「資料映像」とは?

関連ニュース

世界一有名なパリのキス写真は演出だった! 裁判沙汰に発展したてん末は? - 04月21日(金)15:00 

 1950年に米雑誌「LIFE」の依頼を受け、フランスの写真家ロベール・ドアノーによって撮影された「パリ市庁舎前のキス」。ドキュメンタリー映画「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒」では、その撮影秘話が語られている。あまりに“知られすぎた”同写真によって、ドアノーは数奇な運命をたどることになる。 ・【動画】「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒」予告編  通行人がめまぐるしく行きかう雑踏で、1組の男女が唇を重ね合わせる……。後にドアノーの代表作となる同写真だが、掲載当初はさして注目を集めず、長らくフィルム保管庫に眠ったままになっていた。ところが80年代にポスターとして発売されるや世界中に広まり、カップルの美しいキスが「愛の国フランス」を象徴する歴史的な1枚と高く評価された。  しかし「パリ市庁舎前のキス」は、フランスを代表する写真家として活躍したドアノーの晩年に影を落とす。パリに住むある夫婦が、「写真のモデルは自分たち。無許可の撮影である」として告訴。ドアノーは裁判所に要求され、同写真の真実を明らかにした。  花の都パリといえども、1950年代はカップルが公衆の面前でキスすることは珍しい時代だった。LIFE誌の依頼を受けた当時のドアノーは、「パリの恋人たち」というテーマを実現させるべく、モデルを雇いロケを敢行。演劇学校の学生であり、実際に恋人同士...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】「相棒」成宮さん出演シーン放送 テレ朝会長「問題ない」 - 03月28日(火)15:27 

テレビ朝日の定例社長会見が28日、都内の同局で行われ、早河洋会長兼CEOは22日放送の人気ドラマ「相棒season15」の最終回で、 昨年12月に芸能界引退した元俳優の成宮寛貴さんの出演シーンを放送したことについて、経緯を説明した。  成宮さんは「相棒」シリーズのseason11から俳優の水谷豊(64)扮する主人公・杉下右京の3代目の相棒・甲斐享として活躍し、 15年のseason13をもって卒業。成宮さんの電撃引退で最終回への出演構想は消滅したとされていたが、 22日の最終回で成宮さんの出演...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「資料映像」の画像

もっと見る

「資料映像」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる