。R25調べ。協力/アイリサーチ)※()内は放送年1位 恐竜戦隊ジュウレンジャー(1992~1993) 9.0%2位 太陽戦隊サンバルカン(1981~1982) 8.5%2位 忍者戦隊カクレンジャー(1994~1995) 8.5%4位 地球戦隊ファイブマン(1990~1991) 6.5%5位 五星戦隊ダイレンジャー(1993~1994) 6.0%6位 科学戦隊ダイナマン(1983~1984) 5.5%6位 電撃戦隊チェンジマン(1985~1986)5.5%8位 超電子バイオマン(1984~1985) 5.0%8位 鳥人戦隊ジェットマン(1991~1992) 5.0%1...more
in English
カテゴリー:

「超新星フラッシュマン」の画像

もっと見る

「超新星フラッシュマン」の動画

Wikipedia

超新星フラッシュマン(ちょうしんせいフラッシュマン)は、1986年(昭和61年)3月1日から1987年(昭和62年)2月21日までテレビ朝日系列で毎週土曜18:00 - 18:25(JST)に全50話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。

概要

本作品では、1981年の訪日調査開始をきっかけに社会的関心を集めていた中国残留日本人孤児の問題がテーマの一つとして取り入れられた。また当時の東映作品には、超電磁マシーン ボルテスVなどの長浜ロマンロボシリーズからの系譜で敵方のドラマを緻密に描くという傾向があったが、今度は「ヒーロー側」のドラマを緻密に描こうという方向性が生まれた。

企画書に記された本作品の狙いは以下の3つ。

  • ヒーローを天涯孤独で、家族のぬくもりを知らない身の上とする。「5人の親は誰なのか?」という設定は、主要視聴者である子供にとってもっとも興味があり、共感を呼ぶ設定である。
  • 20年ぶりに故郷の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる