「資生堂パーラー」とは?

関連ニュース

銀座の路地裏文化を引き継ぐ実験的スペース「GIN」とは? - 04月17日(火)19:30 

「日本初のカフェ」といわれている「カフェー・プランタン」や「資生堂パーラー」など、明治より文化人が集まり、日本文化の中心の場であった銀座八丁目。現在も多くの観光客、そして夜になると職場へ足早に向かう盛り髪の女性や仕事帰りのサラリーマンなどで賑わう。 老舗のクラブやギャラリー、飲食店などが並ぶ金春通り...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

イタリアンレストラン「ファロ資生堂」にて郷土料理を楽しむ『トスカーナフェア』を開催 - 04月10日(火)14:51 

[株式会社 資生堂パーラー] [画像1: https://prtimes.jp/i/6543/268/resize/d6543-268-292269-0.jpg ] 『Menu Speciale Toscana』 16,000円 (税込・別途サービス料10%) 写真は、「スカンピ海老のパンツァネッラ仕立て 春野菜のピュレ...
カテゴリー:

創業100年以上の老舗や名の知れたチョコ店まで!銀座の名店カフェ3選 - 04月13日(金)12:26 

新生活が始まり、忙しい日々の続くときは休日くらい家でゆっくりしたい。しかし、せっかく暖かくなってきたのだから外出先でリフレッシュするのもいいかも。そこで、今回はワンランク上のカフェタイムを満喫できる、銀座の名店カフェを3店紹介する。 【写真を見る】資生堂パーラー サロン・ド・カフェ伝統の味「アイスクリームソーダ」(1130円)。バニラアイスはさっぱり味でほどよいバランスに仕上がっている ■ 資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 1902年に創業され、資生堂ソーダファウンテンとして日本初のソーダ水を販売した同店では、由緒ある老舗ならではの洗練された雰囲気を味わえる。定番メニューは、伝統の味である「アイスクリームソーダ」(1130円)。ソーダ水や、レモン、オレンジなどのシロップには販売当時のアメリカ産にこだわり、濃厚な甘さを前面に押し出している。 また、古き良き時代の資生堂を感じることのできるメニューと言えば「ストロベリーパフェ」(1890円)だ。月により異なる品種のイチゴを使用した同商品は、酸味のあるイチゴに濃厚な2種類のバニラアイスがマッチし、粒をしっかりと感じられるソースが層状になっている贅沢な逸品。 店内はシックなアメリカをイメージし、テーブル間の幅も広く快適な空間が広がっている。昔から変わらないレシピだけでなく時代に沿ったアレンジを加えた各メニューなど、優雅なカフェタイムとなる...more
カテゴリー:

「資生堂パーラー」の画像

もっと見る

「資生堂パーラー」の動画

Wikipedia

株式会社資生堂パーラー(しせいどうパーラー、)は、資生堂子会社で洋食・喫茶店の運営や洋菓子の販売を行う企業、またそのチェーンの名称。本社は東京都中央区。

概要

「資生堂パーラー」の名称での直営喫茶店の運営、別ブランドでのフランス料理店・カフェの運営が有名。そのほか、主に全国の百貨店や高級スーパーに向けに洋菓子やレトルト食品の製造・卸売を行っており、その関係で埼玉県春日部市に直営の菓子工場を、東京都足立区物流センターを持つほか、大阪市福岡市に営業所を、高松市に出張所を置いている。 花椿ビスケット

歴...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる