「赤福餅」とは?

関連ニュース

伊勢うどん食ってみたい - 04月06日(木)23:29 

7日から9日まで越谷市のレイクタウンで開催される「みえ伊勢志摩フェア」を前に、三重県のキャラバン隊が6日、さいたま市北区の埼玉新聞社を訪れてPRした。  同フェアは、21日から三重で「お伊勢さん菓子博2017」が開催されるのを記念し、三重名物の虎屋のういろや赤福餅、笹井屋なが餅など、 お菓子博に出品されるお菓子が多くそろえられた。松坂牛、伊勢まだい、伊勢うどんなど、山の幸から海の幸まで、三重の「食」も集結する。  ステージイベントでは、みえ伊勢志摩の特産品が当たる抽選会や、ネオ忍者集団「雷風...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「赤福餅」の画像

もっと見る

「赤福餅」の動画

Wikipedia

赤福餅(あかふくもち)は、三重県伊勢市和菓子赤福和菓子商品である。餅菓子であり、いわゆるあんころ餅の一種。餅を漉し餡でくるんだもので、漉し餡には三つの筋が付き、五十鈴川の川の流れを表しているとされる。餅は傾けて持ち帰ると崩れることがあるほど非常にやわらかい。

「ええじゃないか」のテレビCMと「赤太郎」というキャラクターで知られ、中京・近畿圏のJR線主要駅や近鉄沿線の特急停車駅、サービスエリア百貨店空港売店などで、広範囲に発売されている(遠くは岡山県でも販売された)。この販売エリアは伊勢神宮の信仰が特に強い地域とほぼ等しいという説もある。基本的に直営店と在庫を管理する営業所の近辺に限られる。

茶店風の本店が伊勢神宮内宮前のおかげ横丁にあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる