「講談」とは?

関連ニュース

斉藤由貴、さまざまな母親像を演じ分け円熟期 - 01月24日(火)06:00 

 さまざまなタイプの“母親”を演じるごとに輝きが増していると評判の女優・斉藤由貴(50)。実生活でも3児の母であり、KDDIのテレビCM「au森家シリーズ」では、口うるさくて面倒くさいけど、どこか憎めない母親役をコミカルに演じ、NHK総合で放送中の連続ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』では一転、娘に対して異常な愛情を持つ超過保護な“モンスターママ”を怪演している。さらに、22日にMBSで放送開始した深夜ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』でも、母親を演じる。  斉藤は1984年、『週刊少年マガジン』(講談社)の第3回ミスマガジンでグランプリを受賞したのをきっかけに芸能界入り。翌年、歌手デビューした「卒業」が大ヒットし、ドラマ『スケバン刑事』(フジテレビ)で連続ドラマ初主演も果たし、一躍スターダムにのし上がる。86年には連続テレビ小説『はね駒』(NHK)のヒロインに抜てきされ、国民的女優の仲間入り。28歳の時に結婚し、3人の子育てをしながらもコンスタントに活動を続けてきた。  アイドル全盛期と変わらぬ愛きょうを保ちながら、作品によってさまざまな母親像を演じ分ける演技力に磨きがかかって、同じ時代を生きた世代から年下の世代にその魅力はじわじわと浸透し、まさに円熟期を迎えている。  新番組の『ホクサイと飯さえあれば』は、いかに安く、おいしく、幸せを感じながら食べるかという創意工夫...more
in English
カテゴリー:

大藪春彦賞:長浦京さんの「リボルバー・リリー」に - 01月23日(月)19:11 

 第19回大藪春彦賞(同賞実行委員会主催)が23日、長浦京さん(49)の「リボルバー・リリー」(講談社)に決まった。贈賞式は3月3日午後6時、東京・新橋の第一ホテル東京で開かれ、副賞500万円などが贈られる。
in English
カテゴリー:

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」ぬいぐるみ・ホクサイの声は梶裕貴! - 01月23日(月)17:00 

 鈴木小波氏のグルメ漫画を、上白石萌音の主演でドラマ化する「ホクサイと飯さえあれば」で、人気声優の梶裕貴が正体不明のぬいぐるみ・ホクサイの声を務めていることがわかった。「進撃の巨人」エレン・イェーガー役などで披露した凛々しい声を封印し、「~でござる」が口ぐせのしゃべるぬいぐるみというコミカルな役どころに挑戦した。  「孤独のグルメ」「女くどき飯」の宝来忠昭監督と、第8回田辺・弁慶映画祭で弁慶グランプリに輝いた映画「ひとまずすすめ」の柴田啓佑監督が、「ヤングマガジンサード」(講談社刊)で連載中の人気漫画を実写化。東京・北千住でを舞台に、食べることが大好きな女子大生・山田文子(通称・ブン)が、“相棒”のしゃべるぬいぐるみ・ホクサイとともに、創意工夫に富んだ「自炊ライフ」を送る。  宝来監督のファンだという梶は「お話をいただいた時は本当に嬉しかったです! 実写ドラマにここまで重要な役柄で関わらせていただくことはもちろん、それがぬいぐるみ役なことも初めてだったので(笑)、新たなチャレンジの機会にとても興奮しました!」と喜びを語る。実写作品でのアフレコについては「既に撮影が終了している俳優さんたちの“間”に合わせて台詞を入れ込む作業が、技術的に難しかったです」と明かし、「でも役者の皆さん……特に一番掛け合いの多いブンとの会話は、上白石さんがしっかりとホクサイを『そこに存在している生き物』...more
in English
カテゴリー:

1月23日を「アガる日」に制定!「アガる日」制定記念発表会を開催 - 01月23日(月)16:55 

[株式会社ファンケル化粧品] 「無添加 アクティブコンデョショニング EX」は、初期エイジングが気になり始めた30代からの女性に向けたスキンケア化粧品で、ターゲットに絶大な人気を誇るコミック「東京タラレバ娘」(講談社刊)とコラボレート...
in English
カテゴリー:

まだまだ元彼・狩野英孝で食いつなぐ加藤紗里 - 01月23日(月)12:18 

20日発売の「フライデー」(講談社)で17歳の女子高生との淫行疑惑が報じられたお笑い芸人の狩野英孝が21日、謝罪会見を行い無期限謹慎処分となったことを受け、元恋人でタレントの...
in English
カテゴリー:

【芸能】<ジャニーズやバーニングの“圧力”> 芸能界のタブーに触れてしまったロンブー・田村亮の今後 - 01月23日(月)21:25 

お笑い芸人の狩野英孝(34)が女子高生との“不適切な関係”によって芸能活動の無期限謹慎を発表した。これについて、さまざまな芸能人のコメントが取り上げられているなか、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(45)の“誤爆”に注目が集まっている。  狩野は写真週刊誌『フライデー』(講談社)でスキャンダルが報じられ、1月21日に会見を開いた。席上で、 「(当初、女子高生とは)22歳と聞いて知り合い、その後、友人関係を経て大人としてお付き合いさせていただきました」  などと説明。その会見を、田村はインターネットテレビ局『A...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大藪春彦賞に長浦京さん - 01月23日(月)18:54 

 第19回大藪春彦賞(同賞選考委員会主催)は23日、長浦京さん(49)の「リボルバー・リリー」(講談社)に決まった。賞金500万円。贈呈式は3月3日、東京都港区の第一ホテル東京で。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

高畑充希ほか、美女優の男の落とし方とは!? - 01月23日(月)17:00 

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインを務めた女優の高畑充希(25)が、2017年1月2日放送の『新春大売出し!さんまのまんま』(フジテレビ系)に出演。自分の顔のパーツが中央に寄っている“顔面センター”であることが悩みと明かし、「梅干し食べた口みたいな感じ」「私、寄っているのでメガネをかけると、(顔の外側に)余白がちょっと出ちゃうのが嫌」だと語った。  そんな自分の顔についてコンプレックスを抱えている高畑だが、昨年11月にイケメン俳優、坂口健太郎(25)との熱愛を報じられるなど、男性をオトすテクニックは持っているようだ。昨年11月30日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演したとき、トークテーマが「好きな人ができたとき、最初にどうする?」になると、高畑は「人間として好きっていうオーラを出します」と答え、「男性として好きじゃなくて、人としても好きだから“あなたが人間として好きだ!”っていうテンションっていうか、会話っていうか」「(そうすることで)相手にもそんなに警戒されない」と、好きな男性にあまり女性だと意識させずに、近づいていくアピール術を明かした。  男をオトすテクニックで有名な女優といえば、“年上キラー”、“魔性の女”、“サブカル系肉食女子”などの異名を持つ、女優の二階堂ふみ(22)だろう。これまで交際が報じられた相手を振り返ってみると、16歳年上の俳...more
in English
カテゴリー:

三月のパンタシア「フェアリーテイル」MVショートバージョン公開&フルサイズの先行配信も、さらにLINE公式アカウントもスタート - 01月23日(月)12:26 

デビューシングル「はじまりの速度」がTVアニメ「キズナイーバー」のエンディング・テーマに、2ndシングル「群青世界」(読み:コバルトワールド)がOVA「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」のオープニング・テーマに、そして3rdシングル「フェアリーテイル」がTVアニメ「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」のエンディング・テーマにそれぞれ起用されるなど、今注目を集めている、ボーカル“みあ”を中心にしたクリエイタープロジェクト三月のパンタシア。cペトス・講談社/「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会 1月7日より放送がスタートしたTVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」のエンディング・テーマである「フェアリーテイル」のMVショートバージョンがYouTubeにて公開された。友人や家族など大切な人達との日常の小さな幸せを、柔らかくて優しい色調とイラストで表現されたMVとなっている。また、「フェアリーテイル」のフルサイズ先行配信が、2月1日のリリースよりも一足先に、来週1月28日よりスタートすることが決定した。iTunesにて予約、各配信サイトにてTVサイズの配信も行われているので、是非チェックしてほしい。さらに、三月のパンタシア公式LINEアカウントもスタートした。こちらのアカウントからも三月のパンタシアに関する最新のあらゆる情報が発信される予定とのことなので、今後の配信に期待しよう。三月のパンタシア...more
in English
カテゴリー:

音楽残業の未来は明るい? - 01月23日(月)12:00 

よく音楽産業の未来は暗いといわれますが、果たして本当にそうなのでしょうか。確かにCDの売上は落ちています。ですが、それ以外の要素、新しいミュージシャンのファンは今日も生まれていますし、むしろライブ産業は伸びているともいわれています。むしろ、CDを通してしか音楽を売ることのできない、音楽産業の古さに問題があるのではないか……そんなテーマに挑んだのが、柴那典による『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)です。 現場と評論の両立 著者は、ロッキング・オン出身の編集者・ライターです。ロッキング・オンは、かつては『ロッキング・オン』『ロッキング・オン・ジャパン』といった音楽雑誌を出版する会社でしたが、現在はロックインジャパンフェスや、カウントジャパンフェスなど多くのフェスを打つ興業会社になりつつあります。ロッキング・オンの編集者は、広告営業も同時に行うため、レコード会社をはじめ音楽業界のさまざまな場所とつながりを持ちます。そのため単なる評論の領域にとどまらない、著者ならではの視点が本書には生かされているといえるでしょう。言うなれば現場感覚と評論の両立です。 ミュージシャン自身の声 さらに、本書では音楽業界の現場の声を拾い上げるために、ミュージシャン自身へのインタビューも行われています。小室哲哉が90年代の感覚をふりかえったり、いきものがかりのメンバーへのインタビューが掲載されていたりと、それぞ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「講談」の画像

もっと見る

「講談」の動画

Wikipedia

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能のひとつ。

演者は高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ばれる小さな机の前に座り、張り扇でそれを叩いて調子を取りつつ、軍記物政談など主に歴史にちなんだ読み物を、観衆に対して読み上げる。上方講談においては、張り扇と拍子木を併用する。

歴史

起源は戦国時代の御伽衆(おとぎしゅう)であると言われているが、寄席演芸としての講談の原型は、江戸時代大道芸のひとつである辻講釈(つじこうしゃく、または大道講釈)に求めることができる。辻講釈は太平記などの軍記物を注釈を加えつつ調子を付けて語るものである。 大道講釈。ヒラキでの姿。明治半ばまで見られた軍談(講談)の寄席。明治初年の姿と思われる 宝永年間には公許の常設小屋で上演されるようになり、「講釈」と呼ばれるようになった。文政年間には話芸としてほぼ確立し、幾つかの流派が誕...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる