「賀来賢人」とは?

関連ニュース

窪塚洋介とPINKY夫妻に女児誕生!名前は「あまと」ちゃん - 06月27日(火)13:37 

窪塚洋介が6月27日にインスタグラムで女児誕生を報告。妻でダンサーのPINKYも同日、ブログで出産を発表した。 PINKYは「ご報告」と題してブログを更新し、「愛しい愛しい命が無事に産まれてきてくれました。元気な女の子です」と報告。「入院から出産まで、ずっと側にいて心も身体も支えてくれた主人と、頑張って産まれてきてくれた我が子に感謝ばかりです」と続けた。 また、「妊娠してからすぐ、主人が『あまと』という素敵な名前を付けてくれました(漢字は伏せさせていただきますね。)」と赤ちゃんの名前を発表。写真も披露している。   一方、窪塚も同日インスタグラムでコメント。 「Thanks Pinky. Thanks Doctor. Thanks Midwife. Thanks Family. Thanks Crew. Thanks Massive. and Thanks Gods.」と妻のPINKYをはじめ、主治医、看護師、家族、スタッフ、神様に感謝の気持ちを伝えると、「We had 33hours until our baby girl comin' after water breaking on last Tuesday.」と先週火曜日(6月20日)に破水してから赤ちゃんが誕生するまで33時間かかったことを報告。 「She is amazing qute.lol」赤ちゃんは...more
カテゴリー:

向井理「台本を見てがくぜんとしました」 斎藤工、同い年の向井は「男の理想」 - 06月26日(月)20:36 

 WOWOWの「連続ドラマW アキラとあきら」第1話完成披露試写会が26日、東京都内で行われ、出演者の向井理、斎藤工、石丸幹二、田中麗奈、賀来賢人が出席した。  池井戸潤氏の同名小説をドラマ化した本作は、自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才という2人の“宿命”を描く。  大企業の御曹司として約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬を演じた向井は「念願のWOWOW初出演のドラマになりました」と喜びを語り、「社会派の池井戸さんの作品に出演できてうれしかった。カチッとした職業者は初めてで、せりふも大変だろうなと思っていたけど台本を見てがくぜんとしました」と苦労を明かした。  父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも理想を育んだ山崎瑛役の斎藤は、ダブル主演した向井の印象を「『アキラとあきら』の対比にすごく似ているなと思う。すごくスマートでインテリジェンスで男の理想」とベタ褒め。  対する向井は、4回目の共演という斎藤は「同じ年でもあってすごく親近感の湧く人です。いきなりうちに来たりとか、気心もしれていますし」と語り、笑いを誘った。  また、ストーリーにちなんで自らの“運命”だと思うことについて向井は「本当に思い浮かばないけど、名前ですかね。理科の理でおさむで、大学のころまで理系の道に進んでいました」と苦し紛れに語った。  す...more
カテゴリー:

野村周平が桑田佳祐役!神木隆之介×賀来賢人×高橋優×安田顕も「茅ヶ崎物語」出演 - 06月26日(月)18:00 

熊坂出監督の長編最新作「茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN」が6月25日、神奈川県・茅ヶ崎市で開幕した第6回茅ヶ崎映画祭の特別招待作品としてワールドプレミア上映された。この日は熊坂...
カテゴリー:

【芸能】2017年 上半期ブレイク俳優(男優)ランキング TOP10発表 ORICON調べ - 06月22日(木)16:24 

http://www.oricon.co.jp/special/50070/ 2017-06-22 2017年も早いもので折り返し地点を迎えた。そこでORICON NEWSでは、この半年間のエンタメシーンをリードした著名人を発表する恒例の『2017上半期ブレイク俳優(男優)ランキング』を発表。 見事首位に輝いたのは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や『カルテット』(TBS系)など話題作に引っ張りだこだった【高橋一生】。 10~50代の世代別結果においても全て首位を獲得するなど、2位以下に圧倒的な差をつける結果となった。 (続きはソースをご覧下さい) 2017年 上半期ブ...
»続きを読む
カテゴリー:

TOKIO長瀬、有田哲平主演の新ドラマ『わにとかげぎす』主題歌を書き下ろし - 06月21日(水)15:29 

人気グループ・TOKIOの53枚目となるニューシングル「クモ」が、有田哲平主演の新ドラマ『わにとかげぎす』(TBS系列、毎週水曜23:56~、7月19日スタート)の主題歌に決定した。有田が連続ドラマ初主演を務める本作は、「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」「ヒメアノ~ル」などで知られる古谷実が、2006年から2007年にかけて講談社「ヤングマガジン」にて連載した、累計発行部数(紙と電子)80万部を誇る同名漫画の映像化。有田演じる、独身で童貞のショボクレ警備員・富岡ゆうじが“没な人生”と決別するため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくというストーリーが描かれる。有田のほか、本多翼、賀来賢人、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、DOTAMA、ACE、村上淳、光石研らが出演する。「クモ」は、オファーを受けた長瀬智也が原作漫画を読み、不器用ながらも必死に生きる主人公を想い書き下ろした渾身のロックナンバー。切ない中にも力強さ、希望を感じられる1曲だ。この曲を聴いた有田は「ドラマの中でかかることを想像しただけで、すでに今からグッときています!」と期待を寄せる。共演の本田や賀来も「え!? TOKIOさんですか?」と目を見開いて驚いた後、大興奮。カラオケでTOKIOの楽曲を歌うことがあるという賀来は「ヘビロテして聴いてます」とお気に入りの様子だ。また、長...more
カテゴリー:

向井理&斎藤工、池井戸潤原作ドラマのセリフ量に「がく然とした」 - 06月27日(火)05:00 

 池井戸潤氏の長編小説を映像化した「連続ドラマW アキラとあきら」の完成披露試写会が6月26日、都内で行われ、ダブル主演を務めた向井理と斎藤工が舞台挨拶に出席した。  ドラマは、バブル経済の崩壊に見舞われた激動の時代を背景に、大企業の御曹司・階堂彬(向井)と、父親の会社の倒産や夜逃げなど苦難の道を歩んできた男・山崎瑛(斎藤)の人生が交錯していくさまを描く。  池井戸氏原作の社会派ドラマに挑戦し、セリフの多さに「がく然とした」という向井と斎藤。それでも、「カチッとした職業もののドラマはやったことがなかったので楽しかった」(向井)、「日本の銀行事情や濃厚に動いていた時代を切り取った作品。喉を潤すように読み漁っていくような感覚があった」(斎藤)と充実感をにじませた。  今回が4度目の共演で、プライベートでも親交があるという2人。斎藤が向井を「すごくスマートでインテリジェンスがあって、あたたかい。男のなかの男。本当にそう思う」と絶賛すると、向井は照れつつ「親近感の沸く人」と斎藤の人柄を称え、「いきなり不意に家に来たりする。気心が知れているので深く分かり合えている」と全幅の信頼を寄せていることを明かした。  また斎藤は、向井と同じサッカーチームを80年代から応援していることが最近発覚したといい、「(向井が)ボールボーイをしていたと聞きました。僕もそのスタジアムには行っていたので、役者...more
カテゴリー:

向井理&斎藤工、池井戸潤原作ドラマでせりふに苦労「愕然とした」 - 06月26日(月)19:29 

 俳優の向井理(35)、斎藤工(35)が26日、都内で行われたWOWOWの『連続ドラマW アキラとあきら』(7月9日スタート、毎週日曜 後10:00 全9話※第1話無料放送)の試写会に出席。同ドラマの原作は、『空飛ぶタイヤ』『下町ロケット』などで知られる池井戸潤氏。向井は「こういうかちっとした職業ものはあまりやったことがなかったので、楽しみだったのと同時にせりふも大変なんだろうなっていう思いがあって、台本を読んで愕然としました」と苦笑した。  向井と斎藤がW主演を務める同作は、自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才、2人の“宿命”を描くヒューマンドラマ。大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(かいどう・あきら)を向井、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻ろうされながらも、理想を育んだ山崎瑛(やまざき・あきら)を斎藤が演じる。  2人が演じたのは、メガバンクに同期入社し、良き友人、ライバルとして互いに刺激しあいながら、苦難を乗り越えていくという役柄。専門用語なども多いせりふに「大変でした」苦労をにじませた向井は、「1話のど頭からバトルが繰り広げられので、そこも見どころになる」とアピール。斎藤も「せりふに関しては僕も愕然とした」と同意し、内容について「ものすごい濃度で動いた時代を切り取った作品なので、のど...more
カテゴリー:

野村周平が桑田佳祐役!神木隆之介×賀来賢人×高橋優×安田顕も「茅ヶ崎物語」出演 - 06月26日(月)18:00 

 熊坂出監督の長編最新作「茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN」が6月25日、神奈川県・茅ヶ崎市で開幕した第6回茅ヶ崎映画祭の特別招待作品としてワールドプレミア上映された。この日は熊坂監督と本編の“語り部”として主演した宮治淳一氏が舞台挨拶に立ち、祝福に駆けつけた茅ヶ崎市長の服部信明氏とともに、ファン約700人が固唾を飲んで鑑賞した。  桑田佳祐と中学校時代の同級生で、「サザンオールスターズ」の名付け親としても知られる洋楽ポップスの一流プロモーター・宮治氏が、数々の音楽人・映画人を輩出し文化人ともゆかりの深い故郷・茅ヶ崎の芸能史を、自らの手で執筆・編纂するという作業を数年前から始めたことが、今作製作のきっかけとなった。昨年、親友・桑田が還暦を迎えるに際し、茅ヶ崎と芸能との関係性、その謎を探る映像作品を制作しプレゼントしようと思い立ったそうで、より多角的な視点を求め日本を代表する人類学者・中沢新一氏、「パーク アンド ラブホテル」で日本人初となるベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞に輝いた熊坂監督に協力を依頼したという。  舞台挨拶に出席した宮治氏は、チケットが完売したことに対し「嬉しい限り。僕みたいな素人が大それた映画に出させて頂いて……。でもまあ、出来ちゃったものは仕方がない」と感謝の念をにじませながら、笑い飛ばす。メガホンをとった熊坂監督は、茅ヶ崎に偏見を抱いてい...more
カテゴリー:

『2017上半期ブレイク俳優ランキング』高橋一生がぶっちぎりの首位 - 06月22日(木)08:40 

 2017年も早いもので折り返し地点を迎えた。そこでORICON NEWSでは、この半年間のエンタメシーンをリードした著名人を発表する恒例の『2017上半期ブレイク俳優(男優)ランキング』を発表。見事首位に輝いたのは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や『カルテット』(TBS系)など話題作に引っ張りだこだった【高橋一生】。10~50代の世代別結果においても全て首位を獲得するなど、2位以下に圧倒的な差をつける結果となった。 【ランキング表】注目の若手俳優が勢ぞろいした2017上半期ブレイク俳優TOP10 ■確かな演技力はもちろん、“誠実さ伝わる美声&笑いジワ”で老若男女から熱視線!  堂々たる首位を戴冠したのは【高橋一生】。1月期放送のドラマ『カルテット』(TBS系)では家森諭高役を好演、松たか子、満島ひかり、松田龍平と演技派4人が結集した群像劇は高い評価を受け、長年積み上げてきた俳優としての実力を一気に開花。低音ながら誠実さが伝わる美声が女性から支持され、先ごろ『めざましテレビ』(フジテレビ系)で高橋の人気を検証した際には“笑いジワ”のできる笑顔が最大の魅力とも紹介された。  現在36歳の高橋だが、そもそも弱冠10歳で映画『ほしをつぐもの』でデビュー。1995年には、スタジオジブリのアニメ映画『耳をすませば』で、バイオリン職人を目指す天沢聖司の声を演じたことでも知られてい...more
カテゴリー:

TOKIO長瀬、有田哲平主演の新ドラマ『わにとかげぎす』主題歌を書き下ろし - 06月21日(水)15:20 

人気グループ・TOKIOの53枚目となるニューシングル「クモ」が、有田哲平主演の新ドラマ『わにとかげぎす』(TBS系列、毎週水曜23:56~、7月19日スタート)の主題歌に決定した。有田が連続ドラマ初主演を務める本作は、「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」「ヒメアノ~ル」などで知られる古谷実が、2006年から2007年にかけて講談社「ヤングマガジン」にて連載した、累計発行部数(紙と電子)80万部を誇る同名漫画の映像化。有田演じる、独身で童貞のショボクレ警備員・富岡ゆうじが“没な人生”と決別するため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくというストーリーが描かれる。有田のほか、本多翼、賀来賢人、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、DOTAMA、ACE、村上淳、光石研らが出演する。「クモ」は、オファーを受けた長瀬智也が原作漫画を読み、不器用ながらも必死に生きる主人公を想い書き下ろした渾身のロックナンバー。切ない中にも力強さ、希望を感じられる1曲だ。この曲を聴いた有田は「ドラマの中でかかることを想像しただけで、すでに今からグッときています!」と期待を寄せる。共演の本田や賀来も「え!? TOKIOさんですか?」と目を見開いて驚いた後、大興奮。カラオケでTOKIOの楽曲を歌うことがあるという賀来は「ヘビロテして聴いてます」とお気に入りの様子だ。また、長...more
カテゴリー:

もっと見る

「賀来賢人」の画像

もっと見る

「賀来賢人」の動画

Wikipedia

賀来 賢人(かく けんと、1989年7月3日 - )は、日本俳優東京都出身。アミューズ所属。

略歴

2人兄弟の弟。 女優の賀来千香子叔母(父の妹)シネマトゥデイ2011年9月27日閲覧。。小・中・高と暁星学園を経て、青山学院大学中退2011年8月1日Qさま!より。。

デビューのきっかけは、偶然賀来家の家族写真を見た事務所の人から「この子(賢人)に連絡が欲しいと伝えてください」と名刺を預かり、伝言を聞いた賀来本人が連絡したことだった男の履歴書 賀来賢人編|インライフ。

2007年に映画で俳優デビュー。2009年、映画銀色の雨で初主演。2012年、TVドラマ クローバーで主演。2014年度上半期に放送された連続テレビ小説花子とアンでヒロイン・花子の兄・安東吉太郎を演じる。2015年放送の大河ドラマ花燃ゆで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる