「責任感」とは?

関連ニュース

「決断力の磨き方」を、アニメで解説。 - 11月19日(日)06:00 

僕たちは、日常の生活を送る上で、些細なことから重要なことまで、数え切れないほどの判断をしています。だからこそ、「良い決断をできる人は、良い人生を歩める」といっても、言い過ぎではないでしょう。人気サイト「The School of Life」の動画は、幸せになるために欠かせない「決断力」を高めるのに必要になる、5つの考え方を紹介しています。01.ネガティブな意見の正反対のことをするImage byThe School of Lifeおそらく、失敗を望むような親切心がない人は、あなたの周りにもいるでしょう。彼らは私たちの弱点を知っていて、最悪の結果を望んでいます。成功できない理由を、論理的に説明してくることも。でも、自分がやるべきことは、足を引っ張られるような意見の正反対のところにあります。02.経験則から分かる感覚に従うImage byThe School of Life心の奥底では、私たちはいつも答えを知っているのです。人間の本能的な直観といえば、わかりやすいでしょうか。この本能に従えるかどうかが、分かれ道になります。もちろん、論理的に考えるための参考にするだけでも、大きく変わるかもしれません。03.死への恐怖感を胸に刻むImage byThe School of Life「死」を、私たちはしばしば忘れてしまいますが、再認識をした方が良いのです。それにより、必要以上に責任感を覚えて...more
カテゴリー:

宮沢氷魚「ジュニアの気持ちジュニアにしかわからない」と本音吐露 - 11月18日(土)17:35 

TBSで好評放送中の金曜ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜22時~)のトークイベントが18日、都内で行われ、ドラマの中で赤西産婦人科医院の息子で、新人研修医の赤西吾郎役を演じる宮沢氷魚が出席。医者の“ジュニア”であることがプレッシャーになる吾郎を演じる中、宮沢自身が元THE BOOMの宮沢和史の息子であり、“ジュニア”である経験が役作りに活きていることなどを熱っぽく明かした。本ドラマは鈴ノ木ユウが描く同名ヒューマン医療漫画を実写化し、産科医療の現場をリアルに描いて大ヒットした2015年の同名ドラマの続編。トークイベントには主演の綾野剛演じる鴻鳥サクラのモデルにもなった医師の荻田和秀氏と、プロデューサーの鈴木早苗も登壇した。宮沢は、演じる吾郎について「研修医ならではの“ゆとり”感があって、どこか抜けている。けど憎めない。ちょっとズレているところもなんだか可愛くて……」と愛着を持っているようで、「第4話からは吾郎ちゃんの成長している姿が見れます。吾郎ちゃんは医療への熱意は誰にも負けていないところがあると思うので、そういうところを僕自身も見せていきたいと思って演じています」と嬉しそうな表情で語った。撮影に入る前に実際の産科の医師たちと話す機会もあったといい、「お会いしてお話を聞いたら最初は産科に行くつもりはなかったって言う人がいて」と医師たちの声を紹介。「赤ちゃんとお母さん、同時に二つの命を...more
カテゴリー:

Creepy Nuts R-指定の黒歴史を暴露!? ニューシングルの裏話 - 11月17日(金)17:00 

Creepy NutsのR-指定さんとDJ 松永さんが、11月16日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、11月8日にリリースされたメジャーデビューシングル「高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。」について聞きました。 とーやま校長:メジャーデビューおめでとうございます。こんなに延びるなんて、前代未聞じゃないですか!(当初は、8月にリリースされる予定でした) DJ松永:そうですね。3ヵ月延びましたね。延期している間にシングルのリリースツアー全部終わっちゃいましたからね。リリースされないままツアーが終わったので、ライブのセットリストの大事なところに入れたシングルの表題曲が、全然盛り上がらなかったんですよね。すごい困った(笑)。 とーやま校長:メジャーデビューして何か変わりました? R-指定:実は、あまり心境的には変わってなくて。取り巻く環境は変わったんですけど、以前より大人の人が増えたから責任感とかあるのかなって思います。 とーやま校長:シングルには3トラック入っていて、1曲目の「メジャーデビュー指南」、3曲目の「だがそれでいい」が両A面で、2曲目が……これは曲というよりもラジオ(トーク番組)ですよね。(2曲目として「“悩む”相談室メジャーデビュー特別編」を収録) D...more
カテゴリー:

【夜空の星座占い】神話のキャラクター、ペガサス座、ウサギ座……あなたはどの星座? - 11月16日(木)20:30 

 夜空にきらめくたくさんの星座たち。古代の人々が、季節や方位を知るために作り出したといわれています。さて、あなたをたとえるなら、どんな星座でしょうか。誕生日で導く、「夜空の星座占い」をお届けします。 【「運命数」の出し方】  生まれた日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が「運命数」です。 <1984年5月16日生まれの場合> 1+9+8+4+5+1+6=34、3+4=7  「運命数」は「7」です。  あなたの「運命数」は出ましたか? さっそく結果を見てみましょう。 ■運命数1……「オリオン座」自信に満ちたファイター  優れた狩人として知られたオリオンは、たぐいまれなる力の持ち主。いつも自分が一番強く、どんな相手も倒してみせると豪語していました。あなたもこのオリオンのように自分自身の力を信じて戦う意欲がある人。たとえ問題に直面しても、「為せばなる」をモットーにガンガン突き進んでいくでしょう。ときには勇み足で失敗したとしても、その行動力によって、たくさんの成功を手にするはずです。 ■運命数2……「ウサギ座」気配り上手な癒やし系  オリオン座の足元に位置するウサギ座。一説によると、狩人オリオンに優しい心を持たせようと神がつかわしたウサギなのだとか。あなたもこのウサギのように、人の心を和ませる魅力の持ち主。気配り上手で、優しく穏やかなムードを醸し出...more
カテゴリー:

【芸能】石橋杏奈さんが初めて“ケータイ”を持った時の思い出 - 11月14日(火)21:52  mnewsplus

映画「泥棒役者」に出演している石橋杏奈さん。とある豪邸を舞台に勘違いが交錯しカオスになっていく喜劇で、石橋さんは帰国子女の新人編集者役に挑んでいる。 演じた役柄のこと、そして英語交じりのセリフを覚えるためのエピソードなどを語ってもらった。 また、東京ウォーカー創刊1000号企画「平成PHOTO熱記」にも、平成になって普及したあの通信機器について、当時の思い出を語ってくれた。 ■ 初めての携帯電話は“ガラケー”だった 平成31年3月末日で幕を閉じることになるであろう「平成」。現在、ほぼ平成全ての期間において、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

宮沢氷魚「“ジュニア”の気持ち“ジュニア”にしかわからない」と本音吐露 - 11月18日(土)17:38 

TBSで好評放送中の金曜ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜22時~)のトークイベントが18日、都内で行われ、ドラマの中で赤西産婦人科医院の息子で、新人研修医の赤西吾郎役を演じる宮沢氷魚が出席。医者の“ジュニア”であることがプレッシャーになる吾郎を演じる中、宮沢自身が元THE BOOMの宮沢和史の息子であり、“ジュニア”である経験が役作りに活きていることなどを熱っぽく明かした。本ドラマは鈴ノ木ユウが描く同名ヒューマン医療漫画を実写化し、産科医療の現場をリアルに描いて大ヒットした2015年の同名ドラマの続編。トークイベントには主演の綾野剛演じる鴻鳥サクラのモデルにもなった医師の荻田和秀氏と、プロデューサーの鈴木早苗も登壇した。宮沢は、演じる吾郎について「研修医ならではの“ゆとり”感があって、どこか抜けている。けど憎めない。ちょっとズレているところもなんだか可愛くて……」と愛着を持っているようで、「第4話からは吾郎ちゃんの成長している姿が見れます。吾郎ちゃんは医療への熱意は誰にも負けていないところがあると思うので、そういうところを僕自身も見せていきたいと思って演じています」と嬉しそうな表情で語った。撮影に入る前に実際の産科の医師たちと話す機会もあったといい、「お会いしてお話を聞いたら最初は産科に行くつもりはなかったって言う人がいて」と医師たちの声を紹介。「赤ちゃんとお母さん、同時に二つの命を...more
カテゴリー:

座長丸山隆平を、ユースケ・サンタマリアと石橋杏奈が語る! - 11月17日(金)20:39 

関ジャニ∞・丸山隆平の映画単独初主演映画『泥棒役者』(11月18日公開)で初共演したユースケ・サンタマリアと石橋杏奈。本作はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本を手がけた西田征史が、自身の舞台を映画化した喜劇エンタテインメントだ。2人は丸山らと共に、絶妙なアンサンブル演技を見せている。 【写真を見る】丸山隆平の恋人役を演じる高畑充希が超キュート!/[c]2017「泥棒役者」製作委員会 丸山が演じるのは、昔の仲間に脅され、絵本作家の豪邸に忍び込んだ元泥棒・大貫はじめ。彼が屋敷の中でいろんな人と遭遇する度に、別人に間違えられ、自分の正体がばれないように小芝居をしていく。ユースケは屋敷を訪れるセールスマン・轟良介役を、石橋は新人編集者の奥江里子役を演じた。 ユースケは、丸山の座長としての振る舞いに感心したそうだ。「彼がそこをすごく意識しているのが分かっていじらしかったです。でしゃばらず、しかし自分は主役だという責任感を感じながらみんなに話しかけていて、すごく気合いを感じました。西田監督ともよくディスカッションをしていたし」。 ユースケと丸山はバラエティ番組では共演していたが、役者として向き合うのは今回が初だった。「丸山くんは真っ直ぐな芝居をする男です。今回、彼が演じたはじめは、気が弱くて人とコミュニケーションをとるのが下手だけど、すごくいいヤツという役柄で丸山くんにぴったり。みんな...more
カテゴリー:

パク・ボゴム、12・24日本でファンミ「プレゼントになるような1日に」 - 11月16日(木)23:33 

 韓国ドラマ『雲が描いた月明り』がテレビ東京で20日から放送されるのを記念して、主演の韓国俳優パク・ボゴムが来日。16日に都内で作品をPRした。 【写真】小さなナナナとフォトセッション  男として生きてきた孤独な“男装女子”と、一国の運命を背負う“ツンデレ王子”の禁断の恋物語を描いたシンデレラ・ラブコメディー。昨年8月から韓国のKBSで放送され、最高視聴率25.3%、同時間帯視聴率を独走するなど、大ブームを巻き起こした。パク・ボゴムもツンデレ王子役を愛きょうたっぷりに好演し、“国民世人(国民の王子)”の異名をとるほど、爆発的な人気を得て、一躍トップスターの座にのぼりつめた。  パク・ボゴムは、「韓国の美しい韓服や故宮の景色を、日本の皆さんにも楽しんでいただけると思います。登場人物のそれぞれの背景にあるエピソードに注意していただけると、よりドラマを楽しんでいただけると思います」と、作品をアピール。  自身が演じた王子イ・ヨンの見どころについては、「イ・ヨンは宮廷の内と外で、状況に応じて接する態度が少しずつ変化します。僕も注意しながら演じた部分ですが、その違いに気をつけながら見るともっと楽しめると思います。イ・ヨンは若くして世子になり、王になりました。その責任感、重圧感はどれほどだったか。本当にすごい人物だと感じました」と話していた。  また、公式ファンクラブ発足記念のファン...more
カテゴリー:

【相撲】「最悪の酒癖」たばこ押しつけも/日馬富士の素顔 - 11月15日(水)10:09  mnewsplus

角界に衝撃が走った。 大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が、10月の秋巡業中に行われた酒席で、東前頭8枚目の貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えていたことが14日、分かった。 <日馬富士の素顔> 日馬富士の暴行事件発覚に、ファンの多くは驚いたかもしれない。巡業などで優しいファンサービスが目立ち、特に子どもや車いすの人、障がい者を見かけると自ら歩み寄る。 子どもの頭をなで、車いすの人との撮影では必ず膝を折って座り、目線を合わせる。 それは生まれつき難聴がある自身の一番上の兄の存在も影響してい...
»続きを読む
カテゴリー:

石橋杏奈さんが初めてケータイを持った時の思い出 - 11月14日(火)12:00 

映画「泥棒役者」に出演している石橋杏奈さん。とある豪邸を舞台に勘違いが交錯しカオスになっていく喜劇で、石橋さんは帰国子女の新人編集者役に挑んでいる。演じた役柄のこと、そして英語交じりのセリフを覚えるためのエピソードなどを語ってもらった。また、東京ウォーカー創刊1000号企画「平成PHOTO熱記」にも、平成になって普及したあの通信機器について、当時の思い出を語ってくれた。 撮影=山田涼香 ■ 初めての携帯電話は“ガラケー”だった 平成31年3月末日で幕を閉じることになるであろう「平成」。現在、ほぼ平成全ての期間において、東京を中心に街を追い続けてきた「東京ウォーカー」が、読者やタレントらと共に動く新企画「平成PHOTO熱記」をスタートさせている。読者やタレントから「最も“アツかった”“沸いた”“思い出の”“最高の”平成の記録」となる写真を募っている。平成4年生まれの石橋さんは、多くの人が“平成らしい”と挙げるスマートフォンや携帯電話について、特別な思い出ってある? ――母がピッチ(PHS)を使っていて、アンテナの先にパンダが光るアクセサリーを付けていましたが、私の初めてのケータイはガラケーでした。ガラケーのフラップ式のパカパカするのも、ボタンを打つ感覚も好きだったんですけど、スマホに替えたらすごく機能が多くてびっくりしました。今はスマホに助けられています。 ■ 英語の部分はセリフとい...more
カテゴリー:

もっと見る

「責任感」の画像

もっと見る

「責任感」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 責任...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる