「財前直見」とは?

関連ニュース

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」 - 10月16日(月)17:51 

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの日、全編の撮影を終えた柴咲は、多くのスタッフに囲まれた温かな雰囲気の中、共演者の市原隼人、小松和重らと共に花束贈呈とくす玉割りのセレモニーに臨んだ。当日は「まだ1年ぐらいできそう」という意気揚々としたコメントを中心に報道されたが、それとは別に印象的だったのは、取材に応じる柴咲が何度も「愛」という言葉を口にしたことだ。  例えば、森下佳子の脚本の魅力を尋ねられ、「一人一人の思いをちゃんとくみ上げてくれるところに、“愛情”をすごく感じました」  演じた井伊直虎という人物については「こういうふうに私は生きるべきだというものの根底に、“愛する心”というものがあって…」  また、ファンの熱気をどう受け止めていたかという質問に対しては「SNSでかなり盛り上がっている印象を受けました。皆さん漫画を描いて下さったり、お手紙を書いて下さったり、“愛情”がすごく深い」と答えている。  これらの発言からは、作品を取り巻く全方位的に愛を感じていた様子がうかがえる。冒頭の言葉は、その全てに対する思いを集約した一言とも受け取れる。  しかもこの日、「愛」という言葉を使ったの...more
カテゴリー:

資格も習得、財前直見が伝えたい「遺言作成の大切さ」 - 10月14日(土)16:00 

「終わりのための活動」という言葉の響きで、マイナスイメージも持たれがちな“終活”。だが、ときに“終活”が残りの人生を輝かせることもある。そんな、“日々を充実させる終活”を実践する女優たちに話を聞いた。 「“終活”という言葉に対して、お年寄りの方は『縁起でもない』と、少し抵抗を感じるようです。むしろ若い方の方が、興味を持って聞いてくれますね。昨年50歳になり、今後のことを改めて考えるようになりました。“誰かのために役に立てる人間になりたい”と思って、6つの資格を取得しましたが、そのうちの1つが『終活ライフケアプランナー』の資格です。介護・相続・お墓などの死に向けての事前準備から、遺族の心のケアまでサポートする民間資格で、これを取得したことにより、私自身の“終活”もスタートしたのです」 そう語るのは、女優の財前直見(51)。'85年に『婦警候補生物語』で本格的に女優デビュー。'89年の『極道の妻たち~三代目姐~』で映画初出演。以来、幅広い演技で活躍。財前は実家のある大分県で小学5年生の息子と両親と、家族4人三世代同居をしており、仕事のときに上京するというスタイルをとっている。今年はNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に井伊直虎の母親、祐椿尼...more
カテゴリー:

「財前直見」の画像

もっと見る

「財前直見」の動画

Wikipedia

財前 直見(ざいぜん なおみ、1966年1月10日 - )は、日本の女優。

大分県大分市出身・在住。研音所属、大分高等学校卒業。女優として、シリアスからコメディーに至るまで幅広いジャンルでドラマ・映画に出演している。

経歴
  • 1984年(昭和59年)、東亜国内航空(現・日本航空)の沖縄キャンペーンガールに選ばれて芸能界デビュー、同年には初出演したドラマ、六本木天使で主演を務めた。
  • 11PMのアシスタントをしたこともある。
  • 2003年(平成15年)7月11日、自身の主演作スチュワーデス刑事のプロデュース・演出も手がけた本間欧彦当時はフジテレビプロデューサー。現在は郷里の北海道文化放送取締役編成局長。と結婚し1男を授かったが(後述)、2012年(平成24年)8月7日に離婚したことを明らかにした財前直見、離婚 06年12月に長男誕生も別居の末財前直見が離婚…9年の結婚生活にピリオド。
  • 2006年(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる