「講談社刊」とは?

関連ニュース

板野友美、初めての下着姿を披露「大人になった私も見て欲しい!」 - 02月25日(日)11:00 

女優でアーティストの板野友美が24日、東京・渋谷MODIのHMV&BOOKS TOKYOで写真集『Wanderer』(発売中 2,700円税抜き 講談社刊)の発売記念イベントを行った。
カテゴリー:

松山ケンイチ&染谷将太、イエス&ブッダに! 実写版『聖☆おにいさん』 - 02月20日(火)06:00 

 俳優の松山ケンイチと染谷将太が、『聖☆おにいさん』の実写ドラマで主演を務めることが分かった。松山がイエス役を、染谷がブッタ役を演じる。【写真】映画『聖☆おにいさん』フォトギャラリー 本作は、中村光による人気ギャグ漫画『聖☆おにいさん』の実写ドラマ化。俳優の山田孝之が製作総指揮を務め、監督を映画『銀魂』の福田雄一が務めることが発表されており、続報が待たれていた。 2006年から『モーニング・ツー』(講談社刊)で連載されている本作は、ブッタとイエス・キリストの2人が東京の立川でアパートをルームシェアリングしながら人間界のバカンスを満喫する姿を描く。 イエス役の松山は「福田さんがキリスト役の事は熟知しているので色々聞いて頑張りたいなと思います。」と述べ、ブッタ役の染谷は「松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤけるのは俺だけでしょうか?まだ撮影もしていないのに、皆さまに届ける日が楽しみでなりません」と期待の気持ちを語る。 また製作総指揮の山田は、松山と染谷という組み合わせに「想像しただけでも失禁しそうです。(少し出てますが)」と興奮気味。福田監督は「今まで何度も何度も出演をお願いして叶わなかった松山くんと染谷くんで、連載当初から念願だったこの原作を実写化出来ることが、ただただ幸せです!こんな幸せな作品を任せてくれた山田孝之プロデューサーに感謝します!全力でユ...more
カテゴリー:

イエス松山ケンイチ&ブッダ染谷将太、実写版「聖☆おにいさん」に降臨! - 02月20日(火)06:00 

 松山ケンイチと染谷将太が、中村光氏の人気漫画「聖☆おにいさん」の実写ドラマ化プロジェクトにキャストとして参加していることがわかった。松山は“神の子”イエス、染谷は“目覚めた人”ブッダを演じる。 ・【フォトギャラリー】実写「聖☆おにいさん」関連画像  2006年からコミック誌「モーニング・ツー」(講談社刊)で連載されている「聖☆おにいさん」は、09年度「このマンガがすごい!オトコ編」第1位、第13回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した異色のギャグ漫画。無事世紀末を終えた聖人イエスとブッダが、東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら、下界のバカンスを満喫しているという設定が話題を呼び、累計発行部数1600万部を記録した。13年には、森山未來と星野源を声優に迎えたアニメーション映画として劇場公開されている。  実写ドラマ版は、俳優の山田孝之が製作総指揮を務め、「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」「50回目のファーストキス」(6月1日公開)の福田雄一監督がメガホンをとる。「今まで何度も何度も出演をお願いして叶わなかった松山くんと染谷くんで、連載当初から念願だったこの原作を実写化出来ることが、ただただ幸せです!」と興奮を隠せない福田監督。「こんな幸せな作品を任せてくれた山田孝之プロデューサーに感謝します! 全力でユルく臨みます!」と意気込みを明かしている。  「福田さんがキリスト訳の事は熟...more
カテゴリー:

「3D彼女 リアルガール」4月から日本テレビほかでスタート 直谷たかし監督らスタッフ陣も発表 - 02月18日(日)04:00 

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」が、4月から日本テレビの「AnichU」枠ほかでスタートすることが決まった。同作は、2011~16年に「デザート」(講談社刊)で連載された那波マオ氏の漫画「...
カテゴリー:

【芸能】山本舞香、初写真集で初の水着ショットを披露「新しい私を届けられたら」[18/02/05] - 02月05日(月)05:17  mnewsplus

山本舞香、初写真集で初の水着ショットを披露「新しい私を届けられたら」 2018年2月5日5時0分 スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180204-OHT1T50210.html 初写真集で健康美を披露する山本舞香 女優の山本舞香(20)が3月12日に初写真集「サニー/ムーン」(講談社刊)を発売する。 19歳の昨夏に沖縄・竹富島で撮影した初の水着ショットを披露。20歳を迎えた今冬に故郷の鳥取・米子市で母校の小学校で撮った素顔のカットなどが満載だ。女優としての今後を語るインタビューも収録され、「今まで見た...
»続きを読む
カテゴリー:

イエス役松山ケンイチ、ブッダ役染谷将太で『聖☆おにいさん』実写化 - 02月20日(火)21:21 

山田孝之が製作総指揮をつとめ、福田雄一監督がメガホンをとることも話題の中村光による人気コミック「聖☆おにいさん」の実写化プロジェクトの続報が到着! 主人公であるブッダ役に染谷将太、イエス役を松山ケンイチが演じることが発表された。 「聖☆おにいさん」は、アニメ化・実写化された「荒川アンダー ザ ブリッジ」の原作者として知られる中村光によるギャグ漫画。「モーニング・ツー」(講談社刊)で2006年から連載されている。ブッダとイエス・キリストを主人公に、世紀末を無事乗り越えた2人が東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら下界のバカンスを満喫しているという設定が話題になり、累計発行部数1600万部を誇る。 2013年にはアニメーション映画が劇場公開されており、その際はブッダの声を星野源が、イエスの声を森山未來が演じている。 本作出演にイエス役の松山は「福田さんがキリスト役のことは熟知してるので色々聞いて頑張りたいなと思っています」とコメント。

 ブッダ役の染谷は「いつか実写でみたいなと思っていた聖☆おにいさんにまさか参加するとは思ってもみませんでした。しかも、ブッタ役で。そして福田監督と山田さんという黄金コンビの企画に参加出来るとは、心が激しく踊ります。松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤケてしまうのは...more
カテゴリー:

実写版『聖☆おにいさん』に松山ケンイチ&染谷将太 福田雄一監督「ただただ幸せ」 - 02月20日(火)06:00 

 俳優の松山ケンイチ、染谷将太が、中村光氏の人気漫画を実写化するドラマ『聖☆おにいさん』に出演していることが19日、わかった。松山がイエス、染谷がブッダを演じる。製作総指揮を務めるのは俳優の山田孝之、監督は『銀魂』『勇者ヨシヒコ』シリーズなどの福田雄一氏。今年新たに立ち上がる動画配信サービスにて配信予定。 【画像】『聖☆おにいさん』原作カット  原作は、『モーニング・ツー』(講談社刊)で2006年から連載されているギャグ漫画。ブッダとイエス・キリストを主人公に、世紀末を無事越えた2人が東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら下界のバカンスを満喫しているというストーリー。累計発行部数1600万部を誇り、13年には森山未來、星野源が声優を務めるアニメーション映画が劇場公開された。  原作では長髪とヒゲも印象的なイエス役の松山は「福田さんがキリスト役の事は熟知してるのでいろいろ聞いて頑張りたいなと思っています」と、ゆるーく意気込み。ブッダ役の染谷は「いつか実写でみたいなと思っていた『聖☆おにいさん』にまさか参加するとは思ってもみませんでした。しかも、ブッタ役で。そして福田監督と山田さんという黄金コンビの企画に参加できるとは、心が激しく躍ります」と喜び、「松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤケてしまうのは俺だけでしょうか? まだ撮影もしていない...more
カテゴリー:

「3D彼女 リアルガール」4月から日本テレビほかでスタート 直谷たかし監督らスタッフ陣も発表 - 02月18日(日)04:00 

 テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」が、4月から日本テレビの「AnichU」枠ほかでスタートすることが決まった。  同作は、2011~16年に「デザート」(講談社刊)で連載された那波マオ氏の漫画「3D彼女(リアルガール)」を原作とするラブコメディ。高校3年生のオタク男子・筒井光と、リア充美少女・五十嵐色葉が急接近し、交際がスタート。自由奔放な色葉と、彼女に振り回される光の不器用な恋愛模様を描く。テレビアニメ版の公式サイトでは、光と色葉のほか、作中に登場するキャラクターたちの姿も描かれたキービジュアルを公開中。今秋には、光役を佐野勇斗、色葉役を中条あやみが演じる実写映画版の公開も決定している。  さらに、制作に携わるスタッフ陣も発表された。監督には「刀剣乱舞 -花丸-」の直谷たかしが起用されたほか、シリーズ構成を「ふらいんぐうぃっち」の赤尾でこ、キャラクターデザインを「ひなろじ ~from Luck & Logic~」 の栗田聡美が担当する。なお、アニメーション制作は「聖痕のクェイサー」「大図書館の羊飼い」のフッズエンタテインメントが行う。 【作品情報】 ・3D彼女 リアルガール 【関連記事】 ・「美男高校地球防衛部」最新作「HAPPY KISS!」4月から放送 防衛部のキャストは全員が初レギュラー ・「LOST SONG」PV第2弾&新規ビジュアル公開 TOKYO MX...more
カテゴリー:

神田沙也加、実写「3D彼女」劇中アニメに声優出演!佐野勇斗が激愛する魔法少女役 - 02月13日(火)05:00 

 中条あやみ主演のラブストーリー「3D彼女 リアルガール」の追加キャストが発表され、神田沙也加、竹内力、濱田マリ、三浦貴大、荒木飛羽の出演が明らかになった。女優・声優・歌手として活躍する神田は、劇中アニメのヒロインの声を担当。竹内、濱田、三浦、荒木の4人は本編に出演する。 ・【フォトギャラリー】「3D彼女」追加キャスト  「月刊デザート」(講談社刊)で連載された那波マオ氏による人気コミックを、英勉監督ら「ヒロイン失格」のスタッフ陣が再結集し実写化。男グセの悪い“リア充完璧美少女”五十嵐色葉(中条)と、恋愛経験ゼロの2次元オタク男子・筒井光(佐野勇斗)の恋を描く。なお、4月からテレビアニメ版も放送開始となる。  神田が声を務めるのは、オタク男子・筒井が愛してやまないアニメキャラ「魔法少女えぞみち」。二次元にしか興味がない筒井の心の支えで、筒井の部屋にはえぞみちのポスターやフィギュアが並ぶ。色葉と筒井が並んでアニメを鑑賞する場面もあり、映画の重要なシーンで度々登場するキャラクターだ。  神田の出演は、英監督の熱烈なラブコールによって実現した。「オファーを頂いて、すごく嬉しかったです。実際に原作も読ませて頂きましたが、『実写にしたらすごく新しい試みなんじゃないかな』と思って、アフレコをすごく楽しみにしています」と期待を寄せ、「えぞみちも可愛くて、ファンになりました! まず、ツイン...more
カテゴリー:

「講談社刊」の画像

もっと見る

「講談社刊」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる