「講談」とは?

関連ニュース

「ママの言うとおりにして!」はNG!? 無意識な「毒親予備軍の行動」4つ - 09月25日(月)21:45 

出典:https://www.shutterstock.com 警察庁の調査によると、2017年1月から6月までの上半期に「児童虐待の疑い」があるとして、警察が児童相談所に通告した18歳未満の子どもの数は、30,262人にものぼったそうです。 これは統計を取り始めた2011年以降、最も多い数になったというニュースが話題になりました! 幸せになるために結婚と出産をしたのに、子どもを不幸にする親・毒になる親いわゆる「毒親」にはなりたくないですよね……。 そこで今日は、It Mamaライターであり『小学校に入る前に親がやってはならない115のこと』の著者であるの立石美津子さんの記事を参考に、“毒親予備軍”になっているかもしれない行動についてご紹介します。 不幸は親から子どもに連鎖していくもの!? 毎日、無意識にしている子育ては、自分の親があなたにしてきたものかもしれません。 妊娠中に母親学級に通って授乳や沐浴、オムツ交換については教えてもらえますが、子育てする上で絶対にやってはならないことを聞くチャンスはなかなかありません。 そのため、子育ての仕方の手本は自分の親だけになり、意識するしないに関わらず自動的に組み込まれているんだとか。 ”子は親の鏡” ”子どもの振る舞いを見ると親の考えがわかる”なんて言葉もありますね。 これは、親の考えやしていることが見事に子どもに反映されるということ...more
カテゴリー:

子どもに「死ぬってどういうこと?」と聞かれたら - 09月25日(月)20:00 

ある日突如として訪れる大切な人との別れ。大人でも呆然としてしまうことだが、そんな時、我が子に「死ぬってどういうこと?」と無邪気に聞かれたら、何と答えればよいのだろうか。 子育ての専門家の意見を聞いてみた。 ■「死」を理解できるのは何歳になってから? 一般社団法人子育てカウンセラー協会、角田智子さんによると、死という概念を理解できるようになるのは6~7歳の頃。 「2~3歳だと死についてはまだ分からないと思いますが、4~5歳になると、『死ぬというのは悲しいことなんだ』というのは周りの様子から感じ取れると思うんですよね。ただ、『いつか会えるのではないか』など、誤解が生じやすい年齢でもあります。それに対して、分からないから話さなかったり、ごまかしたりするのではなく、きちんと話をするのはどの年齢のときでも大切です」(角田さん) 自分の身近な人やペットとの別れを経験することもあれば、テレビ番組などで死というものに触れる機会もある。では、どのようにして教えたらよいのだろうか? ■子どもにとってはひとつの学びの機会 死ぬということに対して、「お星様になったんだよ」「天国に行ったんだよ」と比喩などを用いて説明する人もいる。ごまかしているようにも思えるが……。 「『お星様になった』というのは、死んでしまった後の話ですよね。死んだ後のことは、誰にも分りません。分からないことを例え話にするの...more
カテゴリー:

山本美月&トリンドル玲奈の結婚観「生活もすごく大事」 - 09月25日(月)15:00 

大ヒット少女コミック「東京アリス」が映画「ピーチガール」の山本美月主演で連続ドラマ化! Amazonプライム・ビデオにて8月25日よりスタートした同ドラマでは、共演者にトリンドル玲奈、朝比奈彩、高橋メアリージュンを迎え、おしゃれや恋愛、仕事に情熱を注ぐ今どきの女性を描く。 今回は、山本、トリンドル、朝比奈、高橋の4人にインタビュー。ドラマにかける思いから「結婚」と「恋愛」の違い、好きな異性のタイプまで掘り下げて聞いた。 ――本作の出演が決まった感想は? 山本美月(以下、山本)「これまで女子高生役が多かったので、ようやく等身大の役を演じることができてすごくうれしかったです。主人公がアニオタなので、自分にぴったりだと思いました」 朝比奈彩(以下、朝比奈)「私は演技するのは今回が初めてだったので緊張しました。しかも普段、絶対言わないような言葉をさらりと口にしちゃうようなお嬢さま役だったので不安もありました。掘り下げていくと自分と似ている共通点もあって。難しさもありながら、とても楽しく仕事ができました」 高橋メアリージュン(以下、高橋)「私は台本を読んでいる時点で、まだどの役か分かっていなかったんです。演じるなら理央がいいな、と考えていたらまさにその役だったので、驚きました。とてもやりがいのある役柄で新しい挑戦ができました」 トリンドル玲奈(以下、トリンドル)「漫画家の役なんで...more
カテゴリー:

【必聴】『亜人』佐藤健「オールナイトニッポン」をジャック!9月29日特別放送決定! - 09月25日(月)13:21 

佐藤健が「オールナイトニッポン」の生放送でパーソナリティに挑戦!/(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C9桜井画門/講談社 佐藤健×綾野剛出演の実写映画『亜人』が9月30日(土)より全国公開! このたび、映画の公開を記念して、ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD~映画『亜人』スペシャル」が、9月29日(...
カテゴリー:

[益田恵梨菜]「めざまし」MC美女がビキニに 「ヤンマガ」グラビア初登場 - 09月25日(月)12:10 

 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」の「めざましプレゼント」でMCを務める益田恵梨菜さんが、25日発売のマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第43号の巻末グラビアに登場した。益田さんが同誌のグラビアに登場するのは初めて。  益田さ ……
カテゴリー:

豪華スタッフ&キャスト陣が登壇!TVアニメ「宝石の国」先行上映会イベントレポートが到着! - 09月25日(月)21:19 

講談社「アフタヌーン」で連載中の市川春子さん原作の人気コミック「宝石の国」。10月7日(土)より、TOKYO MX、MBS、BS11、およびAT-Xにて放送開始となりますが、放送に先駆けて9月24日(日)にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、第1話から第3話までを一挙に楽しめる先行上映会が開催されました。1部ではフォスフォフィライト役の黒沢ともよさん、シンシャ役の小松未可子さん、ダイヤモンド役の茅野愛衣さん、ボルツ役の佐倉綾音さん、2部では黒沢さん、小松さんと京極尚彦監督によるトークショーが行われました。 イベントの1部に登壇したゲストのみなさん 本編の美しい映像が大迫力のスクリーンで上映された後、観客からは大きな拍手が贈られました。その後、キャスト陣が登壇し、トークショーがスタート。 原作の印象について伺うと、小松さんは「原作は独特の空気感や空間があり、自分の脳で補うように想像力を掻き立てられるような作品。自分なりの宝石の国というものが皆さんそれぞれにあるのかなと感じました。」と紹介。以前より原作コミックを読んでいたという佐倉さんは「静と動だと静のイメージが強い作品で、どうやって動いて、どんなふうに攻撃をするのか、どんなふうに砕けるのかがアニメを観て腑に落ちました。」と作品の印象を語りました。また、オーディション時の話にも触れ、ベニトアイトが好きな黒沢さんは1話に出てくる「そばにい...more
カテゴリー:

アンチエイジングに一石!年それぞれの美しさ「スロービューティー」とは - 09月25日(月)18:00 

しわが取れる、たるみを引き上げる……。新しい化粧品が発売され、その効果が宣伝される度、多くの女性がアンチエイジングのプレッシャーと戦っているのではないだろうか。「教えて!goo」にも「アンチエイジングについて」をはじめ、山のように相談が寄せられているが、そこには老化への恐怖も感じ取れる。しかし、年齢を重ねたからこその魅力や表現もあるはずだ。 画一的な美的価値とルックス重視の世相を批判的に捉えた『「見た目」依存の時代』(原書房)という著書(※石井政之さんとの共著)がある駒沢女子大学教授・資生堂客員研究員の石田かおりさんは、15年前から、「人それぞれ、年それぞれの美しさ」を追求する「スロービューティー」を提唱している。 ※NPO「ユニークフェイス」代表を務めるフリーライター ■支持を集めるオシャレな高齢者 石田さんは「いまもって外見が重要な役割を担っており、一億総アンチエイジング観ともいえそうな社会であることに変わりはありません。それに対してスロービューティーはなかなか進みません」と嘆息する。 かつてベストセラーになった『人は見た目が9割』の続編『やっぱり見た目が9割』が8年後の2013年に出版されるなど、確かに価値観は変化していないように感じる。 「それでも……」と石田さん。「最近は白髪をいかした男女のファッションやドラマで倍賞美津子さんの自然なシワがかっこいいと評判にな...more
カテゴリー:

ももち麗子「問題提起シリーズ」新作がKissに、「銀のスプーン」は完結 - 09月25日(月)14:47 

本日9月25日発売のKiss11月号(講談社)に、ももち麗子「問題提起シリーズ」の新作「大人の問題提起シリーズ かわき」前編が掲載された。
カテゴリー:

尾崎かおりが描く、仲良し男女4人組の青春劇「金のひつじ」アフタで始動 - 09月25日(月)12:36 

尾崎かおりの新連載「金のひつじ」が、本日9月25日発売の月刊アフタヌーン11月号(講談社)にてスタートした。
カテゴリー:

[益田恵梨菜]「めざまし」MC美女がビキニに 「ヤンマガ」グラビア初登場 - 09月25日(月)12:10 

 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」の「めざましプレゼント」でMCを務める益田恵梨菜さんが、25日発売のマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第43号の巻末グラビアに登場した。益田さんが同誌のグラビアに登場するのは初めて。  益田さ ……
カテゴリー:

もっと見る

「講談」の画像

もっと見る

「講談」の動画

Wikipedia

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能のひとつ。

演者は高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ばれる小さな机の前に座り、張り扇でそれを叩いて調子を取りつつ、軍記物政談など主に歴史にちなんだ読み物を、観衆に対して読み上げる。上方講談においては、張り扇と拍子木を併用する。

歴史

起源は戦国時代の御伽衆(おとぎしゅう)であると言われているが、寄席演芸としての講談の原型は、江戸時代大道芸のひとつである辻講釈(つじこうしゃく、または大道講釈)に求めることができる。辻講釈は太平記などの軍記物を注釈を加えつつ調子を付けて語るものである。 大道講釈。ヒラキでの姿。明治半ばまで見られた軍談(講談)の寄席。明治初年の姿と思われる 宝永年間には公許の常設小屋で上演されるようになり、「講釈」と呼ばれるようになった。文政年間には話芸としてほぼ確立し、幾つかの流派が誕...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる