「講演会」とは?

関連ニュース

結局「働き方改革」で何がどう変わり我々の仕事はどうなるのか? - 02月22日(木)02:43 

改革の成果が個々の企業だけでなく、少子化や高齢化が止まらない日本経済の未来を左右するとも言われている「働き方改革」。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、「働き方改革実現会議」のメンバーである東京大学社会科学研究所・水町勇一郎教授の講演での発言を取り上げながら、働き方改革で協議されている内容や、社労士が企業から必要とされる重要ポイントについて、会話形式でわかりやすく解説しています。 働き方改革と労働法改正 先日、ボスが行って来いと案内をくださったセミナーに行ってきた。「働き方改革と労働法改正の方向性ならびに今後の労使関係のあり方について」。東京大学社会科学研究所・水町勇一郎教授の講演会だ。 働き方改革実現会議が設置されたのは、平成28年9月末日。総理を議長として、関係閣僚、民間有識者15人、総人数30人弱位で発足、民間有識者の中に労働法関係者は2人。そのうちのお一人が水町先生だ。 大塚 「ねぇ、この間、新米くんってボスに誘われて、水町先生の講演会に行ってきたんでしょ。どうだった?」 新米 「あぁ、水町先生の講演会ですね。行ってきましたよ」 深田GL 「テーマって、働き方改革だよな」 新米 「そうです。奥が深かったです」 大塚 「どんな風に…? せっかく行ってきたんだから、ちょっと解説してよ」 新米 「いえいえ、ボクが解説だなんて~? では、レジュメを見ながら、ち...more
カテゴリー:

キンコン西野、ディズニーを倒す秘策を明かす「圧倒的努力は報われる」 - 02月21日(水)16:49 

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が21日に自身のアメブロを更新。「ディズニーを倒す」ための秘策について言及した。 前日に熊本の天草で著書『革命のファンファーレ』の講演会を行い、終演後に熊本市に移動して、映画『えんとつ町のプペル』の宣伝会議を行ったという西野。「天草市の講演会で700人、熊本市の宣伝会議で120人。こんなことを週2日ペースで繰り返している」と明かした。 西野はかねてから「ディズニーを倒す」と公言しており、その秘策を「「革命」でも「最先端」でも何でもなくて、『ドブ板営業』だ」とし、「1対1のコミュニケーションを世界で一番やる。人類史上、最も、人と面と向かって喋る人間になる」と説明。「そのとき必要なのは「センス」や「才能」ではなく「根性」で、幸い「根性」は持ち合わせている」と自身を評した。 「野暮は百も承知なんだけれど、しかし僕は、こうして「努力していること」を可視化したい」と続け、その理由を「僕のように、何かに挑戦する人や、挑戦することで村八分に遭っている人に向けて、「圧倒的努力は報われる」ということ(瞬間)を見せたい」と説明。「頼まれてもいないけど、エールを贈っています」とつづった。 「今日も朝から晩まで、ひっきり無しに働くけれど、それでもまだまだ間に合わない。大きな山を登っています」と現状を明かし、「目標に向かって、まっすぐ走ります。おもくそ頑張ります」...more
カテゴリー:

日本経済の先行き、必要以上に悲観的になる必要ない=布野日銀委員 - 02月21日(水)11:36 

[東京 21日 ロイター] - 日銀の布野幸利審議委員は21日、島根県・松江市で行われた松江支店開設100周年記念講演会で講演し、人口減少などの課題を抱える日本経済の先行きについて、アジア需要の取り込みや生産性向上などが期待できるとし、「必要以上に悲観的になる必要はない」と訴えた。
カテゴリー:

仮説の幅を広げたい - ノーベル賞受賞者が語った研究への熱き想い - 02月21日(水)08:15 

島津製作所は2月9日、同社のシニアフェローであり、ノーベル化学賞の受賞者でもある田中耕一氏が所長を務める「田中耕一記念質量分析研究所(MS研)」の創設15周年を祝し、京都にて記念講演会を実施した。講演では、田中氏のこれまでの研究人生や、これからの研究の展望について語られた。
カテゴリー:

~女性被害者も登壇~CCHR日本支部が講演会を開催! - 02月20日(火)14:00 

市民の人権擁護の会(CCHR)の日本支部が2月17日(土)新宿(場所:サイエントロジー東京)にて、精神薬を10年以上服用してきた女性被害者も招き、精神医療の計画とその実態についての講演会を開催しました。
カテゴリー:

講演会「JACK~500社以上の大手経営者の取材を通して見えたマスコミを味方に付ける事業ストーリー~」のご案内 - 02月21日(水)20:00 

私ども(一社)つくば青年会議所は2月例会として「JACK(JC Advance Camp for Kickoff)~500社以上の大手経営者の取材を通して見えたマスコミを味方に付ける事業ストーリー~」と題し、下矢一良氏の講演会を開催することとなりました。 下矢氏は、テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」「ガイアの夜明け」といったビジネスマンの情報源となる番組の製作に携わり、500社以上の経営者を取材されてきました。その後、ソフトバンクにて動画配信事業に携われた後、現在は中小企業診断士として活躍されています。豊富な取材経験やコンサルティング経験をもとに「成功し続ける経営者の条件」や方法論について語って頂きます。 若手の経済人に刺激を与え、やる気を引き起こさせる講演となりますので、多くの皆さまにご来場をお待ち申し上げております。
カテゴリー:

【高校受験2018】千葉県公立高入試、前期選抜の内定状況…全日制は内定率56.7% - 02月21日(水)16:15 

 千葉県教育委員会は平成30年2月20日、平成30年度(2018年度)千葉県公立高等学校入学者選抜における前期選抜および地域連携アクティブスクールなどの入学許可候補者内定状況を公表した。前期選抜(全日制)は、受検者38,862人のうち22,051人が内定し、内定率は56.7%となった。 前期選抜および地域連携アクティブスクールの一期入学者選抜は、平成30年2月5日に入学願書等の提出を締め切り、2月13日および14日に学力検査などを実施。2月20日に選抜結果が発表された。 前期選抜、特別入学者選抜、地域連携アクティブスクールの一期入学者選抜を含めた全日制全体の予定人員は22,482人。前年度(平成29年度)比761人減の38,862人が受検し、22,051人が内定。内定率は、前年度比0.3ポイント減の56.7%となった。 各校の内定率をみると、県立千葉(普通)は予定人員144人に対して34.2%、千葉東(普通)は同216人に対して31.5%、県立船橋(普通)は同192人に対して28.7%、県立船橋(理数)は同24人に対して34.8%、東葛飾(普通)は同192人に対して32.9%、佐倉(普通)は同168人に対して37.3%、佐倉(理数)は同30人に対して46.2%。 そのほか、県立柏(普通)42.7%、成東(普通)49.7%、成東(理数)50.0%、木更津(普通)45.3%、市立千葉(...more
カテゴリー:

インフラ維持管理、地震対策にも重要 平井四国地整局長が講演 - 02月21日(水)09:23 

百十四経済研究所は20日、インフラの役割や現状をテーマにした講演会を高松市内のホテルで開催。
カテゴリー:

千葉県立中央博物館が「チバニアン」誕生に向けた講演会、申請チーム代表も登壇 - 02月20日(火)17:15 

 千葉県立中央博物館は平成30年3月18日、市原市市民会館大ホールにて講演会「誕生なるか!チバニアン」を開催する。「チバニアン」誕生に向けて、その意義や重要性について、申請チームや県立博物館の研究者が講演。定員は1,300人、当日先着順で入場できる。 地球の歴史「地質年代」を分ける指標の場所(国際標準模式地:GSSP)となる可能性が高まる、千葉県市原市田淵の地層。第四紀更新世の前期と中期の境目とされている、地磁気(地球が持つ磁気)が逆転した境界がよくわかる地層で、模式地にもっともふさわしい場所として注目されている。正式に認定されれば、約77万年前から12万6千年前までの時代が「チバニアン(千葉の時代)」とよばれ、「千葉」の名が地球史に刻まれることとなる。 講演会は、多くの人に地球の歴史や大地の成り立ちへの関心を深めてもらい、「チバニアン」誕生までの機運を高めることを目的に開催される。当日は、チバニアン申請チーム代表である茨城大学教授の岡田誠氏、千葉県立中央博物館の主任上席研究員である高橋直樹氏、千葉県立中央博物館の主任上席研究員で申請チームメンバーの奥田昌明氏が登壇。「チバニアン」の誕生に向けて、その意義や重要性について講演を行い、詳しく解説していく。 参加の際は事前申込み不要。定員は1,300人で、当日先着順に受け付ける。内容についての問合せは、千葉県立中央博物館まで。◆講演会「...more
カテゴリー:

Route H、ハーバード大生と高校生の交流会3/12-13…高校生40名募集 - 02月20日(火)13:15 

 ベネッセコーポレーションが運営する海外トップ大学への進学希望者向け進学塾「Route H(ルートエイチ)」は、2018年3月12日にハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)生50名と、3月13日にハーバード大学部生11名と、日本の高校生40名との交流会を開催する。3月10日まで参加高校生を募集する。 ハーバード大学部生の来日は、2003年に設立されたハーバード大学に本部を置く学生主体の団体「HCAP(アジアにおけるハーバード大プログラム)」によるもの。アジア各国との相互理解の促進を目指し、将来世界のリーダーとなる学生たちのパートナーシップを築くことを目的に、毎年アジアの大学から5校が選考され交流が行われている。一方、ハーバード大ケネディスクール生の来日は、同スクール日本会の企画によるもの。学部生との交流会は2017年度で12回目、ケネディスクール生との交流会は2011年度から7回目の開催となる。 今回の交流会プログラムは、高校生とハーバード大生が海外トップ大学で学ぶ意義などについて対話する形式で進められる。ハーバード大ケネディスクール(HKS)生との交流会では、HKS生が自身のキャリアやHKS志望理由、将来の目標などをグループ別にプレゼンするほか、HKS生と高校生によるグループディスカッションを実施。ハーバード流の課題解決のステップを学びながら、ある課題について解決方法を...more
カテゴリー:

もっと見る

「講演会」の画像

もっと見る

「講演会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる