「谷村新司」とは?

関連ニュース

谷村新司、ばんばひろふみと30年ぶりラジオ共演 - 04月23日(日)18:31 

 シンガー・ソングライター谷村新司(68)が23日、大阪市内で、歌手ばんばひろふみ(67)がDJを務めるFM COCOLO「THE BEAT GOES ON SUNDAY」(日曜午前10時)にゲスト出演し、「バンバン」こと、ばんばと、約…
in English
カテゴリー:

【音楽】加山雄三、80歳記念ライブを開催 さんま、タモリらも祝福 - 04月22日(土)05:05 

2017-04-21 23:14  今月11日に80歳の傘寿を迎えた加山雄三が21日、東京・東京国際フォーラム ホールAで『加山雄三80歳!若大将一夜限りのスペシャルライブ~君といる時が一番しあわせなんだ~』を開催した。  ライブでは、5000人を前に「お嫁においで」「サライ」など年齢を感じさせないパワーで熱唱。その後も、いつものようにエレキギターをかき鳴らし「蒼い星くず」、「海 その愛」をはじめとする自身の大ヒット曲全30曲を2時間半にわたって披露し「こんな素敵な誕生日なら毎日迎えても良いね。80歳を迎えられたのは、これもひ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中村優一、佐々部清監督×主演・升毅による念願の出演作は「涙が止まらない」 - 04月19日(水)19:00 

 「陽はまた昇る」「半落ち」で知られる佐々部清監督が故郷・山口で撮影した映画「八重子のハミング」のプレミア試写会が4月19日、東京・渋谷の山野ホールで行われ、長編映画初主演を務めた升毅、共演の高橋洋子、文音、中村優一が、佐々部監督と共に舞台挨拶に立った。「御年配の方々から『自分たちが見たい日本映画があまりない』と言われることが度々あった」と語る佐々部監督は、「シニア層が中心になって見れる映画を目指した」と明かしていた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  山口・萩在住の陽(みなみ)信孝氏が、4度のがん手術を受けながらも、若年性アルツハイマー病を発症した妻を約12年間にわたり介護した様子をつづった同名著書(小学館文庫刊)を映画化。佐々部監督自らが県内企業からの出資を募り、製作費・宣伝費を調達して完成させた入魂の作品で、2016年10月に山口で先行公開されると、2万5000人以上の動員数を記録した。  胃がんを発病した夫・石崎誠吾役を演じた升は、オファーをすぐに快諾しながらも「内容の深さ、重さを知って『これは大変な作品になるな』と責任感を感じました」と告白。妻・八重子役を演じて「パイレーツによろしく」以来約28年ぶりに銀幕復帰を果たした高橋との共演については「佐々部監督から撮影の期間だけでいいから、洋子さんのことを好きになってください」と助言を受けたようだ。やがて高橋...more
in English
カテゴリー:

谷山浩子、45年の音楽人生は世の中の既成概念との対峙 - 04月22日(土)10:00 

 今年、音楽活動45周年を迎えた谷山浩子が、自身“初”となるシングルコレクション『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』を発売する。職業作家を目指した中学生の頃の作品から現在までの楽曲が収録された、これぞ、正真正銘のオールタイムベストである。 【ランキング】谷山浩子、これまでの作品売上 ◆45年で世の中の価値観や観念は大きく変化  1972年にアルバム『静かでいいな~谷山浩子15の世界~』でデビュー以降、唯一無二の世界観を構築してきた谷山浩子が今年、音楽活動45周年を迎えた。西洋の童話や日本の民話をモチーフにして描かれた楽曲は、谷山がデビューした70年代当時は珍しく、異質なものとして受け止められたかもしれない。それは本人の認めるところでもある。  「昔は周囲からは少し異端のように見られていたのかもしれません。歌詞のなかに度々出てくる“猫”や“森”などは絵本や童話の世界の道具立てであり、当時は子どものものと考えられていました。それもあって、デビューした当初はよく“大人の女の歌”を歌うように言われましたが、80年代に入って遊佐未森さんがデビューしたり、あらゆるものがあふれ出してきたりで、次第にこうでなければダメと周囲から言われなくなっていき、私自身が普通でいられるようになりました」  今の大人は漫画も読めばゲームもする。絵本や童話も、今では子どもの頃と...more
in English
カテゴリー:

加山雄三、80歳記念ライブを開催 さんま、タモリらも祝福 - 04月21日(金)23:14 

 今月11日に80歳の傘寿を迎えた加山雄三が21日、東京・東京国際フォーラム ホールAで『加山雄三80歳!若大将一夜限りのスペシャルライブ~君といる時が一番しあわせなんだ~』を開催した。 【ライブ写真】ファンと記念撮影も  ライブでは、5000人を前に「お嫁においで」「サライ」など年齢を感じさせないパワーで熱唱。その後も、いつものようにエレキギターをかき鳴らし「蒼い星くず」、「海 その愛」をはじめとする自身の大ヒット曲全30曲を2時間半にわたって披露し「こんな素敵な誕生日なら毎日迎えても良いね。80歳を迎えられたのは、これもひとえに皆さんの応援のおかげです」と感謝した。  曲間では、サプライズで、水谷豊、三浦雄一郎、湯川れい子、桂文枝、黒柳徹子、明石家さんま、タモリといった“超豪華”なメンバーからもお祝いのビデオメッセージ。さらに、アンコールでは、竹中直人、前川清、高橋真梨子、森山良子、谷村新司、ひめ風(南 こうせつ&伊勢 正三)、ザ・ワイルドワンズ、さだまさし、THE ALFEE、鈴木雅之、和田アキ子が映像によるサプライズで順番に歌う「君といつまでも」が流れると、加山もそれぞれに感謝の言葉を伝えた。  また、この日のステージ上では、来年1月から全国16ヶ所で、全公演に1アーティストずつ、スペシャルなシークレットゲストが出演するライブを開催することが発表された。 【関連...more
in English
カテゴリー:

【音楽】45周年の谷村新司、初オールタイムベストは3枚組 - 04月06日(木)13:15 

http://natalie.mu/music/news/227560 2017年4月5日 18:09 谷村新司が本日4月5日に初のオールタイムベストアルバム「STANDARD ~呼吸(いき)~」をリリースした。 今作は谷村のアーティスト活動45周年を記念したもので、日本のみならず世界で愛される彼の楽曲15曲を収めた「TANIMURA STANDARD」、アリスのライブ盤から厳選した15曲を収録した「ALICE STANDARD」、 カバー曲と新曲からなる「JAPANESE STANDARD」のCD3枚組。合計47曲が収められ、このうち26曲が新規録音となる。 初回限定盤DVDには1970年代に彼が出演した文化放送...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「谷村新司」の画像

もっと見る

「谷村新司」の動画

Wikipedia

谷村 新司(たにむら しんじ、1948年12月11日 - )は、日本シンガーソングライタータレント作詞家作曲家、大学教授。アリスのリーダー。血液型はAB型。愛称はチンペイ。娘は歌手谷村詩織

大阪府河内長野市出身、大阪市東住吉区桑津育ち。表彰歴には日本赤十字社金色有功章など。

来歴 アリス結成前

大阪市立桑津小学校、同立東住吉中学校、大阪府立大和川高等学校(現・大阪府教育センター附属高等学校)卒業。桃山学院大学...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる