「資源保護」とは?

関連ニュース

【経済】大和堆に押し寄せる北漁船 さらわれるイカ 漁師「死活問題」 - 12月16日(土)20:50  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000007-san-kr  大和堆を漁場とする日本の漁業者からは、傍若無人に振る舞う北朝鮮漁船に対する憤りの声が相次いでいる。  「東シナ海は中国、北はロシアの漁船に好きなようにやられる中、大和堆は日本の漁業者にとって『最後の豊かな漁場』。それがこんなことになるなんて…」。石川県漁協小木支所の神谷洋志郎総務部長(60)は悔しげに話す。  神谷さんによると、例年6月初旬から大和堆の南部でイカ漁がスタート。成長しながら北上し、9、10月ごろに南下するイカの動きに...
»続きを読む
カテゴリー:

1日で約8トンのゴミを収集! コカ・コーラ社の清掃活動がすごい - 12月11日(月)18:52 

真っ赤なパッケージでおなじみ、世界中の人に愛されている「コカ・コーラ」。そんな多くの人にとって身近な存在である「コカ・コーラ」を発売しているコカ・コーラ社が10年も前から世界規模の清掃活動に参加していることは知っていましたか?社長含め135人で清掃! 2017年12月7日、日本コカ・コーラとコカ・コーラシステム(以下コカ・コーラ社)の社員たちが茨城県土浦市の霞ヶ浦湖畔で清掃活動を行いました。 清掃範囲は約4km。ホルヘ・ガルドゥニョ代表取締役社長を含む135人が参加し、最終的には約8トンのごみを収集、分別まで実施しました。 この清掃活動は、世界規模で実施されている「国際海岸清掃ボランティア活動(ICC)」の一環。ICCは米国の海洋自然保護団体「オーシャン・コンサバンシー(Ocean Conservancy)」の主催ではじまった世界最大規模の海岸クリーンアップキャンペーンで、コカ・コーラ米国本社は1995年からICCのスポンサーになっています。日本では2007年からICC活動をスタートし、今年でちょうど10年目を迎えます。 今回、日本でのICC活動に初めて参加したというガルドゥニョ氏は 「非常に楽しく清掃活動をさせていただきました。また参加者もエネルギッシュで、熱意を持って清掃していたことがいい意味での驚きでした」 と、参加者の熱意に驚いたそう。 実際に参加者か...more
カテゴリー:

クロマグロの漁獲量が年間の上限を超えたとして一律に操業自粛要請 上限の29.1㌧に対してまだ3.9㌧しか獲っていない長崎県に対しても - 12月13日(水)00:58  newsplus

クロマグロ当初枠確保を県に要望 (ながさき県) *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5033490171.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 国際的な取り決めで漁獲が制限されている小型のクロマグロについて、 水産庁が定置網での漁獲量が年間の上限を超えたとして、長崎県など20の道府県に対し 一律に漁の操業自粛を要請したことを受け、長崎県内の漁業者が、 全国での漁獲量に関わらず当初配分された枠での水揚げなどを求める要望書を県に提出しました。 水産...
»続きを読む
カテゴリー:

【漂着相次ぐ北朝鮮の船】 背景に“危険な漁” そしてイカはいなくなった - 12月09日(土)04:07  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171208/k10011251581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_048 12月8日 19時09分 いま、日本海沿岸では北朝鮮からと見られる漁船の漂流や漂着が相次いでいます。11月だけでも28件と、データがあるこの4年間で最も多くなっています。日本海で操業する漁師の証言などから、北朝鮮側の危険な漁の実態が見えてきました。 (金沢局記者 田中大善 おはよう日本部ディレクター原田季奈) 大和堆に北朝鮮漁船 石川県能登半島にある能登町の小木港は、函館や青森の八戸と並んで、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

「資源保護」の画像

もっと見る

「資源保護」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる