「賛否両論」とは?

関連ニュース

小1の子供が学校から出された宿題は「抱っこ」!?ママの反応は? - 05月22日(火)19:00 

小学生になると持ち帰るようになる宿題。復習するため、家庭での学習の習慣を身につけさせるためといった学習上の目的はもちろんですが、もう一つ大きな側面があります。学校や学年によっては、親が本読みのチェックやプリントの丸付けをするよう指導しており、宿題を通して、親子に会話が生まれます。宿題は少なからず、家庭でのコミュニケーションに一役買っているツールでもあるようです。 ところで少し前に話題になった、こんな宿題はご存知ですか? 漢字練習でも計算問題でもなく、出された宿題は「抱っこ」 小学校に通う娘を持つというネットユーザーが「次女の今日の宿題が、算数ドリルでも漢字練習でもなく『1分間抱っこ』というものだった」とSNSで報告、瞬く間に拡散され話題となりました。美談だと好評の声がある一方で反対の声も多数あり、意見が分かれています。 『美談とも反対とも思わないわ。 そんな宿題あったら、「今日の宿題簡単でよかったね(笑)」ぐらいで終了なんだけど。 感動する意味も怒る意味もわからない』 『私も小2の時にこの宿題があったなー。恥ずかしくて宿題を言い出せなくて、でもサインもらわないといけないから朝言ったの今でも覚えてる』 『いいと思う! 下の子がいると、小学生の子を抱っこすることは、なかなかないし。 息子の小学校の運動会、6年生の障害物競争は毎年子どもをおんぶしてゴールするんだけど、親も子どももみ...more
カテゴリー:

「おじさんの孤独化」が加速中!? 中年ぼっちにならない方法 - 05月22日(火)08:56 

 バブル経済に沸いた40代男性=オジサンと、デフレ不況を粛々と生きる今のオジサン。実際はどちらが幸せなのだろうか。さまざまなデータを基に、この30年間で中年男がどう変化したのかを追ってみたところ、40代中年男の孤独化リスクは高まっているという。 ◆オジサンがぼっちにならないために 「昔に比べ、今の40代中年男は定年後に孤独化するリスクが高まっています」と危機感を募らせるのがオジサン研究家の岡本純子氏。 「昔は年金が安定し、夫婦の役割分担が明確でお互いが拠りどころになっていました。ですが、今は違います。地縁・血縁も希薄化、将来は不安定で、未婚率は高く、単身世帯も多い。すでに焦燥感を覚えている高齢者は多いんです」  孤独化の大きな原因のひとつが、オジサン元来のコミュ力不足だ。 「共感をベースにしたコミュニケーション能力は、人間関係を良好に築く基礎スキル。しかし、競争に勝って出世するには、相手を論破し、自分が優位に立つ能力が求められます。結果、共感力が未熟なまま中年を迎えてしまうのです」  職場以外でコミュニティに所属していないと、退職後に孤独に苛まれる中年男性は多い。 「職場では仕事の中で承認欲求を満たすことはできますが、退職後は組織で威力を発揮した名刺なんて露ほどにも役に立ちません。ひとりの人間として周囲と関係性を築けなければ、ひとりぼっち。特に最近では、熟年離婚が多く...more
カテゴリー:

子どもの勉強に有効? 子どものスマホ使用にママたちの間で賛否両論 - 05月20日(日)20:00 

今や私たちの生活に欠かせない存在となった“スマホ”。子どもに持たせると手軽に連絡が取れるなど便利な面がある一方で、悪影響にならないか、トラブルに巻き込まれたりしないかといった心配事もついてまわります。ネット上では“子どものスマホ事情”について、さまざまな意見が上がっているようです。 【写真】スマホは勉強に有効との声も ■ 子どもにスマホを触らせるのはアリ!? 今年4月、とある女性向け掲示板で“子どものスマホ事情”が話題になりました。「うちの子どもは小学生だけど勝手に触らせてる」「この時代だから持たせないと仕方ない」という意見が目立つ中、「いつから持たせるべきか…」とお悩みのママたちも多いよう。 また、小さい子どもを持つママから多く寄せられたのは「自分のスマホを使わせてる」という意見。「赤ちゃんのうちからあやすときに使ってた」「外出時にぐずってどうしようもないときはスマホを渡すとおとなしくなる」など、“子どもにスマホを使わせる”こと自体には抵抗のない人が多数見られました。 一方で「小さいうちからスマホを持たせるのは悪影響」「画面ばっかり見るのはよくない」といった反対意見も。「依存症にならないか心配」「勝手にゲームで課金して高額請求がきたら困る」といった心配の声が上がっています。 中には、「うちは触らせないつもりだったけど、友達同士で話についていけないらしくて仕方なく触らせるようになっ...more
カテゴリー:

就活で急増! 企業が親まで巻き込む「オヤカク」って何だ? - 05月20日(日)16:00 

2019年春卒業の大学生の就職活動が本格化しているが、近年、「オヤカク」という就活用語が広がっているという。「オヤカク」(親確)とは、「親に確認する」ことが語源。企業が内定者を確保するため、内定予定者の親に対して「内定承諾」を確認するという。子どもの就職に、ここまで親が干渉する時代になったかとの感慨があるが、当の親たちは「オヤカク」をどう思っているのだろうか――。 内定予定者の「親の承諾を確認する」 主婦に特化した就労支援サービスを展開するビースタイル(東京都新宿区)の調査機関「しゅふJOB総研」が、712人の働く主婦に子どもの就活への関わり方や、「オヤカク」に関する意見や印象を自由に書いてもらったところ、親の半数近くが「オヤカク」を行なう企業には批判的で、「(企業の印象が)悪い」と答えた人が、「良い」と答えた人より2.5倍も多かった。調査は2018年5月7日の発表。 「オヤカク」は、具体的には「挨拶を兼ねて親に電話する」ことから、「会社紹介のパンフレットやDVDを親に送り、どういう会社か説明して安心させる」ことや、「採用担当者が家庭訪問をする」「親の同意書をとる」ことまで、さまざまなケースがあるといわれる。 J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた「しゅふJOB総研」の川上敬太郎所長はこう説明した。 「『オヤカク』は数年前から脚光を浴び始めた言葉です。企業が内定者の親...more
カテゴリー:

「今だけなんですスマホ育児」時と場合によってスマホは使える手段になる #産後カルタ - 05月19日(土)15:00 

「スマホ育児」という言葉をご存じでしょうか? 比較的新しい言葉で意味もいろいろありますが、主に小さな子どもにスマートフォンを見せたり操作させたりすることを指すようです。 日本小児保健協会や日本小児科学会などで構成される日本小児連絡協議会は、子どもとICTの問題について警鐘を鳴らしています(PDF)。子どもがスマートフォンを使う際のデメリットとして、「子どもは情報管理が十分にできないこと」「使用時間が長くなることによって子どもの生活リズムが乱れたり睡眠時間が短くなること」「親子の絆が薄くなったり実体験が不足したりして、社会性を獲得する機会が減ってしまうこと」などを挙げていました。 この提言には納得できる部分もあります。しかし子どもが騒いではいけないシーンであればどうでしょうか? たとえば、病院の待ち時間。子どもと一緒の待つ歳には、体調が悪いせいで子どもが不機嫌になって騒ぐ、熱はあるけれど逆に元気、といった子どもならではの特殊な事情が付いて回ります。小児科専門のクリニックならまだしも、さまざまな世代の人がやってくる総合病院であれば、子どもが騒げば周囲の大きな迷惑になってしまうでしょう。そこへ子どもをおとなしくするためにスマートフォンを取り出して子どもに見せると、今度は周りの人から冷たい視線が注がれるのです。 ママスタBBSのママたちは、子どもに静かにしておいてほしい病院の待ち時...more
カテゴリー:

「アップで撮らないで」日大選手会見のテレビ中継に批判殺到 - 05月22日(火)19:00 

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手を悪質なタックルによって負傷させた問題。5月22日、反則行為をした日大の選手の記者会見が行われた。 日大の選手は「本件でけがをさせてしまった関西学院大学の相手のクオーターバックの選手や家族、関係者に対して多大な迷惑をかけたことをおわびいたします」と冒頭に謝罪。反則行為について内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明した。 まだ学生である選手が顔と実名を出して謝罪をするという異例の事態となった今回の会見。このことについて、会見冒頭で代理人の弁護士は「長い将来のある若者です。ずっとアップで撮るようなことは避けていただいて」と配慮するよう呼び掛けていた。 しかし『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)や『グッディ』(フジテレビ系)では弁護士の経緯説明や質疑応答でも選手の顔をアップで放送。ネットでは怒りの声が上がっている。 《…芸能人でも犯罪者でもないんだから配慮しろよ!!》 《本人が話してる間も、報道陣が話してる間もずーーっとどアップで選手映してる!ミヤネ屋こわい》 《マスコミの配慮のなさ、彼への責任のなさに怒りを通り越して呆れました。情けない》 アップで放送し続けるテレビ各社に対し、経緯説明の間は弁護士のみを映すなど配慮を見せていたニ...more
カテゴリー:

僕のどこが面白いのかわからない――「お金0.0」ビットコイン盗まレーター日記〈第13回〉 - 05月21日(月)15:54 

 約1000万円近い仮想通貨を盗まれた出野達也(23歳)。脇の甘さで仮想通貨を盗まれただけの男に目をつけたのは、有名実業家のAとB、そして2人から紹介を受けたSPA!編集部。本連載の座組みが一通り解明されたところで、出野はチャット上だけの知り合いだったAと初めて対面することに。正直、聞きたいこと、話したいことがありすぎる!「お金0.0」、連載13回目。出野の目まぐるしく回る一日をお楽しみください。 第13回 オワコン ——-先週からのつづき 僕「なんと!僕の盗まれた話が連載することになりました!!!」 母「へー」 僕「反応薄ない?」 母「なんぼもらえるんよ?」 僕「家賃の…12分の1くらい…」 母「少ないやん」 僕「いや、額は少ないかもしれんけど、連載だよ!れんさい!」 母「へー。じゃ、仕事あるけ。ほいじゃあの。」 ガチャリンコ 素っ気ない。素っ気ない母と友達のいない僕。 うーん。Aさんに報告してみるか。 僕 「Aさん、早速母に連載の開始について報告しました!」 A 「おー。なんてゆってた?」 僕 「はい!原稿料すくないのぅって言ってました!」 A 「そうか。じゃあさっさと第2話の箇条書き送れ」 僕 「はい…」 僕が文章だと思って送っていたダイヤモンドは、Aさんから見たらカジョーガキに見えていたらしい。 A...more
カテゴリー:

映画『スター・ウォーズ』の最新作『ハン・ソロ』を批評家たちはどうレビューしたのか? - 05月20日(日)20:00 

Image: (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 銀河最高のパイロットの若き日を描く、『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。海外の公開が来週に迫りながらも、日本での公開は6月末。我々は暫くの間、ストーリーのネタバレを避けながら待たなきゃならないわけですが……どうしても気になってしまうのが、その評価。そもそも『スター・ウォーズ』なのでだいたいすべてが楽しいだろうし、ましてやハン・ソロが主人公でつまらないわけがないんですが、製作後半での監督の交代劇とかもあったし、そもそもハリソン・フォードじゃないハン・ソロを我々は本当に受け入れられるのか、とちょっと心配なのも事実。要は内容が知りたいわけじゃないけど、大丈夫なのかを事前に知っておきたいところ。そんな中、海外ではプレミア/試写会が行なわれ、レビューが公開され始めました。批評家のレビューの集計サイト「Rotten Tomatoes」でのスコアも公開されています。今回は執筆現在でのスコアと、内容に踏み込みすぎないレビューを紹介していきましょう。内容のネタバレはほとんどありませんが、評価も見たくないという方はお気をつけください。Chicago TribuneのMichael...more
カテゴリー:

宇野実彩子の恋する表情&美人妹との大はしゃぎに「こんなお姉ちゃん欲しい」 - 05月20日(日)14:39 

三浦翔平が主演を務める、AbemaTVオリジナル連続ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」。三浦とAAA・宇野実彩子、そして早乙女太一の“三角関係”の行方に注目が集まる中、5月19日に放送された第5話では、三浦が宇野の膝枕で寝るシーンや、宇野と妹役・中村ゆりかの仲良し美人姉妹のやりとりに、大きな反響が上がった。 【写真を見る】AAA宇野実彩子と中村ゆりかの“美人姉妹”が、自宅で大はしゃぎ! かわい過ぎるシーンが話題/(C)AbemaTV 19日の第5話より、新章として2年後のストーリーとなっており、鉄平(三浦)らの会社「サイファークリエイション」は大きく成長。 インフルエンサー事業は業界で独走状態、新たに作った代理店事業も好調で、鉄平が経営者として人脈を広げていく中、時価総額1200億の上場企業・DDDの虎屋(堀部圭亮)から出資話をもらう。 だが株を多く持っていかれる可能性があり、鉄平はその申し出を断る。 そしてインフルエンサー事業の部長から取締役に昇格した華子(宇野)との夕食中、鉄平はある新規事業のアイデアを思いつくも、試算した開発費用は10億近くに。 現在のサイファーの資金力では無理な金額だった。 そんな時、ビットバレーの沢辺(豊原功補)から連絡があり、サイファーのインフルエンサー事業の買収を持ちかけられ…というストーリーだった。 ■ 華子の恋する表情…そして涙 第5話では、これま...more
カテゴリー:

ダークなアレンジで賛否両論?『ピーターラビット』の監督が原作を大胆にアレンジした理由とは - 05月19日(土)10:37 

かつて上智大学に通学していたというウィル・グラック監督に話を聞いた かつて上智大学に通学していたというウィル・グラック監督に話を聞いた。
カテゴリー:

もっと見る

「賛否両論」の画像

もっと見る

「賛否両論」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる