「貧困対策」とは?

関連ニュース

子ども貧困、支援の輪を 高松でフォーラム 市民ら120人、意見交換 - 02月20日(火)09:44 

子どもの貧困問題について企業や団体、市民が考える「子供の貧困対策マッチング・フォーラム」(内閣府主催、高松市共催)が19日、高松市のサンポートホール高松であった。
カテゴリー:

【経済】ザッカーバーグ氏やマスク氏も支持する最低所得保障 - 02月14日(水)22:03  bizplus

政府は全国民に対して無条件で何の質問もせずに、一定の年収を保証すべきだろうか。これはリベラル系の人々が気に入りそうなアイデアに思える。しかし、現在ほとんどの国でセーフティーネットを構成している多数の現行制度を廃止し、その代わりとして固定収入を導入するとしたらどうだろうか。保守派には受けるかもしれないが、リベラルの拒否反応を引き起こすだろう。この構想は最低所得保障(UBI)として知られているが、米国では「万人のための社会保障」と言い表されることもある。欧州、アフリカ、北米の特定の地域で実験が計画...
»続きを読む
カテゴリー:

【格差】低所得、7割が塾通い断念 民間団体調査で保護者 - 02月14日(水)17:12  bizplus

子どもの貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」(東京)は14日までに、低所得世帯の保護者の7割が、経済的理由から子どもの塾通いや習い事を諦めているとのアンケート結果を公表した。  昨年10~12月、「あすのば」が低所得世帯に支給している給付金を利用した保護者と子どもを対象に調査した。  子どもに関し「経済的理由で諦めたこと」を複数回答で尋ねると、908人の回答のうち「塾・習い事」が68.8%で最多だった。「海水浴やキャンプなどの体験」が25.3%、「誕生日などのお祝い」が20.2%、「諦めた経験はない」は14.0...
»続きを読む
カテゴリー:

低所得世帯、7割が「塾・習い事」諦めた経験あり - 02月14日(水)12:22 

 子どもの貧困対策センター公益財団法人「あすのば」は2018年2月13日、「子どもの生活と声1,500人アンケート中間報告」を発表した。経済的な理由で諦めた経験では、保護者の約7割が「塾・習い事」と回答。子どもは「洋服や靴、おしゃれ用品」が半数を占めた。 「子どもの生活と声1,500人アンケート」は、2016年度に「あすのば入学・新生活応援給付金」を受けた住民税非課税世帯・生活保護世帯・社会的養護のもとで暮らした経験のある子ども(高校1年・大学1年)と保護者を対象に実施したもの。調査期間は、2017年10月31日~12月18日。有効回答数は、子ども547人、保護者959人の計1,506人。母子家庭が8割を占めている。 世帯の勤労年収中央値は、手取りで139万2,000円。児童手当や児童扶養手当、生活保護などの諸手当を含めた総年収中央値は、202万9,500円。世帯人数の中央値は3人だったため、貧困線(211万円)以下での暮らしが浮き彫りとなっている。 保護者に「今までに子どもが経済的な理由で諦めた経験」をたずねた結果では、「塾・習い事」が68.8%ともっとも多く、「海水浴やキャンプなどの体験」25.3%、「お祝い」20.2%、「部活動」14.3%、「進学・就職」11.9%と続いた。「経済的な理由で諦めた経験はない」という回答は14.0%だった。 一方、子どもに対して「過去に経済的な...more
カテゴリー:

【子どもの貧困】低所得世帯、7割が塾通い断念 民間団体調査★3 - 02月14日(水)06:08  newsplus

 子供の貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」(東京)は13日、低所得世帯の保護者の7割が、経済的理由から子供の塾通いや習い事を諦めているとのアンケート結果を公表した。昨年10~12月、「あすのば」が低所得世帯に支給している給付金を利用した保護者と子供を対象に調査した。  子供に関し「経済的理由で諦めたこと」を複数回答で尋ねると、908人の保護者が回答。「塾・習い事」が68.8%で最多を占めた。「海水浴やキャンプなどの体験」が25.3%、「誕生日などのお祝い」が20.2%だった。  子供...
»続きを読む
カテゴリー:

子の貧困対策、関係者が連携確認 那覇でシンポ「信頼築き就労支援」 - 02月18日(日)07:15 

 沖縄大学地域研究所と琉球新報社は17日、那覇市の同大アネックス共創館で「子どもの貧困政策論」をテーマにした講座を開いた。内閣府が2016~21年度を集中対策期間として実施している沖縄の子どもの貧困対策事業についての成果を検証。国や自治体、民間の代表がそれぞれの取り組みを紹介し、「各機関が連携し...
カテゴリー:

朝食を無償提供へ、広島県が全国に先駆けモデル事業 - 02月14日(水)20:45 

 広島県は2018年2月13日、貧困対策として、子どもに朝食を無償で提供する事業をモデル的に実施すると発表した。生活困難層の子どもは、朝食の欠食や孤食の割合が高い実態にあり、モデル事業では貧困世帯の子どもの生活習慣づくりを地域で支える体制を構築していく。 広島県が2017年7月に小学5年生・中学2年生とその保護者を対象に実施した「子どもの生活に関する実態調査」によると、生活困難層の子どもは、非生活困難層の子どもに比べて朝食の欠食や孤食の割合が高い傾向にある。平日の朝食を「いつも食べない」「食べない方が多い」と答えた割合は、困窮層の小学5年生は6.5%、中学2年生は11.3%だった。 また、広島県が公表している「『ひろしま未来チャレンジビジョン』に基づくワーク一覧(平成30年度)」によると、主食・主菜・副菜のそろった朝食を食べている広島県内の児童生徒は、平成28年度実績で60.0%。広島県では、平成30年度の目標を70.0%に設定している。 モデル事業では、親から子どもへの貧困の連鎖を防ぐため、子どもの生活習慣づくりを地域ぐるみの「オール広島県」で支える体制を構築。モデル事業を通して、地域全体を巻き込んだ効率的な取組みを検証する。 2月13日には、平成30年度の施策と事業案について湯崎英彦知事が会見を行い、「すべての子どもが夢を育むことのできる社会づくり」として、子どもたちに朝食を提...more
カテゴリー:

貧困世帯の子どもの7割、経済的理由で塾に通えず!!不公平だろこんなの - 02月14日(水)16:13  news

経済的に困窮する世帯の子どもの7割は、塾や習い事を諦めていると言う。子どもの貧困対策に取り組む公益財団法人あすのばが2月13日に発表した、「子どもの生活と声1500人アンケート中間報告」から明らかになった。 同団体は、総合的に経済状況が厳しいと判断した世帯や社会的養護退所者を対象に「あすのば入学・新生活応援給付金」を支給している。 アンケートは2016年度に給付金を受け取った、住民税非課税世帯、生活保護世帯、社会的擁護の元で暮らしたことがある子どもとその保護者を対象に行われた。子どもは高校1年生、大学1年...
»続きを読む
カテゴリー:

【子どもの貧困】低所得世帯、7割が塾通い断念 民間団体調査★4 - 02月14日(水)10:36  newsplus

 子供の貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」(東京)は13日、低所得世帯の保護者の7割が、経済的理由から子供の塾通いや習い事を諦めているとのアンケート結果を公表した。昨年10~12月、「あすのば」が低所得世帯に支給している給付金を利用した保護者と子供を対象に調査した。  子供に関し「経済的理由で諦めたこと」を複数回答で尋ねると、908人の保護者が回答。「塾・習い事」が68.8%で最多を占めた。「海水浴やキャンプなどの体験」が25.3%、「誕生日などのお祝い」が20.2%だった。  子供...
»続きを読む
カテゴリー:

【子どもの貧困】低所得世帯、7割が塾通い断念 民間団体調査★2 - 02月13日(火)23:41  newsplus

 子供の貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」(東京)は13日、低所得世帯の保護者の7割が、経済的理由から子供の塾通いや習い事を諦めているとのアンケート結果を公表した。昨年10~12月、「あすのば」が低所得世帯に支給している給付金を利用した保護者と子供を対象に調査した。  子供に関し「経済的理由で諦めたこと」を複数回答で尋ねると、908人の保護者が回答。「塾・習い事」が68.8%で最多を占めた。「海水浴やキャンプなどの体験」が25.3%、「誕生日などのお祝い」が20.2%だった。  子供...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「貧困対策」の画像

もっと見る

「貧困対策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる