「起訴猶予処分」とは?

関連ニュース

【芸能】結婚&妊娠7カ月「高部あい」に芸能界復帰を直撃 - 10月24日(火)06:49  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00010004-jisin-ent 10/24(火) 6:03配信 結婚&妊娠7カ月「高部あい」に芸能界復帰を直撃 ーー高部さん、ご結婚おめでとうございます! 「あ、ありがとうございます」  戸惑い気味にそう答えたのは、2015年10月、コカイン所持による麻薬取締法違反容疑で逮捕され(2016年3月に起訴猶予処分)、芸能界を去ったタレントの高部あい(29)。  引っ詰め髪にナチュラルメイクながらも、メガネの奥の整った美貌と美脚。芸能人オーラを隠しきれない彼女は、「全日本国民的美少女コ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<高部あい>結婚していた…エリート弁護士と交際1年 1カ月前に婚姻届 - 10月21日(土)05:05  mnewsplus

美少女タレントとして活躍した高部あい(29)が弁護士の男性と結婚していたことが20日、分かった。関係者によると、2人は約1カ月前に婚姻届を提出したという。  高部は04年に「全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞し、芸能界デビュー。15年10月にコカインなどを所持して麻薬取締法違反で逮捕され、起訴猶予処分となった。 逮捕が原因で所属事務所を解雇された際、その後の活動について悩んでいたときに親身になってくれたのがお相手の男性。関係者によると、昨年夏ごろから交際がスタートしたという。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

府警の取り調べは違法=33万円賠償命じる-大阪地裁 - 10月12日(木)17:06 

 器物損壊事件に絡む大阪府警天満署の取り調べで暴言を受けたとして、同府大阪狭山市の池田広志さん(32)が、府に220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。北川清裁判長は「取り調べは不当な抑圧で違法」と述べ、33万円の支払いを命じた。 判決などによると、池田さんは2015年10月、車にブロック片をぶつけた疑いで天満署の任意の取り調べを受けた。同11月にも取り調べを受け、ICレコーダーで録音。担当官は「逮捕されんぞ、お前」「なめてんのか」などと大声を出した。 北川裁判長は11月の取り調べについて、起訴猶予処分が予定され供述調書を作成する必要性が高いとは言えないと指摘。「不当な抑圧によって取調官の望む答えを引き出そうとした」と批判した。 判決後の記者会見で、池田さんは「公平な捜査が行われるよう改善してほしい」と話した。代理人弁護士は「軽微な在宅の事件でも、少なくとも事後的に取り調べを検証できるシステムとして可視化が必要だ」と述べた。 【時事通信社】
カテゴリー:

もこみちさんの弟、不起訴処分 示談成立か 10/11 18:55更新 - 10月11日(水)18:55 

俳優の速水もこみちさんの弟で、傷害の疑いで逮捕された会社員の男性が、不起訴処分となった。示談が成立したため、起訴猶予処分にしたものとみられる。
カテゴリー:

高部あいの人生イージーモードに突入 - 10月21日(土)10:48  news

美少女タレントとして活躍した高部あい(29)が弁護士の男性と結婚していたことが20日、分かった。関係者によると、2人は約1カ月前に婚姻届を提出したという。  高部は04年に「全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞し、芸能界デビュー。15年10月にコカインなどを所持して麻薬取締法違反で逮捕され、起訴猶予処分となった。 逮捕が原因で所属事務所を解雇された際、その後の活動について悩んでいたときに親身になってくれたのがお相手の男性。関係者によると、昨年夏ごろから交際がスタートしたという。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】"高部あい" 結婚していた…エリート弁護士と交際1年 1カ月前に婚姻届 - 10月21日(土)05:03  mnewsplus

10/21(土) 5:00 スポニチアネックス 高部あい 結婚していた…エリート弁護士と交際1年 1カ月前に婚姻届  美少女タレントとして活躍した高部あい(29)が弁護士の男性と結婚していたことが20日、分かった。関係者によると、2人は約1カ月前に婚姻届を提出したという。  高部は04年に「全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞し、芸能界デビュー。15年10月にコカインなどを所持して麻薬取締法違反で逮捕され、起訴猶予処分となった。逮捕が原因で所属事務所を解雇された際、その後の活動について悩んでい...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】傷害容疑で逮捕の速水もこみちさんの弟、不起訴に - 10月12日(木)07:24  newsplus

俳優の速水もこみちさんの弟で会社員の男性(28)が、JR蒲田駅近くの路上で交通トラブルを巡って40代の男性に重傷を負わせたとして、 傷害の疑いで逮捕された事件について、東京地検は男性を11日付けで不起訴処分としました。 被害者との間で示談が成立したため起訴猶予処分にしたとみられます。 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-107823/ 2017年10月11日 22時32分 TBS ...
»続きを読む
カテゴリー:

「起訴猶予処分」の画像

もっと見る

「起訴猶予処分」の動画

Wikipedia

起訴猶予処分(きそゆうよしょぶん)とは、被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときに検察官が行う不起訴処分である(刑事訴訟法第248条、事件事務規程法務省訓令)第75条2項20号)。

なお、被疑事実につき犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分なときは「嫌疑不十分」の主文により、被疑事実につき被疑者がその行為者でないことが明白なとき又は犯罪の成否を認定すべき証拠がないことが明白なときは「嫌疑なし」の主文により、不起訴処分の裁定がされることになっている(事件事務規程第75条2項17号18号)。

なお、起訴猶予の場合には前科ではなく前歴として記録に残り、後に別件で起訴された場合にそれが情状証拠となる。

起訴猶予処分が「被疑事実が明白な場合」に行われることから、被疑事実がないことを理由としての不起訴処分を求めうるかが問題となる。<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる