「赤福餅」とは?

関連ニュース

お伊勢参りの食べ歩きはこれが正解! 地元ゆかりの名店6選 - 03月23日(木)11:30 

伊勢神宮にお参りしたら、楽しみたいのが食べ歩き! 周辺の「おはらい町」や「おかげ横丁」には、美し国(うましくに)三重の名にふさわしいグルメスポットがあふれているが、中でも紹介したいのが、地元三重ならではの自慢の味だ。伊勢市の在住経験もある筆者が、絶対外さない6店を紹介しよう。 ○鳥羽産の牡蠣フライ&地ビールを「伊勢角屋麦酒 内宮前店」 三重に来たら絶対に食べたい、海の幸。そこで紹介したいのが、「伊勢角屋麦酒 内宮前店」で購入できる「カキフライ串」(2粒:250円、5粒:550円)だ。伊勢市の隣、鳥羽市でとれた新鮮な牡蠣を、手軽に味わうことができる。 少し休憩したい場合には、店内で蒸し牡蠣や焼き牡蠣、それにオリーブオイルに漬け込んだ牡蠣の燻製も試してみてほしい。バラエティに富んだ牡蠣の味が楽しめるだろう。 そして牡蠣のお供には、ぜひ地ビールを。実は同店を運営する「二軒茶屋餅角屋本店」は、国際大会での受賞実績もある伊勢市のブルワリー。ペールエールやブラウンエール、それにスタウトと、さまざまな種類のクラフトビールを堪能することができるのだ。 牡蠣フライには、伊勢志摩産の古代米を使用した「神都麦酒」(グラス: 550円)がぴったり。日本地ビール協会が主催する「ジャパンビアカップ」で3年連続金賞を受賞した自慢の銘柄で、柑橘系のさわやかな香りがフライの油をさっぱりと流してくれるだろう...more
in English
カテゴリー:

「赤福餅」の画像

もっと見る

「赤福餅」の動画

Wikipedia

赤福餅(あかふくもち)は、三重県伊勢市和菓子赤福和菓子商品である。餅菓子であり、いわゆるあんころ餅の一種。餅を漉し餡でくるんだもので、漉し餡には三つの筋が付き、五十鈴川の川の流れを表しているとされる。餅は傾けて持ち帰ると崩れることがあるほど非常にやわらかい。

「ええじゃないか」のテレビCMと「赤太郎」というキャラクターで知られ、中京・近畿圏のJR線主要駅や近鉄沿線の特急停車駅、サービスエリア百貨店空港売店などで、広範囲に発売されている(遠くは岡山県でも販売された)。この販売エリアは伊勢神宮の信仰が特に強い地域とほぼ等しいという説もある。基本的に直営店と在庫を管理する営業所の近辺に限られる。

茶店風の本店が伊勢神宮内宮前のおかげ横丁にあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる