「赤福餅」とは?

関連ニュース

「赤福」会長に浜田益嗣氏 消費期限の偽装問題から10年で復帰 - 12月13日(水)18:38 

伊勢名物「赤福餅」を製造する老舗和菓子の「赤福」(三重県伊勢市)の代表取締役会長に、名誉顧問の浜田益嗣(ますたね)氏(80)が就き、10年ぶりに経営に復帰した。これに伴い、妻の勝子(まさるこ)社長(80)は代表取締役社長を維持、2人で経営の舵を取る。取締役ではなかった長男の典保(のりやす)会長(55)は、顧問に就いた。 「若い従業員に伝えていくため」 益嗣氏は、2007年に消費期限の偽装問題で会長を引責辞任。第一線から退き、経営を長男の典保氏に任せて名誉顧問に就いていた。2017年11月24日の株主総会で、赤福の持ち株会社「浜田総業」が益嗣氏の役員選任を提案し、可決された。 益嗣氏が会長に復帰した理由について、赤福は12月12日のJ‐CASTニュースの取材に、「経営ノウハウや指導を、若い従業員に伝えていきたいため」と話した。 80歳の益嗣氏の「経営復帰」に、ツイッターでは、 「赤福の会長復帰するんか!!」 「この歳で現役復帰ですか」 「企業として、これがほんまの消費期限切れちゃいまっか」 といった、驚きとともに揶揄する声があがっている。 【関連記事】国立大学の特許出願数、2006年度をピークに減少 寒さ追い風 11月の街角景気、3年10か月ぶり高水準 国家公務員「冬のボーナス」平均71万円 5年連続増...more
カテゴリー:

【和菓子メーカー】「赤福」の浜田氏、10年ぶり会長に - 12月08日(金)14:59  newsplus

和菓子メーカー 「赤福」の浜田氏、10年ぶり会長に 毎日新聞 2017年12月8日 13時59分(最終更新 12月8日 14時12分) https://mainichi.jp/articles/20171208/k00/00e/020/287000c 浜田益嗣氏  「赤福餅」で知られる和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)の代表取締役会長に、2007年の消費期限偽装問題で引責辞任した浜田益嗣(ますたね)氏(80)が復帰した。 11月24日の株主総会で、浜田氏が会長を務めるグループの持ち株会社「浜田総業」から提案され、同日の取締役会で決定した。  浜田氏との経営方針の対立...
»続きを読む
カテゴリー:

「赤福餅」の画像

もっと見る

「赤福餅」の動画

Wikipedia

赤福餅(あかふくもち)は、三重県伊勢市和菓子赤福和菓子商品である。餅菓子であり、いわゆるあんころ餅の一種。餅を漉し餡でくるんだもので、漉し餡には三つの筋が付き、五十鈴川の川の流れを表しているとされる。餅は傾けて持ち帰ると崩れることがあるほど非常にやわらかい。

「ええじゃないか」のテレビCMと「赤太郎」というキャラクターで知られ、中京・近畿圏のJR線主要駅や近鉄沿線の特急停車駅、サービスエリア百貨店空港売店などで、広範囲に発売されている(遠くは岡山県でも販売された)。この販売エリアは伊勢神宮の信仰が特に強い地域とほぼ等しいという説もある。基本的に直営店と在庫を管理する営業所の近辺に限られる。

茶店風の本店が伊勢神宮内宮前のおかげ横丁にあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる