「警察手帳」とは?

「警察手帳」の画像

もっと見る

「警察手帳」の動画

Wikipedia

警察手帳(けいさつてちょう)とは、日本において、警察官、皇宮護衛官及び警察職員たる交通巡視員少年補導員に装備品として貸与される手帳である(警察手帳規則(昭和29年7月1日国家公安委員会規則第4号)、以下単に「規則」)。身分を証明するものとして使用される。少年補導員に関しては西日本地区の警察本部(岡山県警奈良県警等)においては交通巡視員に準じて少年補導員にも身分を証明するものとして使用される。

日本の警察では、1874年(明治7年)から各県警で独自の様式のものが使用されていたが、1935年(昭和10年)11月26日に様式が全国統一、2002年(平成14年)10月1日に形状が大きく変更された。

機能

警察手帳は、証票、記章及びそれを保護している本革部分の総称である。証票は身分証明書の機能があり、記章は一目で警察官等であることを示す機能があり、本革部分は証票及び記章を保護する機能がある。

警察手帳は、警察学校に入校した時点で手錠と共に“法の執行者”の象徴...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる