「警視庁捜査」とは?

関連ニュース

「名探偵コナン」劇場版第22弾、最も壮大なビジュアル披露!真実を暴く者VS正義を貫く者 - 01月17日(水)23:00 

 「名探偵コナン」劇場版シリーズ第22弾「名探偵コナン ゼロの執行人」のメインビジュアルが、このほど披露された。「真実を暴く者vs正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務ミステリー」というコピーとともにキャラクターが勢ぞろいし、さらには宇宙空間から俯瞰する地球や、不穏に漂う人工衛星もとらえており、「名探偵コナン」史上最も壮大な物語への期待をあおる仕上がりだ。  3つの顔を持つ謎の男・安室透がメインキャラとして躍動する今作。東京サミット開催の地となる新施設「エッジ・オブ・オーシャン」で、突如大規模爆破事件が発生する。そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織、通称「ゼロ」に所属する安室の影があった。秘密裏に動く安室の行動に違和感を覚えたコナンだが、現場に残された指紋が毛利小五郎のものと一致してしまう。そしてコナンと安室は、小五郎の逮捕をめぐり敵対し始める。  ビジュアルには鋭い表情のコナンと、不敵にほほ笑む安室を活写。また容疑者に仕立て上げられる小五郎、寄り添う英理、不安げな蘭の毛利家や、「黒ずくめの組織」との関係が疑われる警視庁捜査一課の管理官・黒田兵衛、安室の忠実な部下である公安警察官・風見も切り取っている。  「名探偵コナン ゼロの執行人」は、4月13日から公開。 【作品情報】 ・名探偵コナン ゼロの執行人 【関連記事】 ・【動画】「名探偵コナン ゼロの執行人」特報...more
カテゴリー:

鋭い表情のコナンと不敵にほほ笑む安室!『名探偵コナン』ビジュアル解禁 - 01月17日(水)14:56 

昨年4月に公開した劇場版21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』がシリーズ最高の興行収入68.9億円を記録し、2017年邦画NO.1に輝くなど、5年連続で興収最高記録を更新した『名探偵コナン』シリーズ。その最新作となる劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』のメインビジュアルが解禁となった。 同シリーズは、原作コミックス発行部数も全世界累計2億冊を突破(2017年4月時点)するなど年々進化を続け、今や世界中で愛されている作品として不動の地位を築き上げている。 4月13日より全国東宝系にて公開される本作は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリー。20作目『純黒の悪夢(ないとめあ)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表され、話題を呼んでいる。 解禁となったメインビジュアルは、いつもにも増して鋭い表情のコナンに対し、不敵にほほ笑む安室の姿を中心にしたもの。さらに、今回容疑者となってしまう小五郎、寄り添う英理、不安げな表情を浮かべる蘭と毛利家がそろい踏み! 黒ずくめの組織との関わりが疑われている警視庁捜査一課の管理官・黒田兵衛、安室の忠実な部下の公安警察官・風見もメインビジュアルに初登場する。 ま...more
カテゴリー:

別の銀行からも詐取容疑=「てるみ」社長ら3度目逮捕-警視庁 - 01月17日(水)11:47 

 経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)の融資金詐取事件で、東日本銀行(中央区)からも現金約1億5000万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は17日、詐欺容疑で社長の山田千賀子(67)、経理責任者笹井利幸(36)両容疑者を再逮捕した。いずれも容疑を認めているという。逮捕は3度目。 逮捕容疑は、虚偽の財務関係書類を東日本銀行に提出して信用させた上、昨年1月下旬~2月上旬ごろ、航空機のチャーター契約で支払時期が早まったなどとうその説明をして、融資金約1億5000万円を詐取した疑い。 同課によると、山田容疑者が主導し、実際のチャーター契約料より大幅に水増しした書類を提示。詐取した金は別の支払いや会社の資金繰りに充てていたという。 【時事通信社】
カテゴリー:

てるみくらぶ社長ら3回目の逮捕 東日本銀からも詐取容疑 - 01月17日(水)11:23 

虚偽の書類などを示して、東日本銀行(東京)から融資金約1億5千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は17日、詐...
カテゴリー:

劇場版『名探偵コナン』メインビジュアル解禁!毛利家が揃い踏み - 01月17日(水)11:00 

江戸川コナンと安室透の対決を描く劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年4月13日公開)のメインビジュアルが解禁された。今年4月に公開された劇場版21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』がシリーズ最高興収68.9億円という、2017年邦画No.1を記録し、5作品連続で興行収入最高記録を更新するという驚異の成績を樹立。さらに、原作コミックス発行部数も全世界累計2億冊を突破(2017年4月時点)するなど、年々進化を続け、今や世界中で愛されている作品として不動の地位を築き上げた『名探偵コナン』。来年公開の劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、劇場版20作目『純黒の悪夢(ないとめあ)』に続き、「私立探偵」「黒ずくめの組織」「公安警察」のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室がメインキャラクターとして登場することが発表され、反響を呼んでいる。このほど発表されたメインビジュアルでは、鋭い表情のコナンに対し、不敵にほほ笑む安室の姿が。さらに、今作では容疑者となってしまう小五郎、寄り添う英理、不安げな表情を浮かべる蘭と毛利家がそろい踏み。そして、黒ずくめの組織との関わりが疑われている警視庁捜査一課の管理官・黒田兵衛、安室の忠実な部下の公安...more
カテゴリー:

コナンVS安室透、『名探偵コナン ゼロの執行人』互いの信念が正面衝突 - 01月17日(水)18:30 

 劇場版『名探偵コナン』の最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』のメインビジュアルが解禁となった。公開されたビジュアルには、いつにも増して鋭い表情のコナンと不敵にほほ笑む安室透が大きく描かれており、コナンvs安室という図式がそのデザインからも見て取ることができる。【写真】『名探偵コナン ゼロの執行人』フォトギャラリー 『名探偵コナン』は、原作コミックが発行部数が全世界累計2億冊を突破し、現在も「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の人気漫画。その劇場版シリーズは、5作品連続で興行収入最高記録を更新しており、昨年公開の第21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』は、シリーズ最高となる興収68.9億円という2017年邦画No.1を記録した。  劇場版最新作『ゼロの執行人』は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、 20作目『純黒の悪夢(ないとめあ)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表されるや否や、大きな話題を呼んでいた。  今回、解禁されたビジュアルは、いつにも増して鋭い表情のコナンに対し、不敵にほほ笑む安室。さらに、本作では容疑者となってしまう小五郎、寄り添う英理、不安げな表情を浮かべる蘭と...more
カテゴリー:

劇場版『コナン』最新作、メインビジュアル公開 - 01月17日(水)13:01 

 劇場版シリーズ22作目となる『名探偵コナン ゼロの執行人』(4月13日公開)のメインビジュアルが公開された。いつもに増して鋭い表情を見せている主人公・江戸川コナンに対し、不敵にほほ笑む安室透。さらには宇宙空間から見た地球や不穏に漂う人工衛星が意味深に描かれるなど、劇場版『名探偵コナン』史上、最も壮大な物語を予感させるビジュアルとなっている。 【動画】『名探偵コナン ゼロの執行人』特報映像  さらに、今作では容疑者となってしまう小五郎、寄り添う英理、不安げな表情を浮かべる蘭と毛利家がそろい踏み。そして黒ずくめの組織との関わりが疑われている警視庁捜査一課の管理官・黒田兵衛、安室の忠実な部下の公安警察官・風見がメインビジュアルに初登場している。  真実を暴く者vs正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務(シークレットミッション)ミステリー」と綴られたコピーのとおり、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリー。 20作目『純黒の悪夢(ないとめあ)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場する。 【関連記事】 青山剛昌氏『コナン』しばらく休載へ「ちと頑張りすぎました」 (17年12月13日) 『名探偵コナン』ついに“あの方”が判明 歴史的1ページの...more
カテゴリー:

警視庁:てるみ社長ら3度目逮捕 1億5千万円詐取容疑 - 01月17日(水)11:37 

 格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)=破産手続き中=が銀行から融資金を詐取したとされる事件で、別の銀行からも約1億5000万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は17日、同社社長の山田千賀子被告(67)=詐欺罪などで起訴=ら2人を詐欺容疑で再逮捕した。
カテゴリー:

劇場版『名探偵コナン』メインビジュアル解禁!毛利家が揃い踏み - 01月17日(水)11:08 

江戸川コナンと安室透の対決を描く劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年4月13日公開)のメインビジュアルが解禁された。今年4月に公開された劇場版21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』がシリーズ最高興収68.9億円という、2017年邦画No.1を記録し、5作品連続で興行収入最高記録を更新するという驚異の成績を樹立。さらに、原作コミックス発行部数も全世界累計2億冊を突破(2017年4月時点)するなど、年々進化を続け、今や世界中で愛されている作品として不動の地位を築き上げた『名探偵コナン』。来年公開の劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』は、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、劇場版20作目『純黒の悪夢(ないとめあ)』に続き、「私立探偵」「黒ずくめの組織」「公安警察」のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室がメインキャラクターとして登場することが発表され、反響を呼んでいる。このほど発表されたメインビジュアルでは、鋭い表情のコナンに対し、不敵にほほ笑む安室の姿が。さらに、今作では容疑者となってしまう小五郎、寄り添う英理、不安げな表情を浮かべる蘭と毛利家がそろい踏み。そして、黒ずくめの組織との関わりが疑われている警視庁捜査一課の管理官・黒田兵衛、安室の忠実な部下の公安...more
カテゴリー:

警視庁捜査2課:「てるみくらぶ」社長ら、3回目逮捕へ - 01月17日(水)07:30 

別の銀行からも1億5000万円だまし取った詐欺容疑で  格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)=破産手続き中=が銀行から融資金を詐取したとされる事件で、別の銀行からも約1億5000万円をだまし取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は17日にも、同社社長の山田千賀子被告(67)=詐欺罪などで起訴=ら2人を詐欺容疑で再逮捕する方針を固めた。
カテゴリー:

もっと見る

「警視庁捜査」の画像

もっと見る

「警視庁捜査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる