「護衛艦」とは?

関連ニュース

空母化、建造前から想定 護衛艦「いずも」、海自元幹部証言 米戦闘機基準に設計 - 02月23日(金)15:43  liveplus

海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の空母化が防衛省内で検討されている問題で、いずもは2000年代後半の基本設計段階から空母への転換が想定されていたことが、当時の海自幹部の証言でわかった。 中国の海洋進出が進む南西諸島周辺の防衛が念頭にあったという。 「『攻撃型空母』は保有しないという政府見解があり、公には口外 できなかったが当時の海自内では必要性は一致していた。 http://www.asahi.com/articles/ASL2N45W8L2NUTIL00Y.html?iref=com_gold_list_n ...
»続きを読む
カテゴリー:

「いずも」空母化、設計時から構想 F35Bの艦載想定 - 02月23日(金)02:00 

 海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の空母化が防衛省内で検討されている問題で、いずもは2000年代後半の基本設計段階から空母への転換が想定されていたことが、当時の海自幹部の証言でわかっ…
カテゴリー:

【軍事】日本、F35A戦闘機を20機以上追加購入へ★2 - 02月21日(水)21:15  newsplus

[東京 21日 ロイター] - 日本政府は、米国から最新鋭のステルス戦闘機「F35A」を20機以上追加購入する方向で調整に入った。 調達費が割高になる国内での最終組み立てを取りやめ、完成機を輸入することも検討している。これとは別に、 垂直に離着陸可能な「F35B」の購入も米国側と協議している。 日米の複数の関係者が明らかにした。今年末にまとめる5カ年の中期防衛力整備計画に盛り込む。 日本は航空自衛隊の「F4」戦闘機の後継として、F35Aを42機調達することを決定済み。今年1月末、青森県の三沢基地...
»続きを読む
カテゴリー:

日本が20機以上のF35Aを追加調達へ 完成機を輸入することも検討 - 02月21日(水)16:19  news

[東京 21日 ロイター] - 日本政府は、米国から最新鋭のステルス戦闘機「F35A」を20機以上追加購入する 方向で調整に入った。調達費が割高になる国内での最終組み立てを取りやめ、完成機を輸入することも検討して いる。これとは別に、垂直に離着陸可能な「F35B」の購入も米国側と協議している。 日米の複数の関係者が明らかにした。今年末にまとめる5カ年の中期防衛力整備計画に盛り込む。 日本は航空自衛隊の「F4」戦闘機の後継として、F35Aを42機調達することを決定済み。今年1月末、青森県の 三沢...
»続きを読む
カテゴリー:

【密輸】北朝鮮への制裁違反「瀬取り」を海自が確認 3例目、東シナ海で - 02月21日(水)07:13  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000510-san-pol  政府は20日、北朝鮮が国連安全保障理事会の制裁に反し、洋上で船から船へ石油などを移し替えて密輸する「瀬取り」を16日に東シナ海で行った疑いがあると発表した。警戒中の海上自衛隊が確認した。政府は安保理北朝鮮制裁委員会に通報し、関係国に情報提供した。  外務、防衛両省によると16日昼、北朝鮮船籍のタンカー「Yu Jong 2号」と、船籍不明の小型船舶が、中国・上海の東約250キロの公海上で接舷し、ホースを接続しているところを、海自の...
»続きを読む
カテゴリー:

「いずも」空母化、設計時から構想 F35Bの艦載想定 - 02月23日(金)07:35  seijinewsplus

朝日新聞デジタル 2018年2月23日02時00分 (こちらは有料会員限定記事です。記事元で有料会員になると続きをお読みいただけます。) https://www.asahi.com/articles/ASL2N45W8L2NUTIL00Y.html  海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の空母化が防衛省内で検討されている問題で、 いずもは2000年代後半の基本設計段階から空母への転換が想定されていたことが、当時の海自幹部の証言でわかった。 中国の海洋進出が進む南西諸島周辺の防衛が念頭にあったという。  いずもは10年度予算で建造が決まり、15...
»続きを読む
カテゴリー:

軍事力をガチンコ比較!「世界軍事オリンピック」 - 02月22日(木)15:00 

 故事に言う。――百年兵馬を養うはこの一日のためなり。各国の軍隊が誇る“戦技”をガチンコ比較する!  2月9日に開幕した平昌五輪。開会式では、急遽、参加を表明した北朝鮮選手団と韓国選手団が合同で入場し、南北融和ムードを演出してみせた。しかし、これが“見せかけの平和”であると断じる向きは多い。「北朝鮮には、韓国の顔を立てることで日米韓の同盟関係に揺さぶりをかけ、同時に経済制裁を緩和させる目的があるんです。ソウルを火の海にできる長射程の自走砲や、対米兵器の切り札である長距離弾道ミサイル(ICBM)を保有する北朝鮮だけに、朝鮮半島情勢は、五輪が終われば再び緊張状態に戻る可能性が高いですね」(通信社記者)  戦争とは外交の延長である――と、プロイセンの軍学者・クラウゼビッツは言った。そのため、各国は自国の権益や領土、国民を守るために、多種多様な軍隊を運用している。「米国のような“覇権国家”は、一国で世界を相手にしても戦闘に勝利できる能力を備えていますが、これは例外でしょう。一般に、“地域の盟主”を自認する国家は、精強な軍事力を誇る国もありますが、その他の多くの国々は、欧州に代表されるように、集団安全保障の枠組みに参加していることが多く、一国としての軍事力は限定的な場合が多いですね」(防衛省関係者)  現代世界では、領土拡張を目的とした総力戦が勃発する可能性は極めて低いとされる。その代わり、...more
カテゴリー:

【軍事】日本、F35A戦闘機を20機以上追加購入へ - 02月21日(水)16:49  newsplus

[東京 21日 ロイター] - 日本政府は、米国から最新鋭のステルス戦闘機「F35A」を20機以上追加購入する方向で調整に入った。 調達費が割高になる国内での最終組み立てを取りやめ、完成機を輸入することも検討している。これとは別に、 垂直に離着陸可能な「F35B」の購入も米国側と協議している。 日米の複数の関係者が明らかにした。今年末にまとめる5カ年の中期防衛力整備計画に盛り込む。 日本は航空自衛隊の「F4」戦闘機の後継として、F35Aを42機調達することを決定済み。今年1月末、青森県の三沢基地...
»続きを読む
カテゴリー:

日本は空母を保有する気か・・・「わが国の空母に挑戦する気か?」 中国で懸念の声高まる - 02月21日(水)11:05  news

2017年末に海上自衛隊のいずも型護衛艦の空母化が検討され始めたと報じられたが、この報道は中国で非常に大きな関心を呼び、日本の空母保有に対して懸念の声が高まった。 なかには日本が空母を保有することは「中国の空母に対する挑戦である」という声も存在する。  中国メディアの今日頭条はこのほど、いずも型護衛艦はもとより「準空母」と呼ぶべき存在であったと主張しつつ、日本が本当にいずも型護衛艦を空母に改修するのであれば、 それは中国空母と中国海軍への挑戦であると論じる記事を掲載した。  記事は、いずも...
»続きを読む
カテゴリー:

五輪の「微笑み」に油断するな。軍事のプロが見た北朝鮮海軍の実力 - 02月20日(火)05:00 

平昌冬季五輪への出場を果たし、「南北統一」に色気を見せはじめた北朝鮮。しかし、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さんは、「北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進めていることは事実で油断ならない」と断言。さらに、北朝鮮が所有する「艦艇」を徹底分析し、北朝鮮海軍の本当の兵力について、冷静な観点で持論を展開しています。 北朝鮮潜水艦の「実力」 Q:先週のメルマガ(2018年2月8日号)では、極東での米原潜オペレーションをうかがいました。佐世保寄港の急増は北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応のほか、これまで無視してきた古くてポンコツの北朝鮮潜水艦にも目配りしている、と。今回は、北朝鮮潜水艦の現状はどうなっているか、どの程度の能力・実力があるのか教えてください。 小川:「いま北朝鮮は、ちょっとおとなしくしています。2月9~25日に韓国の平昌《ピョンチャン》で開かれるオリンピック・パラリンピックを最大限利用したいからです」 「北朝鮮の金正恩労働党委員長は2018年1月1日の『新年の辞』で、『新年は、わが人民が共和国創建70周年を祝い、南朝鮮では冬季オリンピック競技大会が開かれる、北と南に意義のある年』と述べ、『平昌冬季五輪は、民族の地位を誇示するよいきっかけ。われわれは大会が成功裡に開催されることを心から願う』『北朝鮮も代表団派遣を含めて必要な措置をとる用意...more
カテゴリー:

もっと見る

「護衛艦」の画像

もっと見る

「護衛艦」の動画

Wikipedia

護衛艦(ごえいかん)は、海上自衛隊が保有する自衛艦の分類の1つ。自衛艦類別表の大分類:警備艦、中分類:機動艦艇、種別:護衛艦となる。

国際法上は、自衛艦旗(国際法上で定義される軍艦旗)を掲揚し、自衛官(国際法上で定義される戦闘員)が運用しているため、軍艦と見なされる。英語ではDestroyerと呼ばれ、駆逐艦と見なされている。

概要

第二次世界大戦中に船団護衛に用いられた護衛駆逐艦(Destroyer Escort)とは意味が異なり、海上自衛隊の保有する艦艇のうち航洋性をもつ現役の大型水上戦闘艦艇を指す。戦闘艦艇であってもミサイル艇や、武装があっても練習艦(元護衛艦を含む)や支援艦艇は護衛艦籍に入らない。

対潜任務を第一義とし、これを可能とするために対空、対水上戦闘能力を付与され、世界的に見ても高度な装備を持ち、十分な整備と訓練...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる