「講談社刊」とは?

関連ニュース

稲垣吾郎、文豪・三島由紀夫の肉声音源から人生を辿る『ゴロウ・デラックス』 - 08月17日(木)12:46 

稲垣吾郎がMCを務めるブックバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系列、毎週木曜24:58~)。8月17日の放送では、「日本の文豪の素顔に迫る特別企画」と題し、日本を代表する昭和の文豪・三島由紀夫を取り上げる。今年1月、TBSの倉庫の一角にある放送禁止素材の保管棚から、半世紀近くもの間眠っていた一本の音声テープが発見され世間を驚かせた。それは、1970年2月に録音された作家・三島のインタビュー音源だ。三島は、学習院中等科在籍中に執筆した「花ざかりの森」でその類稀な文才を早くも周囲に知らしめ、作家としてデビューした後は「仮面の告白」「潮騒」「金閣寺」などの小説で日本の美を描き、ノーベル文学賞候補に度々選出された。さらに、アメリカの雑誌「エスクァイア」の“世界の百人”に日本人で初めて選ばれた、日本が世界に誇る文豪の一人だ。そんな三島は、1970年11月25日、自身が所属する「盾の会」のメンバーと共に、自衛隊の市ヶ谷駐屯地にてクーデターを起こし、割腹自殺を遂げる。発見されたインタビュー音源が録音されたのは事件の9ヵ月前で、三島の著書を英訳している翻訳家ジョン・ベスターが80分間にわたり、当時の心境や著作に関して本人へ独占インタビューを敢行した大変貴重なものである。番組では、この貴重な未公開テープを全編活字化し解説を加え、8月8日に出版されたばかりの本「告白 三島由紀夫未公開インタビ...more
カテゴリー:

【漫画】猫のいる日常に共感 「こねこのチー」フランスで人気……累計で350万部 - 08月16日(水)09:05  newsplus

2017年8月16日8時40分  「チー、ボンジュール!」。海外での日本製アニメ・マンガに対する見方を変える作品となるか。常人離れした主人公が異世界で戦うファンタジー、ではなく、猫のいる家庭の何げない日常を描いたアニメ「こねこのチー」(原作マンガ「チーズスイートホーム」=こなみかなた作、講談社刊)がフランスで人気だ。7月にパリで開かれた、アニメや漫画など日本文化を紹介するイベント「ジャパンエキスポ」はチーを公式ゲストとして招待。着ぐるみのショーに大勢の子供が声援を送り、キャラクター文具や日用品などが並ん...
»続きを読む
カテゴリー:

太公望再び!「封神演義」2度目のテレビアニメ化决定 小野賢章、前野智昭、櫻井孝宏ら出演 - 08月10日(木)04:00 

 藤崎竜氏による人気漫画で、1999年にテレビアニメ「仙界伝 封神演義(せんかいでん ほうしんえんぎ)」も放送された「封神演義」の再テレビアニメ化が決定した。さらに、公式Twitterアカウントが開設され、ティザービジュアルやメインキャストも発表された。  同作は、96年から2000年にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された、累計発行部数2200万部を誇る大ヒット作品で、安能務氏が訳した明代の伝奇小説「封神演義」(講談社刊)を原作とした中華ファンタジー。古代中国、邪心を持つ仙女・妲己(だっき)の妖術で悪政を行う紂王(ちゅうおう)が君臨する殷(いん)王朝時代を舞台に、師である元始天尊の命を受けた周の軍師・太公望が、仙界の宝具・宝貝(パオペエ)を使い、仲間たちとともに、革命により新たな王朝を創る“封神計画”を進めていく。  主人公・太公望役は「文豪ストレイドッグス」「恋愛暴君」の小野賢章が演じる。このほか、殷の軍師・聞仲(ぶんちゅう)役には「SUPER LOVERS」「Room Mate」の前野智昭、霊獣・四不象(スープーシャン)役には「おそ松さん」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の櫻井孝宏が起用されている。 【関連記事】 ・30歳独身ニート女性のネトゲライフを描く「ネト充のススメ」能登麻美子主演でTVアニメ化! ・タツノコヒーローと敵キャラが火花散ら...more
カテゴリー:

祥子、久々のヌード披露に「私の原点がヌード。使命でもある」と堂々 - 08月08日(火)23:00 

タレントでグラビアアイドルとしても活動する祥子がこのほど、東京・新宿の福家書店新宿サブナード店で写真集『鍵-KEY-』(発売中 3,200円税抜き 講談社刊)の発売記念イベントを行った。
カテゴリー:

「七つの大罪」TVアニメ新シリーズ「戒めの復活」18年1月放送開始 劇場版も来夏公開決定! - 08月07日(月)23:45 

「週刊少年マガジン」(講談社刊)連載中の、鈴木央氏による人気ファンタジー漫画「七つの大罪」の新作テレビアニメ「七つの大罪 戒めの復活」が、2018年1月から放送されることが分かった。また、18年...
カテゴリー:

稲垣吾郎、文豪・三島由紀夫の肉声音源から人生を辿る『ゴロウ・デラックス』 - 08月17日(木)12:00 

稲垣吾郎がMCを務めるブックバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系列、毎週木曜24:58~)。8月17日の放送では、「日本の文豪の素顔に迫る特別企画」と題し、日本を代表する昭和の文豪・三島由紀夫を取り上げる。今年1月、TBSの倉庫の一角にある放送禁止素材の保管棚から、半世紀近くもの間眠っていた一本の音声テープが発見され世間を驚かせた。それは、1970年2月に録音された作家・三島のインタビュー音源だ。三島は、学習院中等科在籍中に執筆した「花ざかりの森」でその類稀な文才を早くも周囲に知らしめ、作家としてデビューした後は「仮面の告白」「潮騒」「金閣寺」などの小説で日本の美を描き、ノーベル文学賞候補に度々選出された。さらに、アメリカの雑誌「エスクァイア」の“世界の百人”に日本人で初めて選ばれた、日本が世界に誇る文豪の一人だ。そんな三島は、1970年11月25日、自身が所属する「盾の会」のメンバーと共に、自衛隊の市ヶ谷駐屯地にてクーデターを起こし、割腹自殺を遂げる。発見されたインタビュー音源が録音されたのは事件の9ヵ月前で、三島の著書を英訳している翻訳家ジョン・ベスターが80分間にわたり、当時の心境や著作に関して本人へ独占インタビューを敢行した大変貴重なものである。番組では、この貴重な未公開テープを全編活字化し解説を加え、8月8日に出版されたばかりの本「告白 三島由紀夫未公開インタビ...more
カテゴリー:

TVアニメ『宝石の国』、「ユークレース」「ジェード」のイラスト公開 - 08月12日(土)12:00 

「アフタヌーン」(講談社刊)にて連載されている市川春子氏による人気コミックを原作とするTVアニメ『宝石の国』。2017年10月より放送開始となる本作より、キャラクタービジュアル第5弾として、ユークレースとジェードのイラストが公開された。
カテゴリー:

祥子、久々のヌード披露に「私の原点がヌード。使命でもある」と堂々 - 08月08日(火)23:00 

タレントでグラビアアイドルとしても活動する祥子がこのほど、東京・新宿の福家書店新宿サブナード店で写真集『鍵-KEY-』(発売中 3,200円税抜き 講談社刊)の発売記念イベントを行った。
カテゴリー:

「七つの大罪」TVアニメ新シリーズ「戒めの復活」18年1月放送開始 劇場版も来夏公開決定! - 08月07日(月)23:45 

 「週刊少年マガジン」(講談社刊)連載中の、鈴木央氏による人気ファンタジー漫画「七つの大罪」の新作テレビアニメ「七つの大罪 戒めの復活」が、2018年1月から放送されることが分かった。また、18年夏には劇場版が公開されることも決定。このほど、東京・山野ホールで行われた「七つの大罪FES」内で発表された。  「七つの大罪」は、荒れ果てた祖国を救うべく、最強の騎士団“七つの大罪”を探す旅に出た王女エリザベスと、酒場の主人に身をやつした、七つの大罪の団長・メリオダスの壮大な冒険活劇を描く物語。14年に放送されたテレビアニメ第1期では、ディアンヌ、バンたち七つの大罪のメンバーとの再会や、王に反旗を翻した騎士団長・ヘンドリクセンとの死闘が展開された。16年には、テレビシリーズ第1期の後に訪れた束の間のひとときを描く、テレビスペシャル「七つの大罪 聖戦の予兆」も放送されている。  新シリーズ「戒めの復活」では、メリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲といったメインキャストが従来シリーズから続投。さらに、新キャラクターで、七つの大罪の一因“傲慢の罪(ライオン・シン)”のエスカノールを「アホガール」の杉田智和が演じる。また、マトローナ役は佐藤利奈、エスタロッサ役は東地宏樹、ガラン役は岩崎ひろし、メラスキュラ役はM・A・O、ドロール役は小野大輔、グロキシニア役は小林裕介、モ...more
カテゴリー:

バナナ大好き女子高生の日々描く「アホガール」熱川バナナワニ園とコラボ決定! - 08月05日(土)21:00 

 放送中のテレビアニメ「アホガール」と、静岡・熱川(あたがわ)バナナワニ園とのコラボレーション企画が決定し、コラボイラストが公開された。さらに、同園の最寄り駅である伊豆熱川駅を運営する伊豆急行や、熱川温泉観光協会とのコラボも行われる。詳細は、公式サイトや公式Twitterで随時公開予定。  「アホガール」は、「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中のヒロユキ氏によるギャグ漫画のアニメ化。幼なじみの阿久津明(あっちゃん)のことが大好きだが、本能と衝動に従って生きる並外れたアホの女の子・よしこの日々を描く。熱川バナナワニ園とのコラボレーションは、花畑よしこの大好物がバナナであることにちなんだもので、7月15日から実施中だ。  また、8月8日から8月30日まで、新宿マルイアネックスでは、同作の物販イベントが開催予定で、描き下ろしイラストを使用したマルイオリジナル商品ほか、さまざまなグッズが販売される。  そのほか、テレビシリーズ「アホガール」を収録したDVDが、原作コミックスに同梱されることも発表された。10月6日発売の第10巻、11月9日発売の第11巻、12月15日発売の第12巻の特装版にDVDが付属する。第10巻には、原作者のヒロユキ氏による描きおろし漫画や、2018年開催予定のイベントチケット優先購入券も封入される。 【関連記事】 ・上坂すみれ、タッチ&スワイプで映像切り替...more
カテゴリー:

もっと見る

「講談社刊」の画像

もっと見る

「講談社刊」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる