「貿易摩擦」とは?

関連ニュース

G20が閉幕 米中の“貿易戦争”に懸念 - 04月21日(土)13:44 

G20が閉幕 米中の“貿易戦争”に懸念:アメリカ・ワシントンで開かれていたG20(20カ国・地域)の財務相・中央銀行総裁会議が閉幕し、各国からは、アメリカと中国の貿易摩擦への懸念などが示された。...
カテゴリー:

G20閉幕 米中の貿易摩擦に懸念 貿易拡大で経済成長を - 04月21日(土)05:39 

ワシントンで開かれていたG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議が閉幕しました。保護主義の広がりやアメリカと中国の貿易摩擦について各国が懸念を強め、貿易の拡大によって成長を目指すことを改めて確認しました。
カテゴリー:

G20で保護主義回避を議論 麻生太郎氏「報復行為、市場の混乱招く」 - 04月20日(金)22:10 

 【ワシントン=塩原永久】日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が19日夜(日本時間20日朝)、米首都ワシントンで開幕し、米中貿易摩擦の激化が懸念される中、参加国から保護主義的な政策の拡大を回避するよう求める声が出た。日本は北朝鮮の脅威に国際社会が一致して圧力を加え続けるべきだと訴えた。20日昼(同21日未明)に閉幕する。
カテゴリー:

G20:保護主義阻止へ協調探る 米首都で開幕 - 04月20日(金)09:37 

 日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が19日夜(日本時間20日朝)、米首都ワシントンで開幕した。米中貿易摩擦が世界経済を揺るがしかねないと各国が懸念を示す見通しで、自国産業を優先する保護主義の拡大阻止に向けた協調を探る。シリア、北朝鮮情勢の緊迫化リスクに万全を期す
カテゴリー:

G20開幕へ 米中貿易摩擦が焦点 - 04月20日(金)05:13 

G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議が、日本時間の午前8時半、ワシントンで始まります。アメリカと中国の貿易摩擦が世界経済のブレーキになりかねないとして会議では各国が米中に冷静な対応を求める見通しです。
カテゴリー:

G20が閉幕 米中の“貿易戦争”に懸念 - 04月21日(土)12:29 

G20が閉幕 米中の“貿易戦争”に懸念:ワシントンで開かれていたG20(20カ国・地域)の財務相・中央銀行総裁会議が閉幕し、各国からは、アメリカと中国の貿易摩擦への懸念などが示された。...
カテゴリー:

米中貿易紛争、犠牲になるのは半導体業界だけか - 04月21日(土)02:38 

 半導体業界は特に米中貿易摩擦のリスクにさらされやすい。米国で設計された半導体は中国の多くの輸出品に組み込まれているが、中国は独自の半導体産業の育成を優先課題に掲げている。
カテゴリー:

G20:再び保護主義議論 複数国の財務相ら警鐘 - 04月20日(金)20:41 

 【ワシントン清水憲司】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が19日、米首都ワシントンで開幕した。世界経済は引き続き改善しているものの、米中間の貿易摩擦の激化など下振れリスクが高まっており、保護主義への対応を協議した。
カテゴリー:

米中貿易摩擦、世界の信頼感に影響=IMF専務理事 - 04月20日(金)07:32 

[ワシントン 19日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は19日、米中貿易摩擦の影響は両国のみにとどまらず、世界の信頼感や投資に及ぶとの危機感を表明した。
カテゴリー:

ベージュブック 経済見通し堅調、雇用伸び続く 新関税や貿易摩擦には懸念 - 04月20日(金)05:00 

米連邦準備制度理事会(FRB)は18日、地区連銀経済報告(ベージュブック)を公表し、12地区全てで力強い雇用の伸びが継続し、景気過熱の兆候はほとんど見られなかっ…
カテゴリー:

もっと見る

「貿易摩擦」の画像

もっと見る

「貿易摩擦」の動画

Wikipedia

貿易摩擦(ぼうえきまさつ)とは、特定国に対する輸出輸入の急速な変化から起きる問題のこと。特定商品(たとえば、繊維や自動車)の競争力の差から、輸入が急増すると同時に国内の同産業に減産・失業・倒産などが起こることのほか、貿易相手国との経常収支の不均衡が国内経済に悪影響を及ぼすと信じられることから両国間に摩擦が生じることなどをいう。広義には、投資摩擦を含めて論じられることもある。

国際間の貿易問題を解決する国際協定に、関税貿易一般協定(GATT)がある。1995年1月にはGATTを発展させた形で、世界貿易機関(WTO)が発足した。GATTとWTOの違いは、モノだけでなくサービスや知的所有権などを対象とした貿易の自由化の推進と「貿易裁判所」的な立場をさらに強化した点にある。

解説

貿易摩擦が起こるのは、輸入される製品が国産品と競合する場合である。国内にも生産者がいるため、輸入品の方が安いといったケースでは市場を奪われる国内生産者から反発の声が高まりやすい。しかし、なぜ中国製品を日本が輸入するかといえば、最終的には消費者がより安い品を求めるからだといえる。

競合する外国製品の輸入は国内の生産者にとってはできれば禁止してほしいものであるが、国内の消費者から見ると、選択の幅が広がり、競争が促進されることでよりよい品をより安く買える可能性が高まるとい...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる