「賃金構造基本統計調査」とは?

関連ニュース

【経済】賃上げも、40代だけ給与減る 取り残される団塊ジュニア、就職氷河期世代で職歴やスキル積めず? 若い世代や50代以上優先★2 - 02月23日(金)01:50  newsplus

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26847110T10C18A2EE8000 2018年2月13日 19:54 緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 グラフ ?w=680&h=980&am...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★4 - 02月14日(水)10:28  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

ちょっとこの図を見て欲しい 団塊ジュニアの現実 - 02月14日(水)06:33  news

賃上げ、取り残される団塊ジュニア 若い世代優先で 緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。「団塊ジュニア」と呼ばれる 40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26847110...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り - 02月13日(火)20:09  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】賃上げも、40代だけ給与減る 取り残される団塊ジュニア、就職氷河期世代…職歴やスキル積めず? 若い世代や50代以上優先 - 02月22日(木)21:52  newsplus

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26847110T10C18A2EE8000 2018年2月13日 19:54 緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 グラフ ?w=680&h=980&am...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★3 - 02月14日(水)06:39  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★2 - 02月13日(火)23:00  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

「賃金構造基本統計調査」の画像

もっと見る

「賃金構造基本統計調査」の動画

Wikipedia

賃金構造基本統計調査(ちんぎんこうぞうきほんとうけいちょうさ)とは厚生労働省が実施している賃金に関する調査。これは統計法に基づいた基幹統計であり、毎年6月に実施されている。国内の主要産業に従事している労働者について、年齢性別雇用形態や就業形態などを分類した上で、それぞれに支払われている賃金を調査することから、国内においての賃金の実態を明らかにすることが目的とされている。この調査は1948年に始まった「個人別賃金調査」を起源として、名称や内容の変更を経ながら毎年実施してきており現在に至る。

外部リンク
  • 賃金構造基本統計調査のページ|厚生労働省
  • 賃金構造基本統計調査(全国)|厚生労働省

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる