「贈り物」とは?

関連ニュース

押し花みたいなハーブティーがおしゃれすぎ♡母の日のギフト選びはMoMAデザインストアに決まり! - 04月23日(月)20:00 

毎年、母の日のプレゼント選びに頭を悩ませていませんか? おしゃれな個性派ママへの贈り物を探しているならチェックしておきたいのが、ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA Design Store。 母の日のギフトにぴったりなアイテムを集めたコーナーが期間限定で登場しているんです! MoMAデザインストアに母の日向けギフトコーナーが登場 母の日の翌日、5月14日(月)までの期間限定ミニポップアップイベントを開催するのは、ハーブティーブランド「Have a Herbal Harvest (ハブアハーバルハーベスト)」のアートのように飾れるハーブティーと、「Paper Eden」のいつまでも美しいままのカーネーション。 Have a Herbal Harvesのハーブティーは、まるで生け花や押し花のようにハーブ1本1本の枝ぶりや葉の形をいかしたまま乾燥させているので、視覚的に美しく、インテリアとして目でも味わうことができるのが魅力です。 とりわけ封筒に入るサイズのハーブティーは、遠方に住むママにぴったりのアイテム。 アクリルボード入りのハーブティーは、飾って楽しむこともでき、アート好きのママに喜んでもらえそうです♡ いつまで枯れないカーネーションをママに♡ フラワーアーティストのedenworksがデザイン&ディレクションを手がける紙の...more
カテゴリー:

母の日・父の日の贈り物は“モノ”から“コト”へ!日頃の感謝を伝える「ギフトチケット」や「宿泊プラン」をご用意 - 04月23日(月)13:47 

[株式会社東急ホテルズ]   [画像1: https://prtimes.jp/i/5113/1306/resize/d5113-1306-645993-0.jpg ] 「母の日&父の日ギフト」詳細はこちら⇒https://ybht.co.jp/restaurant/plan/restfair0205.php  横浜ベイホテル東急(横浜...
カテゴリー:

読書家が悶絶するギフトアイテム。オンラインストアquoteからウクライナ生まれのユニークなしおり「My Bookmark」の新作が登場。人気の猫や、あの作家も! - 04月23日(月)10:00 

世界中から集めた小粋なデザインたち quote(オンラインストア)は、「ウクライナから届いた小人のブックマーク Mybookmark」の新作しおりを発売した。このしおりは、本に挟むことで小人が本に挟まって身動きが取れなくなっているように見えるユニークなデザインになっていて、読書家への贈り物として人気が高い。話題の猫や熊に加え、今回はバレリーナや死人、網タイツのセクシーガールや作家のエドガー・アラン・ポーなど、シュールで個性的な顔ぶれが集まった。
カテゴリー:

47都道府県の美味しいすぐれもの 「あんこもの」~四国篇~ - 04月22日(日)15:00 

謳い出しそうで愛らしさ満点の香川県のひと口饅頭、徳島県の繊細な口どけが印象的なわらび餅、愛媛県のとっておきの贈り物にぴったりな花形最中、高知県のお遍路旅のお供に人気の羊羹をご紹介!
カテゴリー:

目からウロコな夫婦円満の秘伝の書を役所でもらえるって本当? - 04月21日(土)00:01 

奥様や旦那様の実家、大事にしていますか? 夫婦円満の秘訣は「お互いの実家を大切にすること」とおっしゃるのは、無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』著者の真井花さん。そうは言ってもなかなか難しい…と感じてしまいがちな方々、どうやら役所で「夫婦円満の秘伝の書」がもらえるらしいですよ! 一体どういうものなんでしょうか? ルーツを探る さて、本日はおじいちゃんのおばあちゃんのお話。 リッチー&ハッピーな友人が東京にいます。そろそろ後期高齢者になるくらいのお歳で、いつも示唆に富んだアドバイスをくださるんです。とりわけ結婚生活については、名言が多いんですよね(*^O^*)。その中で呻ったのがお互いの実家を大切にするです。…あ、いや、これだけなら呻らないんですよ。これには続き…というか前提があって、それがお互いの次になんです( ̄∇ ̄)。つまり、一番はお互いで、次がお互いの実家ってことです。……うーーむ。既婚者には解る、この難しさ。お互いを大切にするまでは解りますよ。でも、その次って自分になっちゃいませんかねえ。アラセブ(って言わないのか)どころかオーバーセブの彼女の年代を考えれば、結婚すれば女性はそのイエの人で自分の実家を大切にしてくれなんて、言えたもんじゃない時代だったはずですよね。それなのに、このセリフ。うーむ。 お互いに結婚して、1人から2人のユニットになったんですから...more
カテゴリー:

ポーランド流「ミニマリズムの本質」にハッとする - 04月23日(月)19:00 

様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多くの国を訪れた彼ですが、なかでもポーランドでの講演はかなり印象深いものだったそうで。遠く離れた国の出来事かつ、やや長めの文章ですが、いま日本で生きる私たちにとっても示唆に富む内容であることは間違いありません。ワルシャワでミニマリズムについてのスピーチをしました。舞台はヨーロッパ各地から1,000人ほどが出席したカンファレンス。とはいえ、そのほとんどは主催国のポーランドからきているようでしたが。この経験は、本当に印象深いものでした。まず私は、妻と一緒に父権運動のリーダーたちの功績を讃える前夜祭に出席しました。そこでは一般人から企業のリーダー、政府の役員たちの名が呼ばれました。いずれも戦争で引き裂かれた家族の絆を大切にしようと立ち上がってきた人たちです。私たちの夕飯の席には、私と同い年で、英語教師のピーターという男性が通訳としてついてくれました。彼こそが、初めて私にポーランドの生活について教えてくれる人物となったのです。歴史について詳しい人からすると必要ないかもしれませんが、軽くポーランドの歴史について触れさせてください。とても大切なことだから。ドイツがポーランドへ進軍を開始したのは、1939年9月。第二次世界大戦がはじまったばかりの頃...more
カテゴリー:

『ZOOM505 多機能ペン』はキャップ式なのに多機能!極太の軸と作り込みの精密さが引き立てる高級感! - 04月23日(月)13:00 

一見すると、これは万年筆だ。アルミボディが放つ鈍い輝き。直径13.5mmのペン軸の太さ。そしてキャップ式である。しかし精密な作りキャップを「カチッ!」と外すと、そこに現れるのはシャープペンシルと黒、赤のボールペン。3機能を併せ持つ多機能ペンなのだ。多機能ペンというと、どうしても安っぽい透明ボディのノック式を思い浮かべるが、3月16日にトンボ鉛筆から発売された、この『ZOOM505 多機能ペン』は、そんな従来の多機能ペンのイメージを180度覆すものである。 トンボ鉛筆の「ZOOM/ズーム」は、1986年に創設されたデザイン筆記具ブランド。その中で、「ZOOM505」シリーズは、創設以来32年間、一貫して変わらぬ「極太の軸」と「深いキャップ式」の伝統を受け継いでいる。 その第一弾は1986年発売の水性ボールペン、以降、1987年にシャープペンシル、1992年に油性ボールペンと万年筆※を展開し、今回『ZOOM505 多機能ペン』が新たなラインナップとして加わったのである。 ※現在は海外のみで展開   ■驚かされるキャップの作り込みの質感 さっそく手にとって、“おためし”を開始。まず最初に驚かされるのは、キャップの作りが気持ちいいこと。キャップを外すときの、適度に固いしっかり感。カチッという硬質な響きと共に、キャップを外す。次にそのキャップをペン尾に差すときも、適度な抵抗感が...more
カテゴリー:

今年もやってきた!「東京ばな奈」発、夏恒例の期間限定版チーズケーキ - 04月23日(月)06:30 

気持ちのいい初夏は、行楽にでかけたり、友人を訪ねたりしたくなる季節。毎年、そんな心躍る季節に東京ばな奈ワールドから期間限定で登場するのが、『「銀座のチーズケーキ」です。』です。 【写真】2018 年はミルキー感がアップ! 夏の訪れを予感させる、爽やかなパッケージに包まれたスイーツは、自分で楽しむのはもちろん、お土産にもピッタリ♪ 舌触りがよくなめらかなマスカルポーネのチーズクリームと、カスタードクリームを二段に重ねた、ダブルクリームが自慢です。 ティラミスでおなじみのマスカルポーネチーズのクリーミーな味わいと、カスタードクリームのコクが口の中で溶け合い、幸せな瞬間を演出してくれます。 そして今年は、マスカルポーネチーズクリームの“ミルキー感”がさらにアップ! カスタードクリームとの相性がより良くなり、ふわふわのスポンジで2層のクリームを包んだ、爽やかなチーズケーキに仕上がっています。 冷蔵庫で冷やすとひんやりしっとり、冷凍庫で凍らせるとチーズの風味がいっそうひきたつ爽やかデザートに♪ お好みで冷やして、常温のときとは一味違ったおいしさも味わってみてください。 夏のチーズケーキらしい、アクアブルーのパッケージは贈り物にもピッタリ。味だけではなく見た目もフレッシュな、この時期のお楽しみですね。(レタスクラブニュース) 【関連記事】 ・まるでオレンジの香水! 泡までとことん“オレンジ”...more
カテゴリー:

里山の緑が表参道に現れた? 緑と水に癒される不思議カフェ - 04月21日(土)07:00 

表参道から徒歩5分ほど。小さな路地を入ると突然、緑いっぱいの隠れ家のようなカフェが現れる。生き生きした植物たちに囲まれた外観は、まるでおとぎ話の世界からやってきたかのような不思議なムード。多忙な毎日を忘れてホッとしたい…そんなとき、自分や友人を連れていきたい癒しの空間。【緑いっぱいの外観は不思議なムード店内には大きな水槽に魚たちも】まるで好き勝手に繁っているかのように生き生きした植物たち。こんもりとした緑に囲まれたインパクト大の外観は、数々の賞を受賞している世界的庭園デザイナー・石原和幸さんプロデュースによるもの。中に入ると、店内にもさまざまなグリーンがいっぱい。大きな水槽にはカラフルな魚たちも泳ぎ、里山の中に迷い込んだかのよう。思わず深呼吸したくなるムードに、最近多忙でお疲れ気味の友人も誘いたくなる。【デザートプレートのアートの美しさにも、嬉しい驚き】緑に囲まれてホッと一息ついたら、今度はアーティスティックなデザートで目を楽しませるのも、このカフェのお楽しみ。一番人気の自家製窯焼きのベークドチーズケーキなどデザート類を頼めば、プレートにアートを施してくれる。事前に相談すれば、名前を入れるなどもリクエストできるので、誕生日などに友人を連れてくれば、楽しい歓声も聞けそう。【カフェに行く日にお届けもOKフラワーボックスの贈り物を】一緒にカフェで過ごすだけでなく、サプライズでプレゼントも...more
カテゴリー:

「どこの香水?」と聞かれるハンドソープ - 04月20日(金)18:02 

はっきり言って、他とはまったく違う。〈モルトンブラウン〉のハンドソープには、手を清潔にするという以上の効果がある。一般的なイメージとしては、“英国王室御用達のフレグランスブランド”、“名だたる高級ホテルのアメニティとして採用されている”といったところか。そういえば、友人から“バッキンガム宮殿に観光に行った時、バスルームに〈モルトンブラウン〉が置いてあった”なんてエピソードを聞いたこともあったっけ。だけど、僕がこのハンドソープを愛用しているのは、決してステータスからじゃない。ズバリ、香りが圧倒的に素晴らしい! というのが理由だ。最初に出会ったのは、以前勤めていた会社。同僚がイギリス出張へ行くたびにお土産として買ってきてくれたのが、〈モルトンブラウン〉のハンドソープだった。贅沢なことにオフィスの給湯室にロイヤルワラントのソープがあったわけだ。結果的にスタッフ全員がいい香りを漂わせていた(笑)。実際、打ち合わせに来た社外の方に“いい香りの香水を使ってますね”と言われたことが何度かあるぐらい。もちろん、香水じゃないから、周囲にアピールするための香りじゃない。対峙している相手が、ほのかに感じられる程度なんだけど、そこがまたさり気なくて。なによりも、自分自身の気分がいい。手を洗うたび、そして洗った後...more
カテゴリー:

もっと見る

「贈り物」の画像

もっと見る

「贈り物」の動画

Wikipedia

贈り物(おくりもの)とは、何か出来事があった際に贈る特別なものである。プレゼント・ご進物(ごしんもつ)は同義語。

特徴

いわゆる「商品」でない「贈り物」の特徴として、以下の3点が挙げられる。

  • 贈り物を媒介として、前の所有者の人格や感情が伝達される。
  • 友情や信頼の持続性を表明するため、お返しには一定の間隔をおく。
  • 贈り物では、交換価値(例えば金額換算)という思考が通常は排除される。

マルセル・モース贈与論において、贈与をめぐる3つの義務を提示した桜井英治贈与の歴史学:儀礼と経済のあいだ中央公論新社、2011年、ISBN 9784121021397 pp.3-13.。

  • 贈り物を与える義務 - 動機は様々だが、先例慣習といった暗黙の圧力や、受贈者が自分と他の贈与者候補を比量した時の結果を恐れる心理から発生する義務感によって贈られる。人は意識的、無意識的に受贈者から見返りを回収することを期待する。
  • それを受ける義務 - 贈り物を受けることで債務意識が生じる。しかし、贈り物を拒むことは人間関係を築く上で禍根を残すこともある。そのため、贈り物を受けることは関係を維持するための基本的なマナーとなる。
  • ...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる