「警視庁捜査」とは?

関連ニュース

座間9遺体:現場最寄駅に呼び出し 埼玉の女性 - 11月19日(日)03:00 

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、9月24日に行方不明になった被害者の埼玉県春日部市の女性(26)に現場アパート近くの駅まで来るようツイッターで指示していたことが捜査関係者への取材で分かった。同日夕、女性のスマホから知人に連絡が入ったのを最後に音信不通になったことも判明。警視庁捜査1課は同日中に事件に巻き込まれたとみている。
カテゴリー:

座間9遺体:病院で睡眠薬入手 被害者に飲ませた薬か - 11月18日(土)11:30 

9月に医師から処方 医師に虚偽症状を訴え、入手の可能性も  神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が9月に医師から睡眠薬を処方されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。白石容疑者は「自宅で女性に睡眠薬を飲ませて殺害した」などと供述しており、警視庁捜査1課はこの薬を使ったとみて調べる。
カテゴリー:

座間9遺体:被害者行き先告げず 容疑者、発覚恐れ指示か - 11月17日(金)23:10 

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、大半の被害者が家族らに行き先を告げずに行方不明になっていたことが、捜査関係者への取材で分かった。白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=が事件の発覚を免れるために指示したとみて警視庁捜査1課が経緯を調べている。
カテゴリー:

座間9遺体:入居翌日殺害か 転居日、室内異常なく - 11月17日(金)11:44 

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職の白石隆浩容疑者(27)が入居した8月22日夕、ガスの点検で業者が室内に入っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。その際に不審な様子はなかったといい、警視庁捜査1課は最初の被害者の同県厚木市の女性(21)は、23日ごろに殺害されたとみて調べている。
カテゴリー:

座間9遺体:10人目殺害計画か 現場に未使用ロープ - 11月17日(金)07:00 

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、現場から未使用のロープが見つかっていたことが捜査関係者への取材で分かった。死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)は「殺害にはロープを使った。その都度、新しいロープを買い足していた」と供述しており、警視庁捜査1課は10人目の殺害を計画していた可能性があるとみている。
カテゴリー:

【ネタバレ】『重要参考人探偵』第5話、キスマイ・玉森の走りのシーン、NEWS・小山の“サービスシーン”にファンからツイート殺到! - 11月18日(土)16:41 

画像は公式Twitterより引用 28日『重要参考人探偵』第5話が放送された。 圭(玉森裕太)とシモン(古川雄輝)は引っ越しのアルバイト、圭から仕事を交代させられた斎(小山慶一郎)は水着の撮影に挑む。 しかし圭の元でまた殺人事件が起こり、彼に興味をもつ警視庁捜査一課長の古仙(西岡徳馬)まで来る...
カテゴリー:

座間9人遺体:20日にも再逮捕 最後の女性殺害容疑 - 11月18日(土)07:00 

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=が最後の犠牲者となった東京都八王子市の女性(23)の殺害に関与した疑いが強まったとして、警視庁捜査1課は勾留期限を迎える20日にも、殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査1課は一連の事件の全容解明を本格化させる。
カテゴリー:

内野聖陽が熱望した企画がドラマ化した「ヘヤチョウ」が決定!『苦しみ、葛藤、弱さがにじみ出るような演技が出来たら』 - 11月17日(金)21:30 

内野聖陽がドラマ化を望んだ企画がついに実現したスペシャルドラマ「ヘヤチョウ」が、テレビ朝日系で12月17日(日)夜9時から放送されることが決定。事件解決に奔走する刑事の悩みや葛藤を描き、これまでにない骨太な刑事ドラマとなっている。 【写真を見る】優秀な刑事だが友人の死をとめられず、家庭も壊れたリアルな人間像を内野が熱演/(C)テレビ朝日 これまでにはない人間臭いヒーローを「臨場」(2009年ほか、テレビ朝日系)、「ゴンゾウ」(2008年、テレビ朝日系)といった刑事ドラマで個性的な主人公を演じ、高い評価を得てきた内野。そんな内野が演じるのは、肩書きは一介の巡査部長に過ぎない警視庁捜査一課の刑事だが、誰もが認める刑事としての高い手腕で“ヘヤチョウ”として信頼されている主人公。武骨な刑事が、突如として人間的な悩みを抱えることになり、葛藤しながらも難事件に立ち向かう姿を描く。 原作は、警視庁捜査一課を退職後は刑事・警察作品の企画協力、原案提供、演技指導などを行う一方、小説などの執筆も手がけた故・飯田裕久の小説「地取り」と「検挙票」。内野は、過去に飯田が警察監修を担当するドラマに出演しており、俳優として飯田を信頼して心酔してきた。 2010年に飯田が急逝すると、内野主演で飯田原作のドラマ化の企画が立ち上がったが、内野が「主人公を演じる年齢ではないと」いう意向で見送りに。その企画が、内野にとっ...more
カテゴリー:

豊原功補、『時効警察』十文字疾風? 『重要参考人探偵』でトレンチコート姿披露 - 11月17日(金)10:00 

 アイドルグループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』(毎週金曜 後11:15~0:15※一部地域で放送時間が異なる)に警視庁捜査一課の刑事・登一学役で出演中の俳優・豊原功補。17日放送の第5話では、かつて演じた『時効警察』(同局)の人気キャラクター・十文字疾風(じゅうもんじ・はやて)を彷彿とさせる、トレンチコート姿の豊原を見ることができる。 【場面写真】トレンチコート姿の登を見てシモンは…  “『時効警察』の十文字疾風”といえば、熱狂的なファンを擁し、ドラマ終了後10年以上が経った今でも、その消息が気にされ続けている、刑事の中の刑事。脚本・監督の三木聡氏が作り上げた『時効警察』の舞台、総武警察署の刑事である十文字は、“刑事の端くれのたしなみ”として常にトレンチコートを着用。「気の毒がトレンチコートを着て歩いている」と揶揄されながらも、頼まれてもいないのにコートの襟を立て、毎回『時効警察』の世界の中で存分に視聴者を楽しませていた。  奇しくも第5話の監督は、『時効警察』も手がけていた塚本連平氏。現場では、豊原&塚本監督の絶妙なコンビネーションで“一夜限りのお楽しみシーン”が撮影された。それこそ、豊原がトレンチコートの襟を立て颯爽と歩く、十文字を彷彿とさせるシーン。その姿に、シモン(古川雄輝)は思わず一言。さらには、そんなシモ...more
カテゴリー:

内野聖陽、7年越しの企画が実現「見応えのあるドラマになった」 - 11月17日(金)05:00 

 俳優の内野聖陽が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『ヘヤチョウ』が12月17日(後9:00)に放送される。『臨場』、『ゴンゾウ』(ともに同局)といった刑事ドラマで個性的な主人公を演じ、高い評価を受けてきた内野が、自らドラマ化を臨んだ企画が7年越しで実現。「一つ一つのシーンをこれでもか、というぐらいこだわって撮影させていただきました」と語る、渾身(こんしん)の一作となっている。 【場面写真】新人刑事役で武田梨奈が出演  原作は、警視庁捜査一課に勤務、退職後は刑事・警察作品の企画協力、原案提供、演技指導などを行う一方、小説などの執筆も手がけた故・飯田裕久さんの小説「地取り」、「検挙票」。この2作を大河ドラマ『八重の桜』、『相棒』などの山本むつみ氏が脚色。内野は、過去に飯田氏が警察監修を担当するドラマに出演し、俳優として飯田氏を信頼、心酔してきた。しかし、2010年に飯田さんが急逝。内野主演で飯田さんの作品をドラマ化する企画が立ち上がったものの、内野が主人公を演じる年齢ではないという意向もあり、見送りになった経緯がある。  内野演じる主人公の釜本宣彦(かまもと・のぶひこ)は、誰もが認めるやり手刑事。その手法は古くさく武骨だが、着実に成果をあげ、上司からも信頼を得ていた。ところが、時間も忘れて捜査に熱中するあまり、親友の同僚刑事の相談に乗ることができず、彼は自殺。さらに家庭をも顧...more
カテゴリー:

もっと見る

「警視庁捜査」の画像

もっと見る

「警視庁捜査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる