「講談」とは?

関連ニュース

小島慶子さん、浜田敬子さんらが登壇!「人生100年時代」の女性のセカンドキャリアを応援する「ミモレ大学」開講! - 04月26日(木)17:00 

[株式会社講談社] [画像1: https://prtimes.jp/i/1719/1686/resize/d1719-1686-931706-0.jpg ] 講談社の女性向けウェブマガジン「mi-mollet(ミモレ)」は、人生100年時代の女性のセカンドキャリアを支援する連載講座「ミモレ大...
カテゴリー:

はたらく細胞:テレビアニメの追加キャストに櫻井孝宏、早見沙織、岡本信… - 04月26日(木)15:11 

 「月刊少年シリウス」(講談社)で連載中の清水茜さんのマンガが原作のテレビアニメ「はたらく細胞」に声優として櫻井孝宏さん、早見沙織さん、岡本信彦さん、M・A・Oさんが出演することが26日、明らかにな…
カテゴリー:

「自律神経を整える『医者の自分ごはん』超実践版」が発売 - 04月26日(木)14:23 

講談社はこのほど、「自律神経を整える『医者の自分ごはん』超実践版」を発売した。同書では医学博士の池谷医師が、さまざまな不調の原因として疑われる"自律神経の乱れ"を食生活の見直しで改善させる方法を紹介している。
カテゴリー:

2018年7月放送テレビアニメ「はたらく細胞」追加キャスト4名を発表! - 04月26日(木)12:01 

[株式会社アニプレックス] 2018年7月に放送開始となるテレビアニメ「はたらく細胞」の追加キャスト4名を4月26日発売 「月刊少年シリウス6月号」(講談社)にて解禁いたしました。 ヘルパーT細胞役を櫻井孝宏、制御性T細胞役を早見沙織、樹...
カテゴリー:

葵わかな&佐野勇斗が全力ジャンプ! 『青夏』ポスタービジュアル解禁 - 04月26日(木)07:00 

 女優の葵わかなと俳優の佐野勇斗が主演を務める映画『青夏 きみに恋した30日』のポスタービジュアルが解禁。葵と佐野が手を取り合ってジャンプする爽やかな一瞬が描かれている。【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』ポスタービジュアル 映画『青夏 きみに恋した30日』は、2013年から2017年にかけて「別冊フレンド」(講談社)で連載された南波あつこの人気コミックを、『今日、恋をはじめます』『恋と嘘』の古澤健監督が実写化する青春ラブストーリー。自然広がる田舎で夏休みを過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵)と、田舎町で暮らす男子高校生・吟蔵(佐野)との運命の恋が描かれる。 共演には、古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於などフレッシュなキャストが顔をそろえる。 今回解禁されたポスタービジュアルは、理緒と吟蔵が手を繋いで青空をバックにジャンプしている写真が大胆に配されたインパクトのあるデザイン。主演の二人の笑顔が青空、ひまわり、水しぶきといった“夏”を感じさせるモチーフに引き立てられて、恋が始まるワクワク感や爽やかさが伝わってくるポスタービジュアルに仕上がっている。 併せて公開された別バージョンのビジュアルでは、切ない表情で花火を見上げる浴衣姿の理緒と、そんな彼女を見つめる吟蔵というシチュエーションに恋の切なさが十分に表現されている。 映画『青夏 きみに恋した...more
カテゴリー:

不朽の名作「あしたのジョー」の連載開始50周年を記念した展覧会が4月28日からスタート - 04月26日(木)16:00 

「あしたのジョー展」 2018年4月28日(土)から5月6日(日)まで、東京ソラマチ 5Fのスペース634にて「あしたのジョー展」が開催される。高森朝雄氏の原作、ちばてつや氏の漫画による不朽の名作「あしたのジョー」の連載開始50周年を記念した展覧会。貴重な資料とともに「あしたのジョー」の普遍的な魅力が紹介される。会期中無休、時間は10:00〜18:00(入場は閉場30分前まで)で、当日券での入場料は一般・大学生1200円 / 中学・高校生800円 / 小学生以下無料。 ボクシングをテーマとした「あしたのジョー」は、株式会社講談社の「週刊少年マガジン」1968年1月1日号から連載が開始され、絶大な人気を集めてスポーツ漫画の金字塔となった。コミックの累計発行部数は約2000万部で、TVアニメの最高視聴率は31.6%。国民的作品として、世代を超えて多くのファンに愛されている。 本展では、ちば氏らが厳選した原画や懐かしのアニメ資料などを展示。ジョーvs力石戦の名場面やカラー原画も登場する。物語のハイライトを劇画調かつ絵画調に変える演出として使用された「ハーモニー画」(背景画とキャラクターのセルが一体となるアニメの止め絵)など、現存する生原稿を多数展示。さらに「あしたのジョー」を原案とした新作アニメ「メガロボクス」の制作資料も公開される。 ■期間:2018年4月28日(土)~5月6日(日)■...more
カテゴリー:

謎の美容師描くサスペンス&「転スラ」スピンオフ4コマ、シリウスW新連載 - 04月26日(木)14:49 

本日4月26日発売の月刊少年シリウス6月号(講談社)にて、下田将也「櫛山石尾の凶器録」と、伏瀬原作による柴「転生したらスライムだった件 転スラ日記」の新連載2作品がスタートした。
カテゴリー:

『キミスイ』大ヒットで売れっ子の仲間入り!青春映画の新鋭・月川翔が贈る新作に注目 - 04月26日(木)13:00 

昨年公開の実写邦画作品において第2位となる累計興収35.2億円を記録し、“キミスイ”ブームを巻き起こした『君の膵臓をたべたい』(17)。同作のヒットで、次代の“青春映画の名手”として一躍売れっ子監督の仲間入りを果たした月川翔監督は、今年3本もの監督作が控えている。 【写真を見る】メガネっ子もかわいい!”キミスイ”の浜辺美波は『となりの怪物くん』にも出演/[c]2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 [c]ろびこ/講談社 ■ 10代の青春を違った角度から捉えた最新作3本 まずは、4月27日(金)に公開される『となりの怪物くん』。個性豊かな高校生たちの青春を映し出す群像劇だ。菅田将暉&土屋太鳳の人気俳優を主演に迎え、予測不能な行動で問題ばかり起こす男子生徒の“怪物くん”と、勉強一筋の冷血女子が、初めての友情と恋を育む模様を描いていく。単なる胸キュンの恋愛モノでも、ただの熱い友情モノでもない、不器用で友達ゼロの2人が少しずつ殻を破っていく姿は観る者の胸を打つはずだ! 続く、学園ラブコメディ『センセイ君主』(8月1日公開)では、“キミスイ”の浜辺美波と再びタッグを組む。浜辺はバカ正直でまっすぐな女子高生役に挑戦。竹内涼真演じる冷徹でひねくれ者な高校教師と、ハチャメチャな“恋愛バトル”を繰り広げる。月川監督は『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16)などでのコミカルな描写にも定...more
カテゴリー:

「コミックDAYS」オリジナル作品『夜露死苦ミカエル!!』(ばったん)、新連載スタート! - 04月26日(木)11:09 

[株式会社講談社] [画像: https://prtimes.jp/i/1719/1687/resize/d1719-1687-225894-0.jpg ] 【作品あらすじ】 カメラ好きな少年の前にとつぜん現れた、ヤンキーファッションに身を包んだグラマーなお姐さん。カツアゲされるの...
カテゴリー:

「ラブリアン」原作者からのプレゼントに中村アン感激!「永遠に心に刻まれました」 - 04月26日(木)05:00 

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「ラブリラン」。この度、同ドラマの原作漫画を手掛けた天沢アキが撮影現場を訪れ、ドラマに出演中の中村アン、古川雄輝、大谷亮平に似顔絵をプレゼントした。 【写真を見る】原作者・天沢アキが初めて描いた似顔絵の出来栄えは!?/(C)YTV 同ドラマは、天沢アキの人気漫画を原作とする新感覚ラブコメディー。突然ここ3か月の記憶を失ってしまった“三十路処女”さやか(中村アン)が、会社の後輩・町田(古川雄輝)と幼なじみの亮介(大谷亮平)との間で気持ちが揺れ動いていく姿を描く。 放送を見た視聴者からは、中村アンがまさかの“三十路処女”を演じることへの驚きだけでなく、“クールでドS”ながらもどこか不器用な町田を演じる古川雄輝の表情に胸キュンする視聴者が続出。SNSを中心に大きな話題を集めている。 ■ 原作者・天沢アキが現場を表敬訪問! 今回、5月25日(金)発売の「Kiss」7月号(講談社)にて掲載される「ドラマ撮影現場レポ漫画」のため、原作者の天沢が撮影現場を訪問。天沢は、この日撮影が行われていた「町田の部屋」のセットを隅々までカメラに収めながら、演じているキャストたちや、現場スタッフたちの動きなどを見学した。 また、天沢がこの日のために描いた、中村、古川、大谷の似顔絵をそれぞれにプレゼント。意外にも「似顔絵は初挑戦」とのことだったが、似顔絵をもらった中村は「...more
カテゴリー:

もっと見る

「講談」の画像

もっと見る

「講談」の動画

Wikipedia

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能のひとつ。

演者は高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ばれる小さな机の前に座り、張り扇でそれを叩いて調子を取りつつ、軍記物政談など主に歴史にちなんだ読み物を、観衆に対して読み上げる。上方講談においては、張り扇と拍子木を併用する。

歴史

起源は戦国時代の御伽衆(おとぎしゅう)であると言われているが、寄席演芸としての講談の原型は、江戸時代大道芸のひとつである辻講釈(つじこうしゃく、または大道講釈)に求めることができる。辻講釈は太平記などの軍記物を注釈を加えつつ調子を付けて語るものである。 大道講釈。ヒラキでの姿。明治半ばまで見られた軍談(講談)の寄席。明治初年の姿と思われる 宝永年間には公許の常設小屋で上演されるようになり、「講釈」と呼ばれるようになった。文政年間には話芸としてほぼ確立し、幾つかの流派が誕...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる