「豊渓里」とは?

関連ニュース

【日米】トランプ氏 9月来日は難しく?幻の初来日構想 北情勢を考慮 - 08月14日(月)12:40  newsplus

 トランプ米大統領が9月に初来日する方向で日米両政府が調整していたことが13日、分かった。11月にベトナムで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)前後の来日が有力とされるが、北朝鮮情勢をめぐり早期に首脳会談を行うことで日米同盟の絆の強さをアピールすべきだとの判断があった。ただ、北朝鮮情勢が緊迫の度合いを増す中で“幻”の9月初来日となりそうだ。  複数の日米政府筋によると、日本政府が当初、9月上旬の来日を打診した。国賓待遇で2~3日間の滞在とし、安倍晋三首相との首脳会談では北朝鮮への対応を...
»続きを読む
カテゴリー:

「豊渓里」の画像

もっと見る

「豊渓里」の動画

Wikipedia

豊渓里(プンゲリ)は、朝鮮民主主義人民共和国北東部の咸鏡北道吉州郡にある町。2006年10月9日、核実験が2016年までに5回行われたとされる場所でもある。

核実験施設

豊渓里での見聞を韓国で小説として刊行した脱北者・金平岡によると、1970年代半ばまでは2つの川が合流する自然豊かな地域だった。林業を営む住民がいたほか、強制収容所があった。1978年に朝鮮人民軍工兵局が山間部を占有。1980年代末までに収容所や住民は移転させられ、その後、建設されたのが核関連施設と知った。同じ吉州郡内で住民の移転先である載徳駅(白頭山青年線)周辺と核実験場の間にはロシアや東欧諸国出身の科学者が滞在する「研究者村」があった。

1970年代から1990年代にかけて、約1万人の政治犯が豊渓里等の吉州...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる