「豊渓里」とは?

関連ニュース

【地質学】北朝鮮の核実験場 「山疲労症候群」とされる地質状況にある可能性/米ジョンズ・ホプキンス大・38 North  - 10月19日(木)00:21  scienceplus

北朝鮮の核実験場、「山疲労症候群」か 米分析サイト 2017年10月18日 19:12 発信地:ソウル/韓国 【10月17日 AFP】北朝鮮が先月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、同国北東部・豊渓里(Punggye-ri)にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のシンクタンク、米韓研究所(US-Korea Institute)の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」が18日、明らかにした。だが、そうした状況にもかかわらず、...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮の核実験場、「山疲労症候群」か 米分析サイト - 10月18日(水)19:12 

【10月17日 AFP】北朝鮮が先月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、同国北東部・豊渓里にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大学のシンクタンク、米韓研究所の北朝鮮分析サイト「38ノース」が18日、明らかにした。≫続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮の核実験場近くでM2.9の揺れ、自然地震と韓国気象庁 - 10月13日(金)11:42 

【10月13日 AFP】北朝鮮北東部の豊渓里にある核実験場付近で13日未明、マグニチュード2.9の地震が発生した。≫続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮の核実験場付近でM2.7の揺れ、自然地震との見方=韓国気象庁 - 10月13日(金)09:05 

[ソウル 13日 ロイター] - 韓国気象庁によると13日、北朝鮮の核実験場の近くでマグニチュード2.7の小規模な揺れを観測したが、人工的なものではなく自然地震とみられるという。 発生した場所は北朝鮮の咸鏡北道で、震源の深さは3キロメートル。豊渓里の核実験場に近い。 米地質調査所(USGS)はマグニチュード2.9、震源の深さは5キロメートルとしている。状況については結論を出していない。
カテゴリー:

【北朝鮮】核ミサイルより怖い !? “白頭山噴火”に現実味 - 09月29日(金)12:01  newsplus

笑ってる場合じゃない(写真下は白頭山の天池)  北朝鮮北西部、中国との国境地帯に位置する標高2744メートルの白頭山。946年の噴火以降は、おとなしくしていたが、現在はいつ噴火を起こしてもおかしくない状況だという。それなのに金正恩はあろうことか、白頭山からわずか120キロの豊渓里で核実験を行っているのである。  白頭山は正恩の父・正日の出生地とされ、北朝鮮で信仰の対象になっている“聖なる山”だ。有史最大級といわれる946年の噴火では、1000キロ以上離れた北海道や東北でも5センチ程度の火山灰...
»続きを読む
カテゴリー:

【 北朝鮮】核実験場、「山疲労症候群」か 米分析サイト - 10月18日(水)19:45  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3147236 【10月17日 AFP】北朝鮮が先月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、同国北東部・豊渓里(Punggye-ri)にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のシンクタンク、米韓研究所(US-Korea Institute)の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」が18日、明らかにした。だが、そうした状況にもかかわらず、この核実験は放棄されていないとみられるという。  北...
»続きを読む
カテゴリー:

【北朝鮮核実験】核実験場付近でまた地震、核実験が誘発か - 10月13日(金)15:59 

 【ソウル=桜井紀雄】韓国気象庁は13日、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)の核実験場付近で、日本時間の同日午前1時41分ごろ、マグニチュード(M)2・7の地震が発生したと発表した。同庁は、震源の深さは3キロで、自然地震だと分析している。
カテゴリー:

北朝鮮、核実験場付近でM2.7=韓国気象庁「自然地震」 - 10月13日(金)11:22 

 【ソウル時事】韓国気象庁は13日、北朝鮮北東部の咸鏡北道吉州郡にある豊渓里核実験場付近で日本時間同日午前1時41分、マグニチュード(M)2.7の地震が発生したと発表した。同庁は震源の深さを3キロとしており、「自然地震によるものと分析される」と指摘した。 韓国気象庁によると、発生場所は北緯41.39度、東経129.03度の地点。北朝鮮が9月3日に6回目の核実験を強行した場所から、北北西に約10キロ離れているという。米地質調査所(USGS)はM2.9で、震源の深さは5キロと発表している。 【時事通信社】
カテゴリー:

【国際】北朝鮮北東部でM2.9の揺れ観測 - 10月13日(金)03:27  newsplus

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3183417.html  アメリカ地質調査所は日本時間の午前1時41分、北朝鮮の北東部、両江道(リャンガンドウ)のソンジペガムでマグニチュード2.9の揺れが観測されたと伝えました。  震源の深さは5キロで、自然地震ではないかとみられています。  地震があった地点は、核実験場のある豊渓里(プンゲリ)の近くにあたります。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【北朝鮮で揺れ】中国・韓国ともに自然地震との見方 - 09月24日(日)05:40  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170924/k10011154011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 9月24日 4時59分 23日、北朝鮮の北東部にある核実験場の近くで揺れが観測され、当初、中国当局が、何らかの爆発による揺れが疑われると速報しましたが、その後、情報を修正し、中国当局と韓国気象庁のいずれも自然の地震だったとの見方を示しています。 韓国気象庁によりますと、日本時間の23日午後5時29分ごろ、北朝鮮北東部でマグニチュード3.2の揺れが観測されました。 揺れが観測されたのは、北朝鮮の核...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「豊渓里」の画像

もっと見る

「豊渓里」の動画

Wikipedia

豊渓里(プンゲリ)は、朝鮮民主主義人民共和国北東部の咸鏡北道吉州郡にある町。2006年10月9日、核実験が2016年までに5回行われたとされる場所でもある。

核実験施設

豊渓里での見聞を韓国で小説として刊行した脱北者・金平岡によると、1970年代半ばまでは2つの川が合流する自然豊かな地域だった。林業を営む住民がいたほか、強制収容所があった。1978年に朝鮮人民軍工兵局が山間部を占有。1980年代末までに収容所や住民は移転させられ、その後、建設されたのが核関連施設と知った。同じ吉州郡内で住民の移転先である載徳駅(白頭山青年線)周辺と核実験場の間にはロシアや東欧諸国出身の科学者が滞在する「研究者村」があった。

1970年代から1990年代にかけて、約1万人の政治犯が豊渓里等の吉州...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる